SNSマーケティング Twitter

Twitter運用の5つのコツを徹底解説!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

「自社でTwitterアカウントを運用したいが、何から手を付ければ良いか分からない。」

このようにお悩みの広告担当者様は多いのではないでしょうか。

Twitter初心者の方がいきなりアカウント運用で成果を出すことは非常に難しいです。
しかし、運用のコツさえ知っていれば効果的な運用を進めることが可能になります。

そこで本記事では、『Twitterアカウント運用のコツ』を5つご紹介します。運用のメリット4つ注意点4つも解説しますので、ぜひあわせてご確認ください。

この記事を読めば、Twitterアカウント運用のコツを学ぶことができ、良好なスタートを切ることができます。

Twitterアカウント運用のメリット

Twitterアカウント運用のメリットは、以下の4点が大きいです。

Twitterアカウント運用のメリット

  • 自社の認知度を向上できる
  • 他のSNSより広く情報を拡散できる
  • 情報をリアルタイムで伝えることができる
  • ユーザーの意見を知ることができる

それぞれ詳しく説明します。

自社の認知度を向上できる

Twitterアカウントを運用すると、自社の認知度を向上することができます。リツイート機能があるため、他のSNSよりも拡散性が高いからです。

商品とは関係のないツイートであっても、話題を集めさえすれば幅広いユーザーの関心を引くことができます。

また、発信内容が魅力的であれば、認知度向上だけでなく企業のイメージアップや購買意欲向上にもつながります。

他のSNSより広く情報を拡散できる

Twitterは、他のSNSより広く情報を拡散できる点がメリットです。

他のSNSと比べて一つの投稿がシェア(リツイート)されやすいため、フォロワーのフォロワーや、その先のユーザーにも情報が届きやすくなっています。

また、Twitterは検索性の高さも魅力です。トレンドにあわせたキーワードを組み込んでツイートをすることで、キーワード検索をしたユーザーにツイートを届けることができます。

情報をリアルタイムで伝えることができる

Twitterは、ツイート画面に「いまどうしてる?」と表示されることから分かるとおり、リアルタイムでの情報発信に特化したSNSです。

自社商品に関連した新情報を発信したり、季節・気候に応じた情報を流したりできるでしょう。世間で話題になっている情報を発信することもできます。

このように、情報をリアルタイムで伝えられるのはTwitterならではのメリットです。

ユーザーの意見を知ることができる

Twitterアカウントを運用すると、ユーザーの意見を知ることができます。リプライやメンションで意見が届いたり、商品名・企業名が含まれたツイートを検索して見つけたりできるからです。

なかには厳しい意見もありますが、基本的には企業にとってプラスになるよう考えてのものです。そのため、真摯に受け止めることで商品の改善にもつながるでしょう。

また、Twitterはユーザーに対して直接コメントを返すことも可能です。そのため以下のように言われています。

コメント返しをすると愛着・好感度が増し購買につながる傾向があるため、売上アップやブランディングにもつなげることができます。

企業の公式Twitterアカウントに、リツイート・返信されたら嬉しいユーザーは9割以上!【コムニコ調べ】より引用

Twitterアカウント運用5つのコツ

Twitterアカウントを効果的に運用するためには、下記の5点を実施しましょう。

Twitterアカウント運用のコツ

  • アカウント運用の目的を明確にする
  • Twitterアナリティクスを利用する
  • 無料分析ツールを利用する
  • ユーザーと積極的な交流を行う
  • Twitterキャンペーンを活用する

順番に詳細を解説します。

1.アカウント運用の目的を明確にする

Twitterアカウントを運用する際は、あらかじめ目的を明確にしましょう。

目的なく運用した場合、効果検証に時間が掛かったり、費用対効果に見合わない運用になったりと満足のいく成果を出せない可能性もあります。

Twitterアカウントの目的がフォロワー増加なのかウェブサイトへの誘導なのかなど、社内で協議し決定してください。

運用の目的と方針の一例が以下になります。

目的方針
フォロワー増加新規フォロワーを増やすようなキャンペーンを行う。
ウェブサイトへの誘導ターゲット層の興味を引く画像、動画コンテンツの制作を行う。

以上から、目的が異なると方針が全く違ったものになることがわかります。

運用を進めながら課題をもとに運用の方針を改善していけるとなお良いでしょう。

2.Twitterアナリティクスを利用する

アカウント運用の際には、誰でも無料で使えるTwitterアナリティクスが役立ちます。Twitterアナリティクスではツイートのユーザーへの表示数や、ユーザーからのアクションのが中心となっており、自社の人気投稿が把握できます。>>Twitterアナリティクスについてより詳しくはこちら

しかし、Twitterアナリティクスのみを参考に具体的な施策を練ることは難しいです。

Twitterアナリティクスはあくまで「アカウントの成長度合い」を調べるためのツールであり、性別や年齢といったフォロワーの属性を確認できません。また、競合他社のツイートの分析もできません。

Twitterアカウントの運用で成功するためには、さまざまな分析や効果検証を何度も繰り返しノウハウを貯め、それを応用していく必要があります。

3.無料分析ツールを利用する

より充実したアカウント分析を行うためには、Twitterアナリティクスに足りない要素を補ってくれる分析ツールを使いましょう。以下で、無料分析ツールを3つ紹介します。

自社の投稿管理、分析ツール:socialdog

socialdog

sociadogは、株式会社AutoScaleが提供する投稿管理・分析ツールです。

70万以上のTwitterアカウントで活用されています。

socialdogの特徴

  • 30種類のフィルターでフォロワーを管理できる
  • 指定した日時に予約投稿・リツイートができる
  • 複数人で同一アカウントの管理画面を利用できる

個人向けのLiteプラン(無料)から企業向けのBusinessプラン(9,800円/月)まで、4種類のプランが用意されています。

アカウントの現状や運用目的に合わせてプランを使い分けてみてください。

socialdogホームページ

自社と競合のアカウント分析ツール:whotwi

whotwi

whotwiは、株式会社AutoScaleが提供する自社と競合のアカウント分析ツールです。

whotwiの特徴

  • 登録不要で誰でもすぐに利用できる
  • アカウントIDを打ち込むと1~5分で分析結果が出る
  • フォロワー属性・ツイートの傾向などの、アカウント状況が分かる

自社アカウント・競合アカウントの両方を分析することで、両者の共通点や違いを見つけられるでしょう。

無料で利用できるので、活用しない手はありません。

whotwiホームページ

トレンド、キーワードの分析ツール:ツイプロ

ツイプロ

ツイプロは、株式会社S21Gが提供するトレンド・キーワードの分析ツールです。

ツイプロの特徴

  • 登録不要で誰でもすぐに利用できる
  • キーワードを入力するだけで関連するアカウントを発見できる
  • アカウントのフォロワーマップや人気のツイートもチェックできる

競合アカウント探しに苦戦している方は活用必須です。無料で利用できるので、試しに使ってみてもいいでしょう。

ツイプロホームページ

4.ユーザーと積極的な交流を行う

Twitter上で人気のアカウントは、どれも共通してユーザーの心をつかむのが上手です。近い距離でのやり取りによってファンを増やしています。

実際に、企業の公式Twitterアカウントからリツイート、返信、いいね!に対しては、約9割以上のユーザーが好意的に捉えています。

企業の公式Twitterアカウントに、リツイート・返信されたら嬉しいユーザーは9割以上!【コムニコ調べ】より引用

以下で、積極的な交流によって運用に成功しているアカウントを3つ見ていきましょう。

1)サントリーほろよい部


約18万人以上のフォロワーを抱えるサントリーほろよい部(@horoyoi_suntory)。

ほろよいの口コミに対して、定期的に引用リツイートで反応しています。

口コミに返信することで、商品・企業に対して愛着を持ってもらうことが第一の目的でしょう。

さらに、通常の返信ではなく引用リツイートで返信することで、ユーザーに「私も引用リツイートで紹介されたい!」と感じさせることにも成功しています。

2)食べチョク


食材やお花の国内産直通販サイト「食べチョク(@tabechoku)」は、2.3万人ものフォロワーを抱えています。

ユーザーとの交流方法は、引用リツイート。購入者のツイートに、お礼コメントを添えて引用リツイートすることで、購入者の生の声を他のユーザーが参考にできるようにしています。

3)Huluカスタマーサポート


動画配信サービスHuluのカスタマーサポート(@Hulu_JPSupport)は、映画・ドラマの配信の要望を固定ハッシュタグ「#Huluお願い」で随時受け付けています。

要望がかなった際には、リクエストユーザーへの報告と共に告知を行っています。

「要望を聞いてもらえた」という信頼感を創出するとともに、配信した映画・ドラマの閲覧数を向上できる画期的な方法と言えるでしょう。

5.Twitterキャンペーンを活用する

Twitterアカウントを効果的に運用するためには、Twitterキャンペーンも有効です。

Twitter社の定めるキャンペーン実施のガイドラインに沿って、以下のキャンペーンを実施しましょう。

① インスタントウィン、その場で当たる


インスタントウィンとは、その場ですぐに当落がわかるキャンペーンのことです。

フォロー&リツイートですぐに結果がわかるため、ユーザーの参加を促進できます。

インスタントウィンについて詳しく知りたい方はこちらから

Twitterインスタントウィンキャンペーンとは?成功に導く3つのポイントを徹底解説

② ①に加え、ダブルチャンスキャンペーンを行う


インスタントウィンに加え、後日抽選形式のダブルチャンスキャンペーンを行うと、フォローの継続を促せます。

キャンペーン参加直後のフォロー解除を防ぐことができる、フォロワー増加に効果的な手法です。

③ カンバセーション機能を活用したクイズキャンペーン


カンバセーション機能を活用すると、ユーザーはボタンを押すだけでキャンペーンに参加できます。自分でツイートを作成する手間がかからないため、キャンペーン参加のハードルが下がり拡散してもらいやすいです。

さらに、キャンペーンを拡散したツイートにもボタンが付くため、さらなる拡散を呼ぶこともできます。

Twitterアカウント運用の注意点

Twitterアカウントを運用する際は、以下の4点に注意してください。

  • Twitter社の定めるガイドラインに注意する
  • フェアな交流を心がける
  • 炎上のリスクを回避する
  • 問い合わせへの対応体制を整える

順番に詳しく説明します。

Twitter社の定めるガイドラインに注意する

Twitterアカウントを運用する上で、Twitter社が定めるルールとポリシーを守ることは欠かせません。

キャンペーン実施に関してはとりわけ注意が必要です。

キャンペーン実施のガイドラインをチェックし、違反行為を行わないようにしてください。

公式ページには以下のような注意点が書かれてあります。

  • 複数のアカウントを作成させない
  • 繰り返し同じツイートをさせない

以上2点に注意して、キャンペーンを実施しましょう。

フェアな交流を心がける

Twitterで同じユーザーとばかりやり取りをしてしまうと、信頼をなくしファンが離れてしまう可能性があります。企業アカウントしてフェアな交流を意識しましょう。

炎上のリスクを回避する

Twitterは、拡散性の高さゆえに不適切なツイートもすぐに広まってしまいます。拡散されたツイートは炎上の元となるので注意してください。

また、一度投稿してしまったツイートはインターネット上に永遠に残ります。

一度の炎上が一生つきまとうことになるので、投稿する前には必ずダブルチェックを行い、不備が無いようにすることが重要です。Twitterアカウントは複数人で運用するのが良いでしょう。

問い合わせへの対応体制を整える

Twitterは開けたプラットフォームなので、誰でも気軽にリプライを送ることができます。その仕組み故に、普段電話で受け付けているような問い合わせ・厳しい意見などがTwitterで送られてくることがあります。

そのような内容が届いた時の対応を、Twitterで直接返すのか問い合わせ窓口に回すのなどをあらかじめ決めておくとスムーズな運用ができるでしょう。

Twitterとは別で問い合わせ窓口を持っている場合は、プロフィール画面に問い合わせ先とTwitterでは問い合わせに対応していない旨を記載することも重要です。

まとめ

本記事の内容をまとめるとこのようになります。

  • Twitterアカウント運用のメリットは「自社の認知度向上」「情報拡散性の高さ」「リアルタイム性」「ユーザーとの意見交換」の4点
  • Twitterアカウントを効果的に運用するためには、「目的の明確化」「分析」「ユーザーとの交流」「キャンペーンの活用」が重要
  • Twitterアカウント運用の注意点は「ガイドライン遵守」「フェアな交流」「炎上リスクの回避」「問い合わせ対応のルール化」の4点

記事内で紹介したツールや事例を参考に、Twitterアカウントの運用を効果的に進めてみてください。

この記事が、Twitterアカウントの運用のコツについて知りたい方の参考になれば幸いです。

 

また株式会社pamxyではTwittter上のキャンペーンによるフォロワーの獲得と共に自動化による運用負荷の削減を同時に実現するキャンペーン総合管理ツールであるgiffletterを展開しております。

「店舗来店数を増やしたい」、「アプリDL数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面における

ニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5