SNSマーケティング TikTok

TikTok投稿頻度は週何回がおすすめ?投稿頻度を上げるメリットも解説!

「TikTokは毎日投稿したほうがいい?」

「TikTokのおすすめ投稿頻度ってどのくらい?」

このように、TikTokの投稿頻度について気になっていませんか?

TikTokは、他のSNSと比べてバズりやすいプラットフォームです。フォロワー数が少なくても再生回数が伸びる可能性があります。そのため、企業のマーケティングツールに最適です。

ただし、投稿頻度が多すぎても少なすぎても効果的に集客はできません。適切な投稿頻度を保つことこそが、TikTokで成功する秘訣なのです。

 

今回は、TikTokの投稿頻度は週何回がおすすめなのか、また投稿時間を上げるメリット、デメリットも解説します。

この記事を読めば、自社アカウントに適切な投稿頻度を把握することが可能です。フォロワー数や再生回数アップにもつながるため、ぜひ参考にしてください。

Pick up!

最短の成果を求める方へ
\  TikTok運用代行の無料相談実施中! /

TikTok運用代行のお問い合わせはこちら

TikTokのおすすめ投稿頻度は?

TikTokの公式サイトにも、2日に1回、週3回程度を目安に高い頻度の投稿が再生数を伸ばすポイントであると明記されています。

多くの人に自社の投稿を見てもらうためには、投稿頻度を増やすことが重要です。

2日に1回ペースでの投稿は、フォロワーにとっても投稿を見逃しにくいため最適です。

毎日投稿できるなら1日1本の投稿もOKです。

しかし、最近ではTikTokに投稿される動画のクオリティが全体的に上がっています。

そのため、クリエイティブの内容にもこだわらなければなりません。

企業アカウントとして一定のクオリティを保つためには、2日に1回の投稿頻度を目指すのがおすすめです。

 

TikTokの連続投稿でバズる可能性はある?

1日に何本も投稿をして、フォロワーを増やす手法もあることは確かです。

しかし、大切なのは継続すること。連続投稿を続けて、クオリティを保てるのかを事前によく考えましょう

新商品の発売時など、特別なタイミングで連続投稿してみるのは一つの手と言えます。

3本立てストーリーなどを作り、続きを見たいと思わせて1日に3回連投するとバズる可能性はあるでしょう。

Pick up!

TikTok運用についてお悩みはありませんか?
TikTok運用のプロ集団pamxyへぜひご相談ください! 

TikTok運用代行のお問い合わせはこちら

 

TikTok投稿頻度を増やすメリット3つ

TikTok投稿頻度を増やすメリット3つ

投稿頻度が上がると、よりアカウントに興味を持つ人が増えます。その結果、アクセス数も上がり、フォロワーの数も徐々に増加します。

企業にとって、TikTokの投稿頻度を増やすと、段階的に次のような3つのメリットがあります。

 

1. バズる可能性が高くなる

投稿頻度を増やすと、自社について知らない潜在顧客にもリーチできる確率が高まります

「こんな商品あったんだ」「面白そうな会社!」など、知ってもらえるようになります。さらに、いいねやコメントなども増え、アカウントが盛り上がることが特徴です。

TikTokのレコメンドシステムにおいての評価も上がり、バズりやすくなります。

TikTokでおすすめに乗るための仕組みについては、別記事のTikTokアルゴリズム攻略完全版!おすすめ動画の仕組みとは!こちらも、ぜひ参考にしてください。

TikTokアルゴリズム攻略完全版!おすすめ動画の仕組みとは

 

2. 企業の認知度が上がる

バズが発生して再生数やフォロワーが増えると、自社の商品やサービス、ブランドに対する認知度が高まります

「このブランドが最近気になる」「使ってる人多いしチェックしよう」など、企業ブランディングが浸透することもメリットです。

ユーザーに認知してもらえると、キャンペーン実施時なども受け入れてもらえやすくなります。

 

3. 売上の向上につながる

企業の認知度が上がると、より商品やサービスに対して興味がわきます。

その結果「前から欲しかったし買おう!」「いいって聞くしこの商品に決めようかな」など、ユーザーの購入意欲が高まります

ホームページや商品販売サイトへのリンクを設置することで、売上に直結させることも可能です。

編集部
TikTokでは、ECサイトのプラットフォームであるShopifyを利用して、販売から決済までが可能です。

 

TikTok投稿頻度を増やすデメリット2つ

TikTokを高い頻度で投稿するとメリットも多い一方で、デメリットもあります。簡単な考えで、投稿頻度を増やせばいいというものではありません。デメリットも把握したうえで、上手く運用していくことが大切です。

ここでは、TikTokの投稿頻度を増やすデメリットについて解説します。

 

1. リソースが必要

定期的にTikTokの投稿をするためには、時間や人手が必要です。企画や準備、撮影などは、想像する以上に手間がかかるものです

他の業務と並行してTikTok運用を行う場合は、スタッフの負担も大きくなるでしょう。自社でTikTokの投稿頻度を上げるのが難しい場合は、代行会社に依頼するのもおすすめです。

TikTokに強い代行会社をチェックしたい方は、別記事のTikTok運用代行会社8選!費用相場も解説も合わせてご覧ください。

【24年最新】TikTok運用代行会社おすすめ12選+費用相場も

 

2. 質が下がる可能性がある

投稿頻度を増やすことに注力するあまりに、企画の質が落ちるケースも少なくありません。たとえば、2日に1回から毎日投稿にすることで、企画や準備に時間をかけられなくなることも少なくありません。

いくら頻繁に投稿していても、コンテンツ内容に価値があることが大前提です。投稿を増やしても質が下がればフォロワー離れにつながり兼ねません。

 

TikTok投稿でおすすめの時間帯

TikTokでは、投稿後すぐに多くの人に視聴されるスピード感も重要です。投稿後に短時間で高いエンゲージメントを取ることで、バズが生まれやすくなるからです。

そのため、できるだけターゲットユーザーがアクティブな時間帯を狙って投稿することが大切と言えます。

一般的には、朝の6〜10時と夜の7〜11時ころが、TikTokユーザーがもっともアクティブな時間帯です。ただし、主婦がターゲットの場合やジャンルによっても、ユーザーが活動する時間帯は異なるため、一概には言えません。

一番よいのは、インサイトから自社のユーザーが多く視聴している時間を確認すること。そのうえで投稿時間を決めると、効率的に再生回数を伸ばせます。

 

ベストな投稿時間に関してより詳しく知りたい方は、別記事のTikTokでバズる投稿時間をデータをもとに徹底解説‼︎こちらも合わせてご覧ください。

https://pamxy.co.jp/marke-driven/sns-marketing/tiktok/tiktok-posting-time-correct-time/

Pick up!

\ TikTok運用代行の無料相談実施中! /

TikTok運用は実績豊富な株式会社pamxyへお任せください。

TikTok運用代行のお問い合わせはこちら

 

 

TikTok企業アカウントをバズらせるコツ6つ

「自社アカウントをとにかくバズらせたい!」そう思う方も多いでしょう。投稿頻度を上げても、動画の視聴回数が上がらなければ意味がありません。

ここでは、投稿頻度を上げることに加え、TikTokアカウントをバズらせるための具体的なコツを6つ解説します。

 

1. 視聴完了率を意識する

投稿を最後まで離脱せずに見たユーザーの割合が高い場合は、TikTokのレコメンドシステムに、よいコンテンツと評価されます。その結果、おすすめに表示されやすくなり、バズる可能性が高くなることが特徴です。

視聴完了率を上げるために、続きが気になるストーリーを作ったり目が離せない展開を考えたりするのも一つの手です。

最初から最後までユーザーの興味を惹きつけられるようなコンテンツを作るとよいでしょう。

 

2. エンゲージメント率を高める

エンゲージメントとは、いいねやコメント、保存などのユーザーが起こすアクションです。自社アカウントのエンゲージメント率が高いと、投稿がバズりやすくなる傾向にあります。

ユーザーがいいねを押したくなる、コメントしたくなるように、投稿内容を工夫しましょう。具体的には、役立つ、面白い、楽しい、マネしたいと思えるようなコンテンツを作ることがポイントです。

エンゲージメント率をつねに意識して、コンテンツを作りましょう。

 

3. サムネイルを作り込む

ユーザーが検索して動画を視聴する際には、サムネイルが重要です。多くの動画一覧の中で比較した際に、サムネイルが目を引くものだと、視聴してもらえやすくなります。

TikTokでは動画のカバーを選択できるため、視覚的インパクトの強いシーンを設定しましょう。必要に応じてキャプションも付け、ユーザーの目を引くサムネイルを作成することがおすすめです。

 

4. 適切なハッシュタグを選定する

InstagramやTwitterと同じように、TikTokでもハッシュタグを駆使することで、より多くのユーザーの流入が見込めます。動画の内容に合ったハッシュタグやバズりやすいキーワードなどを選定しましょう

また、アクセス数の多いメインキーワードに加え、あえてアクセス数は少なめで上位表示を狙いやすいミドルキーワードなどを合わせて使うのがおすすめです。自社でキッチン雑貨を取り扱う場合は、以下のようなワードを組み合わせることができます。

  • #キッチン雑貨
  • #おしゃれなまな板
  • #カップホルダーの収納方法
  • #fyp

 

ハッシュタグの個数は多すぎてもよくないと言われており、5個前後がおすすめです。適切なハッシュタグを選ぶことで、より多くのユーザーにリーチできます。

編集部
『fyp』はfor your pageのことで、おすすめに表示されるために世界で幅広く使われているキーワードです。

より詳しいハッシュタグの選定方法は、別記事の【TikTok】ハッシュタグでバズる方法!ランキングも紹介!をご確認ください。

【TikTok】ハッシュタグでバズる方法!ランキングも紹介!

 

5. トレンドの楽曲を使う

流行りの楽曲を使うことで、曲の一覧からアクセスしてくるユーザーもいます。おすすめにも乗りやすくなり、トレンドの楽曲をきっかけにフォローしてくれるケースも少なくありません

流行りの楽曲に合わせて、コンテンツを作成したり内容を変えたりするのもよい方法です。

積極的にトレンドの楽曲をチェックして、自社コンテンツで使用していきましょう。

 

6. トレンドの投稿内容を参考にする

流行りのダンスやモノを使った動画は、真似した投稿が多く上がり、大変盛り上がることが特徴です。トレンドの投稿内容を随時チェックして、真似できるところは取り入れるとバズりやすくなります

たとえば、みんなが投稿しているダンスがあるのなら、事業内容とは関係なくても挑戦してみるのもあり。また、トレンド動画と同じハッシュタグを付けて投稿すると、ハッシュタグ検索からの流入も見込めます。

 

まとめ

TikTokのおすすめ投稿頻度や投稿頻度を上げるメリットなどを紹介しました。今回の記事内容をまとめると、以下の通りです。

  • TikTokの投稿頻度は2日に1回・週3回程度がおすすめ
  • TikTokの投稿頻度を上げるとバズりやすくなり認知度も上がる
  • TikTokの投稿頻度を上げるにはリソースが必要
  • 投稿頻度を上げることに加えクオリティを保つことも大切
  • TikTokの投稿時間はインサイトを分析して決める

勢いのあるTikTokを上手く運用できれば、集客や採用がよりスムーズになることは間違いありません。

投稿頻度は週3回程度を継続することで、企業アカウントが成長しやすいでしょう。

TikTokマーケティングで早く結果を出したい場合は、必要に応じてコンサル会社や代行会社のサポートを利用するのもおすすめです。

 

【先着10社/月】無料相談受付中‼︎
株式会社pamxyのTikTok運用代行

株式会社pamxyでは、TikTok運用代行サービスを行っています。

実際に弊社で運用しているアカウントは、累計フォロワー33万人、TikTok内コンテストで2度優勝、TikTok公式クリエイターに認定されています。
アカウント運用の中で培われたノウハウを生かして、SNS累計登録者120万人超のプロのSNSマーケターがTikTok運用を一からサポートします。

「認知度・ブランディングを高めたい」「TikTokを活用してターゲット層にリーチさせたい」「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお答えします。

 

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

 

 

マーケター募集中

pamxyでは累計160万人超のフォロワーを擁するIP事業で培った、SNSや運用型広告における圧倒的知見を惜しみなく活用し、マーケティングのコンサルティング事業を行っています。
YouTube・TikTok・Instagram・TwitterなどのSNSマーケティングおよび運用型広告支援においては、スタートアップから上場企業まで多くの業界・規模の企業様のご支援実績があります。

マーケティング経験者はもちろん、
未経験の方でもご興味があればぜひ下記からご応募くださいませ。

マーケター採用募集

 

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

© 2024 マーケドリブン Powered by AFFINGER5