Twitter インスタントウィン

【1から解説】Twitter広告のやり方を徹底解説‼︎ツイッター広告運用を始めたい初心者必見‼︎

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

「Twitter広告」とは、Twitterのタイムライン・検索結果などに配信できるSNS広告のことです。

TwitterにはRT(リツイート)機能があるため、二次拡散を狙いやすいのがメリットです。
また、二次拡散には費用が発生しないため、拡散されればされるほど費用対効果が高まります。

そんな拡散性に優れるTwitter広告ですが、以下のようにお悩みの方もいるのではないでしょうか?

「未経験でSNS広告運用を担当することになってしまった…」
「Twitter広告のやり方・出し方が分からない!」

そこで本記事では、社内でTwitter広告を初めて運用する方に向けて1から解説します。
本記事を最後まで読めば、Twitter広告の運用をスムーズにスタートできるようになるでしょう。

Twitter広告の種類3つ

Twitter広告のフォーマットは基本的に以下の3種類です。

Twitter広告フォーマット

それぞれ表示される場所・特徴が異なり、目的に合わせて選ばなければなりません。

1種類ずつ解説するのでぜひ参考にしてください。

プロモツイート

「プロモツイート」は通常のツイートのように、タイムラインなどに表示されるTwitter広告です。
通常のツイートと同様に、画像・ハッシュタグ・動画を掲載できます。

また、プロモツイートは以下のような場所で表示されます。

表示される場所

  • ユーザーのタイムライン
  • 検索結果画面
  • プロフィール画面
  • 「プロモトレンド」をクリックしたときの検索結果画面

Twitter上のさまざまな場所で表示されるため、ユーザーの目に付きやすいのが特徴です。
また、通常のツイートに近い形式の広告なので、広告感が出にくいのもメリットです。

プロモツイートはさまざまなユーザーに見てもらうことで、サービスの認知拡大・フォロワー獲得・ブランディングなど幅広い目的に利用できます。

プロモアカウント

「プロモアカウント」は現在該当のアカウントをフォローしていないユーザーの中で、興味を持ちそうなユーザーに表示されるTwitter広告です。
通常のプロフィールページに近いクリエイティブで、「プロモーション」というタグがつきます。

表示される場所

  • おすすめユーザーの一覧
  • アカウント検索結果画面
  • タイムライン

プロモアカウントは「フォローする」ボタンが表示されるため、ユーザーが広告を見てからフォローするまでの導線が短いのが特徴です。

フォロワー獲得を目的とする際に活用します。

プロモトレンド

「プロモトレンド」はトレンドに最大24時間、指定のキーワード・ハッシュタグを表示できる買い切り型のTwitter広告です。
プロモツイート・プロモアカウントに比べ、大きなキャンペーン・イベントをユーザーにアピールしたい場合に最適です。

表示される場所

  • タイムライン
  • 「話題を検索」タブのおすすめトレンド内最上部もしくは2番目

ユーザーがプロモトレンドをクリックすると、その話題に関する検索結果が表示されます。
検索結果の最上部には、広告主が出稿したプロモツイートが表示されるのも特徴です。

プロモトレンドで広告を出稿すると、自社の商品・サービスが話題になっていると見せられます。
自社商品・サービスなどの認知度上昇を短期間で狙うことを目的とします。

ただし、プロモトレンドは1日1社24時間限定と制限がある上に、事前にTwitter社から認定を受けていることが条件です。
プロモツイート・プロモアカウントのように誰でも出稿できるわけではありません。

編集部
2020年には「プロモトレンドスポットライト」というTwitter広告が登場しました。
動画と「話題を検索」タブのプレミアム枠を組み合わせた、新しい形態のTwitter広告です。
このほかにも「プロモビデオ」や「インストリーム動画(プレロール)」という形態もあり、広告出稿の目的に合わせて広告形態を選択できます。

Twitter広告の課金方式と予算相場

Twitter広告の場合、広告をTwitter上で掲載するにはオークションで競り勝たなければなりません。

Twitter広告は最低出稿金額が決まっていないため、最低1円から出稿できます。
ただし、広告掲載の可否はオークションによって決まるので、最低でも数万円程度が予算として必要です。

また、Twitter広告では以下の6種類の課金方式が用意されています。

課金方式費用相場
クリック課金1クリックあたり24円~200円
インプレッション課金1,000インプレッションあたり400円~650円
フォロー課金1フォローあたり40~100円
エンゲージメント課金1エンゲージメントあたり40~100円
アプリインストール課金・クリック課金1インストールあたり100~250円
再生数課金1再生あたり5~20円

 

予算相場としては1日に1,000円前後が最低ラインですが、1日を通してバランスよく広告を配信したい場合は3,000円前後が予算相場です。

ただし、費用相場は出稿する広告の形態・キャンペーン目的によっても金額は変動します。

自社に合った課金方式を選ぶ3つのポイント

Twitterには複数の課金方式があるため、自社に適した課金方式を選ぶことが大切です。
課金方式を選ぶ際のポイントは以下の3点です。

課金方式を選ぶ際のポイント

  • 宣伝する商材で選ぶ
  • 広告運用の目的で選ぶ
  • 利用できる予算で選ぶ

1つずつ解説します。

宣伝する商材で選ぶ

課金方式の種類によって課金されるタイミングもそれぞれ異なるため、 Twitter広告の課金方式は宣伝する商材に合わせて選びましょう。

例えば、商材がスマートフォンのアプリであれば、ダウンロードしてもらうことが目的となります。
仮にこのケースでインプレッション・フォローなどで課金すると、アプリ自体がダウンロードされなくても課金することになり、無駄なコストが発生します。

費用対効果の高い広告運用を行うためにも、宣伝する商材に合った課金方式を選んでください。

広告運用の目的で選ぶ

課金方式はキャンペーン目的によって決まるため、広告運用の目的で選ぶのもおすすめです。
Twitter広告ではさまざまなキャンペーン目的が用意されており、広告運用するアカウントのゴール設定に合わせて選択できます。

例えば、認知度向上・ブランディングを目指すのであれば、インプレッション数が重要になるため、インプレッション課金が最適です。

広告運用の目的に合わせて課金方式を選択することで、無駄なコストが発生することも防げます。詳しい選び方は、後ほどの目的選択で説明します。

利用できる予算で選ぶ

企業によってTwitter広告に利用できる予算は異なるため、自社で利用できる広告予算の範囲内で課金方式を選ぶのもおすすめです。

少額で Twitter広告を運用したい場合は、コストを抑えられる課金方式を選びましょう。
一般的にはクリック課金よりもインプレッション課金の方が低コストといわれます。

ただし、クリック率によってはインプレッション課金が広告費用を抑えられる場合もあります。
徹底的にコスト削減をするのであればクリック率を計算した上で、低コストの課金方式を選択するといいでしょう。

広告の設定方法手順

Twitter広告は以下の手順で設定します。

Twitter広告設定手順

それぞれの手順について詳しく解説します。
これからTwitter広告の設定を行う方はぜひ参考にしてください。

広告を出す際の初期設定

Twitter広告を出稿するには、あらかじめ初期設定を行う必要があります。

すでに初期設定が終わっている場合は「 Twitter広告のキャンペーン作成設定」へ進んでください。
まだの場合は以下を参考に、初期設定を行いましょう。

「Twitter広告を設定する」を選択

まず、通常のアカウント内で広告アカウントを開設します。

ただし、広告アカウントを開設するには通常アカウントのプロフィールを完成させ、数週間以上の投稿実績を蓄積しなければなりません。
まだTwitterアカウントがない場合はできるだけ早い段階で作成しましょう。

広告アカウントを開設する準備が整ったら、ユーザーアカウントにログインした状態で「Twitter広告」にアクセスします。

移動したTwitter広告のページでは「オートプロモートを設定する」「Twitter広告を設定する」という2つの選択肢が表示されます。
Twitter広告アカウントを開設する際は、「Twitter広告を設定する」をクリックしてください。

編集部
「オートプロモート」とは、月額9,900円で自分のツイートを継続的に届けられる機能です。
オートプロモートでは運用・管理の手間がかからないため、より手軽に簡単に誰でもTwitter広告を利用できます。

タイムゾーン入力

「Twitter広告を設定する」をクリックすると、住んでいる国とタイムゾーンを選択する画面になります。
日本在住であれば、「Japan」を選択してください。
タイムゾーンは「(GMT+09:00)Japan Time」選択します。

ただし、国・タイムゾーンの設定は一度しかできません。
設定後の変更はできないので、慎重に設定しましょう。

Twitter広告のキャンペーン作成設定

Twitter広告の基本的な設定が完了したらキャンペーンを作成しましょう。
ここでは以下の手順でキャンペーン作成を行います。

キャンペーン作成設定の手順

  1. 目的選択
  2. 予算・スケジュール設定
  3. クレジットカード設定

Twitter広告では、広告を掲載するためにオークションで競り勝つ必要があります。
広告キャンペーンで設定するターゲティング条件によって、参加するオークションが決まるのが特徴です。
ここからはキャンペーンの作成について解説するので、ぜひ参考にしてください。

目的選択

Twitter広告のキャンペーンを作成する際に、広告を配信する目的を以下から選択できます。

広告を配信する目的

  • リーチ
  • 動画の再生数
  • プレロール再生数
  • アプリのインストール数
  • ウェブサイトのクリック数
  • エンゲージメント数
  • フォロワー数

どの目的を選択するかで得られる効果も異なるため、それぞれの特徴を把握しましょう。
1つずつ解説するのでぜひ参考にしてください。

リーチ

リーチキャンペーンは自社が出稿した広告を見るユーザー数を予算内で最大化することを目的とします。

新商品・イベント・ブランドメッセージなどをユーザーにアピールしたり、ブランドの認知度向上を高めたりできます。
なるべく多くのユーザーに広告を見てもらいたい場合に最適です。

広告形態はプロモツイート・プロモアカウントの2種類です。

動画の再生数

動画の再生数キャンペーンでは、指定ツイートに添付される動画・GIF動画の再生回数を増加させることを目的とします。

動画はスクロール時に自動再生されるため、ユーザーの目に止まりやすいのが特徴です。
また、動画付きのツイートはエンゲージメント率・リツイート率が高く、費用対効果に優れています。

広告形態はプロモツイートです。

プレロール再生数

「プレロール再生」とは、Twitter社が連携する200社以上のパートナーが投稿する動画の前に表示される動画広告のことです。
自社商品の購入検討を促すことを目的とします。

ユーザーが視聴する動画の本編が再生される前に動画広告を表示することで、ブランドを身近に感じてもらいやすくなります。
また、ユーザーの興味関心に合ったメッセージを伝えられるのもメリットです。

広告形態はプロモツイートです。

アプリのインストール数

アプリのインストール数キャンペーンは、アプリのダウンロード数を増やすことを目的とします。
Twitter上で自社アプリに対する認知度を向上させたい場合に役立ちます。

アプリに新しく搭載された機能を紹介したり新たなアプリユーザーにリーチしたりできるのがメリットです。

広告形態はプロモツイートです。

ウェブサイトのクリック数

対象のウェブサイトへの訪問数・クリック数を増やしたいときに使用するキャンペーン目的です。
ターゲティングしたオーディエンスがツイートからウェブサイト上で商品・サービスを購入したり資料を請求したりするように促します。

また、他のキャンペーン目的とは違い、「ウェブサイトカード」と呼ばれる広告クリエイティブを使用できるのも特徴です。
ウェブサイトカードを使うと、画像・テキスト・アクション誘導ボタンを設置できます。

広告形態はプロモツイートです。

エンゲージメント数

エンゲージメント数キャンペーンは指定ツイートに対するユーザーからの反応数を増加させることが目的です。
プロモツイートの場合はツイートへのクリック・いいね・リツイート・フォローなどが反応数としてカウントされます。
プロモアカウントの場合はフォロー率を反応数としてカウントします。

エンゲージメント数が増加することでブランドイメージが向上し、店頭での販売量も増加するのがメリットです。

広告形態はプロモツイート・通常のツイートの2パターンです。

フォロワー数

フォロワー数キャンペーンはフォロワーを増やす・見込み顧客を獲得することを目的とします。
フォロワー獲得後にある商品購入・ウェブサイト訪問数増加・ブランド認知の向上などに効果があります。

また、フォロワーは自社のサポーターや顧客になる可能性が高く、Twitter内外で自社の商品・メッセージを拡散してくれる可能性も高いです。

広告形態はプロモアカウントです。

予算・スケジュール設定

広告キャンペーンの目的を設定したらキャンペーンの予算・配信期間を設定しましょう。

ここでは日別予算・総予算を設定できます。
総予算は1日の上限金額に達していなくても、利用金額が予算総額に達すると広告配信が停止される仕組みになっています。
1日を通して均等に広告を配信したい場合は最低でも3,000円前後は予算として必要です。

また、配信期間は「今すぐ開始して、断続的に実施」と「開始日と終了日を設定」の2種類から選択できます。

ここでの設定は概算でも問題ないので、運用しながら調整するのがおすすめです。

クレジットカード設定

クレジットカードの登録はどのタイミングでも構いません。

設定する際は、広告アカウント管理画面の右上に表示されるアカウント名をクリックします。
「クレジットカードを追加する」を選択し、必要事項を入力してください。

広告グループ詳細設定

広告キャンペーンを作成したら、「広告グループ」を作成しましょう。
広告グループは広告キャンペーンを管理する単位のひとつで、配信したいターゲット・予算・期間・クリエイティブなどさらに細かく決められます。

広告グループの詳細設定の手順は以下の通りです。

広告グループの詳細設定手順

  1. 広告グループ名を決定
  2. 配信決定
  3. ターゲティング
  4. クリエイティブ設定

それぞれ解説します。

広告グループ名決定

広告グループを作成する際は、どのような広告を配信しているのか管理しやすくするために広告グループ名を設定しましょう。
地域・性別・年代・趣向など、担当者が管理しやすければ特に指定はありません。

配信設定

広告グループ名を設定したら、配信設定を行いましょう。

配信設定では期間・総予算・入札タイプなどを設定できます。
期間・総予算の入力は省略可能で、設定しない場合はキャンペーンで設定した期間・総予算が適用されます。

入札タイプは「自動入札」「目標コスト」「上限入札単価」の3つです。
リーチとエンゲージのどちらを目的にするかで使い分けましょう。

運用担当者が初心者の場合は自動入札がおすすめです。
ただし、自動入札は単価が高くなりやすいため、運用のノウハウが身に付いてきたら目標コストに切り替えましょう。

目標コストはフォロワー数キャンペーン・ウェブサイトへのクリック数キャンペーンで選択できる入札タイプです。
一定の予算内でリーチを最大化させたい場合に活用するのがおすすめです。

上下入札単価は支払いが生じるアクションに対して支払う金額の上限を決められます。
ユーザーのアクションに対して細かく予算を調整したい場合におすすめです。
ただし、細かい設定が必要になるので、初心者には推奨しません。

ターゲティング

配信設定の次はターゲティングの設定を行いましょう。

Twitter広告では以下の項目を設定できます。

ターゲティング手法説明
地域/性別/言語地域・性別・言語でターゲティングする
端末特定のモバイル端末からTwitterにアクセスしているユーザーをターゲティングする
フォロワー特定アカウントをフォローしている利用者および似た利用者にターゲティングする
キーワード利用者が最近ツイートや検索したキーワードでターゲティングする
興味関心特定の商品・サービスに興味関心があると思われるユーザーをターゲティングする
映画とテレビ番組特定の映画やテレビ番組に反応している利用者にターゲティングする
イベント特定のイベントに反応している利用者にターゲティングする
会話トピック利用者が関心のある会話トピックを選んでターゲティングする
ツイートの表示歴またはエンゲージメント歴があるユーザーをリターゲティング過去にツイートを閲覧・いいね・RT・動画の再生などのアクションを取ったユーザーをターゲティングする

設定できる項目は多数ありますが、必ずしも全て設定する必要はありません。
地域・性別・言語は基本的な情報になるので設定しておき、他の項目については配信したいユーザー層に合わせて設定するのがおすすめです。

クリエイティブ設定

Twitter広告の配信設定が終わったらクリエイティブ設定です。

ツイートは新規作成することも既存ツイートから作成することも可能です。
また、拡散性の高いTwitterでは、二次拡散されやすいクリエイティブを制作することが大切になってきます。
ここからは二次拡散を狙うツイートの作成方法を紹介します。

インスタントウィン

「インスタントウィン」とは、その場で即座に抽選結果が分かるキャンペーンのことです。

インスタントウィンはオートリプライで当せん結果がユーザーに送信されるため、キャンペーン参加へのハードルが低いのが特徴です。
また、すぐに結果が分かるのでユーザーの参加モチベーションを高められます。

キャンペーンに簡単に参加できる手軽さからユーザーからも人気が高く、現在多くの企業から注目を集めています。

インスタントウィンのメリットは以下の通りです。

メリット

  • 短期間でフォロワー獲得が可能
  • 新商品や新サービスの宣伝が可能
  • 抽選の自動化を行い、時間と手間の削減が可能

インスタントウィンについては以下の記事で詳しく紹介しています。
こちらも併せてご覧ください。

インスタントウィンの仕組みを解説!~フォロワー増加・商品宣伝に繋がる~

カンバセーショナルカード

クリエイティブ作成時には「カンバセーショナルカード」を活用するのもおすすめです。
カンバセーショナルカードとは、指定のハッシュタグですぐにツイートできるボタンが搭載されたクリエイティブのことです。

カンバセーショナルカードには以下のようなメリットがあります。

メリット

  • 通常のツイートよりも拡散力が高い
  • ハッシュタグをつける手間が省かれるので投稿のハードルが下がる
  • ハッシュタグの認知度が上がる

気軽にユーザーとコミュニケーションを取れて拡散性も高いクリエティブであるため、カンバセーショナルカードはインスタントウィンとの相性がいいです。
インスタントウィンでもよく採用されています。

カンバセーショナルカードは以下の手順で作成できます。

カンバセーショナルカードの作成手順

  1. 「 Twitter広告」を開く
  2. 広告管理画面から「クリエイティブ」を開き、「カード」を選択
  3. 「カードを作成」から「イメージカンバセーショナルカード」を選択
  4. 必要項目を設定

内容を確認して問題がなければ、広告を配信しましょう。

Twitter広告成功のためのポイント6選

Twitter広告で成功するために、以下の6つのポイントを押さえましょう。

ポイント

  • ターゲティングを効果的に行う
  • 二次拡散を狙う
  • A/Bテストを行う
  • リターゲティング配信を活用する
  • フリークエンシー設定を利用することで、無駄なコストを抑制する
  • LPOを実施する

1つずつ解説します。

ターゲティングを効果的に行う

Twitter広告で成果を出すにはターゲティングを効果的に行うことが大切なポイントです。
ターゲティングを効果的に行うには配信設定時に複数の項目を使い、仮説検証を繰り返すのがおすすめです。
さまざまな角度からユーザーにアプローチすることで、より効果の高いターゲティング方法に出会う可能性もあります。

また、たくさんの項目を使ってターゲティングすれば、どのターゲティング方法が費用対効果が高いのかより明確になります。

二次拡散を狙う

TwitterはSNSの中でも特に、拡散力が高いプラットフォームです。
Twitter広告ではユーザーがフォロワーにシェアしたいと思うようなツイートを制作し、二次拡散を狙うことが重要です。

Twitter広告では配信したプロモツイートが他のユーザーによってRTされても費用は発生しません。
RT先でユーザーが取ったアクションには費用がかからない仕組みなので、拡散されればされるほど低コストでユーザーからの反応を獲得できます。

ただし、クリエイティブを拡散目的で制作すると本来のメッセージが伝わらない可能性もあるので注意しましょう。

A/Bテストを行う

Twitter広告の効果を高めるためにも、A/Bテストで運用改善を行うことも大切です。

Twitter広告では複数のツイートで仮説検証を行うことで、広告配信のアルゴリズムがパフォーマンスの高い広告を選びやすくなります。

オークションでは入札額だけでなく、「品質スコア」も勝ち負けに関わっています。
品質スコアはユーザーの共感を得られるか、最新のトレンドを取り込んでいるかなどによって決まるのが特徴です。
ポイントを押さえたツイートを複数用意すれば、品質スコアが上がる可能性もあります。
オークションでの勝率を上げるためにも、積極的にA/Bテストを行いましょう。

また、品質スコアが高いツイートの方が費用を抑えられるメリットもあります。

リターゲティング配信を活用する

Twitter広告の費用対効果を高めるなら、リターゲティング配信も活用しましょう。
Twitter広告では過去のツイートを表示あるいはエンゲージメントしたユーザーやツイート内のURLからLPへアクセスしたユーザーなどをリターゲティングできます。

リターゲティング配信は通常の配信よりもコンバージョン率が高いため、コストパフォーマンスに優れているのがメリットです。

「すでにTwitter広告を運用しているがCPAを下げたい」「費用効果を見直したい」という場合におすすめの手法です。
また、Twitter広告のリターゲティング配信機能はプロモアカウント・プロモツイート・プロモトレンドのいずれの配信面にも利用できます。

フリークエンシー設定を利用することで、無駄なコストを抑制する

Twitter広告には「フリークエンシー設定」が搭載されています。

フリークエンシー設定はリーチ数を調整するための機能で、ユーザーが何度も同じ広告を目にすることを防ぎます。
フリークエンシー設定を利用することで広告の配信頻度を最適化でき、無駄にコストを払うこともありません。

また、ユーザーは一般的に何度も同じ広告を目にすると、不快感を感じてしまいます。
フリークエンシー設定を利用すれば最適な広告配信頻度をキープでき、企業のイメージダウンを防止できるのもメリットです。

LPOを実施する

LPO(ランディングページ最適化)も必ず実施してください。
Twitter広告がどれだけ魅力的なクリエイティブであっても、遷移先のLP(ランディングページ)に問題があるとコンバージョンにはつながりません。

Twitter広告から流入してきたユーザーにとって使いやすくて分かりやすいLPになっているのか事前にチェックすることが重要です。
Twitter広告を運用し始めたのにLPOを実施していない場合は、早急にブラッシュアップを行いましょう。

まとめ

本記事ではTwitter広告の始め方・やり方について解説しました。
ここで改めてTwitter広告の運用ポイントを振り返ってみましょう。

本記事のポイント

  • Twitter広告は二次拡散が狙いやすい
  • ターゲティングを効果的に行う
  • 二次拡散を狙う
  • A/Bテストを行う
  • リターゲティング配信を活用する
  • フリークエンシー設定を利用することで、無駄なコストを抑制する
  • LPOを実施する

TwitterはSNSの中でも特に、コンテンツが拡散されやすいプラットフォームなので、Twitter広告は二次拡散性を狙いやすいのが強みです。

Twitter広告をこれから運用するという方は、本記事で紹介した内容をぜひ参考にしてください。
Twitter広告で成果を出して、自社ブランディング・自社商品の認知度向上を目指しましょう。

 

また株式会社pamxyではTwittter上のキャンペーンによるフォロワーの獲得と共に自動化による運用負荷の削減を同時に実現するキャンペーン総合管理ツールであるgiff letterを展開しております。

「店舗来店数を増やしたい」、「アプリDL数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

giff letterの詳細はコチラ

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5