SNSマーケティング YouTube

YouTubeのインプレッション数を増やすたった5つのSTEP‼︎実例とともに解説‼︎

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

インプレッションは、YouTubeを伸ばす上で欠かせない要素です。

しかし、インプレッションの意味や改善方法が分からない方は少なくありません。

そこで本記事では、YouTubeにおけるインプレッションの定義や見方・改善方法を画像付きで解説します。

インプレッションに伴う重要な指標も併せて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、YouTubeのインプレッションについて理解でき、実際に改善できるようになります。

YouTubeのインプレッションとは?

YouTubeのインプレッションとは、YouTube動画のサムネイルがユーザーに表示された回数のことです。また、ユーザーに表示された回数であるインプレッションは、YouTubeが自分の動画をどのくらいおすすめしているかがわかる数値でもあります。

インプレッションは、以下の条件に基づいてカウントされます。

インプレッションがカウントされる場合インプレッションがカウントされない場合
  • パソコン、テレビ、ゲーム機、Android、iPhone、iPad での YouTube
  • YouTube 検索
  • YouTube トップページ
  • YouTube フィード(登録チャンネル、急上昇、履歴、後で見る)
  • 動画プレーヤーの右側にある [次の動画](自動再生を含む)
  • 再生リスト
  • 外部ウェブサイトやアプリ(youtube.com 以外にあるリンクや埋め込み)
  • YouTube モバイルサイト
  • YouTube Kids アプリ
  • YouTube Music アプリ
  • 動画プレーヤー内のコンテンツ(カードや終了画面)
  • メールやプッシュ通知
  • バックグラウンド タブで再生される動画(非表示のインプレッション)
  • サムネイルの表示が 50% 未満または 1 秒未満の動画
  • TrueView ディスカバリー広告

引用:YouTubeヘルプ - インプレッション数とクリック率を確認する

ムネイルの表示が50%未満または1秒未満の場合や、YouTube外・YouTubeモバイルサイトでサムネイルが表示された場合はインプレッションにカウントされません。

 

インプレッション数の見方

インプレッション数の見方を、画像付きで紹介します。

記事を読みながら、あなたの動画のインプレッション数を確認してみてください。

STEP.1 YouTube Studioを開く

YouTubeを開き、画面右上の自分のアイコンをクリックし、メニューの中から「YouTube Studio」を選択します。

 

STEP.2 コンテンツを開く

画面左側に表示されるメニューの中から「コンテンツ」をクリックします。

STEP.3 アナリティクスを開く

YouTubeアナリティクスを開きたい動画の「アナリティクス」をクリックします。

 

STEP.4 「リーチ」タブを開く

画面上側の「リーチ」をクリックし、リーチタブを開きます。

 

STEP.5 インプレッション数をチェックする

画面左上にインプレッション数が表示されます。

 

 

YouTubeのインプレッションに伴う重要な指標

インプレッションは、YouTubeからのおすすめ度を表す重要な指標です。

しかし、「インプレッションが増える=動画を見てもらえる」というわけではありません。

動画を見てもらうためには、以下の指標もチェックする必要があります。

YouTubeのインプレッションに伴う重要な指標

  • クリック率
  • 視聴回数
  • ユニーク視聴者数

それぞれ詳しく解説します。

クリック率

クリック率とは、インプレッションの内動画がクリックされた割合のことです。

サムネイルやタイトルが魅力的であるほど、クリック率も上がります。

ンプレッション数が多くても、クリックされければ動画は見てもらえません。魅力的なサムネイルとタイトルを作成し、クリック率向上を目指しましょう。

視聴回数

視聴回数とは、動画が視聴された回数のことです。

視聴回数としてカウントされる最低再生時間は公表されていません。

インプレッションが増えても、視聴回数が増えなければ意味がありません。各指標を重視しすぎて、目的を見失うケースが多々あります。動画の視聴数を増やすことが目的であることを忘れないようにしましょう。

ユニーク視聴者数

ユニーク視聴者数とは、動画を視聴したユーザーの数です。

視聴回数とは違い、1人の視聴者が複数回再生した場合、ユニーク視聴者数のカウントは増えません。

つまり、1人が20回動画を再生した場合のユニーク視聴者数は1人、20人が1回ずつ動画を再生した場合のユニーク視聴者数は20人になります。

YouTubeアナリティクスについてより詳しくは「アナリティクスの見るべきポイントと改善の仕方を徹底解説」で解説しています。ぜひ併せてお読みください。

 

YouTube動画のインプレッション数を増やすための5STEP

インプレッション数は、クリック率と総再生時間の評価で決まります。インプレッションを増やすためには、以下の5STEPを踏みましょう。

インプレッション数を増やす5STEP

  1. サムネイルを見直す
  2. タイトルを見直す
  3. 視聴維持率を改善する
  4. 高頻度で動画を投稿し続ける
  5. Shorts動画を投稿する

1STEPずつ詳しく解説します。

STEP.1 サムネイルを見直す

視聴者の目に留まるような魅力的なサムネイルは、クリック率を伸ばします。

そして、クリック率の高い動画は“視聴者が探し求めている動画=良質な動画”と認識され、YouTubeでおすすめ動画として表示される回数が増えます。つまり、インプレッション数が増加します。

公開一週間後のサムネイルクリック率は、3~8%が一般的で、8%以上が優秀だとされています。理想は10%以上です。

まずはクリック率8%を目指し、魅力的なサムネイルを作成しましょう。

サムネイルのクリック率を上げるコツについて詳しくは「登録者100万人を超えたYouTubeサムネイル作成のたった3つのルール」で解説しています。ぜひ併せてお読みください。

STEP.2 タイトルを見直す

サムネイルだけでなく、タイトルもクリック率を伸ばす要素となります。

思わず視聴者がクリックしたくなるようなタイトルを付けましょう。

動画の内容がひと目で分かることはもちろん、数字などを用いて具体的な内容を示すことが重要です。

以下のタイトルを比べてみましょう。

  • 肩こりを治す方法
  • 肩こりを治すたった1つのストレッチ【2分でできる】

具体性を持たせた2つめのタイトルの方がクリックしたくなるのではないでしょうか。

サムネイルとのバランスも考えながら、魅力的なタイトルを付けてみてください。

STEP.3 視聴維持率を改善する

総再生時間の長い動画は、YouTubeに“視聴者の需要を満たす動画=良質な動画”と認識され、おすすめ表示されやすくなります。それに伴ってインプレッション数も伸びます。

総再生時間を伸ばすためには、視聴維持率を上げることが重要です。

視聴者維持率とは、動画がどこまで再生されたかを示すデータのことで、10分の動画が5分再生されたら視聴維持率は50%と計測されます。

アナリティクスで視聴者維持率が下がっているポイントを確認し、改善しましょう。

視聴維持率は、40%が一般的で、60%以上が理想とされています。まずは平均の40%を目指すのがおすすめです。

STEP.4 高頻度で動画を投稿し続ける

最新の動画を常に生み出し続けることで、総再生時間が多くなります。

できれば毎日、最低でも週に1度は動画を投稿しましょう。視聴者数を増やすためには、投稿時間や投稿頻度を揃え、視聴者の習慣に入り込むことも重要です。

STEP.5 Shorts動画を投稿する

Shorts動画は、従来のYouTube動画よりインプレッションが伸びやすくなっています。チャンネル登録者数や動画の総再生回数といった要素が、Shorts動画の表示アルゴリズムに関わってこないからです。

駆け出しのチャンネルこそ、積極的にShorts動画を投稿してみましょう。

Shorts動画の投稿ルール

  • 60秒以内であること
  • 縦横比9:16であること
  • タイトルに「#Shorts」を含むこと

 

まとめ

本記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • インプレッションとは、動画のサムネイルがユーザーに表示された回数のこと
  • サムネイルの表示が 50% 未満または 1 秒未満の場合はインプレッションにカウントされない
  • インプレッション数はYouTubeアナリティクスから確認できる
  • インプレッションに伴う重要な指標は「クリック率」「視聴回数」「ユニーク視聴者数」の3つ
  • インプレッション数は、クリック率と総再生時間の評価で決まる
  • サムネイルとタイトルを見直すことでクリック率を向上できる
  • 視聴維持率の改善や高頻度での動画投稿、short動画の投稿によって総再生時間を伸ばせる

記事の内容を参考に、YouTube動画のインプレッションを伸ばしてみましょう。

 

 

株式会社pamxyでは、YouTubeの企画から撮影、編集までを一気通貫で代行するYouTube運用代行サービスを行っています。

自社チャンネル100万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。
ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にお問い合わせフォーム よりご相談ください。
まずはウェブ会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

・どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない
・記事を読んだが、YouTubeのサムネイルやアルゴリズムについて不明点が多い
・YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
・YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない

 

お問い合わせフォーム

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5