YouTube

YouTube広告の付け方と事前準備を徹底解説!!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

「好きなことで、生きていく」を体現しているYouTuberの方々の多くは、YouTubeの広告収益を得て生活しています。

しかし、YouTubeチャンネルを運用している方の中には、広告の付け方や収益化の条件を知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、YouTubeの収益化の条件・収益を受け取るためのステップ・収益受け取りに必要なもの・収益受け取りの最低額を解説します。

YouTubeで稼いでいきたい方はぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、収益化のために必要なことが分かるようになります。

 

※本記事は、YouTubeチャンネルに広告を付けたい方向けの記事です。
YouTubeに広告を出稿したい方は、「YouTube広告の出し方は?種類と出稿の手順を解説」の記事をお読みください。

 

YouTube収益化の条件とは?

YouTube収益化の条件は、以下の通りです。

1点ずつ詳しく解説します。

チャンネル登録者数が1000人以上

YouTubeに広告を付けるためには、チャンネル登録者数が1000人以上である必要があります。

これは収益化の条件の中で最も難しいです。

動画をたくさん投稿すれば、総再生時間は自然と伸びていきますが、チャンネル登録者数はそうはいきません。「このチャンネル面白いな」「もっといろんな動画が見たいな」と思ってもらえなければ、チャンネル登録者数は増えないからです。

チャンネルを伸ばすためには、細かな分析が必須になります。
YouTubeアナリティクスの見るべき最重要な5つの指標徹底解説」の記事で詳しく解説しているので、じっくりと読み、チャンネル登録者数1000人越えを目指しましょう。

過去12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

先ほども少し触れましたが、YouTubeチャンネルを収益化するためには、「過去12ヶ月の総再生時間が4000時間以上」という条件をクリアすることが必要です。

総再生時間なので、投稿したすべての動画の合計再生時間が4000時間を越えればOKです。

単純計算で考えると、10分の動画100本が、それぞれ240回ずつ再生されれば条件達成です。10分の動画が1本バズり、24,000回再生されるだけでもクリアとなります。

このように数字に表してみると、案外簡単そうですよね。動画を継続的に投稿し、広告を付けられるようになりましょう。

18歳以上であること

YouTubeチャンネルに広告を付けられるのは、原則18歳以上のユーザーのみです。

チャンネルを収益化する際に連携するGoogle Adsense(アドセンス)の規定で決まっています。

しかし、18歳未満の方が収益化を諦めるのはまだ早いです。18歳未満でも、保護者が代理で報酬を受け取ることができます。

18歳になるまでの間は保護者を代理人として立て、収益化を目指すのがおすすめです。

広告掲載に適したコンテンツであること

YouTubeでは、広告掲載に適したコンテンツのみに広告がつきます。審査で不適切と見なされたコンテンツには広告がつきません。

広告掲載に適さないトピック

  • 不適切な表現(冒とく的な表現・下品な表現など)
  • 暴力
  • アダルトコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 有害または危険な行為
  • 差別的または中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグや薬物に関連するコンテンツ
  • 銃器に関連するコンテンツ
  • 物議を醸す問題
  • デリケートな事象
  • 不正行為を助長する商品やサービス
  • 扇動的、侮辱的なコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ
  • ファミリーコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

参考:YouTubeヘルプ 広告掲載に適したコンテンツのガイドライン

詳しくはYouTubeヘルプをご覧ください。具体的な事例や自己診断ガイドが記載されており、広告コンテンツとしての是非が判断しやすくなります。

 

YouTubeパートナープログラムの参加方法

上記で紹介した収益化の条件を満たしたら、いよいよYouTubeパートナープログラムに参加し、収益を得ます。参加するためには、以下の3ステップを踏みましょう。

YouTubeパートナープログラムの参加方法

  • 収益受け取りを有効にする
  • Adsenseアカウントの作成・既存アカウントへの接続
  • 広告フォーマットの設定をする

1ステップずつ順番に説明します。

Step1.収益受け取りを有効にする

収益受け取りを有効にするためには、まずはYouTube Studioを開きます。

次に、左側のメニューバーにある「収益受け取り」をクリックします。

収益受け取りのページを開くと、下部に「申し込む」というボタンが表示されるので、クリックしましょう。

すると、「パートナー プログラム利用規約を確認する」と表示されます。「開始」をクリックし、利用規約を読んでください。利用規約の末尾にあるチェックボックスにチェックを入れ、「規約に同意する」をクリックすればStep1は完了です。

Step2.Adsenseアカウントの作成・既存アカウントへの接続

Step1が完了すると、「Google Adsenseに申し込む」と表示されます。

Google Adsenseのアカウントを作成し、紐付けを行いましょう。既にお持ちの方は紐付けを行うだけでOKです。

紐付けが完了すると、YouTube側からの審査が入ります。1ヶ月以内に審査が完了するので、結果を待ちましょう。

Step3.広告フォーマットの設定をする

審査に通ったら、広告フォーマットの設定をしましょう。

広告フォーマットは以下の4つに分けられます。ディスプレイ広告(PCのみ)以外は表示・非表示を切り替えられるので、ご自身で好きなフォーマットを選べます。

YouTube広告 広告フォーマット

各広告について、詳しく説明します。

ディスプレイ広告

パソコンのみに表示される広告で、画面右上に表示されます。今回紹介する中で、唯一表示・非表示を切り替えられません。表示必須となっています。

オーバーレイ広告

再生中の動画の下部に表示される広告です。パソコンのみで配信されます。

スポンサーカード

動画の内容に関連する商品・サービスが表示される広告です。掲載する商品を選ぶことはできません。すべての端末で表示されます。

スキップ可能な動画広告

動画再生前・再生中・再生後に流れる動画広告です。開始5秒でスキップボタンを押すことができます。すべての端末で表示されます。

 

広告収益を受け取るために必要なもの

YouTubeの広告収益を受け取るためには、アカウント名と銀行口座情報が必要です。

銀行口座情報とは、具体的には以下の5点になります。

これらの情報をGoogle Adsenseの支払いページで入力してください。

入力が完了すると、Google側から銀行口座の確認が行われます。3~5営業日以内に、指定の講座へ100円未満の金額が振り込まれます。確認が取れたら入金された金額をGoogle Adsenseの管理画面に打ち込んでください。

一連の流れが完了し、銀行口座の承認が完了すると、1週間程度で広告収益が振り込まれます。

 

広告収益を受け取るのに必要な最低額とは

YouTubeの広告収益を受け取るのに必要な最低額は8,000円です。

広告収益が8,000円未満だと、上記で説明した支払い設定を行うことができません。

まずは広告収益8,000円を目指してチャンネルを運営していきましょう。

 

まとめ

今回は、YouTubeのチャンネル運営者の方に向けて広告を付ける方法を紹介しましたが、「YouTube広告の出し方は?種類と出稿の手順を解説」の記事では広告を出稿する方に向けの情報をお伝えしています。

広告を出したい方はぜひこちらも併せてお読みください。

改めて本記事の内容をまとめるとこのようになります。

  • 収益化の条件は「チャンネル登録者数1000人以上」「過去12ヶ月の総再生時間4000時間以上」「18歳以上」「広告掲載に適したコンテンツである」の4つ
  • YouTubeを収益化するステップは、「収益受け取りの有効化」「Adsenseアの接続」「3.広告フォーマットの設定」の3つ
  • 広告収益を受け取るには、YouTubeのアカウント名と銀行口座情報が必要
  • YouTubeの広告収益を受け取るのに必要な最低額は8,000円

本記事の内容を参考に、YouTubeチャンネルの収益化を目指してみてください。

この記事が、YouTube広告の付け方を知りたい方の参考になれば幸いです。

株式会社pamxyのYouTube運用代行

pamxy

自社チャンネル80万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。

ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。

本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

まずはウェブ会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない

ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5