YouTube

【徹底解説】YouTubeで検索を上位表示させるためのコツ

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

「検索結果で動画が上位表示されるといいらしい!でも何をしたらいいんだろう?」

検索結果の上位表示を狙うことがYouTube運用で大事だといわれています。
しかし、YouTube運用の担当者の中には上記のような悩みや疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

そこで、本記事ではマーケドリブン編集部がYouTubeにおける上位表示について、以下の流れで徹底解説します。

  1. YouTubeで上位表示されるメリット
  2. YouTubeで上位表示に関わる要素
  3. YouTubeで上位表示されるためのコツ
  4. YouTubeで上位表示されるためにアナリティクスで見るべき指標

本記事を参考にYouTube企業アカウントを運用していけば、検索結果で上位表示を狙えますよ!

 

YouTubeで検索上位に表示されるメリット

 

YouTubeを運用しながらブランディングや新規顧客の獲得につなげるためには、自社の動画が検索結果の上位表示されることが重要だと言われます。

では、YouTubeで上位表示されるとどのようなメリットがあるのでしょうか。
今から、YouTubeが上位表示されることで得られるメリットを3つ紹介していきます。

 

YouTubeに上位表示されることで再生回数が増える

YouTubeには数え切れないほどの動画がアップロードされており、特にここ数年でYouTuberやチャンネルの数は急増しました。
そのような状況で自社の動画を多くの人に見てもらうことは、そう簡単ではありません。
ただ、自社の動画が検索結果の上位に表示されればより多くのユーザーの目に留まりやすくなり、必然的に再生回数が増えるのです。

また、YouTube企業アカウントを立ち上げて間もない頃は登録者数も少なく、なかなか見てもらえません。
初期の頃は特に、検索流入から視聴者を獲得しなければならないので上位表示されることはとても重要です。

編集部
実際に見てもらえる動画はたったの1%で、残りの99%のはほとんど見られていないともいわれています。より多くの人に見てもらうためには、上位表示を狙うことが何よりも重要なポイントです。

再生から視聴者のチャンネル登録につながる

上位表示された動画からチャンネル登録につながれば、次回以降の動画も確実に届けられるようになります。

チャンネル登録してもらえると、自社の動画が公開されるたびに登録者へメールやポップアップなどで通知がいくため、新着動画に気づいてもらいやすくなります。
仮に登録者が新着動画を見なかったとしても、チャンネル名を目にする機会は増えるので認知度を高めやすいといった点もメリットです。

編集部
検索結果に出てきた動画を見たら面白くて、ついチャンネル登録してしまった…という経験がある方もいるのではないでしょうか?上位表示された動画をきっかけとして、チャンネル登録につながることも少なくありません。

 

Google検索でも上位表示される

Googleでも動画が上位表示されるようになると、普段YouTubeで検索しない人たちにも自社のコンテンツを届けられるといったメリットがあります。

「他のWebサイトよりも有益で、ユーザーにとって役立つコンテンツである」とGoogleが判断した場合、Google検索の結果にもYouTubeの動画が表示されるようになるのです。
その結果、YouTube検索からの流入に加えてGoogle検索からの流入も増えるため、全体の動画再生数がアップします。

編集部
SEO対策をしっかりと行えばYouTubeだけでなく、Google検索からのダイレクトな流入も十分に狙えます。Google検索での上位表示につながることも頭に入れておきましょう。

 

YouTubeは何で検索順位(SEO)が決まっているのか

 

「YouTubeで再生回数や登録者数を増やすには検索順位(SEO)が大事」とは言いますが、どのようにして動画の表示順位などが決まっているかご存じでしょうか。
主に以下の5点が大きく影響しています。

  • タイトルにキーワードを含める
  • 説明文にキーワードを含める
  • サムネイルのクリック率を高める
  • 視聴回数や高評価の数、リンクの共有回数を高める
  • 動画の視聴維持率を高める

今から上記5点について解説していくので、ぜひSEO対策の参考にしてください。

 

タイトルにキーワードを含める

 

タイトルは、どのような内容の動画であるかをユーザーに伝えるとても大事な要素です。
ただ、YouTubeの場合は検索されることを意識してタイトルを付けなければなりません。
タイトルの付け方のポイント

  • 狙うべきキーワードを明確化する。
  • 狙うべきキーワードは左寄せに。タイトルの中でも左側に持ってくる。

ahrefsというツールを利用することで、YouTube上の検索ボリュームを明確化することができます。
ahrefsとは簡単に説明すると全世界で使われているSEO分析ツールです。そのahrefsを使い、狙うべきキーワードを明確化し、動画やタイトルなどに盛り込んでいきましょう。

編集部
タイトルはSNSなどで共有された際にも表示されるため、一目でどのような動画なのか分かるように設定しておくと拡散されやすいです。スマホでは、タイトルが28文字程度しか表示されないという点も頭に入れておいてください。

 

タイトルは対策キーワードを左寄せする

 

先ほどタイトルは、対策キーワードを盛り込むことも大事だと伝えましたが、どこに入れてもいいと言うわけではありません。

上位表示されやすくするためにも、以下のポイントを押さえましょう。

  • タイトルの左側、最初の方にできるだけ対策キーワードを使用する。

実はYouTubeのAIは、タイトルの冒頭に出てくる単語ほど動画と関連度が高いキーワードと判断する傾向があります。
上位表示を狙う場合は、必ず狙いたいキーワードをタイトルの最初の方に、つまり左寄せで使用しましょう。

編集部
例えば机のDIYの場合、「 3分で誰でも簡単に作れる机DIY」よりも「机DIY 3分で誰でも簡単に作れる」の方が効果的だということです。

 

説明文にキーワードを含める

 

YouTubeにおける説明文では、動画の概要や動画内で紹介した商品・サービスのURLなど紹介できます。
「どのような情報が得られて、誰にとって役立つ動画なのか」といったことをユーザーとYouTubeに訴求できます。

説明文を作成する際は以下のようなポイントを押さえましょう。
説明文作成のポイント

  • 対策キーワードを説明文の1行目に盛り込んでいく。
  • どのような動画を発信していくのかを明確化する。
  • チャンネル登録を促す内容を挿入する。

説明文も検索順位に影響を与える重要な要素です。
対策キーワードは必ず使用し、検索を意識した説明文を作りましょう。
また、説明文はダラダラと書くのではなく、簡潔に分かりやすくまとめることも大切です。

編集部
関連動画や再生リストのリンク、自社のSNSアカウントのURLなどを記載しておくと、次のアクションへつながりやすくなりますよ。

 

対策キーワードをできるだけ盛り込む

 

YouTubeで動画を上位表示させるためには、選定した対策キーワードを盛り込むことが欠かせません。

実は対策キーワードを動画中にも積極的に仕込むことで、YouTubeが読み取ったり聞き取ったりしてくれることもあります。
文字情報を読み取れるところには、できるだけキーワードを仕込みましょう。

  • 対策キーワードを動画内でも積極的に使用する。
  • メインの対策キーワードだけでなく、サジェストキーワードも盛り込む。

検索窓に対策キーワードを入れた時に、予測変換されてプルダウンで出てくる単語を「サジェストキーワード」と呼びます。
実際に検索されたキーワードから予測変換しているため、ユーザーの検索ニーズをリアルに反映しています。

動画内にサジェストキーワードを組み合わせることでヒットする確率が高くなるので、積極的に盛り込みましょう。

編集部
実は、コメントにキーワードが含まれている場合もSEO対策として有効といわれています。

 

動画の概要欄の1行目に狙うキーワードを含める

 

YouTubeには概要欄と呼ばれる場所があり、動画についての説明文を記載するスペースがあります。
ここに対策キーワードを仕込んでおくこともSEO対策として有効です。

  • 動画の概要欄の1行目にキーワードを使用する。
  • タイトルと同様に、対策キーワードは左寄せする。

YouTubeは、概要欄の1行目に使用されるキーワードを重要視する傾向があります。
キーワードと関連性の高い動画であると判断してもらうためにも、1行目に左寄せで対策キーワードを使いましょう。

編集部
概要欄に記載する説明文を考える時は、タイトルと同様に対策キーワードの位置に注意しましょう。

 

動画のメタタグを設定

メタタグとは動画を説明するキーワードのことで、タイトルや説明とは違ってユーザーからは見えません。
しかし、メタタグを設定するとYouTube側にどのカテゴリーに属する動画であるかを伝えられます。

メタタグの設定をする際は、狙うキーワードで上位表示されている動画を参考にして決めるのがおすすめです。
以下の手順で動画のタグを検索できます。
メタタグの検索方法

  1. メタタグを知りたい動画をChromeで開く。
  2. 「ページのソースを開く」をクリック。
  3. Command +Fで、検索窓に「keyword」と入力。

タグを設定すると、同じカテゴリーの動画の関連動画として表示されやすくなります。
上位表示されている動画から見つけたタグを自分の動画にも設定し、関連動画への表示を狙いましょう。

編集部
ただ、入れすぎるとタグスパムと判断されてしまうので3〜5個が目安です。

タイトル・キーワードのSEO対策についてより詳しく学びたい方はこちらのnoteを参照してください。
登録者70万人超のプロのSNSマーケターが作成しました。「YouTubeを伸ばすためのノウハウ」が凝縮されています。

 

サムネイルのクリック率を高める

 

「サムネイルクリック率」とは、動画のサムネイルがホーム画面や関連動画などに表示された時にどれくらいクリックされたのかを表す数値です。

サムネイルクリック率が高いということは、ユーザーにとって魅力あるサムネイルであることを示します。
また、YouTubeからも「ユーザーから需要のある良質な動画である」と評価されやすくなるため、上位表示につながります。

サムネイルを制作する場合は以下の2点に気をつけましょう。
サムネイル最適化ポイント

  • 文字数を少なく、大きく、インパクトを与える。
  • フォントや背景などはチャンネルのイメージに合わせる。
  • 動画の内容をわかりやすく(誰が・何をするのかなど)
  • 人の表情や体で動きを表現している写真を入れる。

Googleでの検索結果とは違ってYouTube内ではサムネイルがメインに表示されるため、自社動画へ誘導するための重要なポイントといえます。
サムネイルクリック率を上げて上位表示や関連動画への表示を狙いましょう。

編集部
スマホでYouTubeを利用するユーザーが多いので、小さめの画面でも見やすいかどうかも意識しておくことも大切です。画面が小さくても分かりやすいサムネイル作りを意識しましょう。

サムネイル制作についてより詳しく知りたい方は、思わずクリックしてしまう!YouTubeサムネイルの作り方と設定方法の記事をお読みください。

サムネイルのクリック率を上げるコツを分かりやすく解説しています。

登録者100万人を超えたYouTubeサムネイル作成のたった3つのルール

 

視聴回数や高評価の数、リンクの共有回数を高める

 

視聴回数や高評価・リンクの共有回数も検索順位に大きく影響します。

視聴回数はもちろんですが、高評価の数や被リンクの数が多いほどユーザーからの需要が高いと判断されやすく、YouTubeからの評価も高くなります。
リアクション数を増やすポイント

  • 動画の中で内容に共感したら高評価・チャンネル登録するよう訴求する。
  • どのような内容を発信していくのか、世界観・コンセプトを伝える。

YouTubeはよりたくさんのユーザーに動画を見てもらうことを目的としているため、リアクションが多いものは優先的に表示されやすいです。
リアクション数を増やせるように日々改善していきましょう。

編集部
視聴者にコメントを促すために、動画内で視聴者に向けてコメントを投げかけたりすると良いでしょう。

 

動画の視聴維持率を高める

 

動画の維持率とは、ユーザーが動画をどれくらい再生し続けたのかを表す数値のことです。
例えば、10分の動画が5分再生されたら50%、2分再生されたら20%と計測されます。
視聴維持率を高めるポイント

  • 冒頭にアバン*を用意することで本編への期待感を高める。
  • 「あー」「えー」などの間をカットすることでテンポを上げる。
  • 配信済み動画で視聴維持率が下がった箇所の原因究明し改善する。

*アバン=TVや映画でよく使われる。番組のメインタイトルの前に番組内容をダイジェスト的に見せて続きを見たいと思わせる手法。

視聴維持率を高めたい場合は、動画内の余分な部分をカットしたり動画全体の流れを冒頭で説明したりするのが効果的です。
ユーザーが見続けたいと思うように工夫する必要があります。

編集部
「動画の維持率が高い=ユーザーが求める情報を提供できている」ということ。視聴維持率の数値が高いほどYouTubeからの評価も上がるため、検索結果で上位表示されやすくなります。

 

アナリティクスで分析して見直す

 

YouTubeは「アップロードすればそれで終わり」というわけではなく、常に改善していくことがSEO対策となり、上位表示へつながります。
YouTubeアナリティクスなどの分析ツールを利用し、定期的に運用パフォーマンスの確認・クオリティの改善を行いましょう。

ここでは、YouTubeアナリティクスで特に重要な指標を解説します。

 

視聴維持率

YouTube視聴維持率を維持するポイント

視聴維持率は10分程度の動画であれば、40%前後が平均と言われています。
YouTubeアナリティクスなどで視聴維持率をチェックする際は、以下のポイントを意識しましょう。

  • 運用を開始した頃は40%前後を目指し、徐々に60%以上の視聴維持率を目指す。
  • 「視聴維持率が下がった」=「離脱したユーザーが多い箇所」
  • 視聴維持率下がった箇所から原因を突き止める。

視聴維持率をチェックした時にガクッと下がっている箇所があれば、そこにユーザーが離脱した原因があると予測できます。

編集部
公開後は、YouTubeアナリティクスで動画の視聴維持率を必ずチェックしてください。離脱の原因となった要素が何であるか突き止めて改善できれば、YouTubeからの評価も上がって上位表示へつながるでしょう。

 

サムネイルクリック率

サムネイルクリック率を高める

サムネイルクリック率もとても重要な指標で、この数値がアップするかダウンするかで以下のような影響が出てきます。

  • アップ:良質な動画と判断され、優先的に表示される。
  • ダウン:表示される場所が下がり、クリックされなくなると消える。

このようにサムネイルクリック率によって上位表示されたり表示場所が下がったりし、再生回数にも大きく影響します。
ユーザーにとって分かりやすく、魅力的なサムネイル作りを心がけましょう。

編集部
サムネイルクリック率は再生回数に大きく影響する指標なので、定期的に分析・改善を行いましょう。上位表示される動画のサムネイルを研究するのもおすすめです。

以下の記事では、YouTube運用におけるアナリティクスの活用方法を解説しています。
もっと詳しく知りたいという方は以下の記事もぜひ参考にしてください。

YouTubeアナリティクスで絶対見るべき2指標【初心者必見】

まとめ

今回の記事では、YouTube検索で上位表示に影響する要素や上位表示を狙うためのコツを紹介しました。
最後に改めて、ポイントを振り返ってみましょう。

  • 上位表示には再生回数が増えやすいというメリットがある
  • タイトル・説明文・サムネイルクリック率・視聴者からのリアクション・視聴維持率が上位表示を決める
  • 上位表示させるためにはキーワードを使ってSEO対策
  • YouTubeアナリティクスで分析・改善

上記のポイントを押さえながら、自社の動画が上位表示されるようにコンスタントに運用していきましょう!

 

「マーケドリブンのことをもっと知りたい」「SNSマーケのことをさらに詳しく勉強したい」という方は 下記ボタンから公式ラインを友達追加してみてください!

公式ラインでは、友達限定のお得な有料ノートやキャンペーン情報をお届けします!
友だち追加

 

また、こちらのnoteでは、YouTube登録者70万人超のプロのSNSマーケターが「YouTubeを伸ばすノウハウ」を公開しています。
これからYouTubeを始める方、YouTubeを運営していて伸び悩んでいる方は、必見の内容です。
2ヶ月で登録者を30万人まで伸ばしたチャンネル設計の極意や、視聴維持率78%を誇るYouTube動画制作の裏側などを惜しみなく公開しています。

株式会社pamxyのYouTube運用代行

pamxy YouTube運用代行
また、株式会社pamxyでは、YouTubeの企画から撮影、編集までを一気通貫で代行するYouTube運用代行サービスを行っています。

自社チャンネル70万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。
ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。
本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にお問い合わせフォーム よりご相談ください。
まずはウェブ会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

  • 記事を読んだが、YouTubeの撮影や機材について不明点が多い
  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない
  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5