SNSマーケティング Twitter インスタントウィン

Twitterリツイートキャンペーンを5つのコツから徹底解説

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

Twitterで継続的にフォロワーを獲得するためには、新規フォロワーを獲得することが大切になってきます。

そのためにTwitterのリツイートキャンペーンが使われることが多々あります。

しかし、Twitterのリツイートキャンペーンを検討する中で「どのようにキャンペーンを行えばいいのか分からない」と感じているSNS担当の方も多いのではないでしょうか?

本記事では、Twitterリツイートキャンペーンの3つのメリットやキャンペーンを行う際の5つのコツなどをご紹介しています。

この記事を読めば、自社にあった効果的なTwitterリツイートキャンペーンの方法が分かるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

リツイートキャンペーンとは?

「リツイートキャンペーンは、なんとなく分かるけれど、説明できるほど理解は出来ていない…」

そう思っている読者の方もいると思います。

最初にあまりTwitterキャンペーンに詳しくない人に向けて、簡単に解説します。

リツイートキャンペーンとは、ユーザーに自社のアカウントをフォローしてもらい、特定の投稿をリツイートしてもらうことを参加条件としたTwitter上のキャンペーンです。

応募して抽選に当たると、なにかしらのプレゼントがもらえるという仕組みになっています。

ユーザーメリットが高く、一定の応募数が見込めることから、マーケティング担当者からは根強い人気を集めています。

キャンペーンを行う3つのメリット

Twitterで企業アカウントのフォロワーを増やすためのリツイートキャンペーンには、大きく分けると以下の3つのメリットがあります。

  • 拡散力が高い
  • ユーザーが気軽に参加しやすい
  • 開始する難易度が低い

どのメリットも重要なポイントです。それぞれ詳しく解説していきます。

拡散力が高い

リツイートキャンペーンの最大のメリットは、高い拡散力になります。

Twitterはもともと拡散力が高いツールですが、ユーザーメリットを設けたリツイートキャンペーンを実施することで、さらに拡散力が高まります。

また、企業のTwitter投稿が拡散されると、その商品が流行っているというイメージをTwitterユーザーに与えることができ、さらにユーザーから人気を博すことがあります。

Twitterのリツイートキャンペーンを通して商品をバズらせ、トレンドを生み出すことで、ユーザーの購買意欲の刺激にも繋げることが可能です。

ユーザーが手軽に参加しやすい

2つ目のメリットとして、ユーザーが手軽に参加しやすいことが挙げられます。

Twitterなど、SNSでのキャンペーンは、ユーザーの手軽さが重要になります。

他のキャンペーンに比べ、リツイートキャンペーンは圧倒的に手軽に利用できます。

隙間時間にサクッと応募することができ、アクションの敷居が圧倒的に低いので、普段サービスを利用しない層にもアプローチすることが可能です。

逆に、リツイートキャンペーンは手軽なことが前提で、参加条件が複雑だと参加者が少なくなるので、ご注意ください。

開始する難易度が低い

リツイートキャンペーンを開始する難易度が低いことも、企業側としてのメリットです。

企業は、ユーザーとのコミュニケーションツールを用意する必要がなく、無料のTwitterを利用できます。

企業アカウントを作成やリツイートキャンペーンの企画、発信するだけでキャンペーンを開始することができます。

また、メールや電話よりも気軽にできるSNSでのコミュニケーション好む若い世代に無料のツールを使ってアプローチできるのは、大きな強みです。

さらに、Twitterでのキャンペーンは、運用にかかる工数も少ないので、他のプロジェクトと並行して進めることも可能です。

キャンペーンを行う際の5つのコツ

Twitterでリツイートキャンペーンを企画する際のコツは、大きく分けると以下の5つがあります。

  • キャンペーンを行う目的を明確にする
  • 自社サービスのターゲット層が喜ぶ物を活用する
  • 参加のハードルをできるだけ低く設定する
  • キャンペーン後も積極的なユーザーとのコミュニケーションを行う
  • 定期的にキャンペーンを実施する

それぞれのコツについて詳しく解説していきます。

キャンペーンを行う目的を明確にする

リツイートキャンペーンの目的は、企業によって違っています。

例えば、以下の3つは、よく目的に掲げられることが多いです。

  • 商品の認知度を高めたい
  • アカウントのフォロワー増加を狙いたい
  • フォロワーエンゲージメント率を向上させて、質の高いファンの獲得したい

企業が掲げる目的が異なれば、それによってリツイートキャンペーンの方向性も変わってきます。

目的に対して最適な手段を選択できるように企画の段階で、どのような目的のためにリツイートキャンペーンをするのかを社内で明確にしておきましょう。

自社サービスのターゲット層が喜ぶ物を活用する

次に企業のターゲット層が喜ぶようなプレゼントを用意することも重要なポイントです。

なぜなら、キャンペーンを行う際に重視されるポイントとしてキャンペーン後もフォロワーを離さないことが挙げられるからです。

リツイートキャンペーンに参加する層が、ターゲット層と異なってしまうと、キャンペーン後にフォロワーが激しく減少するという現象も起きかねません。

そういった離脱を防ぐためにも自社サービスとキャンペーンの関連性を意識して、キャンペーンの景品を選ぶと良いでしょう。

また既にいたファンを固定ファンにすることにも繋がりますので、ここは徹底すべきでしょう。

参加のハードルをできるだけ低く設定する

先程、リツイートキャンペーンのメリットとして、手軽に参加できることを挙げました。

それに沿って、ユーザーの参加のハードルをできるだけ低く設定することもポイントになります。

企業のリツイートキャンペーンは、他の企業との差別化をしようと、複雑になってしまうことがあります。

しかし、参加の手軽さというメリットを損なうキャンペーンは本末転倒です。

企業との差別化を狙う際にも、キャンペーンの参加の手軽さは担保しておきましょう。

キャンペーン後も積極的なユーザーとのコミュニケーションを行う

リツイートキャンペーン後の対応も1つのコツです。

先程もお伝えしたように、リツイートキャンペーンは、キャンペーン後の離脱との勝負でもあります。

キャンペーンで掴んだフォロワーを離さないために有効なのが積極的なコミュニケーションです。

具体的には、フォロワーの投稿へのコメント、ユーザーからのリプライへの返信などがあります。

キャンペーン後のユーザーへの真摯な対応がファンを増やすことに繋がります。

キャンペーンをして終わりではなく、その後のフォロワーへの対応も意識しておくと良いでしょう。

定期的にキャンペーンを実施する

キャンペーンは1回で終わることなく、定期的に実施することも大切です。

なぜなら、キャンペーン実施の頻度が少ないと、固定ファンが付きづらいからです。

キャンペーンの頻度が少ないと「このアカウントはフォローをしていてもメリットが得られない」と判断され、フォロー解除されてしまいます。

キャンペーンを定期的に行い、トレンドを作りましょう。

そうすることで、固定ファンの獲得と新規ファンの獲得の2つのサイクルを回すことができます。

成功事例4選を紹介!

実際に過去に、どのようなキャンペーンがあったのか気になりますよね。

ここでは、Twitterキャンペーンの4種類の成功事例をご紹介します。

  • フォロー&リツイート
  • インスタントウィン
  • フォロー&ハッシュタグ

それぞれの成功事例について詳しく解説していきます。

フォロー&リツイート


まずは「フォロー&リツイート」の成功事例を紹介します。

こちらの成功事例として、「花王」の企業アカウント(@KaoKurashiCP_jp)があります。

まとめますと以下のようなキャンペーンになります。

  • 期間:約2ヶ月間(2021年10月4日〜2021年11月30日)
  • 景品:スマートホルダー・エッセンシャル(シャンプー・コンディショナー)・卓上カレンダー
  • 応募方法:フォロー・リツイート(複数投稿のリツイートで当選確率がUP)

フォローとリツイートだけで参加できる手軽さでキャンペーンに参加しやすいので、既に7,000件以上のリツイート(10月14日時点)がされています。

景品とターゲット層が一致しており、キャンペーン終了後の大幅な離脱に対しての対策もなされています。

このように、応募方法が手軽だと多くのユーザーがキャンペーンに参加してくれます。

インスタントウィン


次に、紹介する成功事例は「インスタントウィン」のキャンペーンです。

「インスタントウィン」を簡単に説明をすると、Twitterのフォロー・リツイートにより当選判定がその場で可能な懸賞機能システムです。

そのため、ユーザーは気軽にキャンペーンに参加しやすくなります。

この「インスタントウィン」の成功事例として、登録者数が約8万人(2021年10月時点)のYouTuberの「ヤミリ ミッドナイトムーン(@yamiri_moon)」のアカウントがあります。

まとめますと以下のようなキャンペーンになります。

  • 期間:約2日間(2021年7月14日〜7月16日)
  • 景品:当選者の名前入りのボイス
  • 応募方法:フォロー&リツイート(その場で当落が判明する)

Twitterのフォロワーは約1,300人でしたが、リツイート数は500以上となり、「インスタトウィン」キャンペーンの成功事例と言えるでしょう。

「インスタントウィン」は、参加ハードルの低さからターゲット層以外の参加を促しやすく、新規ファンを獲得することにも向いているキャンペーンです。

インスタントウィンについて詳しく知りたい方はこちらから

Twitterインスタントウィンキャンペーンとは?成功に導く3つのポイントを徹底解説

フォロー&ハッシュタグ


次に、Twitterリツイートキャンペーンではない「フォロー&ハッシュタグ」の成功事例を紹介します。

ハッシュタグを用いたキャンペーンの特徴は、フォロワー外で対象商品に関心が高いユーザーに拡散できるということです。

「オロナミンC」の公式アカウント(@oronaminc_drink)では、「7月3日」をオロナミンCの日として、それを軸としたフォロー&ハッシュタグキャンペーンを行っています。

まとめますと以下のようなキャンペーンになります。

  • 期間:約1ヶ月間(2021年7月3日〜8月3日)
  • 景品:自分が提供した素材(音や画)がスペシャルムービーに使われる
  • 応募方法:「#みんなの元気がつながる日」と「#音でハツラツ」または「#画でハツラツ」をつけて投稿

キャンペーンを行う際の注意事項

リツイートキャンペーンを行う際に気を付ける注意事項があります。

ここでは、以下の2つの観点から注意事項をご紹介します。

  • Twitterのガイドラインを遵守する
  • 応募者が多い際に備えた事前の準備を行う

それぞれの注意事項について詳しく解説していきます。

Twitterのガイドラインを遵守する

当然ですが、Twitterでリツイートキャンペーンを行う際には、Twitterのガイドラインを遵守する必要があります。

Twitterのガイドラインには大きく以下の2つがあります。

Twitterのルールとポリシーというのは、いわゆるTwitterの守るべきルールです。個人情報に関するポリシーやメディアの表示設定などがあります。

ルールの中には、一般的なものから、読むまで分からなかったものまでありますので、担当者の方は1度は目を通しておくべきでしょう。

Twitterのルールを破ると、最悪の場合、アカウント停止になってしまう可能性がありますので、注意するようにしてください。

次にキャンペーン実施のガイドラインというのも存在します。これは公式が定めたキャンペーンを行う際に守るべきガイドラインです。

ユーザーにこれらを遵守させながら、リツイートキャンペーンを行う必要があります。

そのため、「複数のアカウントで応募した場合は当選が無効になる」など、キャンペーンに工夫をすることが必要となってきます。
公式ページには以下のような注意点が書かれてあります。

  • 複数のアカウントを作成させない
  • 繰り返し同じツイートをさせない

Twitterのモラルを荒らすことなく、キャンペーンを実施しましょう。

応募者が多い際に備えた事前の準備を行う

また2つ目の注意事項として、応募者が多い際に備えた事前の準備を行うことがあります。

キャンペーンの当選者へのDM送信やリプライが膨大になると、対応が困難になってしまいます。

応募者が溢れてしまった場合を考慮して、事前の準備をしておくことも重要なポイントです。

「インスタントウィンツール」を使用することによって、当選者への対応が手軽になります。

インスタントウィンツールというのは、Twitterリツイートキャンペーンの当選判定を自動化できるSNS向けのキャンペーン管理ツールです。

具体的には、自社SNS累計100万人フォロワーを誇るSNSマーケのプロチームがクリエイティブ制作を行う(株)Pamxyのツールがおすすめです。以下にリンクがありますので気になる方は是非ご覧ください。

giffletter twitter instantwin

(株)Pamxyのインスタントウィンツールはこちらから

このインスタントウィンツールを使用することによって、予想外に応募者が増えた時にも簡単に対応することができます。

また最初から、応募者が多くなりそうな場合には、利用しておいて損はないでしょう。

まとめ

今回の記事では、Twitterのリツイートキャンペーンのメリットをはじめ、「フォロー&リツイート」や「フォロー&ハッシュタグ」や「インスタントウィン」、「公式アカウント同士のコラボ」の4種類のキャンペーンの成功事例についてご紹介してきました。

本記事をまとめるとこのようになります

  • リツイートキャンペーンのメリットは「拡散力が高いこと」「手軽に参加しやすいこと」「開始難易度が低いこと」の3点
  • 効果的なキャンペーンの実施には「目的の明確化」「ターゲット層の把握」「参加ハードルの設定」「ユーザーとの交流」「定期的なキャンペーンの実施」が重要
  • リツイートキャンペーンの注意事項は「ガイドライン遵守」「事前の準備」の2点

「Twitterのリツイートキャンペーンがどのようにすれば良いのか分からない」と感じていたSNS担当者の方も、Twitterキャンペーンの道筋が明確になったのではないでしょうか。

 

Twitter運用代行

株式会社pamxyでは、Twitterの運用代行サービスを行っています。

キャンペーンの企画・アカウント運用・分析・検証までを、SNS累計登録者100万人超のプロのSNSマーケターが一気通貫型でサポートします。

「認知度・ブランディングを高めたい」「Twitterを活用してターゲット層にリーチさせたい」「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお答えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5