SNSマーケティング TikTok

TikTok広告 運用代行【おすすめ5選】

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

近年では、若者を中心に絶大な人気を誇るTikTok上で広告を掲載している企業が増加しています。

その一方で、 TikTokというプラットフォームは他のSNSと異なり、ユーザーの年齢層が偏っているなど独自の傾向があります。

ですので、TikTokの性質を踏まえて適切な広告運用を行わなければ、広告を打ったのにも関わらず集客に繋がらないという事態にもなりかねません。

TikTok広告は従来の広告とは異なるため、使いこなせている企業は少ないのが現状です。

皆さんもこの記事を読んでTikTok広告運用を行い、新規顧客の獲得や企業のブランディングの向上に繋げていきましょう。

 

そもそもTikTok広告とは

大前提として、TikTok上の広告は種類があります。

広告メニュー概要
純広告ハッシュタグチャレンジ特定のハッシュタグを広める広告のこと。
起動画面広告起動時に表示させる広告のこと。
インフィード広告おすすめ投稿内に表示させる広告のこと。
運用型広告TikTok For BusinessTikTokの運用型広告のプラットフォーム。おすすめ投稿内に広告配信が可能。
編集部
これらの広告を使い分けて効果的に活用するために、ノウハウが必要となります。

 

TikTok広告 運用代行とは

ノウハウが必要なTikTokでの広告活動を、外部の業者に代行してもらうという方法があります。費用がかかることがデメリットですが、

TikTok広告 運用代行によって、新規顧客の獲得や企業のブランディング向上に繋がる本質的な施策が可能です。

TikTok広告 運用代行の3つのメリット

①時間と労力の削減が可能

②広告の質が高まる

③ノウハウの獲得

TikTok広告 運用代行を行うことで、広告の製作から管理、改善を企業に委託できます。時間と人手をかけずに広告運用ができることがメリットです。

また、代行会社には独自のノウハウが備わっており、自力で制作する広告に比べて質の高い広告を打つことができます。

例えば、株式会社マージェリックでは、「bambooshoot」というデータ解析ツールを用いたノウハウがあります。これにより、顧客ターゲットの明確化、それに基づく施策を立てることができるため、自社での運用以上の効果が期待できます。

以上3点のメリットを鑑みて、tiktok広告を運用代行してみるという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

 

運用代行のサービス内容

一般的なサービスは以下の通りです。

・動画の作成
・動画の投稿
・いいねの管理
・コメントの管理
・広告の出稿
・レポートの提出
・改善案の提案

広告を制作するところから広告の運用、出稿後の改善までを手がけてくれます。

まず、企業とクライアントで広告の方向性を確定させてから、制作、投稿までの作業を代行してくれます。

動画投稿後には「いいね」やコメントの管理まで任せることができます。広告掲載後には分析をもとに方向性の調整を行い、より集客に繋がる広告制作を行うことができます。

TikTok運用には、上記の段階を踏んだプロセスが必要ですが、これらの工程を代行してもらうことで広告の質が担保されます。

 

また、TokTokで広告を掲載したい企業に向けて「TikTok for Business」というサービスがあります。

興味のある方はこちらを参照してください。

【TikTok広告】TikTok for Businessとは何かと広告運用方法を解説

 

編集部
いきなり自分で広告運用を始めてみるのもアリですが、 運用代行を依頼することで広告の質が上がります。

 

 

TikTok運用代行会社の注意点

「TikTok広告の運用代行を依頼した方が集客やブランディングに繋がる。」

ここまでの記事を読んで、そう考えた方もいるのではないでしょうか?

次に、運用代行を依頼するパートナー選びにおける、注意点を紹介します。

 

自社の目的に合った企業を見つける

運用代行会社には、それぞれの強みが存在します。

例えば、YouTube広告の運用代行会社を例に挙げると、以下のような観点が存在します。

・自社実績

・他社実績

・費用の安さ

・専門性

・試用期間の有無

 参考:「YouTubeコンサル会社を6パターンに整理し10社一挙紹介」

もし自社の目的に合わない企業に代行を頼んでしまうと、広告の質が落ちてしまうにも関わらず、代行料金を支払わなければなりません。

そのような事態を避けるためにも、会社ごとの性格を把握して、どの企業が一番自社のニーズに合っているかを考える必要があります。

 

TikTok広告 運用代行 オススメ5選

ここからは、目的別にTikTok広告運用代行会社をピックアップして紹介したいと思います。

会社ごとの性格と長所をまとめたので、パートナー選びの判断材料にして頂ければと思います。

 

①株式会社pamxy

まずはじめに、株式会社pamxyのTikTok広告運用代行サービスを紹介します。

株式会社pamxyの最大の特徴は、SNS運用代行において、自社実績、他社実績を持ち合わせている点です。

自社YouTubeチャンネルで85万人、自社TikTokアカウントで40万人に及ぶ総フォロワーが存在します。また、TikTok公式クリエイターバッジ獲得アカウントも保持しております。

実際に自社運用で得たノウハウで、ナイツの塙さんのチャンネルや多くの広告運用代行を行なっています。


株式会社pamxyの特徴

・自社、他社ともに実績を兼ね備えている。

・運用代行1ヶ月で登録者+9.5万人、累計再生回数280万

・元民放TV局員、制作クルー、放送作家から構成されたチームによる支援

また、業界業種ごとのトレンド、法人チャンネルの診断なども無料で実施しています。

編集部
企画コンセプトのコンサルティングなど、動画自体に留まらない部分まで対応をして欲しい企業にオススメです。

株式会社pamxyのHPはこちら

②株式会社マージェリック

 

 

 

株式会社マージェリックは、Webマーケティング、EC事業に特化している代行会社です。

ECサイト向けにTikTok広告代理店の活動をしていて、特に運用型広告「TikTok For Business」の販売に注力しています。また、「bambooshoot」というEC特化の広告配信、データ解析ができるノウハウを備えていることが強みです。

 

株式会社マージェリックの特徴

・『bambooshoot(バンブーシュート)』と呼ばれる独自の分析ソフトを用いることで、ユーザー動向の分析に定評がある。

・楽天市場出店のコンサルティングを得意としている。

・多数のWebマーケティング関連企業と提携することで、幅広いWebマーケティング施策ができる。

 

編集部
Webマーケティング、ECを目的としたTikTokの広告運用をしたい企業にオススメです。

 

 

③Nativex Japan

 

 

Nativex Japanは、中国最大級のインターネット広告代理店「Nativex」の日本法人です。

TikTokとグローバルパートナーシップを締結しており、世界16カ国に拠点をもっています。そのため、グローバルな広告運用が可能となることが強みです。

特に中国市場に大きな影響力を持っているため、中国に自社のブランドやサービスを導入しようとする企業には強みとなります。

 

Nativex Japanの特徴

・TikTokの運営会社「Bytedance」とグローバルパートナーシップを締結している。

・世界各国に拠点を持っていて、海外への広告運用がしやすい。

・各国のインフルエンサー事務所と提携しているため、海外の大物インフルエンサーの起用ができる。

 

編集部
国内だけでなく、海外ユーザーにもTikTok広告を配信したい企業にオススメです。

 

 

④株式会社N.D.Promotion

 

株式会社N.D.Promotionは、インフルエンサー起用を得意としています。

「Zipper」「Popteen」で活躍するモデルを自社でマネジメントしており、モデルとメディアを組み合わせたプロモーションプランを提案しています。企画内容に合わせてインフルエンサーをアサインし、動画制作からトレンド調査まで行うことで、流行に合わせた広告運用ができることが強みです。

株式会社N.D.Promotionの特徴

・インフルエンサーの起用実績が国内有数

・100万以上のフォロワーを有するインフルエンサーのネットワーク

・TikTok広告では主にハッシュタグチャレンジの受注が多い。

動画タイアップからTikTokクリエイティブ制作、SNSドラマ、番組制作、PRイベントまで対応ができます。中心ターゲットは10〜20代の女性です。

 

編集部
TikTok広告にインフルエンサーを起用したい」という企業にオススメです。

 

 

⑤株式会社オースタンス

 

株式会社オースタンスはクリエイティブな動画コンテンツ作成を得意としている会社です。

主に、振り付け制作、楽曲制作、映像制作、TikTokerの起用ができることを強みとしています。また、スマホでの視聴が想定されるTikTokの性質を想定した「縦型クリエイティブ制作」など、TikTokというプラットフォームでのクリエイティブ作成を得意としています。

株式会社オースタンスの特徴

・エンターテイメント性を重視した動画制作を行う。

・振付、作曲、映像制作、TikToker育成をセットにした一気通貫型制作を行う。

ダンサー・シンガー・作曲家を全国で900人以上抱え、ウェディング・広告・シニアなど様々な分野で、エンターテイメントサービスを提供している企業です。

 

編集部
クリエイティブさを重視した広告運用をしたい企業にオススメです。

まとめ

今回の記事では、TikTok広告の運用代行についてまとめました。

今回の記事のポイント3点を振り返ると、

1 TikiTok広告には、起動画面広告、ハッシュタグチャレンジ、インフィード広告、TikTok for Businessといった種類がある。

2 広告運用代行のメリットは、時間と労力の節約ができ、ノウハウを獲得して質の高い広告運用が可能になること。

3 運用代行を行う企業ごとに長所があり、広告の目的に合った企業を選ぶことが重要。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。TikTok広告運用のメリットや、同業界での成功事例についてお伝えします。

  • TikTokでの広告運用を始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • TikTokやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらTikTokで効果的な広告運用ができるかわからない

 

まずは無料相談でビジネスゴール別のYouTubeやSNS活用事例や、同業界での成功事例についてお伝えします。是非お気軽にご相談くださ

お問い合わせはこちら

 

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5