SNSマーケティング Twitter

Twitter企業アカウント運用大全【事例解説】

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

 

企業がTwitterアカウントを保有することで、多くのユーザーに有益な情報を発信することが可能になります。

本記事では企業Twitterアカウントを運用する際に、どのようなことに気を付けるべきか、詳しく解説します。

これからTwitterアカウントを運用しようと検討している方は、本記事を参考にしてください。

 

目次

Twitter企業アカウントを運用する5つのメリット

企業がTwitterアカウントを運用することには、大きく分けて5つのメリットがあります。

正しい運用をおこなえば、新たな顧客の獲得、新商品開発の参考資料など、企業にとってプラスになる要素ばかりです。

具体的にどのようなメリットがあるか、Twitterの特性にも触れながら詳しく解説していきます。

情報がリアルタイムで伝わる

Twitterは、今起きている情報を手軽に発信できることが特徴的なSNSで、即時性の高い情報をリアルタイムで伝えることができます。

展示会場の様子や、イベントのリアルタイム情報、季節商品の紹介など、企業の戦略に合わせた「即時性のある情報発信」が有効です。

商品・サービスのPRができる

Twitterでは、商品画像や商品紹介動画をツイートとして発信することも可能です。

企業アカウントは一般アカウントに比べて、専門性が高くユーザーから信頼されやすい傾向があります。

アカウントのフォロワーが多くなれば、商品やサービスのPRを効果的におこなうことができます。

 

拡散性が非常に高い

Twitterは拡散性が非常に高く、1つのツイートをきっかけに商品の認知度が急激に向上することもあります。

やすもと醤油では、アカウント開設後、次のようなツイートを発信しました。


何気ないツイートが拡散されてフォロワーが一気に増え、開設1年で8万人のフォロワーを獲得しました。

結果的に地元だけでなく全国各地のユーザーに、自社の情報を発信することが可能になりました。

 

自社のブランディングにつながる

Twitterは自社のブランディングにも役立てることが可能です。

商品やサービスの特徴を紹介するだけでなく、ツイートをしている担当者の人間性を反映することで、商品やサービスの認知度や好感度をあげることが期待できます。

「わさビーフ」を販売する山芳製菓では、担当者が客観的な目線で商品の感想を発信しています。

顧客と同じ目線のツイートによって、顧客に親しみやすさを感じさせることに成功しました。

 

顧客とのコミュニケーションが取れる

従来の情報発信は、テレビCM、新聞・雑誌広告など、企業側からの一方的な情報発信のため、顧客とのコミュニケーションが取りにくいというデメリットがありました。

一方Twitterでは、発信者とユーザーとの間でコミュニケーションをとることが可能です。また、Twitter上のやりとりを通して企業同士のコミュニケーションも可能になります。

森永製菓では次のような方法でユーザーとのコミュニケーションを図りました。

ユーザーに対してリアクションをすることは、ユーザーとの関係性を構築するメリットだけではありません。
拡散性のある投稿に反応することで、企業宣伝につながる可能性もあります。

 

Twitter企業アカウントを運用する4つのデメリット

Twitterは低コストでPRや自社ブランディングのツールとして活用が期待できる一方で、デメリットもあります。

デメリットを把握していない状態で運用すると、トラブルに発展してしまう恐れがあるので、運用時には以下の4つ項目に注意をしてください。

炎上する可能性がある

発信方法を誤っておこなうしまうと、アカウントが炎上し、会社自体の信用を一気に失ってしまう恐れがあります。

万が一にも、炎上してしまった際には、適切な対応をとる必要があります。

ツイートを投稿する際は、問題がないかを確認し、万が一のトラブルに備えるようにしてください。

また、炎上ツイートを発信しないために、Twitterの発信マニュアルを社内で制作し注意喚起することが大切です。

 

運用の負担が大きい

発信担当者のキャラクターの統一性はもちろんのこと、ターゲット層の設定、ツイートの数値分析など運用項目が多岐にわたり、負担は大きいです。

Twitter担当者が通常業務と並行して行うと、負担が増えてしまいます。適切な運用方法を社内で検討したうえでアカウント運用を開始することをおすすめします。

 

Twitter企業アカウントを運用するには一定のリソースが必要

情報発信は無料でできる一方で、Twitterを運用する担当者の人件費やTwitter向けに動画を作成する際のコンテンツ作成費が必要です。

Twitterを効果的に運用する際には、一定のリソースが必要になることを視野に入れておきましょう。

「社内リソースが無い場合」や「SNS運用のノウハウがない場合」は、運用代行の代理店への依頼を検討してみてください。

SNS運用代行についてより詳しくこちらの記事で解説しています。

【相場早見表あり】SNS運用代行の費用相場を目的別に解説!

 

ゼロから運用する場合効果が出るのに時間がかかる

SNSをゼロからスタートすると、一定のフォロワーを獲得するまで、時間がかかってしまいます。

短期間でフォロワーを増やす方法としては、アカウントをTwitter内の広告を使用して宣伝する方法があります。

しかし、フォロワーを獲得しても継続的なアクションを行わなければ、すぐにフォロワーが離れてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

また、Twitterを運用する際は、短期間で結果を出そうとするのではなく、長期的な視野で戦略を練りながら運用するように心がけてください。

 

Twitterの企業アカウントの作成手順


Twitterの企業アカウントをどのような手順で作成するのか、段階毎に詳しく解説します。

STEP 1.Twitter企業アカウントの目的を再確認する

アカウントを作成する際には、どのような目的でアカウントを開設するのか、運用目的とKPI(中間目標)を再確認してください。

Twitterの運用目的が曖昧の状態でスタートすると、運用方針が定まらず企業目標を達成できない可能性があります。

「新たなユーザーを獲得する」「新卒の採用数を増やす」など、アカウントを開設した目的は何かを確認するようにしてください。

目的がきまっていなければ、以下のような基準で運用目的とKPIを検討しましょう。

ファンを獲得:リプライ・フォロワー数、エンゲージメント率の向上
製品宣伝:リンククリックの数、リツイート数の強化
自社製品の認知度調査:リンククリック、リツイート、いいね数の調査

 

STEP 2.自社のTwitter企業アカウント運用マニュアルを作成する

企業アカウントを運用する際に、担当者が複数名関わる場合や引き継ぎの際のために、マニュアルを作る必要があります。

投稿時間や一日の最大投稿回数、ハッシュタグの設定など運用マニュアルを作成してください。

また、DMの使い方や炎上した場合の対処方法など、運用後にトラブルに発展する恐れのある問題を解決するようにしましょう。

 

STEP.3 アカウントを作成する

一定の項目を設定した後は、アカウントを開設します。

アカウントには、「公式アカウント認証バッジ」が付与される場合があります。
認証された場合、信頼性の高いアカウントであることが、他ユーザーから一目で分かるようになります。

このバッジは、Twitterが独自に判断するものですが、付与基準は明かされておらず、自身が公式アカウントと名乗っていても、付与されないことがあります。

認証バッジを付与されることは企業アカウントとして名誉なことですが、認証バッジをつけることが目的にならないよう、運用マニュアルや方針に沿ってツイートを投稿するようにしてください。

 

Twitter企業アカウントの運用の9つのポイント

Twitterを企業アカウントが運用する際には以下のポイントを意識する必要があります。
これから運用をする際には、ぜひ参考にしてください。

1.ファンにとって親しみを持ってもらえるような投稿をする

一般的に、新製品や限定商品など多くの人が注目するコンテンツでは興味を持ってくれるユーザーは増加します。

商品やサービスを企業側から一方的にPRするのではなく、ユーザーとの関わりをもつことができる投稿をすると、長期的なファン化を見込めるでしょう。

ファンにとって親しみを持ってもらえるような投稿の成功事例を紹介します。

https://twitter.com/yamiri_moon/status/1415252417625542665?s=20

この投稿は、pamxy社が運営する「YouTubeチャンネル(ミッドナイトムーン)」と「インスタントウィンツール(giff letter Twitter  インスタントウィン」を掛け合わせた投稿です。

チャンネル内のキャラクターである「ヤミリ」が抽選でユーザーの名前入りボイスをプレゼントするといった内容です。

最終的には、ユーザーとの直接的な関わりを持つこともでき、フォロワーに対するキャンペーン参加率は6割を超えた成功事例となっています。

 

インスタントウィンとは?

抽選したその場ですぐに当落結果がわかるキャンペーンのこと

キャンペーン参加への手軽さや抽選結果の早さからTwitterユーザーからも大人気のキャンペーンであり、また拡散力が高いため現在多くの企業から注目を集めているマーケティング手法となっています。

Twitterインスタントウィンキャンペーンとは?成功に導く3つのポイントを徹底解説

 

2.ファン視点を考えるため複数のペルソナで作る

まず「ペルソナ」とは、サービス・商品の典型的なユーザー像のことを指し、タ-ゲットよりも詳細に人物像を想定します。

複数の顧客層が存在する場合、それぞれ心に響くメッセージは異なるため、企業の製品・サービスによってはペルソナを複数設定しておくと効果的です。

なぜなら、ペルソナの興味・関心に寄り添ったSNSの発信ができ、エンゲージメントの維持やファンの創出、ファン全体のエンゲージメントを高める効果が期待できます。

1つのペルソナに向けて情報を発信するのではなく、複数のペルソナを設定し、さまざまなユーザーを巻き込む情報発信を検討してください。

 

3.ときにはチャレンジすることも大切

コンテンツは、ペルソナに沿って考えることが一般的ですが、既存のお客様像のみを対象とした場合には、新しい発想が生まれにくい側面もあります。
時にはチャレンジングな投稿も行ってみることをおすすめします。

例えば、堅いイメージをユーザーから持たれている企業は、敢えてバラエティに寄せた投稿をするなど、従来の常識とはかけ離れた投稿も必要です。
思い切った投稿が新規ファンにリーチ可能性もあります。

公式アカウントでも知名度のあるSharpは、常にチャレンジなツイートを発信し続けフォロワーを獲得しています。
https://twitter.com/SHARP_JP/status/1403234522364215301?s=20

自社宣伝商品を面白おかしく取り上げることで、ユーザーの好感度が上がる仕組みを構築しました。

 

4.フォロワーのつぶやきには素早く反応する

フォロワーのつぶやきにもアクションすることが大切です。
自社の商品に関してポジティブなつぶやきをしているツイートには、いいね!などで反応をしましょう。

ユーザーの中には、自分の投稿を読んでもらえたと考えてもらえることがあります。
ユーザーとのコミュニケーションを取ることで、商品の魅力を再発見できる可能性があるので、極力素早く反応するようにしてください。

 

5.タイムリーな投稿をする

Twitterは即時性が有効なコンテンツです。
時事ネタで流行しているものがあれば、投稿をしてユーザーへの注目を集めてください。

例えば、人気ドラマのツイートがトレンドに載っている時は、視聴者と同じようにツイートをすることで拡散してもらえる可能性があります。

タイムリーな投稿は、ゆるい投稿と真面目な情報発信を使い分けてください。
特に、国民が注目する非常事態時には、不敵切なツイートを避ける必要があります。

タイムリーな投稿をする際は、必ず自社の宣伝も兼ねて情報を発信するように心がけましょう。

 

6.共感できる要素を取り入れる

ツイートを拡散してもらうためには、ユーザーが共感できるような要素をツイートに取り入れて発信する必要があります。

例えば、企業運用担当者が、「社会人あるある」を業界目線で共有すると、社会人ユーザーから共感を得られ、拡散が期待できます。

ユーザーがツイートを見た際には、拡散したくなるような共感要素を落としこむように心がけましょう。

 

7.役に立つ情報を発信する

企業アカウントは、権威性の高い情報を発信すると、フォロワーが増加する可能性があります。

醤油屋のアカウントであれば、醤油に関する豆知識を。おしぼり業界のツイートであれば、おしぼりの安全性など、業界ではあたりまえのように知られている情報も、ユーザーにとっては有益な情報と認識されます。

動画を作成する際は、専門性の高い役立つ情報を発信しつつ、一般ユーザーにも分かりやすくなるように意識しましょう。

 

8.ユーザーが参加できるツイートをする

ユーザーが参加できる企画を投稿して注目を集める方法も有効です。
企業アカウントであれば、プレゼント企画などの参加企画がおすすめです。

参加企画をおこなうことで、多くのユーザーに情報を発信することが可能になります。
プレゼント企画以外でも、ハッシュタグを使って、トレンドに載せるなど、ユーザーと協力して1つの目標を達成するための独自イベントもおすすめです。

モスバーガーでは、ユーザーに質問を投げかけ、リプライを促すようなツイートをおこないました。

企業アカウントがツイートを通して感想や意見を書き込んでもらうように呼びかけることで、ユーザーとの相互コミュニケーションが可能です。

大切なことは、ユーザーに楽しいイベントであることをアピールしながら、情報を発信するようにしてください。

Twitterプレゼント企画についてより詳しくこちらの記事で解説しています。

Twitterプレゼント企画のやり方【無料テンプレート公開】

9.アンケートを取る

アンケート機能を活用してユーザーの需要を調べる方法も有効的で、ツイートをどの程度のユーザーが閲覧したのか、投票数で把握することが可能です。

ミスタードーナツでは、新商品に対して、ユーザーがどの程度期待しているのか、アンケート機能を活用し、ユーザーが商品に対する期待度を調査しました。

 

アクティブなユーザーを判断するだけでなく、これから実行しようとしている企画の方向性をユーザーに決めてもらうことも可能になります。

アンケート機能を定期的に活用しながら、ユーザーが求めていることは何かを調査し、有効な情報を発信するようにしましょう。

 

自社のTwitter企業アカウントを分析しよう

自社のTwitterアカウントを分析することは、これからのTwitter運用で成功するために必要な要因です。

ツイートを一方的に発信するのではなく、数値を見ながらユーザーへ訴求力の高いツイートをするためには何が必要なのかを研究してください。

Twitterアナリティクスは、誰もが無料でできる解析ツールです。
Twitterアナリティクスを活用して分析をおこなうことで、過去のツイートから「フォロワーの増減数」「ユーザーの注目度」「商品・サービスの宣伝に効果的なツイート」など、知りたい情報を把握することが可能です。

 

Twitterアナリティクスで使われる用語解説

無料で解析できるTwitterアナリティクスでも、使い方を理解していなければ正しい分析をすることができません。
Twitterアナリティクスでは、過去のツイートを分析するためには最低限の基礎知識が必要です。

次の項目では、Twitterで頻繁に使用される「用語」について解説をします。

インプレッション数

インプレッション数とは、投稿したツイートがタイムライン上や検索結果で見られた数値を示します。
インプレッション数が多ければ、ユーザーの画面に表示されたことになり、悪いことではありません。

インプレッション数が多いツイートでも、タイムライン上に表示されているだけで、ユーザーはツイートを流していることも考えられます。

インプレッション数を高くするだけではなく、他の数値と合わせて分析をするようにしてください。

エンゲージメント数

エンゲージメント数はユーザーがツイートに対して反応したアクションの回数を示します。
ユーザーの反応は以下のアクションです。

・ツイートのクリック・タップ(プロフィール画面、リンクへのクリック、ユーザー名など)
・リツイート
・いいね
・ツイートへの返信

インプレッション数とエンゲージメント数の意味を理解して、Twitterアナリティクスを活用してください。

 

Twitterアナリティクスのアクセス方法

アクセス方法は以下の手順でおこないます。

手順1 ホーム画面左側「もっと見る」をクリック
手順2 アナリティクスをクリック

企業アカウントを保有していれば、開設後に簡単にアクセスが可能なので積極的に分析ツールとして活用することをおすすめします。

 

Twitterアナリティクスのホーム画面でわかること

Twitterアナリティクスでは、ホーム画面にアカウントにとって有益な数値がいくつか表示されます。
ツイートのデータは直近28日のデータです。
1ヶ月間の間でどのようなツイートがユーザーに反応をしているのか、把握することが可能になります。
ホーム画面で表示されるデータは以下の通りです。

・ツイート数
・ツイートのインプレッション数
・プロフィールへのアクセス数
・1ヶ月以内で最もインプレッション数を獲得した「トップツイート」

ホーム画面では、アカウントの成長具合を把握するようにしてください。

「ツイート」からわかること

アナリティクスのホーム画面上部のメニューから「ツイート」をクリックすると、ツイートアクティビティが表示され、日別の獲得インプレッション数とツイート数の推移をみることが可能です。

さらに、ツイートごとのインプレッション数、エンゲージメント数、エンゲージメント率が一覧になり、それぞれのツイートを細かく分析することが可能です。

ツイートごとに設けられた「ツイートアクティビティを表示」をクリックすると、そのツイートに対する反応の内訳も確認することができます。

「オーディエンス」

「オーディエンス」では、フォロワーや全体のユーザーなどの属性を調べることができます。
フォロワーについてのデータは職業や興味、関心、電話会社などの項目があります。

オーディエンスの情報を分析することで、フォロワーの属性を知ることができます。
どのようなツイートをすると、ユーザーが閲覧するのか細かく分析をすることが可能になります。

 

コンテンツの人気度を測定しよう

投稿したコンテンツの人気度を測定することも大切です。
コンテンツを測定する際は、エンゲージメント率を算出して行います。

Twitterのエンゲージメント率算出方法

一般的には、エンゲージメント数をインプレッションの合計数で割って算出すると言われています。
エンゲージメント率を数式にすると以下のようになります。

投稿したツイートがどの程度のユーザーに届いているのか、ツイートに対してどのような反応を示したのか情報を特定するために、エンゲージメント率でデータを算出するようにしてください。

 

競合のエンゲージメント率から課題を知る

自社のエンゲージメント率だけでなく、競合他社のエンゲージメント率を知ることも大切です。
他社のエンゲージメント率を把握していると、自社のツイートがどの程度ユーザーに影響があるのか把握することができます。
競合のエンゲージメント率の活用方法について詳しく解説をしましょう。

他者のエンゲージメント率の計算方法

Twitterのファン数やフォロワー数、エンゲージメント率などのKPI値を設定する際には、競合のベンチマーク企業のアカウントの数値が参考になります。

もちろん、ベンチマークの企業のエンゲージがどのようなものになっているのか、比較をしたいと考えていても、アナリティクスを閲覧することは不可能です。

しかし、インプレッション数やクリック率などのTwitterアナリティクスでは把握できない情報も、Twitterで表示されている情報で、他社のエンゲージメント率を把握することが可能です。

他社のエンゲージメント率を計算する方法は以下の通りです。

他社のエンゲージメント数=(『いいね』数+リツイート数)➗フォロワー数

他社のエンゲージメント率を調査したいと検討している方は、上記の計算式を参考に、競合が自社とどのような違いがあるのか、分析をしてください。

 

比較検討し、今後の方針を決める

競合相手のエンゲージメント率を算出した後は、自社との比較が必要です。
自社のファン数、フォロワー数、エンゲージメント率などの項目を比較できる表を作りましょう。

比較することで、ファンを伸ばしていくべきなのか、エンゲージメント率を高めていくべきなのかといった今後の方針を決めやすくなるので、ぜひ取り組んでみてください。またTwitterアナリティクスに関してはこちらでさらに詳しく解説しています。

【画像で解説】Twitterアナリティクスの見方・使い方を紹介!

 

まとめ

今回の記事をまとめると

・Twitterの企業アカウントは企業戦略のうえで有効な手段
・運用をする際にはいくつかのポイントを意識する必要があり
・他社を分析して戦略を検討する


本記事で紹介した内容は企業Twitterアカウントに必要な最低限知って欲しい知識です。
紹介した情報を参考に、Twitterアカウントを運用しようと検討している担当者様は、運用してください。
適切な方法で正しい運用を実施すれば、企業アカウントとして設定した目標を達成できるでしょう。

 

 

また、株式会社pamxyではビジネスゴールに合わせたSNSマーケティングを実施しております。
自社YouTube登録者数60万人超、TikTok総フォロワー39万人で培ったノウハウと、テレビやYouTubeで活躍するクリエイター陣が企業YouTube運用のご支援をいたします。自社で企画やSEO対策をするには不安があるという場合もpamxyの運用代行であればしっかりとサポートすることができます。

まずは無料相談でビジネスゴール別のYouTubeやSNS活用事例や、同業界での成功事例についてお伝えします。是非お気軽にご相談ください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5