TikTok

【24年最新】TikTok運用代行会社おすすめ12選+費用相場も

今や定番SNSとなった「TikTok」。最近では企業のマーケティングツールとしての活用も増えてきました。

企業参入も目立つなか、次のような悩みを抱える企業も少なくはありません。

  • 自社運用で成果が挙げられない
  • 流行っているのはわかるがノウハウが全くない
  • どのように活用したらいいのか分からない

そして、このような悩みを解決するために多くの企業が活用しているのが、「TikTok運用代行」です。

しかし運用代行と一言にまとめても、企業によってサービス内容や費用が異なるため、選ぶのが難しいとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、TikTok運用代行を利用する費用相場と、おすすめの代行会社12社を厳選してご紹介します。

「いち早くアカウントを成長させたい」「プロに運用を任せたい」とお考えの方はぜひご覧ください。

編集部
当記事はフォロワー数約18万人の自社アカウント『けんちゃん(あるごめとりい)』を運用する編集部が執筆を担当しています。

 

Pick up!

\ TikTok運用代行の無料相談実施中! /

TikTok運用は実績豊富な株式会社pamxyへお任せください。

TikTok運用代行のお問い合わせはこちら

 

TikTok運用代行を利用する3つのメリット

TikTokへの参入企業が増えてきた中、自社製品の拡散や認知度UPの施策として運用を検討している方も多いでしょう。

無料で気軽に始められるTikTokですが、簡単にバズるわけではなく”運用の知識が必要不可欠”です。

そこで、活用したいのが「TikTok運用代行」。

ここではプロにTikTokを運用代行してもらうメリット3つをご紹介します。

プロにお任せできる

TikTok運用代行のメリット:プロにお任せできる

1つ目は、プロにお任せできることです。

TikTok運用についての知見が無い場合は、成果が出るまでの効率的な運用法を知っているプロにお任せすることが、1番成功までの近道になります。

自社で運用するよりも、プロの運用は費用対効果が高いことは間違いありません。

それはなぜなのかというと、運用実績から得たノウハウが圧倒的に豊富だからです。

しかし中には、代行会社に任せず自社運用をしたいという方もいらっしゃるかと思います。その場合は、運用をサポートしてくれる代行会社に依頼しましょう。

自社でスタートした企業アカウントが成功するまでをサポートしてもらうことで、成功のカギを掴むこともでき、なおかつ運用ノウハウも蓄積されます

しかし、自社で運用を行うということは運用人員の準備が必要となり、リソースの確保が必要不可欠です。

特にノウハウがない運用初期は時間も手間も掛かりがち。無理のない社内リソースである程度お任せしたい場合は運用代行会社に任せるのが良いでしょう。

人件費を削減できる

2つ目は、人件費を削減できることです。

自社で運用する場合はTikTok運用に担当を配置しなくてはならないので、その分人件費がかかることになります。

企画考案・動画作撮影・編集・投稿など、動画投稿は工数がとても多いです。

各手順ごとに社内の人員を割いているとかなりの人手が必要になり、その分人件費が掛かります。もちろん運用代行費用も安くないため、場合によっては自社運用よりも高ずく場合もあるかもしれません。

しかし、収益化までのスピード感で考えると、トータルの人件費は運用代行の方が抑えれる事が多いです。ノウハウのない状態では、収益化まで年単位で掛かることもザラではありません。

その為、初期投資として運用代行へ依頼をした方が、結果的にコスパが良いことが多いでしょう。

 

炎上やアカウントのBANのようなトラブル回避ができる

3つ目は、炎上リスクやアカBANのようなトラブルが回避できることです。

SNSにおいて、炎上しやすいトピックと言われているのが「炎上さしすせそ」です。

「炎上さしすせそ」とは、炎上しやすいトピックをSNSエキスパート協会がまとめたものです。

「炎上さしすせそ」
①さ→災害・差別
②し→思想・宗教
③す→スパム・スポーツ・スキャンダル
④せ→政治・セクシャル
⑤そ→操作ミス(誤投稿・誤爆等)

SNSでも特に拡散力の高いTikTokでは、一度炎上するとたちまち拡散され一気にイメージダウンへと繋がります。

また、SNS運用では規約の把握も必須です。規約違反が重なるとアカウントがBANされることも珍しくありません。

その点、運用代行会社にお任せした場合は、上記のような問題は回避でき安心して運用が続けられるでしょう。

 

Pick up!

\ TikTok運用代行の無料相談実施中! /

自社TikTokチャンネル登録者数30万人超!
圧倒的なTikTok運用ノウハウで成功に導きます 。

TikTok運用代行のお問い合わせはこちら

 

TikTok運用代行を利用する2つのデメリット

TikTok運用代行を利用するデメリットも当然あります。ここでは、2つのデメリットをご紹介します。

自社で運用するよりも費用がかかる

TikTok運用代行を利用すると、当然代行費用がかかります。

運用代行を依頼する会社の規模やサービス内容にもよりますが、自社で運用するよりも多くの費用がかかるでしょう。

自社で運用する分の人件費は削減できますが、その分の代行費用がかかってしまうのがデメリットです。

しかし運用代行を利用することで、自社で運用するよりも早く確実に結果を出せる可能性が高いので、自社のリソースや予算にあった運用代行会社に依頼することが重要です。

 

自社にノウハウが蓄積されにくい

アカウント設計から動画投稿までをすべて運用代行会社に依頼した場合、たとえ動画が伸びたとしても自社にノウハウは蓄積されにくいです。

そのため、契約期間が終わり自社で運用しなければならなくなると、運用が難しくなります。

動画を伸ばすことも大事ですが、契約が終わった後も継続して自社で運用ができるように、代行会社からノウハウを吸収しておくことが重要です。

編集部
運用アドバイスがほしい方はコンサル会社に依頼するのがおすすめです。

おすすめTikTokコンサル5社!選ぶポイントを3つ紹介!

おすすめTikTokコンサル5社!選ぶポイントを3つ紹介!

 

TikTok運用代行に強いおすすめ会社12選

ここからはTikTok運用代行おすすめの会社を12社ご紹介します。

さまざまなサービスを比較したい場合は、ぜひご参考にご覧ください。

pamxy

1社目は、株式会社pamxyです。

TikTok運用代行:pamxy

株式会社pamxyは登録者100万人超の自社チャンネルがあり、YouTubeで培った動画SNS運用の実力をTikTokに落とし込んでいます

TikTok公式クリエイター(けんちゃん/闇子)も所属しています。

自社チャンネル運営の知見を使い、実績に裏打ちされたTikTok運用代行を行います。

また、YouTubeでは、人気芸人ナイツの塙さんのYouTubeをプロデュースしている事で有名な会社です。

また、追加費用がかからないと明記しているため安心して依頼できるのも特徴です。

編集部
YouTube/Instagram/Twitterでも多数の実績があります。
様々なSNSの掛け合わせで効果を最大化させたい企業にぴったりの会社です。

詳しくはコチラ

 

studio15

2社目は、studio15株式会社です。

TikTok運用代行:studio15

studio15株式会社は、TikTokに特化したサービスを提供している会社です。
TikTok特化の為、バズる方法やTikTokならではの運用方法を熟知しています。

編集部
所属クリエイターを多く抱えており、こちらもインフルエンサー形態が特徴になっています。主に10代をターゲットにしたい方におすすめの会社です。

詳しくはコチラ

 

CARAFUL

3社目は、CARAFUL株式会社です。

TikTok運用代行:caraful

CARAFUL株式会社は、プロダクション事業にも力を入れていて、インフルエンサーマーケティングに強みを持っている会社です。

編集部
在籍クリエイターが、料理系TikTokクリエイターからモデル・現役ママクリエイターまで幅広い事も特徴です。
CARAFULもTikTokと公式マネジメント契約を結んでいます。

詳しくはコチラ

 

INITIAL BRAIN JAPAN

4社目は、株式会社INITIAL BRAIN JAPANです。

株式会社INITIAL BRAIN JAPANは、ショートムービーに特化したSNS運用代行会社です。

「30秒で人の心を動かす」を理念に、TikTokを含む各SNSの運用代行を行っています。

設立は2021年と若目の会社ではありますが、既に100社以上の取引実績があり、評判はお墨付きです。

料金プランには最低保証PVが設定されていますので、安心して依頼することが可能です。

編集部
ショート動画をメインに運用していきたいという方におすすめの会社です。

詳しくはコチラ

 

メディアエイド

5社目は、株式会社メディアエイドです。

TikTok運用代行:メディアエイド

株式会社メディアエイドは、TikTokのフォロワー数34万人を誇る現役医大生が代表を務めています。

約150アカウントの運用代行を行なっている実績を持っており、アカウント運用代行を得意としている会社です。

主に集客や採用に困っている企業に対してTikTokを用いて課題解決を行っています。

また、毎月2000本以上の動画制作を請け負うほどの圧倒的な企画力で

  • ピアノ教室系アカウント 3ヶ月で10万フォロワー獲得
  • 投稿4本で7万フォロワー・600万インプレッション達成
  • 10万再生以上の動画30本超え

などの「バズ」を生み出しています。

編集部
膨大なデータをもとに最適なマネタイズ導線の提案も行ってくれるため、「バズらせるだけでなく、マネタイズもしたい・採用も強化したい」という方におすすめの会社です。

詳しくはコチラ

 

Natee

6社目は、株式会社Nateeです。

TikTok運用代行:Natee

株式会社Nateeは、TikTokクリエイターをアサインした広告やインフルエンサーマーケティングが特徴の会社です。
また、TikTokの公認MCNとして契約を締結しています。

※MCN(マルチチャンネルネットワーク)とは、動画SNSにおいて活躍するクリエイター・タレントをサポートし、営業・コンテンツの設計・クリエイター育成の推進等を行うクリエイターネットワーク企業のことです。
引用:https://www.le-commu.co.jp/news/87

編集部
自社でチャンネルを持ちたい企業には不向きかもしれませんが、インフルエンサーマーケティングを検討されている方におすすめです。

詳しくはコチラ

 

リーディングコミュニケーション

7社目は、株式会社リーディングコミュニケーションです。

TikTok運用代行:リーディングコミュニケーション

株式会社リーディングコミュニケーションは、クリエイターを起用したプロモーション・タイアップ・SNSマーケティングなど企画から広告運用までワンストップで行っている事が特徴です。

運用するSNSの総フォロワー数は825万人を超えています。
TikTokと公式マネジメント契約を結んでいます。

編集部
有名クリエイターを起用した企画力を強みにしている会社のため、アサインするクリエイターを重要視する方におすすめです。

詳しくはコチラ

 

フルスピード

8社目は、株式会社フルスピードです。

TikTok運用代行:フルスピード

【PR】

株式会社フルスピードは、20年以上続くWeb総合代理店の会社です。

今までSNS関連で1,000社以上の支援実績があり、最終ゴールである売上を見据えた俯瞰的な運用が得意です。

また、TikTokを運営しているByteDance社と提携しているため、TikTokに関する仕様変更等の重要な情報を素早くキャッチし、お客様に共有することができます。

編集部
長い運営実績と、TikTok運営と提携しているのは大きな安心材料です。SNSは運用しているものの、売り上げやブランディングに繋げられてない場合にオススメの会社です。

【PR】

詳しくはコチラ

 

ウィニングフィールド

9社目は、株式会社ウィニングフィールドです。

TikTok運用代行:ウィニングフィールド

株式会社ウィニングフィールドは、AIを用いた高精度ターゲティングが特徴の会社です。
アクセス解析・ヒートマップ分析・A/Bテスト効果検証など広告を出す上で重要な詳細な分析が出来ます。
AI(人工知能)による効果測定のレポーティングなどもあり、より効果的な広告運用をしたいという方におすすめです。

編集部
TikTokの他にも、グーグル・フェイスブック・インスタグラム・YouTubeなど様々なSNSの運用代行を行っています。Webマーケティングの会社なので、包括的な依頼が可能です。

詳しくはコチラ

 

Z世代

10社目は、株式会社Z世代です。

株式会社Z世代は、成果報酬型のTikTok運用サービスです。

会社の代表はインフルエンサーのガリレオが代表を務めており、実際のバスったノウハウを活かした動画制作を行なっています。

現役インフルエンサーによる、市場のトレンドをいち早くキャッチした運用を行いたい方へおすすめです。

編集部
成果報酬型という性質上、事業内容などをヒアリングしたのちにお断りする場合があります。

詳しくはコチラ

 

株式会社トピカ

11社目は、株式会社トピカです。

株式会社トピカは、100社以上の取引実績のある一貫型のTikTok運用サービスです。

自社アカウント「GOHAN」を含め、SNSでは100万人以上のフォロワーがいます。

自社アカウントの運用で培ったノウハウを活かして、アカウント運用に悩む企業の運用サポートや運用代行を行なっています。

常に更新し続けるノウハウ提供を求めている方へおすすめの会社です。

編集部
実績が豊富で安心して任せることのできるサービスでしょう。

詳しくはコチラ

 

株式会社火燵

12社目は、株式会社火燵です。

株式会社火燵は、フルサポート型のTikTok運用サービスです。

アカウントの開設から運用まで全てをお任せしたい方におすすめの会社で、成果や利益を出すことにこだわっている会社です。

KPIの設定や動画のシナリオまでトータルサポートしてくれます。

編集部
TikTok以外でもYouTubeの運用代行なども手掛ける会社です。

詳しくはコチラ

 

TikTok運用代行の費用はどれくらい?

TikTok運用代行の予算の目安

TikTok運用代行会社は、「何を依頼するか」によって、その費用が異なります。

そこでまずは、依頼する企業の規模別に、TikTok運用代行会社のオススメ活用方法と予算目安を整理していきましょう。

小規模企業/個人事業主

小規模企業や個人事業主の場合、できるだけ予算は抑えたいですよね。

そのため、運用に必要な知識を「コンサルティング」として運用代行会社にサポートしてもらい、運用自体は自社で行う活用方法をオススメします!

費用の目安

5万円~20万円程度/月

このような企業におすすめ

  • TikTok運用にかける予算は、できるだけ抑えたい
  • TikTok運用をする人員、リソースは自社で確保できる

中規模企業

中規模企業の場合、予算はそこそこ用意できるものの、運用スキルを持った人材採用や育成に悩まされる傾向があります。

この点を踏まえたオススメの活用方法は、「1人分の月給」を予算目安にすることです。

その予算内で、一通りの運用を依頼できるのが理想的です。

費用の目安

30万円~60万円程度/月

このような企業におすすめ

  • TikTok運用にかける予算はある程度確保できる
  •  TikTok運用知識やスキルを持つ人材が社内にいない

大企業

大企業がTikTokを運用する場合、事業の急成長につながる大規模な反響を期待することでしょう。

この点で必要となるのが、「TikTok広告」と「成果分析」です。

運用自体で反響だけを狙うのではなく、より多くのユーザーへの認知・拡散と、前月の反省を活かしたトライ&エラーをしてくれる運用代行会社の活用がオススメです。

費用の目安

60万円~100万円程度/月

このような企業におすすめ

  • TikTok運用で、大規模な反響を期待している
  • 企業イメージのためにも、質の高いTikTok運用を目指したい

編集部
TikTok運用代行の費用は、そのサービス範囲によって幅広い予算設定が可能です。企業規模や人員リソース、理想とする成果に合った予算費用を考えましょう。

 

Pick up!

TikTok運用についてお悩みはありませんか?
TikTok運用のプロ集団pamxyへぜひご相談ください! 

YouTube運用代行のお問い合わせはこちら

 

TikTok運用代行費用の内訳

TikTok運用代行費用の内訳

TikTok運用代行の費用目安を確認しましたが、実際にTikTok運用会社を選ぶ際に注目すべきは、その費用に含まれる「内訳」。

つまり、どのようなサービスが含まれてその費用になるのかを見極めることが大切です。

ただし、TikTok運用代行の費用内訳は、報酬タイプによって異なります。

そこで次に、代表的な2つの報酬タイプと内訳となるサービス内容についてご説明しましょう。

【TikTok運用代行】2つの報酬タイプ

報酬タイプ報酬額決定の基準特徴
月額契約型運用代行会社に依頼するサービス範囲サービス内容が細かく設定されている。
成果報酬型フォロワー獲得数やCV数、リーチ数などの成果成果報酬とは別に、分析ツールや広告運用などの費用が別途発生することがある。

 

【TikTok運用代行】サービス内容例

TikTok運用代行:サービス内容例

月額契約型を採用する運用代行会社の場合、次のようにサービス内容別の費用が設定されています。

※下記費用目安は、いずれも「月5~6投稿程度」を想定

アカウント・コンセプト設計

どのような方向性でTikTokを運用していくのか、アカウントと投稿の戦略となる「コンセプト」や「目標」を設定します。

費用目安:5万円〜40万円程度

動画企画・台本作成

アカウントや投稿動画のコンセプトを基に、動画の企画や台本を作成します。

費用目安:10万円程度~

動画の撮影、投稿

企画や台本に基づいて、TikTokのトレンドを活かした動画撮影や、注目のハッシュタグを交えた投稿文を作成します。

費用目安:10万円程度~

クリエイターのアサイン

動画上必要であれば、TikTokクリエイターのアサイン(人員確保)を代行します。

費用目安:10万円程度~  

いいねやコメント返信

ユーザーの親近感を得るため、投稿した動画にもらった「いいね」や「コメント」といったアクションに返信をします。

費用目安:10万円程度~  

運用レポート報告

TikTok投稿への反響やプロフィールへのアクセス状況などのデータを分析し、レポートとして運用成果を報告します。

費用目安:5万円程度~

コンサルティング(アドバイス)

依頼企業が自社で行ったTikTok運用に対し、アドバイスをします。 なお、運用についてのアドバイスなのか、動画についてのみのアドバイスなのか、その範囲にも注目しましょう。

費用目安:20万円程度~

 

編集部
TikTok運用をする上で、自社でカバーできる範囲と、スキルや知識を必要とする範囲を整理しましょう。それに応じて必要なサービス内容を選ぶことで、有効な予算活用につながるのではないでしょうか。
 

 

TikTok運用代行会社の選び方と注意点

TikTok運用代行会社の選び方と注意点

数あるTikTok運用代行会社の中から、予算と希望に合った会社を見つけるのは大変ですよね。

そこで次に、優良なTikTok運用代行会社の選び方と注意点をご紹介します。

TikTok運用会社を選ぶ3つのポイント

TikTok運用会社を選ぶ3つのポイント

TikTok運用代行会社を検討する際には、次の3つのポイントに注目しましょう。

わかりやすい料金設定

TikTok運用代行会社のなかには、運用をしていくうちに、提案した見積もり額とは別の費用が発生することもあります。 ただし、これでは予算が組みにくいですよね。

だからこそ、事前に料金目安をまとめた資料や見積もりを提出するなど、料金設定を明確にしている企業を選ぶことをオススメします。

運用代行サービスの範囲

いくら料金が安くても、希望の運用代行サービスの範囲がカバーできていなければ、予算に見合うとは言えません。

そこで大事な見極めポイントとなるのが、依頼企業の希望と予算に見合った費用見積もりを提案できているかどうかです。

また提案する運用代行サービス範囲に対して、メリットだけでなく、注意点やリスクもしっかりと説明できる会社を選ぶことも重要となるでしょう。

豊富な実績

費用とサービス内容に対して、適切な「成果」があるのかも気になりますよね。 だからこそ、「しっかりとした実績」を確認することが大切になるのです。

この点、TikTok運用代行会社の多くが、自社サイトに実績を掲載しています。 実績の詳細が気になる場合には、担当者に確認してみましょう。

また、実際に運用代行したアカウントの評価を確認することでも、その運用代行会社のスキルを確認できることでしょう。

【注意点】TikTok運用代行会社選ぶ前に

そもそもTikTok運用会社を選ぶ前には、後悔をしないためにも「自社の事業戦略に、TikTok運用が本当に必要かどうか」を必ず確認しましょう。

なぜなら、実際にはTikTokという媒体が、自社事業やサービスに合っていないことがあるからです。 同じ動画系SNSであっても、YouTubeやライブサービスなど、SNS媒体によって、ユーザーの傾向やトレンドが異なります。

さらにSNS全体で考えると、InstagramやTwitterなど、特色やユーザー層の異なる媒体も選択肢に挙がることでしょう。 つまり、単に「流行っているからTikTok運用」と選ぶのではなく、TikTok運用の必要性を見極めることが重要なのです。

TikTok運用の必要性を見極めポイント

  • 企業が想定するユーザー層とTikTokユーザー層が合っているのか
  • 動画マーケティングが、ユーザーのアクションや購買意欲につながる可能性があるのか 

 

編集部
失敗しないTikTok運用を実現するためにも、運用代行会社選びはとても大切ですよね。より高い成果を実現するためにも、自社に合った運用代行会社をしっかり見極めて選定しましょう。

まとめ

本記事の内容をまとめると、TikTok運用代行の費用については、以下の重要ポイントがあると言えます。

  • 企業規模や人員確保、目標に合った予算設定が大切
  • 費用予算や自社状況に合わせて運用代行サービス範囲を選ぶべき
  • より高い成果を目指して、運用代行会社を見極める必要がある

従来TikTokというと、「若者向け」というイメージが強かった一方、現在では子どもから大人まで幅広い年齢層が楽しむSNSツールへと成長しています。

日々変化するTikTokの傾向と需要を自社の成果へと発展させるためにも、相応な費用をかけて優良なTikTok運用代行会社へ依頼することはとても有益な予算活用となることでしょう。

ただし、成果につながらなかったり、企業イメージを損ねたりする、TikTok運用は予算の無駄遣いにもつながります。

その費用を有効活用するためにも、あなたの企業に合った、より良い運用代行会社をパートナーにしてくださいね。  

編集部
広告の運用代行を検討している方は、TikTok広告の運用代行とは?【おすすめ代行会社5社紹介】をご覧ください。

TikTok広告の運用代行とは?【おすすめ代行会社5社紹介】

 

 

【先着10社/月】無料相談受付中‼︎
株式会社pamxyのTikTok運用代行

株式会社pamxyでは、TikTok運用代行サービスを行っています。   TikTok運用代行 実際に弊社で運用しているアカウントは、累計フォロワー33万人、TikTok内コンテストで2度優勝、TikTok公式クリエイターに認定されています。

アカウント運用の中で培われたノウハウを生かして、SNS累計登録者100万人超のプロのSNSマーケターがTikTok運用を一からサポートします。

「認知度・ブランディングを高めたい」「TikTokを活用してターゲット層にリーチさせたい」「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお答えします。

 

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。 ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

© 2024 マーケドリブン Powered by AFFINGER5