SNSマーケティング Twitter インスタントウィン

【5分でわかる】SNS運用代行のプロによるTwitter集客術

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

昨今、企業様が商品販促、ブランド認知度の向上のためTwitterアカウントを運用していることもしばしば見られます。

これから企業でTwitterを始めようとしたものの、下記のような問題に直面されていないでしょうか?

「Twitterで効率的に見込み客を獲得したいがノウハウが分からない」

「Twitterを通してブランド認知度を上げたいが、いいね、RT数が少ない」

本記事では、Twitter集客において重要なアカウント運用方法や

Twitter集客が自動化できるサポートツールや、参考になる企業Twitterアカウントを紹介しております。

この記事を読むことで、Twitterにおいてどのように運用すれば効率的に集客できるのかが理解できます。

Twitter集客をする際のコツ

Twitter集客を行うための手段は数多く存在しますが、そもそもTwitterアカウントがユーザーにとって魅力のある特徴を有していなければ集客のための施策は無駄になってしまいます。

そこでTwitter集客を行う前に確認しておきたい事項を紹介します。

長期的な目標KPI・KGIを設定する

Twitterを運用するにあたり、成果の判断基準となる指標をあらかじめ設定しておく必要があります。そこで重要なのが、「KGI」と「KPI」という2つの指標です。

Twitterの運用目的は、「マーケティング」や「広報」「コミュニケーション」など様々です。また、運用パターンは大きく「ユーザーとの双方向のコミュニケーション」と「情報発信のみ」の2つに分けられます。何を目的に運用するかに合わて、適切なKGIとKPIを設定しましょう。

【KGIとKPI】

KGI:「Key Goal Indicator」の略で、「重要目標達成指標」を意味する。プロジェクトなどの長期的な最終目標のこと。
KPI:Key Performance Indicatorsの略で、「重要業績評価指標」を意味する。プロジェクトなどのプロセスごとの短期的な達成度を測る中間目標のこと。
【運用目的とKPIの一例】

マーケティング:製品・企業の認知度、リンククリック数、リツイート数、いいね数
広報:リンククリック数、リツイート数、いいね数
コミュニケーション:フォロワー数、エンゲージメント率、リプライ数
あらかじめ設定しておく必要あります。

ターゲットを決める

ツイートをの内容を誰に届けたいのか、そのターゲットとなるペルソナを設定します。ペルソナを設定することで、ツイートするべき内容や、方法が変わってきます。
ペルソナが興味を持つハッシュタグの設定やトレンドキーワードを盛り込むなど、ペルソナを設定することで企業Twitterマーケティング担当者がやるべきことが見えてきます。
ペルソナ設定はできるだけ緻密であることが望ましいですが、最初はメインの顧客層などを可視化していくと良いでしょう。また以下の項目に当てはめてみるのも良いでしょう。

・年齢
・性別
・住んでいるところ
・職業
・収入、貯蓄状況
・性格、価値観
・人間関係、家族構成
・趣味・趣向

Twitter運用ルールを決める

Twitterの運用ルールを決めることはコンテンツの質を一定に保つことに役立ちます。

投稿の頻度、時間、投稿内容といった作業内容を明確にすることで運用方針が統一され複数人で運用する際はもちろん、一人で運用する際にも役立ちます。

プロフィールを充実させる

ユーザーがアカウントにアクセスする際に一番初めに目にするのはプロフィールです。
そのためプロフィールはアカウントの第一印象を決めると言えるでしょう。

プロフィール画像、ヘッダー画像はもちろんのこと企業情報や、サービス・商品情報を掲載した自己紹介文やリンクさせたいWebサイトのURLを記載することも重要です。

ツイートにユニークな要素を入れる

単純に商品をPRをするだけでは"企業感"が出てしまい面白みに欠けてしまいユーザーのエンゲージメント率が下がります。
そのためユーザーにとって親しみを持ってもらえるツイートを心がけましょう。

株式会社 明治の公式アカウントでは工場で製造中の高速で動く「きのこの山」と「たけのこの里」のチョコとクッキーが、正しい組み合わせで重なった時にGIF動画をタップするというユニークなツイートをしました。

このように企業感を出さずユーザーにとって親しみを持ってもらえるような投稿をすることは運用する上で重要です。

ハッシュタグを活用する

ハッシュタグを活用することは様々なメリットがあります。

具体的には、フォロワーの範囲外のユーザーにもツイートを見つけてもらいやすくなる、青く表示されるためユーザーの興味を引きやすい、継続的に使用すればブランディングに活用できるなどのメリットがあります。

また以下の海外メディアによると1、2個のハッシュタグ付きのツイートは3個あるいはそれ以上のハッシュタグをつけた時と比べてエンゲージメント率が21%上がるとのことです。

引用:引用:
10 surprising new Twitter stats to help you reach more followers

Twitter投稿文字数を意識する

投稿文字数によりユーザーのエンゲージメント率に差が見られます。
ユーザーのエンゲージメント率に関して海外メディアでは次のように言及しています
・100文字以内のツイートではユーザーからのエンゲージメントが17%多くなる
・リンク付きのツイートでは、120~130文字のツイートがもっともクリックが高い
引用:10 surprising new Twitter stats to help you reach more followers

従って投稿する際には内容に合わせて文字数を調整すると良いでしょう。

ユーザーが最もTwitterを使う日時・時間帯に投稿する

ツイートをする際にはユーザーが最もTwitterといったSNSを利用する日時・時間帯を意識しましょう。

海外メディアによれば平日よりも休日に投稿されたツイートの方が17%エンゲージメント率が高まるとのことです。
時間帯に関して

言えば夕食の時間帯ではなく、手持ち無沙汰の通勤時間に投稿されたツイートがクリック率が高いとのことです。

 引用:10 surprising new Twitter stats to help you reach more followers

投稿をする際には時間帯にも留意する必要があります。

Twitter集客4つの特徴

ここまではTwitterの集客のコツについて解説しました。
次はTwitter集客の4つの特徴をご紹介します。

  • Twitter集客は若者へのリーチが期待できる
  • Twitter集客は2次拡散が起こりやすい
  • Twitter集客は精度の高いターゲッティングが可能
  • Twitter集客は広告が使える

これから紹介する特徴を抑えることで、Twitterを効果的に運用することができます。

Twitter集客は若者へのリーチが期待できる

Twitterの国内のアクティブアカウント数は4,500万人と言われております。ユーザーの年齢層は若年層に多く、10代、20代では60%を超える利用率を誇ります。

「新規顧客獲得のため、若者へアプローチしたい」「若い人の意見が聞きたい」と考えている企業様は、是非Twitterを活用して若者へリーチしましょう。

Twitter集客は2次拡散が起こりやすい

Twitterは、1つのツイートが数多く「リツイート」されることで、一気に企業の認知度を向上させることも可能です。

この2次拡散が起こると、検索エンジンでは検索しないユーザーにもリーチすることが可能になります。また2次拡散された広告ツイートには費用が発生しないので、費やした広告費以上の効果が生まれるというメリットがあります。

Twitter集客は精度の高いターゲッティングが可能

Twitterでは、自社が狙った層へのターゲッティングが容易です。

Twitter広告のターゲティングは主に3つに分類されます。1つ目は、テイラードオーディエンスターゲティング。Webサイトを訪れたことのあるTwitterアカウントや、アプリで登録などの特定のアクションを行ったユーザーに対するターゲッティング。2つ目は、オーディエンスの特性。性別、年齢、地域などでターゲッティング。3つ目は、オーディエンスの条件。ユーザのフォロワーや興味・関心をもとにターゲッティング。

これらのすでにTwitterにある機能をうまく活用することで、精度の高いターゲッティングすることが可能です。

Twitter集客は広告が使える

Twitter集客では広告を使うことが可能です。Twitter広告の種類は大きく分けて3つあり、種類ごとに表示される場所が異なります。

1つ目は、プロモツイートです。Twitterのタイムライン上に表示されるインフィード型の広告で、ユーザーの目にとまることが多く、クリック率が高いのが特徴です。

2つ目は、プロモアカウントです。アカウント自体をプロモーションアカウントに設定することで、おすすめユーザー部分に表示させたり、アカウントに関連するキーワードが検索された際に検索結果に表示させたりすることができます。

3つ目は、プロモトレンドです。トレンド欄に指定したキーワードやハッシュタグを表示させることで自社の商品やサービスの情報を多くのユーザーに届けることができます。

【画像:プロモツイート、プロモアカウント、プロモトレンド、それぞれの位置を表す画像】

広告を使ったTwitter集客の種類

広告を使ったTwitter集客の種類を3つ紹介していきます。

  • プロモート機能
  • 広告クリエイティブ
  • Twitterカード

 

プロモート機能

プロモツイートは主にタイムラインに表示されるTwitter広告で、フォロワー外を含めた投稿の閲覧数を伸ばしたり、投稿に対するクリックやいいね、リツイートなどの反応数を増やす目的でおこないます。

全てのツイートに「プロモーション」というタグがつきますが、それ以外は一般ユーザーのツイートと同じ体裁になっています。

プロモート機能は、Twitter広告の代表例です。そのため、まずはこちらの広告を活用してみてください。

広告クリエイティブ

Twitterにおいては広告クリエイティブを使用することも重要です。

広告クリエイティブとは、「広告用に作成した成果物」を指す言葉です。具体的には、宣伝動画、バナーといったものです。

キャッチコピー、文章、画像、動画など、広告クリエイティブのクオリティは、そのまま広告の効果に直結する大切な要素となります。

Twitterカード

Twitterカードを設定することもTwitter広告において重要となってきます。

Twitterカードとは、ツイートに貼り付けられた記事へのリンクを魅力的に見せる機能のことです。具体的にはツイートの中に「アイキャッチ画像」や「記事のタイトル」などが表示されるようになります。

Twitterカードが設定されていた方がクリックしたくなるのは間違いないですよね。

Twitter集客サポートツールで自動化

ここでは、Twitter集客を自動化してくれる便利なツールを4つ紹介します。

ここで紹介するサポートツールを使うことで、Twitter運用にかける時間が大幅にカットできますので、是非チェックしてみてください。

giff letter (ギフレター) Twitterインスタントウィン

giff letter(ギフレター) Twitterインスタントウィンは、Twitter上で当選や落選がすぐに分かるキャンペーンを総合的に管理します。

Twitterキャンペーンと連動し、Twitterの拡散力によるフォロワー獲得に加え「当選結果をWebで表示」することにより、さまざまな「販促」をサポートし、売り上げアップを実現するクラウドサービスです。

自社SNS累計100万人フォロワーを誇るSNSマーケのプロチームがクリエイティブ制作から一気通貫で行うので、圧倒的クオリティのクリエイティブが提供されることが約束されています。

giff letter(ギフレター) Twitterインスタントウィンは、インスタントウィンで必要とされる業務全てに対応可能で、クオリティーの高いサービスを手間をかけずにユーザーに届けたい企業様におすすめです。

giff letterの詳細はコチラ

キャンつく

「キャンつく」では、TwitterとInstagramでのキャンペーンを自動的に行ってくれます。Twitterでは3通りのキャンペーンが可能です。1つ目は、#ハッシュタグを用いたキャンペーン。2つ目は、リツイートやいいねを用いたキャンペーン。3つ目は、応募後すぐにリプライなどで当選結果が分かるインスタントウィンのキャンペーンです。

Instagramでは、写真投稿キャンペーンなどが可能です。

「キャンつく」は、Twitterが日本で流行し始めた2008年から、10年以上多種多様なSNSキャンペーンを手掛けており、実際に講談社や雪印メグミルクなどの大企業にもキャンペーンを導入された実績があります。

「キャンつく」は、SNSキャンペーンで必要とされる業務全てに対応可能なため、SNSキャンペーンに関する業務をまとめて任せたい企業様におすすめです。

 

ATELU

「ATELU」では、主なキャンペーンプランは、3通りあります。1つ目は、Twitterキャンペーン。応募期間終了後に抽選を行って当選通知のダイレクトメッセージを予約送信するものです。2つ目は、Twitterインスタントウィン。こちらはTwitterキャンペーンと違い、当選結果が応募後すぐにリプライやDMで届くシステムです。そのため参加率も高く人気のキャンペーンです。3つ目は、Instagramキャンペーン。ハッシュタグ投稿キャンペーンやフォトコンテストで利用できるキャンペーンです。

実際に大企業にも導入しています。森永乳業では「5日間合計50名に抹茶アイス詰め合わせをプレゼントする」というインスタントウィンのキャンペーンを実施して合計9万人の新規フォロワーを獲得しています。

月額5万円からサービスを利用することが可能なので、費用を抑えたい企業様におすすめです。

 

Social Insight

「Social Insight」は一括でSNS運用を任せることが出来るツールです。

機能は主に4つあります。1つ目は、調査キーワードがいつ、誰に、どんな内容で話題になっているのかを可視化してくれるクチコミ分析。2つ目は、SNSアカウント分析。自社や競合のSNSアカウントを一括比較し、キャンペーンの反響調査も行います。3つ目は、投稿管理です。複数のSNSアカウントへの予約投稿や、投稿までの承認フローを管理してくれます。4つ目は、SNSキャンペーンです。RTキャンペーン、ハッシュタグキャンペーンなどの自動化してくれます。

「Social Insight」は日本最大規模、2600万以上のアカウント蓄積数を所持しており、パナソニックや楽天にも導入された実績があります。

対応SNSがInstagram、Twitter、Facebook、YouTube、LINE、Pinterest、TikTok、mixiと幅広いので、その他のSNSと合わせて運用代行をお願いしたい企業様におすすめです。

 

企業のTwitter集客成功事例5選

Twitter集客が成功している企業を5つほど見ていきます!

ミスタードーナツ


「ミスタードーナツ」というユーザー名で、2021年7月現在で約112万人のフォロワーがいます。

ドーナツやドリンクの新商品などのツイート内容が多く、新商品の投稿で100リツイート以上されることも珍しくありません。

ミスタードーナツの新情報についていち早く知りたいという目的でフォローしているユーザーが多い印象です!

セブンイレブン


「セブン-イレブン・ジャパン」というユーザー名で、フォロワー数は約390万人います。

ツイート内容は、セブンイレブンの新商品やキャンペーンに関する情報を発信しています。またユーザーがセブンイレブンの商品に関する投稿をリツイートすることも多いです。

丸亀製麺

セブンイレブンには及びませんが丸亀製麺の公式Twitterも成功事例と言えます。

「丸亀製麺【公式】」というユーザー名で、フォロワー数は約95万人います。

ツイート内容としては、お得なキャンペーンや新商品の情報が多いです。フォローとハッシュタグで投稿できるキャンペーンやリプ欄が盛り上がるようなクイズなども定期的に開催しており、うまくTwitter運用しています。

LINEマンガ


「LINEマンガ」というユーザー名で、約37万人のフォロワーがいます。

ツイート内容はLINEマンガの作品に関するものやキャンペーンが多く、最近では、「東京リベンジャーズ」のキャンペーンでは吉沢亮さんのサイン入りポスターが当たるキャンペーンも行っていました。

SHARP

シャープ株式会社もTwitter運用が面白く度々話題になりますよね。

「SHARP シャープ株式会社」というユーザー名で、約82万人のフォロワーがいます。

ツイート内容は、主にシャープのキャンペーンやシャープ製品に関する情報ですが、それだけでなく、ツイートしている担当者の人間性が反映されています。シャープ製品に関する情報を投稿しているユーザーにリプを飛ばしたり、ユーザーと距離が近いのがシャープの企業アカウントの特徴です。

ユーザーが企業アカウントに求める3つのこと

Twitterを利用しているユーザーが企業アカウントに求める3つのことを紹介します。

  • サービスや商品の新情報やセール情報
  • コミュニケーション
  • インスタントウィンキャンペーン

 

サービスや商品の新情報やセール情報

ユーザーは自分にとって有益な情報を得ることが出来ると感じた時にフォローをします。つまり、自社の新商品の情報やお得なキャンペーンの情報など、フォローしていることで得ることのできるメリットが多ければ多いほどフォローしたくなります。

またTwitterは即時性のある情報が発信されているので、サービスや商品の新情報を発信するには相性の良いツールです。

そのため、ユーザーは企業アカウントにサービスや商品の新情報やセール情報を求めています。

コミュニケーション

ユーザーは企業とのコミュニケーションも求めています。

コミュニケーションを求める例として、ユーザーがハッシュタグをつけて投稿することがあります。投稿を見た公式アカウントがツイートをリツイートすることでユーザーと公式アカウントとの間にコミュニケーションが生まれます。

積極的にコミュニケーションを取ることで、ユーザーと距離が近くなり、貴重な意見を聞くことも可能となります。

Twitterインスタントウィンキャンペーン

Twitterインスタントウィンキャンペーンとは、当選結果がリプなどですぐに分かる抽選キャンペーンです。
witterでの応募の条件はフォローやリツイートなど、無料で出来るものしかありません。そのため、ユーザーも気軽に参加することが出来ます。

ユーザーの求めるインスタントウィンキャンペーンもTwitter運用にうまく取り入れたいですね。
なおインスタントウィンについては以下の記事で詳しく解説しています。
インスタントウィンの仕組みを解説!~フォロワー増加・商品宣伝に繋がる~
Twitterプレゼント企画のやり方【無料テンプレート公開】

まとめ

今回の記事をまとめると

  • Twitterは2次拡散が起こりやすく、精度の高いターゲッティングが可能なので広告向き
  • Twitterサポートツールを使って運用を自動化することも可能
  • ユーザーは企業アカウントに商品の情報やコミュニケーションを求めている

Twitterは企業の広告と非常に相性の良いSNSです。そのため、適切にTwitter運用をしていけば、自社の認知度UPや商品・サービスの購入に繋げることが可能です。

本記事で紹介した情報をうまく活用して、企業アカウントを運営してみてください!

また株式会社pamxyではTwittter上のキャンペーンによるフォロワーの獲得と共に自動化による運用負荷の削減を同時に実現するキャンペーン総合管理ツールであるgift letterを展開しております。

「店舗来店数を増やしたい」、「アプリDL数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

giff letterの詳細はコチラ

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5