YouTube

YouTube動画を上位表示させるには?VSEO対策とは?用語説明・メリット・方法・ポイントをご紹介

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

YouTubeで動画を投稿する人はこのように悩んだ経験はありませんか?

「YouTube動画を投稿したもののGoogleやYouTubeで上位表示されない…」

「動画を沢山投稿しているのに何故視聴数が伸びないのだろう…」

「VSEO対策をしてみたいけどやり方が分からない…」

そうした人たちに向けてYouTube動画を上位表示させる為に重要なVSEOについて以下のステップで解説します。

この記事を読んでVSEOを理解し実践してもらうことでYouTube動画を上位表示させることができ、その結果視聴数、集客力、ブランディング力の向上に繋がります。

VSEOとは

VSEOとは『Video Engine Optimization』の頭文字をとったもので、「動画コンテンツの検索エンジン最適化」という意味です。平たく言うと動画をYouTube検索上位に表示させる為の手法となります。

また「YouTube」は全世界のアクセス数ランキングで「Google」に次いで世界第2位のアクセス数を誇ります。つまり、YouTubeの検索結果で上位表示されるということは、多くのユーザーにリーチできる可能性があるということです。

またGoogleで検索をした場合YouTubeの動画も検索結果として表示されます。以上の理由からVSEO対策をすることはとても重要ということになります。

VSEOを行うメリット

集客力が高まる

動画はテキストと比較するとユーザーが見やすいという特徴があります。したがってVSEO対策で動画を上位表示させることでテキストよりもCVやサイトまでの誘導がスムーズになります。

またコンテンツが関心を引くものであればSNS等での拡散を狙える上、ファンの増加により発信者のブランディング力の向上にも繋がります。

以上の理由からVSEO対策を行うことは集客力の向上に繋がると言えます。

 

動画をYouTube検索結果上位に載せやすい

これはYouTubeの検索アルゴリズムはGoogleほど精緻化されていない状況の為、簡易的なVSEO対策で上位表示を獲得できる場合が多く見られるからです。

VSEO対策は費用対効果が高い

動画広告というジャンル自体、少ない課金で大きな成果を上げられる可能性が高く、費用対効果に優れています。

というのも企業が費用を払って広告を掲載するペイドメディアとは異なり、VSEO対策は上位表示された時のその拡散性、CVRの高さにより宣伝費を要さないからです。

加えてペイドメディアのリスティング広告はユーザーをサイトに誘導する度にクリック単価が発生しますが、VSEOにはそのようなことがありません。

このような理由からVSEO対策は費用対効果が高いと言えます。

ここまではVSEOの説明やメリットについて述べましたが具体的には何をすればよいのでしょうか?以下にVSEO対策の手順・ポイントを解説します。

VSEO対策の手順・ポイント

対象キーワードをタイトルと説明文に含める

対象キーワードをタイトルと説明文に含めます。その際にユーザーニーズを考慮したキーワードを選定した上でユーザーが立ち止まって見てくれるようなタイトル・説明文も必要です。

タグの最適化

YouTubeの動画にはタグによりカテゴライズすることができます。

対象キーワードのタグを付けた上で、関連性のあるタグもつけておくと良いでしょう。それにより関連性のある複数の動画をタグでカテゴライズすることにより連続視聴してもらいやすくなります。

ただし動画の内容やテーマと関係性がないハッシュタグは不正となりますので注意が必要です。

直帰させない工夫をする

テキスト記事のアルゴリズムにおいて重視されるものの中に「滞在時間」という指標がありますがYouTubeのアルゴリズムにおいて動画の「再生時間」でも同様です。

直帰を防いで「再生時間」を増やすには冒頭の約15秒以内に「この動画を見るメリットはあるのか」、「このチャンネルと動画のメッセージはなんなのか」を伝えることが大切です。

実際にYouTubeヘルプには以下の記載があります。

どの動画でも最初の 15 秒間に注意する必要があります。 再生をやめる視聴者が最も多いのがこのタイミングです。視聴者維持率を測る-YouTubeヘルプ

工夫の一つとして目次の役割をする「タイムスタンプ」が挙げられます。

説明文に経過時間を半角数字と半角コロン「:」で記述すると、その分秒の再生ポイントに飛ぶリンクが自動生成されます。

タイムスタンプにより必要な箇所だけを閲覧したい人の目的が早々に果たされるのでVSEOに必要な視聴者の満足度を高く維持できるのに加え直帰も防げます。

YouTubeエンゲージメント指標の向上とコメント欄の充実

YouTubeのアルゴリズムは視聴者の様々な指標を重視します。これには視聴者維持率、高評価数、低評価数、視聴者のフィードバックを含みます。

詳しくはこちらの記事で解説しているのでもし良ければご覧ください

【2021版】YouTube動画のSEO対策の最強5ステップを解説

 

ユーザーの行動を促すための導火線を置く

VSEO対策を行うのはユーザーにアクションを起こさせる為です。

したがってYouTube動画を上位表示させた後はユーザーの行動を促すための導火線を配置しましょう。

サイトへの集客であればサイトへの導火線を配置、CVを狙うのであれば商品購入に誘導するための導火線を設置すること等が挙げられます。

 

E-A-Tを高める

GoogleやYouTubeのアルゴリズムはExpertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)の三つを参考にしています。

このE-A-Tが高ければそのウェブサイトや動画の品質評価が高まり、検索結果の表示順位への影響も考えられる為、SEOの観点からも重要な概念です。

実際にYouTubeヘルプにはE-A-Tに関連する言及がされています。

ニュース、政治、医療情報、科学情報など、信憑性や信頼性が鍵となる分野では、信頼できる参照元からの高品質で信頼できるコンテンツが検索システムで優先されるように最善を尽くしています。クリエイターを支援する YouTube の取り組みについて

 

ここから分かるようにYouTubeにおいてもE-A-Tが重視されていることが伺えます。

それではこれらE-A-Tの要素を高めるにはどのようにしたらよいのでしょうか?頭文字から順に解説します。

Expertise(専門性)

専門性とはウェブサイトが何らかの専門性に特化している観点を言います。様々なジャンルの動画を投稿するよりも一つの内容に特化した動画を投稿する方が高く評価されます。その分野に精通した人が動画を投稿すれば一層評価が高まる可能性があります。

幅広くではなく一つの分野に特化することでより顧客のニーズを満たしやすいというメリットがあります。

Authoritativeness(権威性)

権威性とは特定の分野において一定の地位を獲得した観点を言います。知名度、ブランドとも言い換えられます。

これを高めるには長期に渡る質の高い動画投稿の実績が必要であり、一朝一夕には高められないものです。

 

Trustworthiness(信頼性)

信頼性とは多くの人から内容が信頼されているかという観点を言います。

これはチャンネルの運営者情報やプロフィールを充実させ、信頼性を裏打ちすることが重要です。

まとめ

・VSEOとは動画をYouTube検索上位に表示させる為の手法
・VSEO対策はコスパ、集客力が高い等のメリットがある。
・VSEOの手順は対象キーワードをタイトルと説明文に含める、導火線を設置すること等が挙げられる。

また、株式会社pamxyではビジネスゴールに合わせたYouTube運用代行を実施しております。
自社チャンネル登録者数45万人超で培ったノウハウと、テレビやYouTubeで活躍するクリエイター陣が企業YouTube運用のご支援をいたします。自社で企画やSEO対策をするには不安があるという場合もpamxyの運用代行であればしっかりとサポートすることができます。

まずは無料相談でビジネスゴール別のYouTube活用事例や、同業界での成功事例についてお伝えします。是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5