SNSマーケティング Twitter/インスタントウィン

Twitter運用代行の費用相場・おすすめ会社5選を紹介

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

 

Twitterアカウントの運用を始める際に、運用代行の利用を検討する方は多いです。

しかし、Twitter運用代行会社の数は多く、初めての方はどれ選べば良いか分からないでしょう。

そこで本記事では、『おすすめのTwitter運用代行会社5選』を紹介します。Twitter運用代行のサービス内容や費用・利用が向いている企業の特徴などもお伝えしています。

Twitter運用代行の利用を検討している広報担当者の方はぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、Twitter運用代行の内容や費用が分かり、自社に最適な会社を選べるようになります

 

Twitter運用代行のサービス内容とは?

Twitter運用代行のサービス内容は企業により詳細が異なることはありますが、主に以下のプロセスを一気通貫で行います。

Twitter運用代行のサービス内容

  • ブランディング戦略・企画
  • 投稿代行・コメント管理
  • プロモーション運用
  • レポーティング

それぞれ詳しく説明します。

 

ブランディング戦略・企画

Twitterの運用目的や目標・ターゲットなどを定め、投稿の方向性やトンマナを決めます。競合アカウントを分析し決定していくのが一般的です。

ブランディング戦略・企画をおろそかにすると、投稿内容が定まらず十分な結果を得られません。また、分析の指標がないため改善も難しくなってしまいます。

Twitter運用代行を利用する際は、ブランディング戦略・企画に強い企業を利用することが重要です。

 

投稿代行・コメント管理

Twitterの投稿を定期的に行い、企業のブランドイメージを構築します。投稿頻度や投稿数・投稿時間はプランによって変わります。

プランによってはTwitterに寄せられたコメントへの返信も行います。コメント返信数は、月ごとに上限が設けられていることがほとんどです。

 

プロモーション運用

Twitter運用代行は、必要に応じてプロモーションの運用も行います。通常のTwitter広告はもちろん、プレゼント企画やインスタントウィンなども行ってもらえるでしょう。ターゲットや目的に合わせて最適なプロモーションを選ぶのもサービスの内です。

 

レポーティング

Twitterの運用結果を集計・分析し、レポートを作成します。競合アカウントとの比較を行うサービスも多いです。

フォロワー数・エンゲージメント数の増減などのレポーティングを基に、Twitterの運用方法を改善していくことができます。

 

Twitter運用代行はどのような企業に向いているか

ここまではTwitter運用代行のサービス内容についてお伝えしてきましたが、実際にはどのような企業に向いているのでしょうか。

以下で、Twitter運用代行が向いている企業の特徴を紹介します。

 

SNSのノウハウがない企業

SNSのノウハウがない企業は、Twitter運用代行の利用に向いています。誤った方法や非効率的な方法で運用してしまい、なかなか成果をあげられない可能性があるからです。

成果が上がらないことを原因に運用を諦めてしまう企業も少なくありません。

operation_agency

まずは運用代行会社を利用し、成果を挙げながら効果的な運用方法・分析方法を学びましょう。

編集部
Twitter運用代行会社に依頼しプロのノウハウを共有してもらうことで、ゆくゆくはインハウスでのTwitter運用が実現可能です。

社内にリソースがない企業

Twitterの運用には手間や労力がかかるため、リソースがない状態で始めるとコア業務が疎かになってしまいます。社内の人間が、コア業務とTwitter運用のどちらに集中すべきかは明らかです。

社員はコア業務に専念し、Twitter運用は外部に委託しましょう。

それぞれが得意な分野を担当することで、利益や売上を伸ばすことができます。

operation_agency

人件費や教育費を削減したい企業

人件費や教育費を削減したい企業はTwitter運用代行を利用すべきです。

代行企業はTwitter運用に特化したノウハウ・スキルを持っているため、新たにTwitter運用担当者を雇用・教育するよりも費用が抑えられるからです。

費用を抑えたい方こそ代行企業を利用し、即戦力を確保しましょう。

編集部
運用代行会社を選ぶ際は「企画〜レポート作成」の中でどのサービスが必要なのか、また上記の図の中のどのプロセスに強みを持つ会社なのか意識しながら選定すると良いでしょう。

 

Twitter運用代行の費用相場

Twitter運用代行の費用は依頼内容・期間などによって大きく変わるものの、一般的には月額制のパッケージ料金をとっている企業が多いです。相場は大きく分けて以下の3つになります。

相場月額10万円以下月額20万円〜30万円月額50万円~
目的低コストでTwitter運用代行を始めたい定期的な投稿に加えてコメント返信などで代行して欲しい広告・分析まで含めトータルでTwitter運用サポートを受けたい。
作業の範囲記事作成
投稿代行
記事作成
投稿代行
コメント確認・返信
簡易的な分析・レポーティング
記事作成
投稿代行
コメント確認・返信
分析・レポーティング
定期ミーティング
広告運用

※クリックで詳細に飛べます。

 

月額10万円以下

主な業務内容

  • 記事作成
  • 投稿代行

月額10万円以下の主な業務内容は上記の通りです。あくまで投稿作業の外注化に留まるため、コメント返信やアカウント分析などは行ってもらえません。

まずはTwitterの定期的な更新を目標としたい企業に向いています。Twitter運用代行を低コストに抑えたい企業や、自社で分析を行える企業にもおすすめです。

 

月額20~30万円

主な業務内容

  • 記事作成
  • 投稿代行
  • コメント確認・返信
  • 簡易的な分析・レポーティング

月額20~30万円の業務内容は上記の通りです。記事作成・投稿代行の上限数や質が上がります。

また、コメント確認・返信も対応してもらえます。コメント返信は、ファンやリピーターの獲得につながる重要な業務です。誠実かつ素早い返信を行えば、自社に対して好印象を持ってもらえます(参考:企業の公式Twitterアカウントに、リツイート・返信されたら嬉しいユーザーは9割以上!【コムニコ調べ】)。

簡易的な分析・レポーティングも行ってもらえるので、Twitter運用の方向性について運用代行会社と一緒に考えていくことも可能です。

ユーザーとのコミュニケーションを図りたい企業や、PDCAを回しながらTwitterを運用したい企業に向いています。

 

月額50万円〜

主な業務内容

  • 記事作成
  • 投稿代行
  • コメント確認・返信
  • 分析・レポーティング
  • 定期ミーティング
  • 広告運用

月額50万円~の業務内容は上記の通りです。Twitter運用に必要な業務はほとんどすべて丸投げできます。費用次第ではTwitter広告の運用も任せられるでしょう。

詳細な分析・レポーティングや定期ミーティングも行うので、Twitter運用のトータルサポートを受けたい企業に向いています。

 

Twitter運用代行会社5選

Twitter運用代行会社を行っている企業を5社紹介します。

Twitter運用代行会社早見表
会社名総合評価分析チャート
株式会社コムニコ

株式会社コムニコ

☆☆☆☆株式会社コムニコ
株式会社テテマーチ

株式会社テテマーチ

☆☆☆☆株式会社テテマーチ
株式会社アディッシュ

アディッシュ株式会社

☆☆アディッシュ株式会社

株式会社ホットリンク

株式会社ホットリンク

☆☆☆株式会社ホットリンク

株式会社グローバルリンクジャパン

株式会社グローバルリンクジャパン

☆☆☆☆株式会社グローバルリンク

1社ずつ、特徴や費用・実績・おすすめの層をお伝えします。

 

株式会社コムニコ

株式会社コムニコ

株式会社コムニコは、Twitterアカウントのプランニングから運用代行・効果検証までワンストップで支援する企業です。

常時50以上のアカウントを運用しているため、情報収集が早い点が特徴です。

2008年から運用代行を行っているためノウハウも豊富でしょう。実績・ノウハウを重視する企業に向いています。

初期費用要問い合わせ
料金投稿コンテンツ企画:100,000円〜/月

月次レポート及び定例会:200,000円〜/月

アカウント運用代行:500,000円〜/月

コメント監視:60,000円〜/月

導入企業公益財団法人高知県観光コンベンション協会/日本航空株式会社(JAL)/プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社
導入社数約1,000アカウント

コムニコを見てみる

 

 

テテマーチ株式会社

テテマーチ株式会社は、固定観念や常識にとらわれないTwitter運用を行う企業です。同社が持つソーシャルコンテンツスタジオ「餅屋」サービスを活用し、目的に沿ったコンテンツを企画・立案してもらえます。

3プランを目的に応じて使い分けられるため、アカウントの段階に合わせてプランを変更したい企業におすすめです。

初期費用トータルサポートプラン初期費用:40万円
インハウスサポートプラン初期費用:40万円
クリエイティブサポートプラン初期費用:25万円
料金トータルサポートプラン月額費用:100万円〜
インハウスサポートプラン月額費用:40万円〜
クリエイティブサポートプラン月額費用:40万円〜
導入企業東京地下鉄株式会社(東京メトロ)/株式会社資生堂/株式会社ロッテなど
導入社数700社以上

テテマーチを見てみる

 

アディッシュ株式会社

株式会社アディッシュ

アディッシュ株式会社は、株式会社ガイアックスのカーブアウト企業です。「接点強化」をコンセプトにTwitter運用代行を行っています。

リプライに特化した「リプライマーケティング」や、自社商品を利用するユーザーへアプローチできる「アクティブサポート」などがあります。

顧客との関係を強化し、ファンを創出したい企業におすすめです。

初期費用要問い合わせ
料金要問い合わせ
導入企業映像配信サービス/航空会社/ゲームアプリ
導入社数明記なし

アディッシュを見てみる

 

 

株式会社ホットリンク

株式会社ホットリンク

株式会社ホットリンクのTwitter運用代行は、成功法則から編み出した独自のメソッドに基づいて行われます。膨大なソーシャルデータと、データ分析のスペシャリストが揃っているため、アカウントごとに最適な施策を提案してもらえるでしょう。

同社は、最終的にはインハウスで運用できる状態を目指しているので、いずれは社内でTwitter運用を完結したいと考える企業におすすめです。

初期費用要問い合わせ
料金要問い合わせ
導入企業明記なし
導入社数明記なし

ホットリンクを見てみる

 

 

株式会社グローバルリンクジャパン

株式会社グローバルリンクジャパン

株式会社グローバルリンクジャパンでは、予算に合わせて作業内容を自由に選択し、依頼できます。

既に詳細な予算が決まっており、予算内でTwitter運用代行を依頼したい企業に向いています。

初期費用要問い合わせ
料金基本料金:39,800円
配信1回:4,800円
投稿監視1回:19,800円
コメント返信1回:4,800円
コンテンツ制作1回:9,800円
写真撮影10枚:13,800円
コンテンツ翻訳1回1,600円
コンテンツ提案1回:49,800円
定例ミーティング1回16,800円
アカウントレポート1回:9,800円
導入企業パナソニック株式会社/株式会社東芝/株式会社リクルートホールディングスなど
導入社数明記なし

グローバルリンクジャパンを見てみる

 

まとめ

本記事の内容をまとめるとこのようになります。

  • 「SNSのノウハウがない企業」「社内にリソースがない企業」「人件費や教育費を削減したい企業」はTwitter運用代行の利用が向いている
  • Twitter運用代行のサービス内容は費用によって異なる
  • 10万円以下の場合、記事作成と投稿代行のみ依頼できる
  • 20~30万円の場合、コメント返信や簡易的な分析もしてもらえる
  • 50万円以上の場合、Twitter運用に必要な業務をトータルで依頼できる

自社の状況やTwitterの運用目的を整理し、最適なTwitter運用代行会社を選びましょう。

この記事が、Twitter運用代行について知りたい方の参考になれば幸いです。

また株式会社pamxyではTwittter上のプレゼントキャンペーンによるフォロワーの獲得&自動化による運用負荷の削減を同時に実現するインスタントウィンキャンペーン総合管理ツールであるgiff letterを展開しております。

大手カフェ店舗公式アカウント様のフォロワーを8日間で2.5万人増加(CPF:¥86)の実績もございます。

「店舗来店数を増やしたい」、「フォロワー数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。下記フォームよりお申し込みください。

 

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5