Instagram

【2022年最新版】インスタ運用代行費用を徹底解説‼︎

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

インスタ運用代行費用 アイキャッチ

もはや当たり前となったSNSのビジネス活用ですが、自社運用で効果が出せている企業は少ないのではないでしょうか。

そのため、企業がInstagramを活用して集客やプロモーションをする際、代行サービスに依頼するケースは少なくありません。

しかし、運用代行企業の数は年々増えており、内容やプランも複雑なため、費用感の把握が難しいです。

そこで、この記事ではInstagram運用代行の費用感について実際のサービス比較とともに徹底解説します。

Instagram運用代行を検討している企業は是非参考にしてください。

Instagram運用代行の費用相場とできること

Instagram運用代行は価格によってサービス内容が大きく異なります。そのため、自社の予算や、外注したい内容によって利用するサービスを選ぶ必要があります。

ここからは、Instagram運用の費用相場とできることについて解説します。

運用代行サービス 費用相場

月額10万円〜

月額10万円プランは、手間を省くために運用代行を利用したい方におすすめのプランです。月額10万円のプランでできることは、主に下記のことです。

  • 画像加工
  • 投稿代行(ハッシュタグ、キャプションを含む)
  • 簡易的な分析

月額10万円プランを採用している企業自体が少ないため、上記のプランを利用する企業も少ないです。

手間を省くためだけならば、アルバイトを雇うのも一つの選択肢でしょう。

月額30万円〜

月額30万円のプランはInstagram投稿の一連の流れをお任せしたい方におすすめのプランです。月額30万円でも低価格帯に分類されますが、サポート内容が充実しています。

月額30万円プランにおけるサービス内容は下記の通りです。 

  • 投稿代行
  • ストーリーズ投稿
  • コメント返信
  • 簡易的なレポート
  • 広告配信
  • インフルエンサーの起用

フィード投稿に加えてストーリーズの投稿がサポート対象となり、広告やインフルエンサーを活用したPRも可能となります。

この金額では、リール投稿や広告配信、詳細なアカウントレポートなどが含まれていない場合が多いです。これらのサポートを必要としない方は月額30万円以上が相場になるでしょう。

月額50万円〜

月額50万円以上のプランは、Instagram運用の全工程を代行にお願いしたい方におすすめです。

50万円以上からはInstagramの投稿だけではなく、アカウントの分析や投稿内容の改善などがサービス内容に加わり、より本格的な運用がスタートします。

50万円以上のプランのサービス内容は下記の通りです。

  • 投稿代行
  • ストーリーズ投稿
  • リール/IGTV投稿
  • コメントの返信
  • アカウントに関するレポート
  • 広告配信
  • インフルエンサーの起用
  • 投稿内容の撮影
  • 定期的なミーティング

Instagram運用を完全に企業に任せて成果を出したい方は50万円以上のプランを選択すると良いでしょう。

月額80万円〜

月額80万円以上のプランは大手の運用代行会社に依頼したい方向けの料金プランです。

基本的に月額50万円以上のプランとサービス内容は変わりませんが、実績がある企業は料金が上がります。

より信頼できる、実績豊富な企業に運用を依頼したい方は予算をかけて80万円以上のプランを活用しましょう。

インスタグラム運用代行サービス選定のポイントと注意点

ここまでInstagram運用代行の相場感について解説してきました。相場感によってサービス内容が異なるため、自社が求めるサービスに適した相場感が重要です。

Instagramの運用代行サービスを選ぶ際には、予算以外にもポイントがあります。

ここからは、Instagram運用代行サービスを選ぶ際のポイントを紹介します。

運用代行内容が自社にマッチしているか

まずは、運用代行が提供しているサービスが自社にマッチしているかです。自社ができることを外注する必要はありません。

自社にInstagram運用のノウハウがなかったり、人材が足りなかったりする場合は運用の代行を依頼しましょう。

また、自社でできることとできないことを洗い出すと、必要なポイントだけを外注できるため、金額を抑えることができます。

運用代行を依頼する前に必ず、自社でできることとできないことを明確にしましょう。

追加に必要な費用が明確か

Instagram運用代行サービスを提供している企業の中には、追加料金を必要とする企業もあります。

Instagram広告やインフルエンサーを起用したPRなどを実施する場合、追加料金が発生するケースが多いです。

予算を意図せず超えたりすることのないよう、代行企業に依頼する場合は追加費用がかかるかをチェックしましょう。

分析レポートはあるか

分析レポートは自社アカウントの状態を理解するのに必要な情報です。

運用代行に依頼し、実際に運用に関わっていないと、運用の効果や現状を把握しづらくなってしまいます。

そのため、運用効果や運用の状況を適切に示してもらうことは非常に重要です。

Instagram運用代行6選

ここまでInstagram運用代行を選ぶポイントを紹介しました。

Instagram運用代行はさまざまなサービスが利用できますが、代行企業によってサービス内容や価格が異なります。

ここからは、おすすめのInstagram運用代行を6つ紹介します。

株式会社pamxy

株式会社pamxyは1ヶ月でフォロワー1万人増加の実績がある実力のある会社です。

総登録者数100万人超の自社のYouTubeチャンネルがあり、YouTubeで培ったSNS運用の実力をInstagramに活用しています。
YouTube/TikTok/Twitterでも多数の実績があり、様々なSNSの掛け合わせで効果を最大化させたい企業にもぴったりです。

対応可能なSNSは以下の4つです。

  • Instagram
  • YouTube
  • Twitter
  • TikTok

プラン/費用

20万円〜50万円

ご依頼内容に合わせてカスタマイズしたプランをご提示します。

株式会社pamxy公式HP

SAKIYOMI Agent

SAKIYOMI agent

SAKIYOMI  Agent はInstagramアルゴリズムから逆算した運用で、再現性の高い運用を可能にする代行会社です。

またフォロワー獲得だけではなく、店舗への集客やショップ機能を使った商品の販売までの導線を設計もすることができます。

SAKIYOMI Agentではあらゆる目的に対応した運用を可能にしています。

サービスプラン:SAKIYOMIプラン

価格:初期設計費:無料 運用費:30万円~/月

SAKIYOMI Agent 公式HP

TENMU

TENMU

TENMUは3つのプランを展開しており、それぞれの企業に適したプランを見つけやすいSNS代行企業です。

ヒアリングから運用設計まで丁寧な対応を行い、各企業の目的にあったアカウント戦略を設計します。

 

サービスプラン:BASIC/BUSINESS/ADVANCE

価格:月35万円/月45万円/月65万円

TENMU 公式HP

株式会社バケット

株式会社バケット

対応可能なSNSはInstagramだけではなく、

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

など多岐に渡ります。サービスプランは依頼内容ごとにカスタマイズ可能なのが特徴です。

サービス内容/価格:

  • アカウント管理投稿管理/月300,000円
  • ユーザーサポート/月150,000円
  • 運用報告レポート/月100,000円
  • キャンペーン支援/月300,000円

株式会社バゲット 公式HP

HELP YOU

インスタ運用代行で何ができる?おすすめの代行サービス4選 | HELP YOU

2008年からサービス提供をスタートしており、蓄積されたノウハウでアカウント運用を効果的に行います。

HELP YOUはマーケティング業務のオンラインアウトソーシングサービスで、サービスの一部としてSNSの投稿があります。

そのため、自社がSNSを活用するゴールに合わせてサービス内容を組み合わせることが可能です。

SNS外のプレスリリースの作成や予算管理なども実施可能なため、SNS以外の自社の業務も任せたいときにおすすめです。

 

サービスプラン:通常プラン/カスタムプラン

価格:通常プラン:10万円(税抜)/カスタムプラン:ご依頼内容に合わせてカスタマイズ

HELP YOU 公式HP

グローバルリンクジャパン

グローバルリンクジャパン

グローバルリンクジャパンはSNS運用だけではなく、Webコンサルティングやインバウンド対策など、幅広い業務に対応している企業です。

Instagram運用に関する書籍なども出版している企業であることから、信頼性も高いです。

実績があるカメラマンが撮影したり、運用に必要な作業だけを自由に選択できるのが特徴です。

対応してほしい業務を組み合わせて見積もりを出せるため、気になる方はまず見積書を提出してみましょう。

 

サービスプラン:Instagram(インスタ)運用代行/運営サービス

価格:398,00円(税抜)※別サービスは別途料金

グローバルリンクジャパン 公式HP

インスタ運用代行のメリット

上記では、実際のInstagram運用代行企業を6つ紹介しました。

Instagram運用代行の企業にはそれぞれ特徴があり、企業によってプランも異なるため、自社に適している企業を見つけるのが重要です。

さらに詳しくインスタグラム運用代行企業を比較したい方は「【2022最新版】インスタ運用代行会社8社を徹底比較!」の記事をご覧ください。

ここからはInstagram運用代行のメリットについて解説します。

自社を客観的に分析できる

Instagram運用代行を活用することで、自社を客観的に分析できます。

Instagramの運用代行を依頼すると、詳細なレポートがプランに含まれている場合が多いです。

レポートから自社が顧客からどのような印象を受けているのかや、興味をどの程度持たれているのかなどが判断可能です。

また、レポートで客観的な視点の指摘をもらうことで、自社の改善・成長につなげることができるでしょう。

自社の人的リソースを割かなくて良くなる

全体的なInstagram運用代行サービスを利用した場合、自社の人的リソースを割く必要はなくなります。

本来、自社でInstagramを運用する場合、社員の誰かに担当してもらう必要があります。そのため、社員数人をInstagram運用に充てなければいけません。

本来であれば別の作業をしていた社員をInstagram運用に充てるため、人的リソースが少ない状況での自社運用は、社内の効率を下げることになりかねません。

その点、運用を代行サービスに依頼すると、社員自らが動く必要がなくなるため、人的リソースの削減につながります。

専門的な視点から施策を提案してもらえる

運用代行会社には、専門的知識があります。自社にないノウハウ・知識を投入してもらうことが可能です。

そのため、ノウハウが少ない会社にとっては、自社運用よりも効果が高まることは間違い無いでしょう。

専門的な知識を詳細なレポートで伝えてもらうことで、将来的な自社運用も可能になるでしょう。

また、ノウハウ・知識の少ない企業がInstagramの運用を始めた場合、炎上などのトラブルに巻き込まれる可能性も少なくありません。

仮にトラブルに巻き込まれた際の収拾方法も知らないことが多いため、事業に大きなダメージを残す可能性が高いです。

運用代行サービスを活用することで、上記のようなトラブルを避けられます。

インスタ運用代行のデメリットと回避方法

上記ではInstagram運用代行のメリットを紹介しました。

一方で、運用代行を依頼する上でのデメリットも存在します。

ここからはInstagram運用代行に依頼する上でのデメリットとデメリットをできるだけ軽減する方法を紹介します。

コストがかかる

まず、Instagram運用代行サービスを依頼する際は費用がかかります。

Instagram代行には、大きな金額が必要になります。費用の大きさは、代行のデメリットと言えます。

そこで、Instagram代行の際は、コストパフォーマンスを上げていく努力が必要になってきます。最大のポイントは、繰り返しになりますが、自社の状況・運用目的とマッチする代行会社を選ぶことです。

必要な代行内容や、運用の目的を理解して寄り添ってくれる代行サービスの選択がとても大切です。

自社の思うような結果が得られない場合がある

Instagramの運用代行業者に依頼しても、自社が思うような結果が得られない場合があります。

結果が得られない場合にありがちなのは、自社のビジョンと代行業者のビジョンがうまくすり合わせできていないケースです。

代行業者も万能ではないため、依頼をもらった企業と、ビジョンや運用方針が一致しない場合があります。

そのため、ビジョン・目的のすり合わせを大切にしてくれる運用代行会社を選びましょう。

出来るだけ自社のビジョンを明確にして、運用代行の会社と一緒に目標を達成するという意識が大切になってきます。

最低契約期運用がうまくいかなくても、契約解除できない場合がある

Instagramの運用代行会社の中には、運用がうまくいかず、結果が出ていないなくても契約解除ができないケースがあります。

運用代行の会社と契約する際には「最低契約(利用)期間」というものが設定される場合があります。設定された最低限の期間はサービスを利用しなければならないという契約です。

そのため、運用代行の結果が出なかったとしても、最低契約期間内は代行会社に運用の依頼を取り下げることはできません。また、料金も支払い続ける必要があります。

サービスの利用を検討している方は、最低契約期間をチェックした上で契約するようにしてください。

まとめ

今回はInstagramの運用代行における費用を紹介しました。Instagramの運用代行は、費用によってサービス内容が異なるため、自社の状況に合わせてサービスを選択する必要があります。

また、Instagramの運用代行を依頼することで、より効果的な運用の期待や人的リソース削減などのメリットが期待できます。

一方で、コストがかかることや、自社の思う通りの効果が得られないなどのデメリットもあります。デメリット回避するためにも、対策を知っておくことは重要だったのでは無いでしょうか。

Instagramの運用代行サービスを利用して、効果的な運用を目指しましょう。

株式会社pamxyのInstagram運用代行

株式会社pamxyでは、Instagram運用代行サービスを行なっています。

SNSプラットフォームの最前線で活躍するクリエイター陣が、訴求したいポイントを的確に抑えつつ、ターゲットに適したコンテンツ制作を提供します。

「フォロワー数を増やしたい」「Instagramで集客したい」「新商品を PRしたい」といった多様なニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5