SNSマーケティング TikTok

おすすめTikTokコンサル5社 選び方の3つの秘訣も紹介

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

 

10代をはじめに爆発的な人気を継続している「TikTok」

15秒という短い動画ながらそのインパクトに魅了され、世界的に多くのアクティブユーザーを誇っています。

そして、益々拡大するTikTok市場を、PRの場として活用する企業が増加。その背景から、その運用をサポートする「TikTokコンサル会社」の需要が高まっているのです。

そこで今回は、注目のTikTokコンサル会社の選び方について、詳しくご紹介いたします。

 

TikTokコンサルとは?

TikTokコンサルとは、15秒のショートムービーを投稿するプラットフォーム「TikTok」の運用アドバイスを行うサービスのことをいいます。

主なコンサル対象は、企業が運用するアカウントです。

数ある投稿のなかで、企業の投稿を如何にしてユーザーへ動画をリーチさせ、戦略的に運用をサポートすることが、TikTokコンサルのミッションです。

 

TikTokコンサルの主な内容

TikTokコンサルの内容は、コンサル会社によって異なりますが、主に次のような運用サポートを行っています。

TikTokコンサル会社の業務範囲の主な例

  • 動画制作のアドバイス
  • アカウント運用のアドバイス
  • 動画制作
  • 投稿代行
  • 広告運用代行
  • データ分析
  • 運用改善策の提案

 

編集部
TikTokコンサルと一言にいっても、これらのサポート内容をすべて担うサービスだけではありません。アドバイスだけ、動画制作だけのように、部分的にサポートするサービスも存在します。そのため企業側の得意不得意、予算感に合わせた運用ができるのではないでしょうか。

 

TikTokコンサル会社を選ぶ3つのポイント

注目されるTikTokコンサル会社は、いくつかあります。

そのため、自社の事業スタイルに合ったコンサル会社をしっかりと選ぶ必要があるのです。

そして、その選ぶ基準として押さえていただきたいのが、次の3つポイントです。

ポイント1.「サービスの範囲」

TikTokコンサル会社を選ぶ前に、自社が「何を」「どこまで」コンサルに任せたいのか、整理することをおすすめします。

その上で、コンサル会社それぞれが掲げるサービスの範囲を比較して、自社の理想に合うコンサル内容を任せられるサービスを選んでください。

またサービスの範囲については、主に次のような3種類に分けられています。

一気通貫型コンサル

  • 動画制作
  • 投稿代行
  • 運用代行(いいねやコメントなど。他アカウントとの交流)
  • 運用レポート報告(データ分析)
  • 運用改善策の提案

TikTok運用に関わるすべてを代行するのが、「一気通貫型コンサル」です。

自社でTikTokを運用する場合、時間と人材が必要になるため、その点をTikTok運用のプロに任せることができるサービスといえるでしょう。

このような企業にオススメ
  • TikTok運用が初めて
  • 運用者のリソース確保が難しい
  • クリエイティブ制作できる人材がいない

 

アドバイザー型コンサル

  • 動画制作のアドバイス
  • アカウント運用のアドバイス
  • 運用レポート報告(データ分析)
  • 運用改善策の提案

実際にコンサル会社に運用代行を任せるのではなく、自社で運用を行うためのコンサル(アドバイス)を行うのが「アドバイザー型コンサル」です。

クリエイティブに強い企業にとって、動画制作技術は問題ないけれど、TikTokで評価されやすい動画の特徴やアカウント運用に不安があるという声も少なくはありません。そこをアドバイスのみでカバーすることで、低コスト運用はもちろん、社内運用体制の強化にもつながるのではないでしょうか。

このような企業におすすめ
  • 自社にSNS運用の経験者がいる
  • 自社に動画制作ができる人材がいる

 

動画制作型コンサル

動画制作単体をしてくれるのが「動画制作型コンサル」です。

SNS運用の経験と実績を持つ企業は、そのノウハウを生かしたTikTok運用をしたいと考えているのではないでしょうか。

とはいえ、TikTokで評価をされる動画を作るまでのリソースが持てないというケースも、珍しくはありません。

そこで動画制作のみをコンサルに任せるという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

このような企業におすすめ
  • 自社にSNS運用の経験者がいる
  • 自社に動画制作ができる人材がいない
  • 自社で動画制作をする時間と労力がもったいないと感じる

 

ポイント2.「費用の目安」

TikTokコンサルでは、企業それぞれはもちろん、サービスの種類ごとに費用が異なります。そのため、以下費用の目安を参考にしながら、妥当な価格設定をしているTikTokコンサル会社を選ぶ必要があるのです。

一気通貫型コンサル

  • 費用:50万円前後
  • 目安投稿数:8~10本程度

一気通貫型コンサルの場合、価格の安さに飛びつくのではなく、「何を」「どこまで」任せることができるのか、細かい業務内容を確認した上で比較することがとても大切です。

 

アドバイザー型コンサル

 ・費用:20万円前後/1アカウント

アドバイザー型コンサルは、投稿本数ではなく、アカウント単位で費用が発生するケースがほとんどです。

また打ち合わせや質問回数に制限があるか、毎月のアドバイスの流れについても十分に確認する必要があるのでしょう。

 

動画制作型コンサル

  • 費用:30万円前後
  • 目安本数:8~10本

動画制作型コンサルの場合、費用に対して、クオリティー、実績が伴っているか、しっかり確認しましょう。

一見すると見やすい動画でも、TikTok上の人気動画と比べると劣っているケースも。

実際のTikTok上で、成果が確認できるTikTokコンサル会社の動画を比較してみてはいかがでしょうか。

 

ポイント3.「実績・成果がしっかりしている」

TikTokコンサル会社を選ぶ際には、これまでの「実績」や「成果」も信頼につながる大事な基準となります。

そのため、どのような企業課題を、どのように解決をしてきたのかをしっかりと見極めることが重要となるでしょう。

また自社と同じようなケースの対応経験があるのか、これまで携わった企業ジャンルにも注目することも、より相性の良いコンサル会社を選ぶポイントとなります。

 

編集部
数あるTikTokコンサル会社のなかから、「自社に合った会社」を選ぶことは大事なターニングポイントとなります。ただ検索で上位にでてきたから、費用が安いからという点で選ぶことは後悔にもつながりかねないため、しっかりと比較して選びましょう。

 

TikTok おすすめのコンサル会社5選

これからTikTokコンサル会社を選ぶ企業にとって、気になるのはその選択肢。

そこでTikTokのコンサルや運用代行の実績、経験が豊富な5つのコンサル会社をご紹介します。

株式会社pamxy

TikTokのみならず、YouTubeやその他SNSの運用コンサルも扱う「株式会社pamxy」。

様々な企業を携わった経験はもちろん、自社アカウントの実績にも注目が集まっています、
■TikTokアカウント:40万人
■YouTubeチャンネル:75万人

急成長を遂げる動画市場のなかで、自社の運用経験を踏まえて、それぞれのプラットフォームの特徴をつかんだTikTok運用全般のサポートを任せることができます。

【株式会社pamxy】3つの強み

  • 自社、他社ともに豊富な実績と成果を持っている
  • コンサルチームには、動画のスペシャリスト(元民放TV局員、放送作家)が在籍
  • TikTokだけではなく、SNS運用全般に特化

 

@kenchan1005最後まで見て…♬ オリジナル楽曲 - けんちゃん(あるごめとりい)


編集部
こちらが株式会社pamxyが運営するYouTube「あるごめとりい」と連携させているTikTokアカウントです。

 

株式会社pamxyのHPはこちら

 

studio15(スタジオ15)

TikTok専門のアカウント運用代行、TikTok広告運用、プロダクション運用(ミュージックレーベル)を扱う「studio15(スタジオ15)」。

現役TikTokクリエイターをプロデュースしていることから、映像・音楽、ダンスを組み込んだ評価が高いコンテンツを制作できると注目されています。

【studio15(スタジオ15)】3つの強み

  • TikTokに特化した運用代行、広告運用の実績
  • TikTokに特化したプロダクションとして、多数のクリエイターが在籍
  • ダンスや音楽プロデュースに長けている

 

編集部
TikTokのメインターゲットである10代の目線に立った動画制作を得意とするコンサル会社です。

 

CARAFUL株式会社(カラフル)

インフルエンサーを活用したSNSマーケティングを得意とする「CARAFUL株式会社(カラフル)」。

マーケティングだけではなく、国内最大級のTikTokクリエイター事務所としてもその実績が注目されています。

【CARAFUL株式会社(カラフル)】3つの強み

  • 幅広いステータス、ジャンルのクリエイターが在籍
  • 所属クリエイターのコンテンツ力を生かした施策
  • ターゲット層に合ったインフルエンサーをキャスティング

 

編集部
TikTokインフルエンサーを活用したマーケティングを行いたい企業におすすめです。

 

株式会社DYM


WEB、人材、医療など、幅広い事業展開をしている「株式会社DYM」。TikTokコンサルだけにとどまらず、Web全体を見渡したトータルプロモーションを得意としている東証一部上場企業です。

【株式会社DYM】3つの強み

  • 上場企業としての経験を活かしたコンサルティング
  • Webプロモーション全体を考慮した集客設計
  • ターゲットの行動分析を考慮したプランニング

 

編集部
TikTokだけではなく、Webプロモーション全般のコンサルを任せることができます。

 

snaplace(スナップレイス)

TikTokをはじめ、InstagramやYouTubeなど、SNSの運用代行を総合的に手掛けている「snaplace(スナップレイス)」。

主にInstagramのマーケティングを得意としながら、その経験を活かしたTikTokコンサルも話題となっています。

【snaplace(スナップレイス)】3つの強み

  • 1万人以上のインフルエンサーのキャスティングが可能
  • Instagram運用・分析ツールを活かした、SNSマーケティング
  • プロフォトグラファーによる撮影代行

 

編集部
Instagramと連携したTikTokコンサルで、SNSの流れを考えた戦略的プロモーションができることでしょう。

 

Re.Hatch株式会社

SNSマーケティング、広告運用、データ分析など、幅広いサポート事業を展開する「Re.Hatch株式会社」。

様々なSNS運用の実績から得たデータを活用しながら、戦略的なTikTokコンサルを行う企業です。

【Re.Hatch株式会社】3つの強み

  • 市場分析~コンテンツデザインまで、細部にこだわったコンサルティング
  • 調査結果を活かした、マーケティング戦略設計
  • 元サイバーエージェント/電通/博報堂など、Webや広告分野に特化したメンバーが在籍

 

編集部
マーケティング支援を得意とする企業であることから、調査や分析結果に基づいたロジカルな戦略を強みにしています。

 

まとめ

注目が高まるTikTok市場でより効果的なプロモーションを行うためには、入念な戦略設計が欠かせません。

その点でSNSやマーケティングノウハウに長けたTikTokコンサルを活用することで、満足度の高いTikTokプロモーションを実現できるのではないでしょうか。

本記事の内容をまとめるとこのように言えます。

  • TikTokコンサルを活用するには「サービスの範囲」「費用」「実績」の3点が大切
  • TikTokコンサルにもたくさんの種類があるということ
  • TikTokコンサルを活用するには用途に合わせてサービスを変える必要がある

自社に合った方法を選んでTikTokを活用してみてください。

この記事がTikTokの企業事例を知りたい方の参考になれば幸いです。

 

pamxy YouTube運用代行

また、株式会社pamxyではビジネスゴールに合わせたSNSマーケティングを実施しております。
自社YouTube登録者数75万人超、TikTok総フォロワー39万人で培ったノウハウと、テレビやYouTubeで活躍するクリエイター陣が企業YouTube運用のご支援をいたします。自社で企画やSEO対策をするには不安があるという場合もpamxyの運用代行であればしっかりとサポートすることができます。

まずは無料相談でビジネスゴール別のYouTubeやSNS活用事例や、同業界での成功事例についてお伝えします。是非お気軽にご相談くださ

お問い合わせはこちら

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5