YouTube

【YouTubeショート】再生回数を伸ばすコツや注意点を解説!

  • YouTubeショートの再生回数を伸ばしたい!
  • YouTubeショートの再生回数を伸ばすための注意点は?

TikTokやInstagramにより短尺動画が普及したことで、YouTubeでも「ショート」と呼ばれる60秒以内の縦型動画が投稿できるようになりました。

最近は収益化が可能になったこともあり、多くの動画投稿者がYouTubeショートに注力していますが、再生回数が伸びずに悩んでいる人も多いはずです。

そこで本記事では、YouTubeショートの再生回数を伸ばすコツや注意点などについて解説します。

編集部
この記事は、YouTubeのチャンネル登録者数100万人超えのあるごめとりいを運営するマーケドリブン編集部が監修する記事です。

これからYouTubeショートの投稿を検討している方は、「YouTubeショートとは?投稿方法や収益化など徹底解説」の記事もぜひご覧ください。

Pick up!

YouTube運用についてお悩みはありませんか?
YouTube運用のプロ集団pamxyへぜひご相談ください! 

YouTube運用代行のお問い合わせはこちら

YouTubeショートとは?

YouTubeショートとは

YouTubeショートとは、縦型の動画を最大60秒まで投稿したり視聴したりすることのできる機能のことです。

大きな特徴として、通常動画よりも不特定多数のユーザーから視聴されやすく、認知度の向上につながります。

そのため、これまで以上にチャンネル登録者数を増やすことが可能です。

また、60秒以内の動画ということもあり、撮影や編集における労力も抑えられます

編集部
2023年2月から収益化が可能となったことで、最近は多くの動画投稿者がYouTubeショートに注目しています。

 

YouTubeショートの再生回数を伸ばすためのコツ9選

YouTubeショートの再生回数を伸ばすためのコツ9選

注目度の高いYouTubeショートですが、再生回数が伸びずにお悩みの方も多いのではないでしょうか?

ここでは、YouTubeショートの再生回数を伸ばすためのコツ9選をご紹介します

  1. 最初の数秒でユーザーの興味関心を惹く
  2. 人気のキーワードをタイトルに入れる
  3. 継続して動画を投稿する
  4. 投稿する動画のテーマを統一する
  5. ユーザーに何かしらのアクションを促す
  6. リズムやテンポを意識する
  7. 制作会社へ外注する
  8. 魅力あるサムネイルを設定する
  9. ハッシュタグを活用する

一つずつ解説します。

 

1. 最初の数秒でユーザーの興味関心を惹く

再生回数を伸ばすためのコツ1. 最初の数秒で興味関心を惹く

再生回数を伸ばしたいのであれば、自身のショート動画をフィードに表示させる必要があります。

そこで重要となってくるのが、視聴維持率です

編集部
視聴維持率とは、動画の尺に対してどれくらい視聴されたのかを示す割合のことです。

ユーザーから興味がない動画だと思われてしまうと、すぐにスキップされてしまい視聴維持率の低下につながります。

そうならないためにも、最初の数秒でユーザーの興味関心を惹くような動画を制作することを意識しましょう

 

2. 人気のキーワードをタイトルに入れる

タイトルで視聴するかどうかを決めるユーザーも少なくありません。

そのため、人気のキーワードをタイトルに入れてみましょう

キーワードによっては、YouTubeの検索から流入されることもあります。

また、内容を要約しただけのタイトルにするのではなく、ユーザーの興味関心を惹けるように意識することも大切です。

「〜がヤバすぎる!」「見なきゃ損!」といった強調するようなワードを加えることで、さらなる効果が期待できます。

 

3. 継続して動画を投稿する

再生回数を伸ばすためのコツ3. 継続して動画を投稿する

YouTubeショートの再生回数を伸ばしたいのであれば、継続して動画を投稿することが重要です。

継続して動画を投稿することで、ユーザーから次第に認知してもらえるようになります

編集部
他の動画を視聴してもらうきっかけ作りにもなり、再生数の増加につながるでしょう。

 

4. 投稿する動画のテーマを統一する

投稿する動画のテーマを統一することで、どのようなコンセプトのチャンネルなのかをユーザーに伝えられます

その結果、投稿している動画のテーマを好むユーザーからリピートしてもらえるようになり、再生回数が自然と伸びていくはずです。

また、色彩やフォント、音楽などの編集も一貫させることで、さらにユーザーから受け入れられやすくなるでしょう。

 

5. ユーザーに何かしらのアクションを促す

コメントや高評価といった何かしらのアクションをユーザーが行うと、YouTubeからの評価が高まり、フィードに表示されやすくなります。

そのため、「高評価&コメントお待ちしています!」「続きは概要欄からご覧ください!」といったテキストを挿入して、アクションを促しましょう。

編集部
動画内で直接伝えたり、テロップを入れたりして誘導するのもおすすめです。

 

6. リズムやテンポを意識する

再生回数を伸ばすためのコツ6. リズムやテンポを意識する

どれだけこだわってショート動画を制作したとしても、リズムやテンポが悪いとすぐにスキップされてしまい、最後まで視聴されない可能性があります。

視聴維持率が低下するとフィードに表示されなくなるため、なるべく無駄な部分はカットして、リズムやテンポにこだわった動画を制作することを意識しましょう。

 

7. 制作会社へ外注する

動画制作のノウハウがなかったり、リソースが確保できなかったりといった理由で、ショート動画に注力したくてもできないという企業も多いはずです。

そんなときには、制作会社への外注を検討してみましょう

外注することで、動画編集のプロが自社の動画を制作してくれるため、時間や手間を大幅に減らすことができます。

編集部
ハイクオリティな動画に仕上がるため、再生回数を伸ばすことにつながるはずです。

動画の外注化については、「【YouTube動画の外注化】かかる費用やメリットとは?」の記事内で解説していますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

また、動画制作だけでなく、チャンネルの運営に関する業務を全て委託することができる、運用代行会社に依頼するという手もあります

YouTube運用代行会社おすすめ11社!特徴や選ぶ基準も解説」の記事内で、おすすめの運用代行会社について解説していますので、ぜひご参考にしてください。

編集部
外注する際には、どの段階まで外注するかや費用なども踏まえて、よく検討した上で慎重に決めましょう。

 

8. 魅力あるサムネイルを設定する

通常動画と同様に、ショート動画でもサムネイルを設定することが可能です。

サムネイルで視聴するかどうかを判断するユーザーも多いので、再生回数を伸ばしたいのであれば、興味関心を惹く魅力的なサムネイルを設定しましょう。

YouTubeショートのサムネイルについては、「YouTubeショート動画でサムネイルを設定する方法」の記事内で解説していますので、ぜひこちらもご覧ください。

編集部
YouTubeショートにおけるサムネイルは、スマートフォンからしか設定できないためご注意ください。

 

9. ハッシュタグを活用する

再生回数を伸ばすためのコツ9. ハッシュタグを活用する

ハッシュタグから動画を検索するユーザーも一定数いるため、YouTubeショートでもハッシュタグを積極的に活用していきましょう

ただし、ハッシュタグを付け過ぎてしまうと、YouTubeからの評価が低くなる恐れがあります。

投稿する動画に適した内容のハッシュタグだけを、厳選して付けることが重要です。

YouTubeのハッシュタグについては、「YouTubeハッシュタグの設定方法を紹介!効果も徹底解説!」の記事内で解説していますので、こちらもぜひご参考にしてください。

Pick up!

\ YouTube運用代行の無料相談実施中! /

YouTube運用は実績豊富な株式会社pamxyへお任せください。

YouTube運用代行のお問い合わせはこちら

 

YouTubeショートの再生回数を伸ばす上での注意点

YouTubeショートの再生回数を伸ばす上での注意点

YouTubeショートの再生回数を伸ばす上で、以下の3点に注意しましょう。

  1. ユーザーが不快に感じるような動画にしない
  2. PDCAサイクルを回す
  3. 人気動画を真似し過ぎない

順番に解説します。

 

1. ユーザーが不快に感じるような動画にしない

ユーザーが不快と思うような動画を投稿してしまうと、たとえ再生回数が伸びたとしても、ブランドイメージを低下させてしまう可能性があります

場合によっては炎上につながり、大きな損失となる恐れがあるので、十分に気をつけましょう。

 

2. PDCAサイクルを回す

ただショート動画を投稿し続けたとしても、ユーザーの需要を把握できなければ再生回数を伸ばすのは非常に困難です。

効率的に再生回数を伸ばすためには、PDCAサイクルを回して改善していく必要があります

YouTubeでは、YouTube Studioでフィードでの表示回数や視聴回数などを確認できます。

各種データを参考にしながら、定期的にPDCAサイクルを回してショート動画の改善に努めましょう

YouTube Studioの使い方については、「【YouTube Studio】使い方、活用法を解説!」の記事をご覧ください。

 

3. 人気動画を真似し過ぎない

ショート動画の再生回数を伸ばすために、人気動画の構成や使っている楽曲などを参考にするのはとても効果的です。

ただし、内容まで真似し過ぎてしまうと、オリジナリティのないチャンネルだと思われて、視聴者からの評価が下がってしまう可能性もあります

編集部
場合によってはトラブルに発展する恐れもあるため、真似しすぎには注意しましょう。

 

参考にしたい企業のYouTubeショート活用事例

企業のYouTubeショート活用事例

参考にしたい企業のYouTubeショート活用事例として、以下3つのチャンネルをご紹介します。

  1. 岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】
  2. 大京警備保障株式会社
  3. マイナビ転職【公式】

 

1. 岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】

岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】は、アトム法律事務所の代表である岡野武志氏が、話題のニュースに対して弁護士目線で法的解釈を交えながら解説するチャンネルです。

難しいニュースであっても端的でわかりやすく解説されており、ショート動画では結論から話すスタイルで人気を博しています

1分で内容が綺麗にまとめられているため、視聴回数も常に10万回再生以上をキープしており、チャンネル登録者数は150万人を超えています。(2023年9月)

 

2. 大京警備保障株式会社

大京警備保障株式会社は、警備会社である大京警備保障株式会社が運営しているチャンネルです。

冷えピタにキャラクターの目元部分を描いて社長のメガネに貼る、というショート動画が話題となり、人気の動画は1億回再生を超えています。

テンポやリズムがよく、トレンドに合ったキャラクターと楽曲を用いているため、多くのユーザーの興味関心を惹いています。

編集部
日本一有名な警備会社といっても過言ではありません。

 

3. マイナビ転職【公式】

マイナビ転職【公式】は、マイナビ転職が運営しているチャンネルです。

ショート動画では、仕事や転職に関する「あるあるネタ」をドラマ仕立てにしているため、最後まで飽きることなく視聴できます。

コメントでは動画に対する共感の声も多く挙がっており、ユーザーのエンゲージメント率の高さから、再生回数につながっていることが伺えます。

 

まとめ

本​​記事をまとめると、以下のようになります。

  • YouTubeショートとは、縦型の動画を最大60秒まで投稿したり視聴したりすることのできる機能のこと 
  • YouTubeショートの再生回数を伸ばすためのコツとして、最初の数秒でユーザーの興味関心を惹いたり、人気のキーワードをタイトルに入れたりするといった工夫を施すことが重要 
  • YouTubeショートの再生回数を伸ばす上で、ユーザーが不快と思うような動画にしないことや、PDCAサイクルを回すことを意識する

YouTubeショートは、たとえチャンネル登録者数が少なくても、やり方次第で再生回数を伸ばすことが可能です

これからYouTubeショートに注力して再生回数を伸ばしていきたい方は、ぜひ本記事をでご紹介した内容も参考にしてみてください。

 

【先着10社/月】無料相談受付中‼︎
株式会社pamxyのYouTube運用代行

累計登録者100万人の自社チャンネルで培った、売上につながるYouTube運営のノウハウを存分に活用したYouTube運用代行サービスです。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • ただ再生数を稼ぐのではなく、自社の売上につながる運用をしたい
  • 視聴者とより濃密な関係を構築したい

また、今回の記事でご紹介したYouTubeショートを活用したマーケティングについてもご相談いただけます。

ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

まずは無料WEB会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

© 2024 マーケドリブン Powered by AFFINGER5