SNSマーケティング YouTube

YouTube概要欄で押さえるべき5つのポイントを徹底解説

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

YouTube投稿をされている方、概要欄の記載はしていますか?

概要欄に適切な文章を入れる事で、より充実度の高い動画になりアクセス数の増加も見込めます。

本記事では、概要欄記載のメリットを含めた押さえるべき5つのポイントをご紹介します。

「内容・サムネイルはしっかり考えているもののイマイチ伸びない」と悩まれている方は是非参考になさってください。

YouTube概要欄・説明欄とは?

YouTube概要欄・説明欄とは、動画の下に表示される文章の事です。

概要欄は半角5,000字まで入力出来ます。全角の場合2,500字までです。

YouTube概要欄・説明欄を確認する方法

YouTube概要欄・説明欄を見る方法は以下の通りです。

パソコンでも携帯でも簡単に開く事が出来ます。

パソコンでYouTube概要欄を見る方法

パソコンでは、概要欄は文章の3行目までが表示されています。

続きの文を見る場合は、「もっと見る」をクリックすると表示されます。

携帯でYouTube概要欄を見る方法

携帯では、動画タイトルの横にある三角マークのボタンを押すと概要欄が表示されます。

パソコンとは違いタップをしないと文を読む事が出来ません。

「もっと見る」をクリックする・ボタンを押して概要欄を見る人は、チャンネルに興味を持っている人だと考えられます。
概要欄を書く事でチャンネル登録者数や認知度にも繋がり易くなります。

 

YouTube概要欄・説明欄を充実させるメリット

VSEO対策によって検索上位に乗りやすくなる

VSEO(Video Search Engine Optimization)対策とは、「動画の検索エンジン最適化」という意味です。

GoogleのAIはどの動画をどの順番で表示させるかを判断しています。

Googleの検索上位に動画が出るようになると、YouTubeを見ない層など、より幅広い層に自社の動画を見てもらうことが出来ます。

VSEO対策は、その検索順位への対策をし上位を狙うという事です。

実は、概要欄の文も検索順位に関わる重要な役割を担っています。

概要欄を書く場合は対策キーワードが入っているかどうかを意識してみてください。
重要な文は最初の1文目にもっていきましょう。

特にパソコンでは最初の3行が表示されているため、続きも読もうと視聴者に思わせられるような文を考えます。対策キーワードは大量に入れるのではなく、目安は1~2個程度です。
簡潔にまとめつつもキーワードを必ず入れ込む事が大事です。

詳しくは下記の記事でもご紹介しています。

YouTube動画を上位表示させるには?VSEO対策とは?

YouTube検索で上位表示させるためのコツ

動画が再生されやすくなる

先程の対策キーワードを入れることにより、動画検索に表示されやすくなります。

検索の結果に載るようになると自然と再生回数も増えていきます。

また、タイムスタンプを入れることで長い動画でも見たいところを部分的に見ることが出来ます。
より動画が見やすくなり再生時間も増えるでしょう。

ブランディング、認知度向上につながる

概要欄に、どのような会社・商品なのか・普段どのような動画を出しているかを記載することによって、会社やブランドのブランディングに繋がります。

検索からの流入でより多くの人が動画やチャンネルを知るきっかけになりますので認知度の向上も期待出来ます。

サービスへの誘導ができる

概要欄は、URLを貼り付ける事が出来ます。

動画で紹介した商品や会社のURLを載せる事で、興味を持った人をサービスへ誘導する事が出来ます。

YouTube概要欄・説明欄で抑えるべき5つのポイント

対策キーワードを盛り込む

YouTube概要欄でも対策キーワードを入れる事は必須になってきています。

YouTubeのSEO対策をする事は、YouTube内の検索結果の上位を狙え、アクセス数を伸ばす事に繋がるからです。

Googleの検索結果にも表示された場合更なるアクセス数が見込めます。

対策キーワードの選定方法は、
「YouTubeの検索ボックスで検索上位のキーワードを探す」、「keyword toolを使いキーワードを調べる」方法があります。

検索ボックスは、普段Googleで検索する際と同じ方法で調べる事が出来ます。
対策キーワードを入力した後に空白(スペース)を入力すると、検索欄に関連キーワードが出てきます。

編集部
例えば、「筋トレ」と入力した場合、検索欄には「筋トレ BGM」、「筋トレ 腹筋」、「筋トレ 音楽」などの関連キーワードが出てきます。上位の関連キーワードをこの方法で調べる事が出来ます。

また、無料ツールを使い対策キーワードを調べる方法もあります。
ahrefs YouTube Keyword Tool」という無料ツールです。

Ahrefs(エイチレフス)が提供してるKeyword Toolでは、YouTubeに特化したキーワード選定が出来ます。関連キーワードの取得のみ無料で行う事が出来ます。

動画の概要欄の一行目に狙うキーワードを含める

YouTubeでは概要欄の1行目に使用されているキーワードが重視されているようです。

YouTubeに関連度の高い動画だと認識されるためにも、
1行目に先程選定したキーワードを入れることを意識してみてください。

タイムスタンプ(目次)を入れる

タイムスタンプとは、動画内の指定した時間に飛ぶ事が出来るような目次リンクの事です。

10分以上の動画で入れる事をオススメします。

タイムスタンプを入れるメリットは、
①長尺の動画でも視聴者の見たい部分に瞬時に飛ぶ事が出来る
②YouTubeの検索の順位に貢献する可能性がある
③Googleの検索結果で目立つ事です。

①目次リンクがあれば、長い動画でも視聴者の見たい部分に瞬時に飛ぶ事が出来ます。
動画を見た目的の箇所や最初の説明を飛ばしたい時などにタイムスタンプを有効活用出来ます。

②タイムスタンプで見やすくなった動画を出す事で、
視聴者からの評価が上がり(エンゲージメントが上がり)、検索結果にも良い影響をもたらす可能性があるという事を意味しています。

③Googleの検索結果に動画が表示された場合、
タイムスタンプを設定している動画は再生位置と共に表示されるので目立ちます。

時間指定のタイムスタンプを貼る方法をご説明します。

入力するだけなのでとても簡単です。

概要欄に、「03:45」と記載すると3分45秒の部分から再生出来る目次リンクになります。
数字は半角で入力してください。

編集部
動画の内容を時間ごと、各項目にわけてタイムスタンプを作成し、説明を入力します。
そうする事で動画の見たい部分に飛ぶことが出来ます。

URLを貼り付ける

概要欄にURLを貼り、サイトや商品リンクに遷移出来るようにしましょう。

動画により興味を持ってもらえたら、リンクに飛んでもらいやすくなります。

URLと共に、何のリンクなのか分かるような説明文も付け加えてください。

URLの内訳は以下のようなものが想定されます。

動画内で紹介した他の動画やおすすめ動画、外部サイトのリンク
→関連動画として過去の動画のリンクを貼る事で、視聴者は過去を遡る手間が省けそのまま動画に飛ぶ事が出来ます。

この動画が入っている再生リストのリンク
→再生リストのリンクは関連した動画を一覧で見る事が出来るので、他の動画の視聴に繋がります。

別に運営しているチャンネルのリンク
→チャンネルに興味を持ってくれた人が他の運営チャンネルに興味を持ってもらうきっかけになります。

動画の目次
→先程のタイムスタンプの事です。

動画内で紹介した商品のリンク(楽天やAmazonのアフィリエイトリンク)
→紹介した商品は必ずリンクを貼りましょう。
どんな商品なのかリンクでスムーズに誘導出来ます。

ブログやTwitterなどのSNSのリンク

自社商品(有料noteなど)のリンク

他の人の動画で関連する動画

このようにリンクも様々なものがあるので、動画に合った適切なリンクを貼りましょう。

ハッシュタグを含める

YouTubeでは、ハッシュタグ検索が可能です。

ハッシュタグ検索では、キーワードの関連性と最新の投稿かどうかが重要視されています。

メリットは、登録者が少ない状態でもハッシュタグ検索したユーザーに動画を見つけてもらいやすいという事です。

タイトルの下にハッシュタグを表示させる事が出来ます。

概要欄にハッシュタグを付けたキーワードを入れる事で、タイトル下に表示されるようになります。

注意点は、3つまでしかタイトル下には表示されないため、厳選しなくてはならない事です。

編集部
個数上限としては、「15個以上付けると全てのハッシュタグが無視される」とYouTubeが発表しているため、それ以下で記載しなくてはなりません。
目安は厳選した3~5個と考えて記載してみてください。

YouTube概要欄・説明欄で気をつけるべき注意点

動画と関係のないキーワード・ハッシュタグ・他のチャンネルのURLは使わない

動画と関係ないキーワード・ハッシュタグ・他のチャンネルのURLを入れる事はしてはいけません。

先程のハッシュタグも、付けすぎると同様にスパムと捉えられる事もあるので付けすぎには要注意です。

YouTubeのポリシーを遵守した内容であれば問題はありません。

BGMのクレジット(帰属表示)を記載する

著作権使用料無料のコンテンツや、クリエイティブ・コモンズのコンテンツを使用している場合

著作権使用料無料のコンテンツやクリエイティブ・コモンズのコンテンツについては、そのライセンス契約で商用利用が認められている限り、収益化の対象にすることができます。
コンテンツ作成者のクレジット表示や、商用利用の権利を購入した証拠の提示を、権利の所有者から求められることがあります。

参考:「https://support.google.com/youtube/answer/2490020?hl=ja#zippy=%2C他の人が作成した映像や音声を使用する許可を得ている場合

上記のように、他人が作成した楽曲を使用する際はクレジット表記を記載するようにします。

ただ、楽曲の使用条件によっては、商用利用が出来ないものやクレジット表記のみではいけないものや使用期間の決まりなどがあるため、細かい点まで使用前によく確認をしてください。

編集部
YouTube公式が提供している「YouTubeオーディオライブラリー」はクレジット表記の記載が不要となっています。

まとめ

概要欄について本記事でご紹介したポイントをまとめます。

・概要欄1行目に対策キーワードを入れる
・タイムスタンプを入れ動画を見やすくする
・ハッシュタグを3個入れる
・関連動画や紹介した商品のURLを入れる

動画内容・サムネイルだけでなく概要欄も作り込む事でより多くの人が興味を持つきっかけになります。
是非参考にして頂けますと幸いです。

 

株式会社pamxyでは、YouTubeの企画から撮影、編集までを一気通貫で代行するYouTube運用代行サービスを行っています。

自社チャンネル100万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。
ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にお問い合わせフォーム よりご相談ください。
まずはウェブ会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

・どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない
・記事を読んだが、YouTubeのサムネイルやアルゴリズムについて不明点が多い
・YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
・YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない

 

お問い合わせフォーム

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5