SNSマーケティング TikTok

TikTokプロモートとは?導入手順から費用対効果を徹底解説!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

2021年に実装された「TikTokプロモート」。

名前を聞いたことがあっても、機能性や導入手順を知らない方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、TikTokプロモートの『機能やメリット・費用・導入手順を詳しく解説』します。

TikTokプロモートを導入したい企業の広報担当の方や個人事業主の方はぜひ参考にしてください。

本記事を読めばTikTokプロモートについて理解し、導入できるようになります。

TikTokプロモートとは?

TikTokプロモートとは何かを知るために、まずはTikTokの概要をおさらいします。

そもそもTikTokとは

TikTokとは、15秒〜60秒のショート動画を投稿・閲覧できるSNSプラットフォームです。

2021年には月間アクティブユーザー数が10億人を超えました。これは前年比45%増の成長で、TikTokが今非常に人気を集めていることが分かります(参考:TikTokの月間アクティブユーザー、10億人を突破!

また、TikTokは10代を中心としたSNSプラットフォームだと考えられることが多いですが、実は30-40代が中心ユーザー層となっています。

引用:博報堂 研究開発局による『音楽ヒット予想研究Vol.4』

TikTokを活用すれば、若年層だけでなく幅広くさまざまな年代にアプローチすることができるでしょう。

TikTokプロモートは、TikTokの広告機能

TikTokプロモートとは、投稿した動画の閲覧数を増やす有料の広告機能のことです。

動画の閲覧数を増やすことで、企業のブランディングや商品の認知度向上を目指せます。

TikTokプロモートのメリット

TikTokプロモートを利用するメリットは、主に以下の3つです。

TikTokプロモートのメリット

  • 低予算で利用できる
  • リーチしたいターゲット層に届けることができる
  • 広告であると気付かれづらい

1点ずつ詳細を解説します。

低予算で利用できる

TikTokプロモートは低予算で利用できます。大きな予算をかけられない方でも、気軽に利用できるのはメリットでしょう。

費用についての詳細は後述します。

リーチしたいターゲット層に届けることができる

TikTokプロモートは、年齢・性別・興味関心に基づいた詳細なターゲティングができます。リーチしたいターゲット層に動画を届けられる点がメリットです。

また、リーチしたいターゲット層に動画を届けることは、全体的な露出増加にもつながります。

TikTok投稿の露出のアルゴリズム

  • 新規投稿は、フォロワー数に関係なく500インプレッション露出される
  • その投稿で反応が良ければ、上位のカテゴリーのおすすめに露出される
  • さらに反応が良ければ、他国のおすすめに露出される

    参考:TikTokのアルゴリズムに変化が起きている

最初の500インプレッションで好反応を得られなければ、動画を伸ばすことは難しいということが分かります。

TikTokプロモートを利用すれば、最初からリーチしたいターゲット層に絞って動画を届けられるため、動画の爆発的な伸びが期待できるでしょう。

広告であると気付かれづらい

インターネット広告はネガティブイメージが強く、しつこい・不快・邪魔だと感じるユーザーも少なくありません(参考:ネット広告への強い嫌悪感、テレビや新聞の倍以上に。「しつこい」「邪魔」が3割超【JIAA調べ】

広告感の強い広告は避けられてしまいます。

しかし、TikTokプロモートの動画は、通常の動画と同じように流れるため、広告であると気付かれづらいです。

ユーザーが楽しめる動画を作成できれば、避けられることなく好反応を得られるでしょう。

TikTokプロモートの費用対効果は?

TikTokプロモートの費用対効果は非常に高いです。

費用は希望の動画閲覧数に応じて変化する仕組みで、1インプレッションあたり0.1~0.2円程度となります。

ターゲット層を絞るほど費用も上がりますが、効果を得るためには必要な費用だと言えるでしょう。

プロモートの設定画面で、“動画閲覧数の見積もり”と“費用の見積もり”を照らし合わせることができるので、導入時に確認してみてください。

 

TikTokプロモートを導入する手順

TikTokプロモートを導入する手順は、以下の通りです。

TikTokプロモートの導入手順

  1. プロモートをする目的を明確にする
  2. ビジネスアカウントに変更する
  3. プロモート用の動画を投稿する
  4. 動画再生画面からプロモートを選択する
  5. 最初に定めた目的に従ってプロモートの詳細設定を行う
  6. 支払い方法を選ぶ
  7. プロモートを開始する

順番に詳しく説明します。

1.プロモートをする目的を明確にする

まずは、TikTokプロモートを行う目的を明確にしましょう

商品の認知度を上げたいのか、企業のブランディングを行いたいのかなどによって、誰にどんな動画をどれ位の期間配信するかが変わります。

TikTokプロモートの目的は、動画視聴数増加ウェブサイト訪問数増加・フォロワー数増加の3つから選べます。

ターゲット層は、性別・年齢・興味関心で絞ることができます。プロモート期間は1日単位で設定可能です。

これらを明確に定めるとともに、動画の方向性や内容を決めていきましょう。

この際、公式の規約も必ず確認してください。

TikTokプロモートの規約

2.ビジネスアカウントに変更する

次に、TikTokアカウントをビジネスアカウントへ変更しましょう。ビジネスアカウントに変更することで、プロモートとインサイト分析の両方を行えるようになります。

インサイト分析では、動画の視聴数やフォロワーの増減数・プロフィールの表示回数などを確認できます。プロモートの効果を確認したり、次のプロモートに活かしたりできるでしょう。

ビジネスアカウントへの変更手順は以下の通りです。

ビジネスアカウントへの変更手順

  • プロフィール画面右上の「…」をタップする
  • 「プロアカウントに切り替える」をタップする
  • 「ビジネス」を選択する
  • 該当するカテゴリーを選び、「次へ」をタップする
  • 性別を選び、「完了」をタップする

ビジネスアカウントへの変更は無料で行えます。また、いつでも無料で個人アカウントへ戻せます。

3.プロモート用の動画を投稿する

次に、プロモート用の動画を投稿しましょう。

プロモートに使える楽曲は、商用楽曲・オリジナル音源のいずれかのみになります。

上記以外の楽曲を使うとプロモートを行えなくなるため注意してください。

編集部
商用楽曲とは、企業の商用利用が許可されている楽曲のことです。ビジネス版に設定するとTikTokが定めた50万曲以上の音楽を使用できます。しかし、それ以外の音楽は使用できないことに注意しましょう。

4.動画再生画面からプロモートを選択する

投稿が完了したら、動画の再生画面を開いてください。動画右下の「…」をタップし、「プロモート」を選択すれば詳細設定を行えます。

tiktok-promoto-setting1

5.最初に定めた目的に従ってプロモートの詳細設定を行う

1.プロモートをする目的を明確にする」で定めた目的に従って、目的・オーディエンス(ターゲット層)・予算・配信期間を設定します。

tiktok-promoto-setting2

オーディエンス(ターゲット層)の設定

項目内容
性別すべて/女性/男性
年齢すべて/13-17/18-24/25-34/35-44/45-54/55+
興味関心すべて/教育/交通/マタニティ・ベビー/金融/メークアップ・スキンケア/携帯電話・パソコン/デジタル家電/ペット/アプリケーション/ファッション・靴・帽子・カバン …など

※複数選択可能

現時点では、国別の配信は行えません。国外へも配信される点は留意してください。

6.支払い方法を選ぶ

詳細設定が終わったら、支払い方法を選びましょう。

tiktok-promoto-setting3

Androidの場合は現地通貨(日本円)、iPhoneの場合はTikTokコインで表示されます。

現地通貨(日本円)の支払い方法はクレジットカード・デビットカード・PayPalから選択可能です。

TikTokコインで支払う場合は、TikTokコインを購入しなければなりません。TikTokコインは1コイン=約1.8円で、以下の方法で購入できます。

  • クレジットカード・デビットカード
  • iTunesカードからの入金
  • Apple Pay
  • キャリア決済

7.プロモートを開始する

すべての設定が完了したら、プロモートを開始します。

設定したのにもにもかかわらず、プロモートが開始されない場合はヘルプセンターに問い合わせてください。

TikTokプロモート公開後の流れ

TikTokプロモートを公開した後は、1週間ごと・1ヶ月ごとにインサイト分析を行いましょう。

単発のプロモートの場合は必要ありませんが、長期的な認知度向上・ブランディングを考えている方は、インサイト分析を行い、仮説検証を行うことが重要です。

仮説検証に基づいて、予算や期間・ターゲティング・動画の内容自体を変えることで、TikTokプロモートをより効果的に活用できるようになります。

一からTikTok運用を行ってくれるサービスもある

プロモートの説明を読んでも自信がない企業の広報担当の方・個人事業主の方や、SNSの運用経験や知識がない方は、一からTikTok運用を行ってくれる「TikTok運用代行サービス」を利用するのも一つの手段です。

TikTok運用代行サービスでは、動画の作成や投稿・分析・レポーティングなどをすべて行ってもらえます。

知識のない状態で運用を始めるよりも、ノウハウが豊富な運用代行会社に任せた方が高い効果を得られます。運用代行サービスを通してノウハウを学ぶことも可能です。

さらに、TikTokの運用の手間や労力も省けるため、コア業務に集中できるでしょう。

おすすめのTikTok運用代行会社については以下の記事で紹介しています。利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

まとめ

本記事の内容をまとめるとこのようになります。

  • TikTokプロモートとは、投稿した動画の閲覧数を増やす有料の広告機能のこと
  • 投稿済みの動画に対してのみ利用できる
  • 使用できる楽曲は商用楽曲orオリジナル音源のみ
  • 性別・年齢・興味関心で細かくターゲティングできる
  • メリットは「低予算で利用できる」「狙ったターゲット層にリーチできる」「広告だと気付かれづらい」
  • 費用は1インプレッションあたり0.1~0.2円程度。ターゲットを絞るほど費用が上がる
  • プロモート開始後は、定期的なインサイト分析・仮説検証を行うことが重要
  • SNSに自信のない方は、TikTok運用代行サービスを利用するのも一つの手段

TikTokプロモートは2021年に実装されたばかりの機能です。早期参入し、先発優位性を獲得しましょう。商品の認知度向上・企業のブランディングをはじめとし、さまざまな場面で活用できます。

この記事が、TikTokプロモートについて知りたい方の参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5