SNSマーケティング YouTube

YouTube広告代理店5社を徹底比較!費用の相場や選び方も解説 

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

あらゆるジャンルの動画を気軽に視聴できることから、幅広い年代層に支持されているYouTube。

動画広告を運用してターゲットに効率的にリーチし、集客を成功させている企業も増えています。

しかし、自社でYouTubeの広告制作や運用をするとなると、そう簡単なことではありません。

本記事では、おすすめのYouTube広告代理店を5社厳選してご紹介しています。

また、運用代行を利用するメリットや運用手数料など、広告代理店の利用を検討するうえで役立つ情報を記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

YouTube広告運用の特徴

YouTubeはGoogleと連携したサービスのため、YouTube広告を運用すれば相乗効果で多くの集客が期待できます。

また、細かなターゲティング設定が可能なので、年齢や居住地域など、親和性の高いユーザーに自社商品やサービスを宣伝しやすいことが特徴です。

YouTube広告の費用は、基本的にオークション形式で決まるため、毎回変動します。広告枠を他社と競り合って入札し、課金条件を満たした時に料金が発生する仕組みです。

これらの広告運用の特徴を踏まえたうえで、次章ではYouTube広告の種類について見ていきましょう。

 

YouTube広告の種類

広告代理店の利用を検討するうえで、基礎知識としてYouTube広告の種類とそれぞれの特徴を知っておくと導入の際もスムーズです。

ここでは、下記の5種類のYouTube広告について説明していきます。

  1. インストリーム広告
  2. ディスカバリー広告
  3. オーバーレイ広告
  4. バンパー広告
  5. ディスプレイ広告

費用の目安についても言及していますので、動画広告の予算を決める際の検討材料にしてみてください。

1.インストリーム広告

インストリーム広告は、動画の冒頭や途中、終了時などに流れる広告で、視聴者の目を惹きやすいことがメリットです。

YouTubeでお馴染みのスキップ可能な動画広告と、スキップ不可のものと2種類あります。

インストリーム広告特徴課金方式

費用相場

スキップ可能・最初の5秒は必ず流れる

・30秒以上動画が流れた時に費用が発生

・スキップされた場合は費用はかからない

クリック課金方式

2~20円

スキップ不可1~20秒流れる動画広告

・スキップ機能はなし

インプレッション課金方式

1,000回表示/

50~500円

スキップ可能な動画広告は、最初の5秒は必ず流れるため、商品やサービスに興味のある潜在顧客にリーチできます。

スキップ不可の動画広告に関しては、視聴者から全部見てもらえる可能性が高いため、自社ブランドの認知度拡大に効果的です。

2.ディスカバリー広告

関連おすすめ動画や検索画面などに表示されるディスカバリー広告は、ユーザーの視界に入りやすいです。

また、自動的に流れてくる動画ではないため、興味のある視聴者のみがクリックをすることが特徴です。

購買行動に結びつく可能性が高い広告であり、大きな費用対効果が見込めます。

【費用の相場】

  • クリック課金:3~30円

3.オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、動画の下方に覆うように表示される、YouTubeで唯一の静止画広告です。

自然と目に留まるためインパクトがあり、ユーザーの記憶に残りやすいと言えるでしょう。

視聴者は広告を消すことができ、30秒以上表示された場合に課金されます。

【費用の相場】

  • クリック課金:3~30円
  • インプレッション課金:1,000回表示ごとに50~500円

4.バンパー広告

動画の冒頭で動画広告を配信できるバンパー広告は、ユーザーも飽きずに視聴できる6秒という短さが特徴です。

視覚的に印象に残る動画広告でユーザーの心を掴めれば、自社商品・サービスの認知度の向上が期待できます。

【費用の相場】

  • インプレッション課金:1,000回表示ごとに50~500円

5.ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、関連おすすめ動画の上に表示されるタイプの広告です。

リンク先には自社サイトやLPなどが設定可能なため、売上にも直結しやすくなります。

【費用の相場】

  • クリック課金:2~20円
  • インプレッション課金:1,000回表示ごとに50~500円

 

動画広告代理店を利用するメリット

YouTube広告を自社で制作・運営せずに、広告代理店にまかせたほうがいいのはなぜでしょうか。

ここでは、動画広告代理店を利用するとどんなメリットがあるのかをご紹介します。

ノウハウがあるため成果が出やすい

自社で動画広告を作成・運用しようとすると、新たにチームを結成するなど大がかりな準備が必要です。

また、知識が乏しい場合は、軌道に乗せるまでに時間がかかってしまいます。

一方で、広告代理店には豊富な知識や分析力があるため、短期間の運用で成果につながりやすいことがメリットです。

広告代理店では、各広告入札費用の相場をはじめ、商品・サービスに応じて効果的な広告の種類を熟知しています。

手数料を支払っても、結果的に費用対効果を上げられることが多いです。

リソース不足をカバーできる

YouTube動画広告を運用するに当たって、自社では人手不足で手が回らない場合もあるでしょう。

エキスパートに頼むことで、自社業務に支障をきたさずに済みます。

スムーズな流れで動画広告の運用が開始できるのも嬉しいポイントです。

質の高いクリエイティブを維持できる

広告代理店はさまざまなメディアと精通しているため、動画を制作するにしても多くのチョイスがあります。

また、実力のあるクリエイターが動画制作に携わることにより、高品質な動画広告が作れます。

ターゲットユーザーの興味を惹きやすいクリエイティブを維持できるのも魅力と言えるでしょう。

 

YouTube広告代理店の費用相場

広告代理店でYouTube広告の制作を依頼するとなると、一般的には初期費用3~5万円に加え、広告費+運用手数料が必要です。

運用手数料は、月額にかかるYouTube広告動画費用の20%が相場となっています。月額広告費が100万円の場合は、手数料が20万円程度かかると考えておきましょう。

広告費に関しては、自社の予算に応じて金額設定が可能です。

また、クリエイティブ制作費は、広告の種類や長さにもよりますが5~60万程度の予算は必要になります。

自社でクリエイティブを用意する場合は、広告代理店に運用だけを依頼しても問題ありません。

 

YouTube広告代理店の選び方 5ポイント

YouTube広告を取り扱う広告代理店には、それぞれ違った強みやサービス、条件などがあります。

いざ、広告の制作や運用を依頼するとなると、どの会社を選ぶべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

この章では、YouTube広告代理店の選び方のポイントを詳しく解説していきます。

YouTube広告の制作・運用実績はあるか

インターネット関連の広告代理店と言っても、YouTube動画広告に関しては実績が少ない会社もあるので注意が必要です。

ホームページでYouTube広告の実績例を確認し、広告のセンスやイメージも把握しておきましょう。

また、YouTube広告の運用には対応していても、広告動画制作の依頼ができないケースもあります。クリエイティブの制作から頼みたい場合は、事前に対応可能かどうかをチェックすることが大切です。

担当者のコミュニケーション力が優れているか

いくら料金が安くても、担当者がしっかりしていなければ長期的な広告運用を依頼するのは難しくなります。

連絡はスムーズか、丁寧な対応か、人柄はよいかなど、総合的に信頼できる担当者かどうかを判断しましょう。

予算に合う料金体系か

広告代理店によっては、広告動画の料金形態が異なるケースもあります。

例えば、初期費用は無料の会社をはじめ、広告手数料は固定、細かなオプション費用があるところなど、さまざまです。

特に動画広告の制作も頼む場合は費用も大きくなるため、複数の会社から見積もりを取るのがおすすめです。

料金を比較したうえで、自社の予算に合う広告代理店を選びましょう。

運用状況やアカウントがオープンか

広告代理店によっては、ノウハウの共有をしない方針の会社もあります。

すべて丸投げはできるものの、YouTube広告の運用状況が不透明で、インハウス化にはつなげにくいのがデメリットです。

将来的に自社運用を考えている場合は、アカウントの開示をはじめ、運用状況をオープンにしてくれる良心的な広告代理店を厳選しましょう。

さらに、YouTube広告運用のインハウス化サポートプランもあると、スムーズに自社運営に切り替えられます。

解約条件は納得できるか

YouTube広告運用代行を申し込んだものの、途中で解約したいケースもないとは限りません。

YouTube動画広告の運用期間は3~6ヶ月のところが多く、その後は自動的に延長されます。

広告代理店の中には、途中解約をすると違約金が発生するところもあるため、事前に解約条件を確認するようにしましょう。

 

おすすめのYouTube広告代理店5選

ここまでの説明を踏まえたうえで、実際に広告代理店として、注目度の高い会社を知りたい方も多いのではないでしょうか。

ここからは、YouTube広告に強いおすすめの広告代理店をより選ってご紹介していきます。

実績、最低予算、サポート体制、インフルエンサー利用、他事業の5つの視点から評価していますので、ぜひYouTube広告代理店選びの検討材料にしてください。

株式会社pamxy

pamxy YouTube運用代行

自社YouTubeチャンネル『あるごめとりぃ』を、わずか2年で登録者数80万人まで伸ばした実績を持つ『株式会社pamxy』。

TikTokも運用していて、自社アカウントの累計フォロワー数は約33万人という人気を誇ります。

テレビ局で経験を積んだプロフェッショナルスタッフをはじめ、豪華なクリエイター陣が集結している会社です。

YouTubeチャンネルのコンセプト設計から動画制作、運用代行、広告制作と幅広くサポートしています。

自社YouTubeチャンネルを成功に導いたノウハウを活かし、視聴者の心を掴む広告の制作・運用に取り組んでいます。

 

編集部
株式会社pamxyは、テレビとYouTubeの世界観を融合して多くの視聴者を獲得した実績があるため、ニーズに合った広告制作・運用が期待できます。

【評価】総評 ☆☆☆☆

  • 実績 5
  • 最低予算  4
  • サポート体制 5
  • インフルエンサー利用 3
  • 他事業 4

 

株式会社リスティングプラス

リスティング広告において高い実績を誇る『株式会社リスティングプラス』。

YouTubeと他の広告を合わせて集客することを得意としています。これまでに培ってきたノウハウを駆使して、平均広告視聴単価は3から4円と安く抑えていることも特徴です。

また、インハウス化のサポート体制も整っているため、自社で動画広告の運用を検討している企業にとっても利用しやすいでしょう。

 

編集部
自社サイトやランディングページと連動させてYouTube広告を運用したい企業とは、大変相性のよい広告代理店です。
       

 【評価】総評 ☆☆☆☆

  • 実績 5
  • 最低予算 3
  • サポート体制 5
  • インフルエンサー利用 2
  • 他事業 5 

株式会社ウルクス

株式会社ウルクスのプレスリリース|PR TIMES

『株式会社ウルクス』は、アパレルや美容、Webサービスなどさまざまな業種の動画制作の実績を持つ広告代理店です。

テンプレートの品ぞろえが豊富なので、業種や目的に合わせた動画が制作できます。

初期費用はなしで、動画制作は30万円からとリーズナブルな価格設定も魅力です。

運用費用は広告配信費用の20%で、広告費100万円からサポートしています。

 

編集部
さまざまな業種の動画制作に対応しているので、ニッチな分野の商品やサービスにおいても利用しやすいでしょう。

【評価】総評 ☆☆☆

  • 実績 4
  • 最低予算 3
  • サポート体制 4
  • インフルエンサー利用 2
  • 他事業 3

株式会社ユニアド

リスティング広告運用代行 | 株式会社ユニアド

最低契約期間なしで、スポット利用も相談できる『株式会社ユニアド』。

初期費用は5万円、運用費は20%と平均的な価格設定です。

実績例によるとYouTubeインストリーム広告の視聴単価は4円程度、ディスカバリー広告の登録単価は240円程度と比較的安く抑えられています。

きめ細やかなヒアリングを実施していて、ニーズに合わせた広告フォーマットを提案し、広告の最適化を実現する広告代理店です。

 

編集部
お試し的にYouTube広告を運用することが可能で、最低契約期間がないため解約が必要な際もスムーズです。

【評価】総評 ☆☆☆☆

  • 実績 3
  • 最低予算 4
  • サポート体制 4
  • インフルエンサー利用 2
  • 他事業 5

株式会社アイビス

株式会社 アイビスの採用/求人 | 転職サイトGreen(グリーン)

総合広告代理店の『株式会社アイビス』は、ディスプレイ広告やリスティングなども併用し、効果的にターゲットにリーチする手法を提案しています

広告費10~20万までは運用手数料5万円なので、低予算でも始めやすいことが特徴です。

広告費25万円以上からは運用手数料は20%となり、予算に合わせたブランディング戦略を行っています。

 

編集部
1日3,000円程度の低予算でYouTube広告を運用したい中小企業でも、気軽にスタートしやすいプランが魅力です。

【評価】総評 ☆☆☆

  • 実績 2
  • 最低予算 4
  • サポート体制 4
  • インフルエンサー利用 2
  • 他事業 4

 

まとめ

本記事の内容をまとめると以下の様になります。

  • YouTube広告費はオークションで決まり、予算は自社で設定できる
  • 広告代理店を利用すると、効率的にターゲットにリーチできて費用対効果を上げられる
  • YouTube広告の運用手数料の相場は広告費の約20%
  • 広告代理店はYouTube運用実績がある会社を選ぶ

YouTubeの広告制作・運用におすすめの広告代理店を厳選し、5社ご紹介してきました。テレビにも負けない影響力を持つYouTubeは、現代の企業ブランディング戦略には欠かせないプラットフォームです。

いかに魅力的な動画広告を制作して運用できるかが、集客の成功に導くキーポイントとなります。YouTube広告に関しては競争も激化しているのが現状です。知識と経験が豊富な広告代理店の運用代行を検討し、費用対効果を上げていきましょう。

 

 

pamxy YouTube運用代行

株式会社pamxyでは、YouTubeチャンネル運用代行・YouTube広告運用代行を行っていいます。

「認知度・ブランディングを高めたい」「YouTubeを活用してターゲット層にリーチさせたい」「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお答えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5