Twitter

【画像で解説】Twitterアナリティクスの見方・使い方を紹介!

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

企業Twitterアカウントを運用する際に、欠かせないツールがTwitterアナリティクスです。
TwitterアナリティクスはTwitterのさまざまなデータ分析が可能になり、アカウントの成長や広告分析が期待できます。

本記事ではTwitterアナリティクスをどのように使えばより効果的な運用が可能なのか、Twitterアナリティクスの見方・使い方を紹介します。

 

Twitterアナリティクスとは

Twitterアナリティクスは、誰もが無料でできる解析ツールです。
過去のツイートや、フォロワーの増加率を解析することが可能になります。

Twitterアナリティクスを活用して分析をおこなうことで、過去のツイートから「フォロワーの増減数」「ユーザーの注目度」「商品・サービスの宣伝に効果的なツイート」など、知りたい情報を把握することが可能です。

Twitterアナリティクスのデータを見れば、商品・サービスの宣伝方法をどのようなものにすれば良いか最適か、分析しながら発信することが期待されます。

Twitterマーケティングをするうえで、Twitterアナリティクスは欠かせないツールと言えるでしょう。

 

Twitterアナリティクスで使われる用語解説

無料で解析できるTwitterアナリティクスでも、使い方を理解していなければ正しい分析をすることができません。
Twitterアナリティクスでは、過去のツイートを分析するためには最低限の基礎知識が必要です。
次の項目では、Twitterで頻繁に使用される「用語」について解説をします。

インプレッション数

インプレッション数とは、投稿したツイートがタイムライン上や検索結果で見られた数値を示します。
インプレッション数が多ければ、ユーザーの画面に表示されたことになり、悪いことではありません。

インプレッション数が多いツイートでも、タイムライン上に表示されているだけで、ユーザーはツイートを流していることも考えられます。

インプレッション数を高くするだけではなく、他の数値と合わせて分析をするようにしてください。

エンゲージメント数

エンゲージメント数はユーザーがツイートに対して反応したアクションの回数を示します。
ユーザーの反応は以下のアクションです。

・ツイートのクリック・タップ(プロフィール画面、リンクへのクリック、ユーザー名など)
・リツイート
・いいね
・ツイートへの返信

インプレッション数とエンゲージメント数の意味を理解して、Twitterアナリティクスを活用してください。

エンゲージメント率

インプレッション数とエンゲージメント数を把握していると、投稿したツイートがどの程度興味を持ったツイートなのか、把握することが可能です。
把握するために使われる数値は、「エンゲージメント率」です。
エンゲージメント率が高くなると、ユーザーに対して関心を集めた動画ということがわかります。

計算方法は、「エンゲージメント率=エンゲージメント数÷インプレッション数」です。
エンゲージメント率が高くなるようなツイートを心がけましょう。

 

Twitterアナリティクスの使い方・見方

実際にTwitterアナリティクスをどのように使えば、ツイートを分析できるのか、Twitterアナリティクスの正しい使い方と見方について解説します。

PCのブラウザorスマホの場合「モバイル版Twitter」を使う

Twitterアナリティクスを活用する際は、必ずPCから分析することをおすすめします。
PC画面でTwitterアナリティクス画面を分析すると、トップ画面から、アカウントの成長を把握することが可能です。
一方スマホからも分析は可能で、以下のようにモバイル版Twitterアプリからの分析が可能です。

投稿したツイートの「ツイートアクティビティ」をタップすることで、ツイッターの反応を調べることが可能です。
ツイートアクティビティでは、「インプレッション」「エンゲージメント総数」「クリック数」「いいね」「プロフィールクリック数」が表示されます。

モバイル版はできる分析が限られているため、全体を把握するためにPC画面から分析するようにしてください。

 

Twitterアナリティクスのログインする

Twitterアナリティクスへのログイン方法を解説します。
初めてTwitterアナリティクスを使用して分析をおこなう際は、ログインが必要です。
https://analytics.twitter.com/about
上記のURLにアクセスをします。

URLにアクセスをすると、「はじめる」というボタンがあるので、クリックします。
クリック後はアカウント情報を入力し登録が完了します。
既にPC上でログインをしていると、Twitterアナリティクスへの登録もスムーズにおこなうことが可能になります。

 

「ホーム画面」の見方

Twitterアナリティクスでは、ホーム画面でアカウントの動向を把握することが可能です。
ホーム画面では大きく分けて2つのポイントでデータを解析すると、アカウントの直近の動向を感覚的に知ることができます。

上の赤い枠で囲った「過去28日のパフォーマンス変動」と、下の赤い枠で囲った「月ごとの概要とハイライト」について解説します。

「過去28日でのパフォーマンスの変動」の見方

過去28日でのパフォーマンスは、アカウントの直近の動向です。
インプレッション、プロフィールへのアクセス、リプライ数、フォロワーの数などアカウントの成長度合いを直感的に判断するとが可能です。

「月ごとの概要とハイライト」の見方

月単位で分析をする際には、「月ごとの概要とハイライト」に注目してください。
各月のツイートの状況を分析することができます。
分析できる項目は以下の通りです。

・インプレッション数の多い「トップツイート」
・最もフォロワーの多いユーザーを獲得したデータがわかる「トップフォロワー」
・エンゲージメントを最も多く獲得した「@ツイート」
・最も多く表示された「メディアツイート」

月ごとの概要をチェックすることで、その月に最も良い投稿は何かを視覚的に把握することができます。

 

「ツイートアクティビティ」の見方

ツイートアクティビティでは直近の28日間の数値を視覚的に分析することが可能です。
いつ自分のツイートが多く見られたのかも把握することができます。

「ツイートアクティビティ」は、画面上部の「ツイート」をクリックすることで、開くことができます。

詳しい分析方法を4つの区分に分けて解説します。

分析でよく使用するタブは、赤い枠でマークしました。
分析をする際に活用する機会が多く、どのような分析が可能になるのか、以下で詳しく解説をします。

「過去28日での1日ごとのツイート数とインプレッション数」の見方

28日間のツイートとインプレッション数の数がグラフで表示されます。
1日に発信したツイート数と、オーガニックインプレッション数(タイムラインや検索で自然に表示された回数)を把握することで、発信したツイートがどの程度タイムライン上に表示されたのかを把握することが可能です。

「個別のツイート詳細」の見方

個別のツイートという項目をクリックすると、個々のツイートに対して「インプレッション数」「エンゲージメント数」「エンゲージメント率」を知ることができます。
個別ツイートの詳細を追っていくことで、ツイッターで最も反応のあったツイートを分析することが可能になります。

「人気のツイート詳細」の見方

人気のツイートは、28日の中で最もインプレッション数の高いものを表示します。
インプレッション数の高いものから順に分析することができるので、TLに最も表示されたツイートはどのようなものなのかを把握することが可能です。

「動画のツイート詳細」の見方

ツイートだけではなく、投稿した動画が何回再生され、最後まで動画を視聴していたかなど、動画で知りたい情報を把握することも可能です。
トップページから「詳細」をクリックし、その後「動画タブ」をクリックすると、動画の解析が可能になります。
動画の再生回数だけでなく、動画が最後まで視聴されたかを測定する完了率も把握することができます。
動画の完了率も再生回数と合わせて確認してください。

 

なぜTwitterの分析が重要なのか?

Twitterアナリティクスでは「アカウントの成長度合い」を調べるためのツールです。アカウントを成長するためには、アナリティクスの分析だけではカバーできず、別の分析も必要になります。

Twitterでどのようなコンテンツが流行しているのかを調査するだけでなく、最近のトレンドの傾向など、Twitterで注目を集めるために必要なあらゆる要素を把握したうえでの運用が必要です。

Twitter分析のハードルが高いと感じた方は、Twitter分析のプロにアカウントのマネージメントを依頼する方法も併せて検討してください。

 

実績のある企業への依頼をオススメする理由

Twitterをどのように活用すれば良いか「運用するために気をつけるべきポイントがわからない」そのような場合は、実績のある企業へ依頼することをおすすめします。
Twitterの分析をプロに依頼するのであれば、実績のある企業への依頼がおすすめです。
実績のある企業へ依頼をするメリットは2点あります。

ノウハウがある

実績のある企業は、Twitter分析のノウハウやデータを大量に保有しています。
依頼をすれば、自社アカウントの分析の他、競合企業のTwitterを分析し差別化を図るためには、どのようなTwitter運用をすべきか、分析データを元に効果的なツイートをレクチャーしてもらうことが可能です。

Twitterアカウントの分析がうまくできない方は、プロにアカウントを分析してもらうことをおすすめします。

手間や時間を節約できる

Twitterで分析をするための手間や時間を省くことが可能になります。
実績のある企業に依頼をすることで、Twitterの成長動向をチェックしてもらえるだけでなく継続的なマーケティングを一任することが可能です。

分析をする時間や手間を省きながら、自社の商品やサービスのツイートをエンゲージメント率の高い投稿に改善することも期待できます。

 

まとめ

・Twitterアナリティクスはツイッターの成長度合いを確かめるツール
・Twitterアナリティクスは無料で活用が可能
・分析をすることでアカウントは成長できるが素人にはハードルが高い

Twitterアナリティクスを活用する際は、アカウントを成長するために必要な解析ツールです。
正しい解析方法を把握していれば、アカウントを飛躍的に成長することが可能になります。
本記事で紹介したノウハウを活用して、Twitter分析をおこないましょう。

 

pamxy YouTube運用代行

また、株式会社pamxyではビジネスゴールに合わせたSNSマーケティングを実施しております。
自社YouTube登録者数50万人超、TikTok総フォロワー39万人で培ったノウハウと、テレビやYouTubeで活躍するクリエイター陣が企業YouTube運用のご支援をいたします。自社で企画やSEO対策をするには不安があるという場合もpamxyの運用代行であればしっかりとサポートすることができます。

まずは無料相談でビジネスゴール別のYouTubeやSNS活用事例や、同業界での成功事例についてお伝えします。是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

 

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5