SNSマーケティング YouTube

登録者100万人を超えたYouTubeサムネイル作成のたった3つのルール

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

 

YouTubeの視聴回数を伸ばす上で、サムネイルはとても重要な役割をしています。とはいえ、どのようなポイントでサムネイルを作るべきか、悩んでいる方は多いと思います。

そこで本記事の前半では、なぜ効果的なサムネイルを作ることが、あなたの動画の再生回数・チャンネル登録者を獲得する上で重要なのか解説します。

後半では、視聴者が思わずクリックしてしまうYouTubeサムネイルに共通する3つのルールをご紹介します。
クリックされるサムネイルを企画することは、YouTubeを伸ばしていく上で避けては通れない道です。
この記事を読めば、サムネイルにこだわるべき理由から作り方まで理解することができます。

 

 YouTubeサムネイルとは

サムネイル画像が表示される場所

まず初めにサムネイルの説明を簡単に行います。
YouTubeで動画一覧を開くと、タイトルの横に表示されているのがサムネイルです。
ユーザはこのサムネイルを見て、動画の視聴有無を判断しています。
ここまではほとんどの皆さんが理解していると思います、ここからが本題です。

 

 なぜYouTube動画でサムネイルが大事なのか

YouTubeの仕様上、動画一覧にはサムネイルとタイトルが掲載されます。SEOの観点で考えると、検索キーワードとなるタイトルも重要になりますが、多くの動画一覧が並ぶと視覚的にサムネイルの印象から注目がいきやすい傾向にあります。
では具体的に、サムネイルはYouTube運営においてどのように活躍するのか、詳しくみていきましょう。

 

良いサムネイルは、再生回数とチャンネル者数を増やす

簡潔でキャッチーなサムネイルは、視聴者が思わず見たくなる傾向にあります。その理由は、視聴者にとって一番最初に目に留まるサムネイルだから。そして、視聴者が興味関心を持ち、サムネイルをクリックする率が増えると、次のようなメカニズムが発生するのです。

  • サムネイルのクリック率が増えると、 “視聴者が探し求めている動画=良質な動画”と認識される。
  • 良質な動画は、ブラウジング画面(YouTubeホーム画面)に「オススメ動画」として表示される。
  • また、良質な動画は関連する動画を見た視聴者に「オススメ動画」として優先的に表示される。

またこのような形で、動画が視聴者の目に留まる頻度が増えると、新規チャンネル登録者数の増加にもつながります。

つまりYouTubeの構造を考えると、サムネイルは動画の再生回数とチャンネル数増加を左右する重要な存在といえるでしょう。

編集部
サムネイルをクリックしてもらうことで視聴回数は増えます。しかし本当に大切なのはYouTubeのアルゴリズムに「サムネイルのクリック率が高い=ユーザが探し求めている動画である」と判定を受けて、YouTube自体にユーザに対して動画を優先的にオススメしてもうらう事なのです。

 

理想的なサムネイルクリック率

サムネイルクリック率とは、動画がYouTube上で表示された回数に対して、サムネイルがクリックされた回数から計算した確率を指します。

公開一週間後のサムネイルクリック率

  • 一般的:3~8%
  • 優秀:8%以上
  • 理想:10%以上

かなり高いと言われているYouTubeのアルゴリズム上、「ユーザーが求める動画」として認められるためには、サムネイルクリック率が10%を超えるとかなり高いとされています。
まずは8%以上を目標に設定し、YouTube運営をすることをお勧めします。
これは、YouTube Studioの「アナリティクス」で確認できるので、動画投稿時から注目しておくことをおすすめします。

編集部
実際に再生数が多いサムネイルを見てみると、そのこだわりには納得ができるものばかりです。もしもあなたの動画のクリック率が上がらない場合には、サムネイルをより魅力的なものになるよう改善してみてはいかがでしょうか。

 

クリックされるサムネイルの作り方

動画再生数とチャンネル登録数増加を目指すためにも、“良いサムネイル作り”は欠かせないミッションになります。では実際に、クリックされやすいYouTubeサムネイルを作るためにはどのようなポイントに気を付けるべきなのでしょうか。3つのポイントから、その秘訣を確認していきましょう。

 

“少ない文字数”でわかりやすく内容を伝える

YouTubeサムネイルは少ない文字数で分かりやすく

YouTubeサムネイルの目的は、「多くの画像の中から、探し求めている動画として選ばれること」です。そのため、単に画像だけでなく、動画の内容をイメージしやすいテキストが含まれていることが重要になります。

ただし、サムネイル上では情報を詰め込みすぎないように注意しましょう。

YouTubeサムネイルの読みやすい文字数

  • 最大でも20文字 (※2文字のサムネイルもある)

数ある動画一覧の中から動画を選ぶ場合、一瞬のインパクトが必要となります。すると長すぎる文章の場合、一瞬で読むのが難しくなり、スルーされてしまうのです。

編集部
サムネイルに含まれるテキストは、いわば「キャッチコピー」です。より少ない文字数で、いかに視聴者の心をつかむかが勝負どころとなるでしょう。

 

フォントは大きく!インパクトを与える

YouTubeサムネイルはフォントは大きく

YouTubeサムネイルを作る際、いくら素晴らしいフレーズを画像に組み込んだとしても、それが一瞬の判断でインパクトを与えるものでなければなりません。そのため、画像に組み込むフォントを選ぶ際には、次のポイントに注意しましょう。

 

画像の印象とフォントイメージを合わせる

インパクトの重要性が問われるサムネイル作りでは、画像のイメージからも動画の内容が伝わることが重要となります。またその画像とフォントのイメージが調和していなければ、違和感を感じてしまうこともあるでしょう。

 

背景の色と、文字の配色を整える

サムネイルの文字は、背景にかぶるように表記することが多くなることでしょう。その際、背景の色と文字の色が似すぎている場合、文字が目立ちにくくなる可能性があります。
特に物や景色は広がっている背景の場合、様々な色があり、文字が目立ちにくくなる可能性があるので注意が必要です。

ただし背景と文字の色に極端な差が出てしまうと、ちぐはぐな印象を与えてしまうこともあります。

 

右下のタイムインジケーターと文字が被らないように

YouTubeサムネイルは人の画像入れる

YouTube動画には、動画の再生時間を示す「タイムインジーター」が設定されています。
動画一覧にサムネイルが並ぶ場合、このタイムインジーターがサムネイルの右下に設定されるのです。

そのため、右下に文字がある場合、タイムインジーターと被って読めなくなってしまいます。実はこれ、YouTube運用では珍しくない失敗なのです。せっかくの文字が見えなくなってしまわないよう、画像のバランスもみながら配置しましょう。

 

人の写真を入れる

YouTubeでは、「誰から発信された情報なのか」も動画再生につながる重要なポイントになります。特にYouTube企業アカウントの場合、情報発信者がサムネイルに度々現れることで、「信頼できる人物の動画」として認識されることも大切です。

編集部
YouTubeサムネイルを作る前に、まずは関連動画や再生回数の多い動画のサムネイルをよく参考にしてみてください。成功している動画のサムネイルを見ることで、YouTubeサムネイル作りの黄金ルールを自然とつかめるようになることでしょう。

同じジャンルの人気動画のサムネイルを参考にする

YouTubeにおいて同じジャンルかつ人気の動画のサムネイルには共通しているパターンがあるため参考にすると良いでしょう。
例えば商品レビュー・比較動画では一部単色背景のサムネイルとシンプルなものが多い傾向があります。
注意点は全ての要素を参考にするのではなく大事な要素のみを参考にすることです。

 YouTubeサムネイルの設定方法

実際にYouTubeサムネイルを設定するためには、どのような点に気を付けるべきなのか、基本もしっかりと押さえておきましょう。

YouTubeサムネイルは、動画をアップロードする「YouTube Studio」から設定することができます。その際、2つの設定方法があります。

  • カスタムサムネイルを設定する【推奨】
  • セレクトサムネイルを設定する

この2つの設定方法と特徴を確認していきましょう。

 

セレクトされたサムネイルを設定する

YouTube Studioには、アップロード動画から視聴者が反応しやすい場面をセレクトして自動で作成する機能が備わっています。そのようにYouTube側が自動で作成した3つのサムネイルからセレクトして設定する方法をご紹介しましょう。

 

【推奨】カスタムサムネイルを設定する

カスタムサムネイルとは、自身で作成したサムネイルのことをいいます。
現状、YouTubeが自動作成したサムネイルではなく、サムネイルの作成のコツを考えながら自身で作成したサムネイルの方がクリックされやすいといわれています。

またカスタムサムネイルはYouTube Studioの「カスタムネイル」が有効になっていないと設定ができません。そのためまずは、カスタムサムネイルが設定できるようにアカウントを確認する方法からご紹介しましょう。

 

アカウントの確認方法

1. YouTube Studioの「設定」をクリック
2. 「チャンネル」のタブを開き、「ステータスと機能」をクリック
3. 「カスタムネイル」が有効になっていることを確認

 

カスタムネイルの設定方法

1. YouTube Studioの「動画」をクリック
2.投稿動画一覧から「詳細」をクリック
3.「サムネイル」から「サムネイルをアップロード」をクリック
4.パソコンに保存されている画像を選択し、「保存」

 

セレクトサムネイルの設定方法

1.YouTube画面の右上「クリエイターツール」から「動画の管理」をクリック
2.投稿動画一覧から「編集」をクリック
3.表示された3つのサムネイル候補から好きなサムネイルをクリック
4.画面下部の「変更を保存」クリック

 

YouTubeサムネイルの設定条件

YouTubeサムネイルを設定する際、画像のサイズやファイル形式にも注意をする必要があります。

 

サムネイルの大きさ

YouTubeの公式ヘルプによると、次のようなサムネイルの大きさが推奨されています。

  • アスペクト比:横16:縦9
  • 推奨解像度:横1280×縦720

サムネイル画像が小さかった場合、画像が荒くなってしまう可能性があります。そのため、特別なこだわりがない限りは、推奨サイズで作成することをおすすめします。

編集部
サムネイルは作った後にサイズ調整をすると、作った時と見え方が変わってしまう場合があります。そのため、できる限り推奨サイズ比を意識してサムネイルを作成するとよいでしょう。

 

サムネイル画像ファイル形式

YouTubeの設定上、サムネイルの画像は次のファイル形式のみアップロードが可能です。

  • JPG
  • GIF
  • PNG
  • BMP

またこれらのファイルは、「2MG以内」であることが条件となります。

 

まとめ

より多くの人に見てもらいたいYouTube企業アカウントにとって、再生回数や登録者数を左右するサムネイル作りはとても重要なミッションとなります。作り方のコツや再生回数の多い動画を参考にしながら、人を惹きつける魅力的なサムネイルを作ってみてください。

また動画アップロード後、定期的にアナリティクスを確認して、サムネイルのクリック率を確認することも、より良いサムネイル作りにつながる大事な役割となることでしょう。

 

株式会社pamxyのYouTube運用代行

株式会社pamxyでは、YouTubeの企画から撮影、編集までを一気通貫で代行するYouTube運用代行サービスを行っています。

自社チャンネル100万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。
ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にお問い合わせフォーム よりご相談ください。
まずはウェブ会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

・どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない
・記事を読んだが、YouTubeのサムネイルやアルゴリズムについて不明点が多い
・YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
・YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない

 

お問い合わせフォーム

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5