SNSマーケティング

SNSマーケティングのメリットは?具体的な方法を徹底解説!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

sns-marketing-meritSNSマーケティングは他のマーケティング手法に比べ、低価格で効果的なブランディングが可能なマーケティング手法です。

大手企業も積極的にSNSマーケティングを取り入れており、「乗り遅れた」と感じている企業は多いのではないでしょうか?

そんなSNSマーケティングを自社で取り入れるべきか?自社商品に適しているのだろうか?とお悩みの方が多いかと思います。

本記事ではそんな方に向けて「SNSマーケティングの基礎的な情報」・「メリット」を徹底解説します。

SNSマーケティングとは?

merit

SNSマーケティングとは、SNSアカウントを通じて情報を発信し、新規顧客の獲得やサービスへの導線を構築するものです。
SNSは無料で始められるものが多く、SNSを利用する幅広い年齢層に訴求することが可能になります。

SNSマーケティングは多くの企業が注目をするマーケティング手法で、今後も従来のマーケティングに比べて注目を集めるでしょう。

SNSマーケティングをやる5つのメリット

SNSマーケティングには、さまざまなメリットがあります。
その中でも次に紹介する5つのメリットはどのSNSプラットフォームでも期待できるメリットだと言えるでしょう。

認知度拡大に強い

awareness

SNSは従来のWEB記事とは違い、リアルタイムでユーザーとのやり取りが可能です。
投稿後に商品やサービスに興味を示したユーザーからレスポンスを早く受け取ることが期待できます。

一方で、情報が流れるスピードも速いので古い情報はどんどん埋もれていってしまいます。そのため、定期的な投稿をしていくことが重要です。

また、日本におけるSNSの普及率は80%を超えています。加えてSNSによる拡散力、中でもユーザーからユーザーへの二次拡散能力は目を見張るものがあります。ユーザーの具体的な感想の発信は、企業アカウントによる情報の発信に比べて顧客から好意的に取られます。

情報伝達の速さユーザー間の拡散による認知度拡大を目指す方にはSNSマーケティングはおすすめの手法と言えます。

ブランディングの確立

branding

SNSは自社の情報を積極的に発信することができます。
ユーザーと直接的な接点の無い企業でも継続的に発信することで商品・サービスの認知に繋がります。

また、SNSマーケティングでは検索履歴やユーザー情報から購買に繋がりやすいような見込み顧客に投稿や広告が表示されやすい傾向があります。

投稿の”いいね数”や”シェア数”を確認することでユーザー側は商品の評価を手軽に行うことができるため、”いいね”や”シェア”をされやすい投稿を心がけることがブランディグの確立につながるでしょう。

新規顧客の獲得

new-client

ユーザーの中には潜在的な顧客が多くいます。
SNSの拡散力によりターゲット層以外にも投稿が閲覧されることがあります。

そういった潜在層の興味を後押しするような投稿を心がけることで新規顧客の獲得につながるでしょう。

SNSプラットフォームごとの特徴を抑え、潜在顧客を意識しながらコンテンツを投稿し、新規顧客獲得を目指しましょう。

既存ユーザーの購買意欲向上

willingness-buying-up

獲得した顧客はSNSの投稿をふとした時に目にすることになります。

偶然出会った投稿をきっかけに「そういえばこの商品よかったな」「新商品が出ているんだ」とユーザーに意識させることが可能になります。

そういった何気ない投稿が購買につながるので積極的に情報を発信しましょう。

低コストを実現

law-cost

SNSマーケティングは各SNSプラットフォームの利用に費用がかからないためコストを削減できます。

一方で、Twitterなら最大140文字で顧客の興味を惹く文章、Instagramならパッと目を引く画像が必要となります。

各SNS の特徴に合わせた投稿の形式を整え、こまめに投稿できる体制づくりをすることが重要です。

デメリットも

SNSマーケティングは自社の新たなマーケティングを確立することが可能です。
一方で、運用時には注意すべきことやリスクもあります。
SNSデメリットやリスクとその対処法を知りたい方に向けて、別の記事で詳しく紹介しています。
こちらの記事を参考することでより効果的なSNSの運用が可能となるでしょう。

 

SNSマーケティングの具体的な方法

SNSマーケティングを実際に活用したSNSの運用方法は具体的にどのようなものがあるのかについて解説します。

自社サービスと各SNSの特徴を把握し、適した運用方法を探してみましょう。

公式アカウント運用

SNSに自社のアカウントを開設し商品やサービスを発信します。
商品画像やインフォグラフィック動画を投稿し、自社のブランディングに繋げます。

運用時には、個人アカウントを運用するように意識をしながら投稿してください。
ユーザーと自然にコミュニケーションを取ることで、親近感を持ったユーザーがアカウントをフォローする可能性が高くなります。
フォロワーを一定数獲得することができれば、自社のファンとなりECサイトやサービスを利用することに期待できます。

編集部
人間の脳は、文字が多かったり情報が細かすぎると内容を上手に理解できません。そこで、情報をグラフィック化し、内容をわかりやすく伝えるために動画化したものをインフォグラフィック動画と言います。

SNSキャンペーン展開

SNSキャンペーンは、SNSを通じてユーザーに特定の行動を促す施策です。
施策はさまざまで、大きく分けて次のような施策があります。

・新規フォロワー・ユーザーの獲得
・新規店舗の宣伝促進
・商品をユーザーに発信

さまざまなキャンペーンの中で特にメリットが大きいものが、ユーザーがコンテンツを作り独自に拡散する「UGCコンテンツ」です。
UGCコンテンツを確立することができれば、拡散されやすくなるだけでなく自社の認知度を高めることが可能です。

キャンペーン展開を行う際には、「目的」、「手段」、「展開すべきSNSプラットフォーム」を検討してキャンペーン展開をおこないましょう。

giffletter

株式会社pamxyではTwittter上のキャンペーンによるフォロワーの獲得と共に自動化による運用負荷の削減を同時に実現するキャンペーン総合管理ツールであるgiffletterを展開しております。

「店舗来店数を増やしたい」、「アプリDL数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

お問い合わせはこちらから

SNS広告配信

各SNSプラットフォームは、独自の広告配信サービスを展開しています。
商品・サービスのメインユーザー層に刺さる広告を発信することで、従来の広告よりも興味・関心を高めたコンテンツを発信することができます。

配信先を、年齢、性別、職業、趣味など細かく設定できるため、特定のターゲットに刺さる情報を発信することが可能です。

低予算で効率の良い広告展開をしたい方に、SNS広告配信はおすすめの手段であると言えるでしょう。

インフルエンサーマーケティング

SNSマーケティングの中でも短期間で成果を得やすい運用方法が、インフルエンサーマーケティングです。
インフルエンサーマーケティングは、フォロワーの多い「インフルエンサー」に商品・サービスを紹介してもらい、ユーザーの消費行動に影響を与えます。

フォロワーの多いインフルエンサーであれば、フォロワーに直接訴えかけることができます。

運用方法はSNSでの投稿だけではありません。
インフルエンサーによる「商品監修」「イベントの出演」「アンバサダーとしての起用」など幅広い展開が可能になります。

ソーシャルリスニング

SNSマーケティングの基礎的な手法として「ソーシャルリスニング」があります。
ソーシャルリスニングは、SNSでのユーザーの意見収集をおこない、ビッグデータとして活用するものです。

自社のブランドについて、どのような情報が発信されているのかをSNSプラットフォーム内で検索をします。
例えば、インスタグラムでハッシュタグを検索し、商品に対してどのような意見を持っているのか、どのような商品が人気なのかを調査します。
ソーシャルリスニングは、ユーザーの率直な意見を収集できるので、従来のアンケートとは異なる情報を集めることが可能です。

ビッグデータを元にさまざまな施策との組み合わせも可能になり、次のようなものと相性が良いとされています。

・商品の評判、口コミ、イメージ
・潜在ニーズの把握
・業界トレンドの予測
・競合相手の分析

ソーシャルリスニングはSNSマーケティングを実施する上で欠かせないテクニックとなるので、必ず覚えておきましょう。

 

各SNSの特徴

SNSマーケティングで主に活用されているプラットフォームが5つあります。
どのような特徴があるのか、それぞれのアプリの特性、運用事例を元に解説します。

YouTube

YouTubeは動画を投稿するプラットフォームで、幅広い年齢層が利用しています。
エンターテイメント性の高い動画だけでなく、特定ジャンルに特化した専門性の高い動画も人気のため、さまざまな分野での運用が期待できます。

YouTubeの運用で最も効果的なものが、インフルエンサーマーケティング公式アカウント運用です。

インフルエンサーに商品の宣伝を代行してもらうことで、多くの顧客を新規で獲得することに期待できます。

公式アカウントでは、自社のチャンネルを開設することで自社の情報を正しく発信することもできます。

動画概要欄にはホームページのリンクを掲載できるため、自社ホームページへの誘導も可能です。
山内義弘さんの運営するYouTubeチャンネルでは、YouTubeチャンネルで整体の情報を発信しながら、動画概要欄で整体院の情報を紹介しています。

TikTok

ショートムービーを配信するTikTokでは、若者を中心に利用者が多いSNSプラットフォームです。
最近では10代だけでなく30代以上のユーザーも増えています。

TIkTokでは、ビジネスアカウントと呼ばれるアカウントを開設し、自社のブランディングをおこなうことが可能です。
投稿を分析できるだけでなく、外部サイトへの誘導が可能になります。

広告配信形式が多く、その中でも広告感の薄い「ハッシュタグチャレンジ」は、SNSマーケティングをおこなううえで、利用したい運用方法です。

自社の費用と目的に合わせた広告配信を行い、多くのユーザーを獲得しましょう。

TikTokビジネスアカウントのメリット・デメリットを完全解説の中でビジネスアカウントについて詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

Twitter

Twitterは140文字以内のショートメッセージを発信するツールで、日本国内でも多くの企業アカウントが参入しているSNSプラットフォームです。

リアルタイムでの情報発信がおこなわれるため、リアルタイムでの情報収集に適しています。
アカウントが投稿した情報を気軽に拡散できる「RT」があるので、低コストでの情報発信もできます。

Twitterでは新規フォロワーを獲得するためのキャンペーン運用広告配信がおすすめです。

キャンペーン運用では、フォローRTを条件に発信することで、1つの投稿で多くのユーザーに認知される可能性が高くなります。

ローソンでは定期的にキャンペーン情報を発信し、期間限定商品やコラボ企画の情報を定期的に発信しています。

https://twitter.com/watch_UNEXT/status/1469593296574074880

広告配信では、フィード欄に他の投稿と同じように広告が投稿されるため、利用者は抵抗感なく情報を閲覧することができます。

Instagram

Instagramは画像や動画を投稿するツールです。
訴求力の高い画像を投稿できるSNSプラットフォームで、日本国内では3000万人以上のユーザーがいます。
特に20代〜30代の女性からも人気が高く、化粧品など自分磨きを向上させる商品を紹介する企業が多くあります。

Instagramでは、公式アカウントが運用するケースが多く、フォロワーに情報を直接発信することができます。

キャンペーン運用と組み合わせることで、新規フォロワーを獲得できるだけでなく、商品購買の促進を図ることもできます。

Facebook

Facebookは最も多いSNSプラットフォームで、世界でのユーザーも多くいます。

実名性の高いSNSプラットフォームで、ユーザーのライフステージに合わせた広告を配信することが可能です。

30代以上のビジネスマンが多く利用しているため、ビジネス関連の情報が有効です。
日本では、利用者が減少していると言われていますが海外のユーザーは依然多く、海外ユーザーを対象にした広告を展開する際におすすめです。

Facebookでは、フィード投稿を閲覧したユーザーやフォローをしたユーザーに割引サービスを提供するキャンペーン、フィード投稿に配信する広告配信がおすすめです。

LINE

LINEは、日本国内ではコミュニケーションツールとして知名度が高く知られています。
国内のアクティブユーザーは8000万人以上と言われ、さまざまな機能が充実しています。
幅広いユーザーの獲得を目指す企業や、会員サービスを展開するサービスにおすすめのツールです。

LINEでおすすめの運用方法は、公式アカウントの開設キャンペーン配信です。
公式アカウントを開設することで、個別に情報を発信することが可能です。
公式アカウントを会員証として活用する企業もいます。

キャンペーン配信では、期間限定のクーポン券の配布や会員のお誕生日にギフト券を送るなど、さまざまな活用ができます。

 

SNSマーケティングの時間が取れないときは?

SNSマーケティングは運用後に効果が出るまで時間がかかり、ハードルが高いと感じてしまうこともあります。
マーケティングの時間が取れない時は、自社で運用するのではなくSNSマーケティングの運用に強い代行会社への依頼を検討しましょう。

SNSマーケティングに強い会社12選!【アプリ別に徹底解説】で代行会社について詳しく解説しています。

代行会社に興味のある方は是非ご覧ください

 

まとめ

・SNSマーケティングは新たなマーケティング手法として有効
・各SNSプラットフォームの特性を理解する
・運用が難しい時は運用代行への依頼を検討

SNSマーケティングを活用すると、これまでのプロモーションとは異なりユーザーに直接商品・サービスの魅力をアピールすることが可能です。
SNSアカウントを運用する目的と、目標を達成するための運用を設定して、新規顧客獲得・ユーザーの満足度向上を目指しましょう。

 

株式会社pamxyのSNS運用代行

株式会社pamxyではYouTubeをはじめ様々なSNSの運用代行を実施しております。

YouTube、TikTok をはじめとしたSNSプラットフォームの最前線で活躍するクリエイター陣が、訴求したいポイントを的確に抑えつつ、ターゲットに適したコンテンツ制作を提供します。

「フォロワー数を伸ばしたい」「SNSを通じて集客がしたい」「新商品をPRしたい」といったさまざまなニーズにお応えいたします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5