YouTube

YouTube動画のダウンロード/保存方法は?

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

企業のYouTube担当者の中には、「競合分析のために他社の動画を保存したい」「自社コンテンツの参考にするために動画をダウンロードしたい」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか?

動画のダウンロードには、非公開になった後も保存フォルダ内で視聴できるオフライン状態でもコンテンツを確認できるなどのメリットがある一方で、正しい情報を知らずに保存および利用すると法律違反となるリスクが存在しています。

そこで、今回の記事では、SNS運用やコンテンツ制作に関わる多数のプロフェッショナルが在籍するマーケドリブン編集部が、YouTubeの動画保存について詳しく解説します。

ダウンロードに潜む違法性のリスクや、保存が許可される事例、安全にダウンロードできるサイトや動画の分析方法について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

YouTube動画のダウンロード/保存は違法?

著作権法に則ると、動画に限らず、他人が制作したコンテンツを保存および営利目的で利用することは、原則として違法行為に該当します。

しかし、一部の動画ではダウンロードや使用が許可されている事例も存在するため、「すべての動画が保存できない」と思い込んでしまうと、自社のチャンネルを伸ばしたい企業は大きな不利益を被るかもしれません。

以下では、YouTubeの保存が禁止事項とされている根拠や、例外的にダウンロードが可能な場合について詳しくご紹介します。

YouTubeの利用規約は?

動画のダウンロードが禁止と考えられる一番の根拠が、YouTubeの利用規約です。Googleが掲載している規約では、「サービスの利用における禁止行為」の第1番目として以下の行為を挙げています。

本サービスまたはコンテンツのいずれかの部分に対しても、アクセス、複製、ダウンロード、配信、送信、放送、展示、販売、ライセンス供与、改変、修正、またはその他の方法での使用を行うこと。ただし、(a)本サービスによって明示的に承認されている場合、または(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合を除きます。

YouTube:利用規約より引用

以上の文言によって、YouTubeにおける動画の保存や、ダウンロードしたコンテンツの閲覧などは厳しく禁止されています。

しかし、YouTubeが認めている範囲またはYouTubeと動画の権利者双方が許可している場合においては、例外的に動画のダウンロードが可能です。

例外として挙げられる2つの事例については、続いての項で解説します。

YouTube Premiumでの保存がおすすめ

YouTubeにアップロードされている動画を保存するのに最もおすすめのツールが、YouTubePremiumの「オフライン保存」です。

YouTubePremiumはGoogleが正式に認めているサービスのため、プランに加入しているユーザーであれば、利用規約に反することなく動画を保存および視聴できます。

月額課金制のプランのため一定の費用はかかりますが、規約違反によってペナルティを受けるリスクを回避したい企業や広報担当者には最適な手法です。

なお、ダウンロードした映像や音声を営利目的で用いた場合、著作権法に抵触する可能性があることには留意しましょう。

国が定める著作権法では、違反にあたらない行為として、家庭において仕事以外の目的で使用するといった事例を挙げています。

営利活動と非営利活動の線引きはそれぞれの状況や場合によって異なるため、Premiumでオフライン保存した動画でも、企業において利用する際は入念な注意が必要です。

クリエイティブコモンズの動画はダウンロード可能

YouTubePremiumのオフライン保存よりも自由に動画を活用したい企業に適した方法が、クリエイティブ・コモンズのライセンスが付与された動画を利用することです。

クリエイティブ・コモンズが適用されている動画は、利用者が著作権者の定めた条件に従う限りは営利を目的とする活動にも使用できます。

そのため、企業の広報担当者が自社の利益や売上を伸ばすためにダウンロードした動画を活用する場合は、クリエイティブ・コモンズの表記がされた動画を選ぶことが最も安全な手法です。

ただし、保存した動画を自社の動画内やその他のSNSなどにおいて二次利用する場合は、利用明細や提供元のライセンスの記載など、著作権者やYouTubeが定めるルールに従う必要があります

コンテンツの制作者によっても細かな規定は異なるため、ダウンロードした動画を再利用したり他者に配布したりする際は、各動画で個別に規定された条件を確認し、遵守するようにしましょう。

 

YouTube動画を安全にダウンロード/保存できるサイト5選

YouTubePremiumのオフライン保存は、利用規約に反することなく動画を保存できる非常に優れた機能です。

しかし、動画が非公開になったり、プラットホームから削除されたりした場合、自分が保存した動画も閲覧できなくなる点がデメリットとして挙げられます。

そのため、Premiumのオフライン保存は、YouTubeで見れなくなった視聴済みの動画を再確認したい、後で見る予定の動画をとりあえず保存したい、といったニーズには対応できません。

以下では、非公開や削除された場合も動画を視聴したい方に向けて、インターネット上に公開されている動画のダウンロードサイトを5つご紹介します。

なお、ガイドラインに違反する行為を避けるためには、あくまでも家庭内での私的利用にとどめる、複製などが許可されているクリエイティブ・コモンズの動画のみを保存するといった配慮を行いましょう。

OnlineVideoConverter.com

「OnlineVideoConverter」の特徴のひとつとして、シンプルで分かりやすいUIが挙げられます。

また、出力できるファイル形式が多様なため、さまざまなデバイスで動画を保存したり、視聴したりしたい方に適したサイトです。

サイト自体がAndroidに対応しているので、パソコンが使えないときに動画をダウンロードできる点もメリットだといえるでしょう。

VideoSolo究極動画ダウンローダー

「VideoSolo究極動画ダウンローダー」は、YouTubeだけでなく、ニコニコ動画やFC2動画など、いろいろなプラットフォーム上の動画をダウンロードできるWEBサイトです。

本来は有料の保存ツールですが、無料で利用できる試用期間が設けられているため、利用を検討している方はまずは無料お試し版を使ってみてはいかがでしょうか。

保存する動画の画質を自由に選べるため、デバイスの空き容量が少なかったり、ダウンロードした動画をメールなどで送信したりする場合に適したサイトです。

動画簡単ダウンロード

YouTube動画の保存に特化しているサイトが「動画簡単ダウンロード」です。

サイトのページが一枚のみで迷うことがないため、機械が得意でない方でも使いやすいWEBサービスだと考えられます。

パソコンだけでなく、専用のアプリをダウンロードすればAndroidでも動画を保存することが可能です。

OffLiberty

「OffLiberty」は、動画などのコンテンツをオフラインで利用したい方を主な対象に据えたWEBサイトです。

英語版のほかに日本語版のサイトも用意されているため、日本語ユーザーでも快適に操作できる点がメリットとして挙げられます。

ただし、利用規約には個人的な使用を目的としたWEBサイトである旨が明記されているため、企業や団体をターゲットに提供されているサービスでない点には留意しましょう。

YouTube ショーツ動画ダウンロード

60秒以下のショート動画を保存するのに適しているサイトが、「YouTubeショーツ動画ダウンロード」です。

すべての機能を無料で利用できるため、広報活動やアカウント分析にかけるコストを削減し、自社のコンテンツ作成にかける予算や、新規の事業投資などに十分な費用を充当できます。

比較的新しいサービスであるショート動画は参入企業が通常の動画よりも少ないため、競合企業との差別化を図りたい担当者の方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ショート動画の保存方法について詳しく知りたい方は、YouTubeショートはダウンロード保存できる?をご覧ください。

 

保存した動画をチャンネル分析に活用

著作権や利用規約に反しない範囲でコンテンツをダウンロードしても、分析方法を誤ると、自社チャンネルの登録者数や動画の視聴回数を伸ばすことは難しいかもしれません。

そこで、以下では保存したコンテンツの分析において重要な3つの点をご紹介します。

サムネイル

動画の顔ともいえるサムネイルには、取り上げるジャンルごとに共通する特性があることをご存じですか?

例えば、使用する色について考えた場合、エンタメ系のチャンネルであればポップでカラフルな色合い、ビジネス系のチャンネルであればシンプルで落ち着いた色合いのデザインが多いことが分かります。

そのほか、使用する文字のフォントや、イラストと写真の比率などもジャンルごとに特徴が異なるポイントです。

ターゲットの興味を引きやすいデザインを用いることで、チャンネルが投稿した動画の再生回数が伸びたり、新たな登録者を獲得できる可能性が高まります。

分析を通じて自社のサムネイルをより魅力的にしたい方は、まずは同じジャンルで人気を得ている動画を確認すると良いでしょう。

サムネイルのデザイン方法について知りたい方は【YouTubeサムネイルの作り方】3つのルールを紹介をご覧ください。

テロップ

テロップはユーザーに動画の内容を分かりやすく伝えるために活用されるテクニックですが、入れ方を誤ると動画の視認性が下がるリスクを有しています。

テロップによって動画の質を向上させるには、字体や大きさ、表示するタイミングなど、さまざまな点に配慮しなければなりません。

自社と似たジャンルですでに高い成果をあげている動画を参考にすることで、テロップの効果的な作り方を学べます。

また、自社のコンテンツを国外へ広めたい企業は、自動翻訳で字幕を表示するのか、あらかじめ他言語バージョンの動画を制作するのか、といった点を考える必要もあるでしょう。

ユーザーの興味を引くテロップを作成するコツや、翻訳方法、おすすめの制作ツールについてはYouTubeテロップの入れ方のコツ6選!ツール紹介もをご覧ください。

上位表示のコツ

キーワード検索において他のコンテンツよりも上位に表示されるためには、複数のポイントを踏まえたうえで、タイトル付けや概要欄の文章作成を行うことが求められます。

検索で優位に立つために意識するポイントの具体例がこちらです。

  • キーワード対策
  • タイトルの一番左側に狙うキーワードはあるか
  • 概要欄にもキーワードは含まれているか

競合アカウントが投稿した動画のタイトルや概要欄を確認し、以上のポイントにもとづいて分析することで、狙いやすいキーワードや上位表示につながる方法を把握できます。

また、検索対策でおさえたいその他のポイントやテクニックについて知りたい方は、YouTubeで検索を上位表示させるためのコツを参考にしてみてください。

まとめ

今回の記事で紹介した内容を以下にまとめます。

  • YouTube動画の保存はGoogleが定める利用規約や日本の著作権法に抵触するリスクがあるため、十分に注意したうえで実施しなければならない
  • 動画をダウンロードできるサイトにはさまざまな種類がある
  • 保存した動画を自社チャンネルの改善に使うには、サムネイルやテロップなどを中心に分析すると良い

保存した動画を詳しく分析し、共通するポイントや自社のチャンネルに足りない点を理解することで、YouTubeアカウントをより伸ばすことができます。

定められた規約や法律を徹底的に確認したうえで、個人の責任において動画を利用しましょう。

また、「違反の心配をせずにYouTubeで高い成果を出したい」「改善しているつもりでも、なかなか顧客の獲得や利益の確保につながらない」といった方は、株式会社pamxvに相談してみてはいかがでしょうか。

株式会社pamxyのYouTube運用代行

累計自社チャンネル100万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。

ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。

本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

まずは無料WEB会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない

ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5