Twitter インスタントウィン

Twitterインスタントウィンキャンペーンとは?成功に導く3つのポイントを徹底解説

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。


インスタントウィンとは、主にTwitterで行う抽選方式のキャンペーンのことです。

インスタントウィンキャンペーンを行えば商品・サービスの認知度向上やブランド構築を目指せます。

しかし、インスタントウィンを始めて取り組む方は、何をどう取り組むべきか分からない点が多いでしょう。

そこで本記事では、『インスタントウィンの特徴3点やメリット4点、成功させるコツ3つを解説』します。

インスタントウィンの導入を検討中の広報担当者の方はぜひ最後までお読みください。

この記事を読めばインスタントウィンについて一通り理解でき、インスタントウィンツールをスムーズに導入できるようになります。

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンの3つの特徴

インスタントウィンが持つ特徴は主に以下の3点です。

Twitterインスタントウィンキャンペーンの特徴

  • 簡単に参加可能
  • その場で結果がわかる
  • 期間中何度も挑戦できる

それぞれ詳しく説明します。

 

簡単に参加可能

Twitterインスタントウィンキャンペーンはフォロー&リツイートかフォロー&ハッシュタグ投稿のみで参加できます。フォロー&リツイートの場合はたった2タップのみです。

面倒な個人情報の入力や他サイトへの遷移はありません。Twitter内ですべて完結します。

 

その場で結果がわかる

Twitterインスタントウィンキャンペーンの抽選結果は参加直後にすぐ分かります。

あらかじめ設定した当選確率に基づき、リプライかDMにて自動返信で結果が送られます。

数日間かけて行うプレゼント企画と比べると、すぐに結果が分かるお手軽さは特徴的と言えるでしょう。

 

期間中何度も挑戦できる

インスタントウィンは、基本的には毎日キャンペーンツイートを投稿するため、投稿をリツイートするたびに抽選に参加できます。

参加条件がリツイートではなくハッシュタグ投稿の場合は、1日1回を上限に何度でも参加可能なケースが多いです。

当選のチャンスが何度も訪れる点はインスタントウィン独自の特徴です。

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンがどうして人気なのか

インスタントウィンが人気な理由は、ガチャ感覚で簡単に参加できる点にあります。

プレゼント企画によくあるデメリットを完全に払しょくしています。

プレゼントキャンペーンによくあるデメリット

  • 参加から結果が出るまで日数が長く、熱狂度が下がる
  • 参加条件に氏名や住所の入力があり面倒・不信
  • 1回しか応募できない

インスタントウィンは、2タップのみで応募出来てすぐに結果が分かるといった特徴から、運試し程度で気軽に参加できるためユーザーが集まりやすくなっています。

さらに、何度でも当選のチャンスがあるのでユーザーの興味を逃す心配もありません。

上記を踏まえると、インスタントウィンが人気の理由は“お手軽さ”と“当選への期待”の2点にまとめられます。

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンのメリット

インスタントウィンのメリットは以下の4つが大きいです。

1点ずつ詳細を見ていきましょう。

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンは短期間でフォロワーが伸びる

インスタントウィンを行うと短期間でフォロワー数を増やせます。

アカウントのフォローを参加条件にすれば、キャンペーンに参加したいユーザー全員にフォローしてもらえるからです。

インスタントウィンのキャンペーン期間中は毎日キャンペーンに参加できるため、抽選に外れたとしてもその場でフォローを外される可能性はほとんどありません。

フォロワー数の少なさで悩んでいる企業の方にとっては大きなメリットでしょう。

ただし、インスタントウィンのキャンペーンが終了した後はフォローを外されるリスクが高まるので要注意です。

有意義なツイートや面白いツイートをするなど、アンフォローされないような工夫をしてください。

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンは新商品や告知を拡散できる

インスタントウィンは拡散力の高いマーケティング手法です。

インスタントウィンの参加条件を「リツイート」にすれば、キャンペーン参加者のフォロワー全員にキャンペーンを周知できます。インスタントウィンは気軽に参加できるため、さらなる連鎖的な拡散にも期待できるでしょう。

参加条件に「ハッシュタグ投稿」を追加すれば、Twitterのトレンド入りも目指せます。トレンドに入ればTwitterユーザーの大多数にキャンペーンの存在を知ってもらえます。

このような拡散力の高さはインスタントウィンを実施する最大のメリットです。

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンはブランド構築につながる

インスタントウィンは企業のブランドにもつながります。

キャンペーンの内容はユーザーが持つ企業イメージに影響を与えるからです。

例えば、ローソンはローソンクルーの「あきこ」というキャラクターを起用することで親しみやすいイメージを構築しています。

キャンペーンの内容や起用するキャラクター・芸能人から、使用する画像のデザインやツイートの口調等まで、ユーザーに抱いてもらいたいイメージを細やかにアプローチできるのです。

ブランドイメージの訴求で困っている企業にとっては嬉しいメリットですね。

ただし、インスタントウィンで不具合やトラブルが起きてしまうとブランドイメージの低下にもつながるので注意してください。特に芸能人を起用する場合はスキャンダルのリスクもあるので慎重になる必要があります。

Twitterインスタントウィンキャンペーンは実施するにあたって負担が少ない

参加者がリツイートやメンション付きツイートを行うことで自動抽選が可能になるため手動で抽選通知をする必要がないからです。

 

インスタントウィンの成功に必要な3つのこと

インスタントウィンを成功させるためには、次の3点を意識してください。

インスタントウィンを成功させるコツ

  • 目的に合わせた仕組みを選択する
  • 参加したい!と思うような企画を考える
  • 当選内容を工夫する

順番に解説します。

 

目的に合わせた仕組みを選択する

インスタントウィンを成功させるためには、目的に合わせた仕組みを選択することが大切です。

フォロワー増加を目的にするなら「フォロー&リツイート」を参加条件にすべきですし、話題性向上を目的にするのであれば「ハッシュタグ投稿」も条件に追加してトレンド入りを目指すべきです。

当選賞品も目的ごとに変えると良いでしょう。

目的に応じた当選賞品の例

  • 来店促進:クーポンや商品交換券
  • 認知度向上:新商品やその試供品
  • ブランド構築:オリジナルグッズ

なぜインスタントウィンを実施するのかを明確にし、目的に合ったキャンペーンを打ち出してください。

 

参加したい!と思うような企画を考える

参加したい!と思ってもらえるキャンペーンを打ち出してインスタントウィンを成功させましょう。

ただ当選・落選が分かるだけではなく、工夫を凝らす必要があります。

例えば、マクドナルドの「#タツタかタルタか」はルーレット方式で結果を知らせるゲーム性がありました。

ペプシジャパンの「#本田とジャンケン」はサッカーの本田圭佑選手にジャンケンで勝つことを当選条件とし大きな話題を呼びました。

商品・サービスを欲しいと思っている人以外にも思わず「参加したい!」と思ってもらえるような企画を考えてみましょう。

効果的な企画についてより詳しくは以下の記事で解説しています。各企業の成功事例を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Twitterインスタントウィンキャンペーン 秀逸な企業の成功事例を紹介

 

当選内容を工夫する

他社との差別化を図るためには当選内容の工夫も欠かせません。

ただ抽選に当たるだけでは特別感が無く、企画が跳ねない可能性があります。

当選賞品を面白いオリジナルグッズにしたり、抽選に外れても参加景品が当たる企画にしたりなど工夫してみてください。

例えば、マクドナルドの「#ヘーホンホヘホハイ」では非売品のスマホケースを当選賞品とし、そのレア度の高さから参加者が多く集まりました。

ネットフリックスの「#ネトフリ福袋」は、フォロー&リツイートで“過去ツイートに基づいたおすすめ作品を3つ送る”ことを賞品とし話題を集めました。

このように、当選内容をひと味違うものにすればインスタントウィンで成功する可能性も上がります。

 

インスタントウィンの今後

インスタントウィンは今後さらに主流になり、より多くの企業が導入するようになるでしょう。

現在は名の知れた大手企業の事例が多いですが、今後は中小企業やベンチャー企業にまで使われるようになり、差別化を測るのが難しくなると予測できます。

だからこそ、競合が多くない今スタートを切ることをおすすめします。

また、今後はインスタントウィンを行うツールや代行企業も増えるでしょう。

信頼できるツールや代行企業を見分ける力も必要になります。

以下の記事ではインスタントウィンのツールや代行企業を5つ紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

Twitterインスタントウィン費用相場5社紹介

 

まとめ

本記事についてまとめると以下のようになります。

  • インスタントウィンとは、主にTwitterで行う抽選方式のキャンペーンのこと
  • インスタントウィンの特徴は「参加が簡単」「結果がすぐ出る」「何度も挑戦可能」
  • インスタントウィンのメリットは「フォロワー増加」「拡散力」「ブランド構築」
  • インスタントウィンを成功させるには、目的に合った仕組みを選択し、企画・当選内容を工夫する必要がある

競合の参入が少ない今だからこそ、インスタントウィンに取り組んでみてはどうでしょうか。

正しく企画を設計し、売り上げアップにつなげましょう。

この記事がインスタントウィンについて知りたい方の参考になれば幸いです。
業のファンを増やしたいという方は、プレゼント企画を定期的に実施し、フォロワー数の増加を目指しましょう。

また株式会社pamxyではTwittter上のキャンペーンによるフォロワーの獲得と共に自動化による運用負荷の削減を同時に実現するキャンペーン総合管理ツールであるgiff letterを展開しております。

「店舗来店数を増やしたい」、「アプリDL数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

giff letterの詳細はコチラ

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5