YouTube

YouTubeタイトルの付け方!累計登録者100万人が伝授!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

YouTubeで動画を投稿しているけれど、視聴回数を増やせるタイトルの付け方がよく分からない」

「タイトルにどんなワードを入れると視聴者が見てくれるのだろう?」

そんな悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

YouTubeでは、タイトルの付け方次第で視聴回数が大きく伸びる可能性があるため、適切なキーワードを盛り込むことが大切です。本記事では、動画に最適なタイトルを付けるメリットやタイトルを決める際のポイントなどを詳しく解説しています。

この記事を読めば、効果的なタイトルが付けられるようになり、YouTubeアナリティクスのクリック率の向上も見込めますので、ぜひ参考にしてみてください。

YouTube動画のタイトルとは

YouTube動画のタイトルとは、コンテンツの内容を短く文章で要約したものです。また、サムネイルは動画を視聴しなくても内容が想像できるように、コンテンツのイメージを縮小して画像にしたものとなります。

多くの動画がある中で、視聴者は目に入った内容から「この動画面白そう」「自分が知りたい情報が得られそう」と判断します。YouTube動画のタイトルやサムネイルは、言わばコンテンツの看板のような役割を果たしているのです。

そのため、動画の内容に即したタイトルの設定とそれに適したサムネイルの作成はYouTube動画投稿において必須と言えます。

適切なタイトルを付けるメリットとは

YouTubeのタイトルを適当に付けてしまうと、視聴者の興味を惹くことができないため、クリックされることはありません。サムネイルに関しても同じことが言えます。ここでは、YouTube動画で適切なタイトルを付けるメリットについて確認していきます。

視聴者の興味を惹き付けられる

視聴者の興味を惹きつける前章でもお伝えしたように、YouTube動画のタイトルとサムネイルは、自分のコンテンツの内容をアピールする重要な役割を担います。タイトルに自分の求めているキーワードが入っていれば、視聴者は「この動画見てみよう!」と思うわけです。

また、サムネイルは視覚的インパクトが強く、文字も入れられることから、やはりタイトルと同じように大きな影響力があります。タイトルとサムネイルは動画をクリックする際の判断材料になり、最適化することでユーザーの興味を惹き付け、視聴につながります。

効果的なサムネイルの作り方が知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

登録者100万人を超えたYouTubeサムネイル作成のたった3つのルール

検索結果に表示されやすくなる

検索結果に表示されやすくなるYouTubeコンテンツに適切なタイトルを付けると、検索結果の上位に表示されやすくなることが特徴です。適切なタイトルはYouTubeのアルゴリズムに合わせて、検索上位に動画を表示させやすくなります。このように動画が検索結果に表示されやすくすることをVSEO対策と言います。

また、YouTubeの検索アルゴリズムに関しては、Google検索ほど細かい要素が設定されていません。そのため以下の記事で紹介するVSEO対策を行うことで、上位表示を獲得できる可能性が上がります。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

YouTube動画を上位表示させるには?VSEO対策とは?用語説明・メリット・方法・ポイントをご紹介

タイトルを付ける際のポイント4選

「タイトルの付け方がVSEO対策の重要な鍵になることは分かったけれど、具体的にはどうすればいいの?」と思う方も多いのではないでしょうか。タイトルを付ける際に、大前提として意識すべきことは以下の通りです。

  • ユーザー心理
  • YouTubeやGoogleの検索エンジン

上記2点を踏まえたうえで、さらに4つのポイントを押さえながらタイトルを付けることが大切です。

タイトルを付ける際のポイント内容
1キーワードを入れる・最重要キーワードは左端におく

・キーワード選定ツールを利用する

228文字以内にする・スマホの表示画面に合わせた文字数にする
3サムネイルと一致させる・タイトルとサムネイルのギャップによる視聴者の離脱を防ぐ
4類似キーワードの人気動画を確認・検索上位を狙うために短縮ワードなどの使用も視野に入れる

それでは、詳しい内容を確認していきましょう。

1. タイトルにキーワードを入れる

キーワードを入れるターゲットとなる視聴者が検索するであろうキーワードを入れることで、再生回数の増加につながります。例えば、お菓子の動画を作るのであれば「お菓子」「美味しい」「人気」「ブランド名」といったキーワードを、視聴者が検索して動画を探すことが予想できるはずです。

その際に、もっとも大切なキーワードをタイトルの左端に配置するようにしましょう。もし、「ブランド名」を一番重要と判断した場合は、「〇〇のお菓子を食べてみたらスゴイことになった!」など、メインキーワードが文章の先端にくるようにしてください。

【注意するポイント】

  • キーワードを詰めすぎない

キーワードをたくさん入れすぎると、それぞれが検索結果を取り合ってしまうこともあります。その結果、効果が分散してしまい、逆効果になるケースも少なくありません。場合によってはスパム認定されてしまうので注意が必要です。

編集部
キーワードは、自分の感覚で選ぶよりも、実際に視聴者が多く検索しているものをリサーチしたほうが確実です。

キーワードを選定するための便利なツールもありますので、必要に応じて使用してみるのもおすすめ。ここでは、「試しに使ってみたい」という方向けの無料ツールと、「本気で上位キーワードを狙いたい」という方に向けての有料ツールをそれぞれご紹介します。

試しに使ってみたい無料ツール

まずは、無料ツールを3点紹介します。

1つ目がキーワードプランナーです。キーワードプランナーはGoogleが提供しているキーワード検索ツールです。Googleが持つ膨大な検索に関するデータを利用しているため非常に有用です。キーワードごとの月間検索数が確認できるため特定のキーワードの検索数の推移を確認し、コンテンツ作成に活かすことができます。

キーワードプランナーはこちらから

2つ目がラッコキーワードです。

ラッコキーワードでは、「メインキーワード ○○」のように検索サジェストの関連キーワードを確認できるツールです。YouTube、Google、知恵袋など幅広く対応しているため目的に応じたキーワード検索ができるのが強みです。

ラッコキーワードはこちらから

OMUSUBIではメインキーワードを検索窓に入れると、YouTubeの検索ボリュームを視覚的に把握できます。GoogleやYouTube、Amazon、Bing、Dailymotion、Wikipediaとそれぞれのサイトでの検索状況が確認できます。

フローチャートになっているため、キーワードから派生するサブキーワードも分かりやすいです。無料キーワードツールなので、気軽に使用できます。

OMUSUBIはこちらから

本気で上位キーワードを狙える有料ツール

次に有料のツールを紹介します。『YouTube Keyword Tool』では、googleやYouTubeだけではなく、AmazonやBringといった10個の検索エンジンの莫大なデータをもとに、検索サジェストを確認できます。メインキーワードを軸に、検索されている項目を簡単に調べられるため、大変使いやすいです。

また、狙うキーワードで上位にランク付けされるのか判断できるスコアをはじめ、キーワードリストが保存できるなど、便利な機能が多くあります。毎月99USドル~運用が可能です。

YouTube Keyword Tool はこちらから

2. 動画タイトルを28文字以内にする

YouTubeではタイトルに最大100文字まで使用できますが、長すぎると最後まで読んでもらえません。また、スマホ画面でYouTubeのタイトルが確認できるのは28文字までです。スマホでの視聴者が多いことを想定する場合、タイトルの文字数は28文字以内になるようにしましょう。

また、シンプルで数字の入ったタイトルは視聴者の目に留まりやいと同時に、具体性があるので、クリックされる可能性が高くなります。例えば「短期間で性格を変えるために行った3つのこと」というタイトルの場合、”3つ”という数字によりターゲットの頭にスッと入りやすくなっています。また”短期間”という言葉により手軽さも表せているため視聴に繋がりやすいでしょう。

編集部
タイトルに多くの情報を詰め込むのはNGで、シンプルにまとめることが大切です。

3. タイトルとサムネイルのイメージを一致させる

タイトルとサムネイルを一致させるサムネイルから得られる視覚的イメージとタイトルがかけ離れていると、視聴者は「釣られた」と感じてしまいます。その結果、動画から途中で離脱したり低評価につながったりして、検索結果上位やオススメに表示されにくくなります。

インパクトのあるサムネイル作りも大切ですが、誇張しすぎはよくありません。サムネイルのイメージと違和感がないタイトル作りを心がけましょう。反対にサムネイルのイメージとかけ離れたタイトル付けも違和感を与えてしまうため、途中離脱の原因になるでしょう。

タイトルとサムネイルのバランスを意識しつつインパクトを与えられるのが理想の形です。

編集部
ユーザーが動画を視聴するかどうか判断材料となるのが、タイトルとサムネイルの二つなのでギャップがないようにしましょう。

4. 類似キーワードの人気動画を参考にする

人気動画を参考にするメインキーワードで上位に狙えそうにない時は、類似キーワードを使用すれば視聴回数が伸びることもあります。類似キーワードには、主に以下のようなパターンがあります。

  • 表記の違い
  • 単数/複数
  • 短縮/省略
  • 語尾の変化
  • 語順の違い
  • 類義語

例えば、キーワードが「アルバイト」なら「バイト」、「スマートフォン」なら「スマホ」、「猫」なら「ネコ」などが類似キーワードになります。狙うキーワードが決まっているときは、類似キーワードで伸びているチャンネルを参考にするのもおすすめです。

編集部
登録者数に対して視聴回数が多く、なおかつチャンネル開設からあまり時間が経っていないチャンネルをチェックするのがおすすめです。

まとめ

YouTube動画の、適切なタイトルやサムネイルを付けるメリットなどを解説してきました。

今回の記事内容のポイントは以下の通りです。

  • タイトルを最適化すればVSEO対策になる
  • キーワード選定にはツールの利用がおすすめ
  • 動画のタイトルはスマホに合わせて28文字以内にする
  • サムネイルのイメージと親和性があるタイトルを付ける

タイトルのキーワードや位置などを工夫することで、VSEOが最低化され、YouTubeアナリティクスのクリック率も向上します。

「今まで、何も考えずにタイトルを付けていた…」という方は、本記事でご紹介したタイトルを付ける際のポイントを実践すれば、大きな変化を感じられるはずです。サムネイルとのバランスも考えたうえで、効果的なタイトルを付け、視聴回数の向上につなげていきましょう。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5