TikTok

TikTokインサイトとは?基本から応用まで徹底解説!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

インサイト分析

TikTokで多くのユーザーに響くコンテンツを制作するために、インサイトの活用がおすすめです。

インサイトとは、投稿した動画を分析するツールです。分析することでユーザーに好まれている動画は何かを知ることが出来ます。好まれている動画を分析、認知することで次の動画作りへの活用、そしてアカウントの成長に繋げることができます。

本記事ではTikTokアカウントを開設したものの、フォロワーの獲得に繋がっていない方、インサイトをどのように活用すべきか分からない方に向けて解説します。
TikTokを運用している方は必読の内容です!

TikTokの現状は?利用者層や企業参入について知ろう!

TikTokインサイトを始めるにあたって、TikTokの現状を把握しましょう。今後動画を投稿していくにあたってどのようなコンテンツを上げていけばいいかの指標になるからです。現在のTikTokはどのように変化をしているのか、現状を分析しながら解説します。

TikTok利用者の年齢層の変化

TikTokを利用する年齢層が、初期の頃と比べて大きく変化していることを把握しましょう。
TikTokが誕生した当初の利用者層は中高生の10代が多く、美男美女による踊ってみた動画や、口パク動画が多く流行していました。

@tiktokvanminh2019

Chỉ cần nghe nhạc trend này lúc đó thôi là trong người thấy hứng khởi rồi cre anh @cuongjin08 #onhavanvui #xuhuong #tiktok2018 #tiktok2019 #nhanvatchinh #ThanhCongNghe #nguyencongdat362

♬ Delícia Tchu Tcha Tcha (Feat Dj Pedrito) - Mike Moonnight & DM'Boys

しかし、近年はペットや寸劇、勉強法や雑学系など従来にはなかった動画が挙げられるようになり、ジャンルの増加が見られます。

大人でも興味を持ち、楽しめる動画のジャンルが増えたことで、20代〜30代のユーザーの利用が増えました。その結果、現在のTikTokの利用平均年齢は34歳となっています。年齢層が幅広くなってきたことで、様々な年齢層をターゲットにした宣伝ツールとして使用できるようになりました。TikTokは娯楽のアプリからビジネスにも活用できるアプリに変化していったのです。

近年のTikTokへの企業の参入状況

TikTok初期は、若い世代が利用をするツールでしたが、近年ではビジネスに繋がるSNSプラットフォームとして注目をされています。

TikTokは他のSNSプラットフォームに比べて積極的に消費活動をおこなっていることも知られています。

博報堂が2011年からおこなっているコンテンツファン調査によると、コンテンツへの支出金の平均は4万2538円に対し、TikTokは約8万5862円と突出しています。
世代別にコンテンツ消費の割合を見ると、30代が43%と最も多く、10代だけではなく30代にも商品の購入促進やサービスへの認知度向上の効果が期待できます。

 

TikTokインサイトの概要や3つの機能について知ろう!

インサイトがどのような数値を見て分析するツールなのか、機能を把握しておくことが大切です。
インサイトの基礎知識を学びましょう。

TikTokインサイトの基礎ついて知ろう!

TikTokのインサイトでは、時間/曜日/日付などのセグメントで動画がどのタイミングで閲覧されているのかの分析が可能です。

インサイト分析の目的としては、投稿した動画の中で、ユーザーから支持されている動画、またそうでない動画を比較、分析し、なぜ動画がバズったのかの要因を理解する。そしてその分析結果を用いて次の動画作りに繋げていくということになります。

2021年からはアップグレードによって一般アカウントでも分析ができるようになったので、ビジネスアカウントではない方もどのように分析するのか把握してください。

TikTokインサイトの3つ機能をご紹介!

TikTokインサイトではさまざまな指標を分析することが可能です。

TikTokインサイトでは主に、「動画の再生回数」「フォロワーの増減」「プロフィールの表示回数」の3つの機能があります。

ここでは3つの機能を簡単に説明しています。

動画の再生回数

動画の再生回数では、時間帯別に投稿された投稿の再生回数を確認することが可能です。

時間帯によってユーザーがどの曜日、時間帯に動画を視聴しているかを確認することが出来ます。

グラフを確認し、投稿した動画の伸び具合でどのような動画を投稿すると、ユーザーが閲覧するのかを把握しましょう。

フォロワー数の増減

フォロワー数の増減は折れ線グラフで表示されます。

折れ線グラフを把握することで、フォロワーがどのタイミングで増えたのか把握でき、伸びた要因を分析することで動画の投稿内容を検討することが可能です。

プロフィール表示回数

プロフィールの表示回数は、動画を視聴したユーザーがアカウントのプロフィールを何度閲覧したかを把握する数値です。

プロフィールを表示された回数が多ければ、ユーザーがあなたの運用しているアカウントに興味を持ち、他の動画を閲覧しようとしている可能性があります。

3つの指標を連動させて分析をする

上記で紹介した3つの機能を別々で分析するのではなく、連動させて分析しましょう。インサイト分析では過去のデータも含め3つの数値を見比べることで、どのような動画がフォロワー獲得に繋がったのかの全体像を掴みましょう。

インサイト分析には必須!TikTokアルゴリズムについて理解しよう!

インサイト分析を行う上でアルゴリズムの理解は必須事項です。インサイト分析を行うことでアルゴリズムの評価を高めることが出来ます。

アルゴリズムを正しく把握することで、投稿した動画がバズりやすくなるだけでなくフォロワーの獲得に繋げることが出来ます。

TikTokアルゴリズムの解説

TikTokにおけるアルゴリズムの基礎について知ろう!

TikTokは、投稿された動画を独自の「アルゴリズム」に基づいてユーザーにおすすめ動画として紹介をします。
ユーザーにおすすめした動画の反応が良いと、さらに多くのユーザーに動画を表示し拡散へとつながります。

TikTokで多くのユーザーに動画を視聴してもらうためには、アルゴリズムで「多くのユーザーに閲覧してもらいたい動画」と評価を受ける必要があると認識しておきましょう。

アルゴリズムを理解しオススメ表示を目指そう!

TikTokのアルゴリズムでは、以下の6つの指標が重要と言われています。

・視聴完了率
・視聴時間
・反応(いいね・コメント)
・シェア数
・複数回再生数
・同アカウントの動画の視聴数

6つの指標を満たす「最後まで動画を視聴し、いいね!コメントをする、同アカウントの方に複数回再生してもらえる中毒性のある動画作り」を意識しながら制作をしましょう。

初めから全ての要素を満たした動画を制作することは難易度が高いので、動画を制作しながら6つの指標をどのように改善すべきかを研究してください。
動画を改善し投稿し続ければ、オススメに表示されやすくなり、結果的に動画再生回数への増加へと繋がります。

TikTokアルゴリズムに関してはこちらの記事で詳しく説明されているのでそちらを参考にしてください。

インサイト分析のやり方と重要性について学ぼう!

正しい分析方法を身につけることで、TikTokアカウントの認知度は大きく変化します。

インサイト分析をしっかりと行い、次の動画に活かすことでアルゴリズムの評価に繋がります。アルゴリズムの評価を得ておすすめ欄に表示されるような動画作りを目指しましょう!

アルゴリズムに繋がるインサイト分析!

インサイト分析を行う際には、自分の投稿を見ていく中でバズった動画や視聴者のコメントが多い動画とそうでない動画を比較しながら分析していくことが重要です。

バズった動画とそうでない動画の両方の分析を行うことで、どのような動画が視聴者から求められているのか、バズりやすい動画はどのようなものかを理解できます。

比較するためには、各動画のデータをスプレッドシートにまとめて解析をしましょう。スプレッドシートにまとめることで分析内容の全体を見ることが出来ます。全体像を見ることでバズった動画などの傾向を知ることにつながります。

投稿時間、コメント数ハッシュタグ、Twitterなどにシェアした回数など、動画内容を細かく解析し、何が評価されたのかを分析してください。

アルゴリズムに基づいたインサイト分析のポイント3選!

ここではインサイト分析を行う際の、「再生回数」「フォロワーの増減」「プロフィールの表示回数」の3つの分析の仕方をより詳しく解説します。

インサイト分析をしっかりと行いアルゴリズムの評価に繋がるようにしましょう。

再生回数

再生回数の欄では時間帯別でユーザーがどの曜日、時間帯に動画を視聴したかを確認できます。この時間帯に注目してみましょう。

例えば、自分の投稿している動画が学生向けのものだとします。学生は授業や部活があるので、日中に動画を投稿しても再生回数のアップは望めないことが分かります。つまり投稿時間は夕方から夜にかけてが最適だということです。他にも、ユーザーがTikTokを利用する時間は平日と休日ではどう変わってくるかを分析する必要があります。時間帯を分析、改善することは再生回数に直結してくるのです

再生回数の増加は「いいね!」や「コメント」、「シェアの増加につながります。TikTokアルゴリズムでは「いいね!」や「コメント」の数が多いほどおすすめ欄の表示されやすくなると考えられています。

以上の内容を理解し、投稿時間の最適化を図っていきましょう!

フォロワー数の増減

フォロワー数の増減の項目では、折れ線グラフをしっかりと確認、分析することが重要です。

折れ線グラフを見る際は、折れ線グラフの起伏が大きいところに注目しましょう。その時期に投稿した動画が起因していることが考えられます。なぜフォロワー数の大きな増減が生じたのか、動画の分析につなげることが出来ます。

フォロワーの増加は、TikTokアルゴリズムにのっとり、おすすめ欄に表示されやすくなると考えられています。おすすめ欄に表示されることによって動画が多くの視聴者の画面に表示され、再生数も伸び、「いいね!」「コメント」「シェア」に繋がります。

フォロワー数の増減はアカウントを運営するにあたり、今後どのような動画を投稿すべきかの指標に繋がります。

プロフィール表示回数

バズった動画の再生回数と合わせて確認したい数値が、プロフィールの表示回数です。

プロフィール表示回数が多い場合、投稿者の動画は統一性があり、ユーザーは他にも同じ内容の動画を見たいと思っています。逆にプロフィール表示回数が少ない場合は投稿者の動画は統一性がなく、ユーザーはあまり興味を示していないことが分かります。

自分のプロフィール表示回数を知ることで自分のプロフィールがどれだけ動画の統一性があるかを分析することで一貫した内容の動画を作っていくことが可能です。

編集部
TikTokでは投稿する動画の内容に統一性を出すことでユーザーに何度も見てもらえると言われています。

バズった動画の期間と、プロフィールを何回表示したかを示す数値が一致していれば、視聴者が投稿者に興味を持っている可能性があります。

プロフィール表示回数が増えることでフォロワーのおすすめ欄に表示されやすくなると言われています。おすすめ欄に表示されることで、再生回数のアップに繋がります

インサイトの設定方法

TikTokのインサイト画面をどのように設定をするのか、手順に沿って解説します。

設定手順

①プロフィール画面右上にある「三」マークをタップします。

②設定とプライバシー画面から、「クリエイターツール」をタップします。

③クリエイターツール画面の上にある「インサイト」をタップします。

④インサイト画面の下にある「オンにする」をタップすると設定完了です。

設定する際の注意点

インサイトを手順に沿って設定しても、うまく表示されない場合があります。
手順に沿っても設定が出来ない場合は、以下の内容をチェックしてください。

インサイトをオンにできない場合の対処法

インサイトの「オンにする」は、全体公開の動画が1本以上あることで初めてタップできるようになります。
また、動画の投稿を友達までと限定している場合はインサイトが活用できないため、設定を変更するようにしてください。

投稿した動画を全体公開する方法は、以下の手順です。

①投稿した動画の右下にある「…」からプライバシー設定を選択します。

②動画の投稿範囲を「誰でも」に変更し、設定は完了です。

インサイトボタンが表示されない場合の対処法

公開範囲を全体に設定しても、インサイトが表示されないことがあります。
インサイトが表示されていない時は、設定がオンになっていない可能性があります。

インサイトを「オン」にするためには、「公開範囲が全体になっている」「インサイトの設定をオンにした」が満たされる必要があります。
表示されない場合は2つの項目がクリアしているのかチェックしてください。

インサイトデータをpcと同期する方法

TikTokインサイト 書き起こし

TikTokのインサイト画面はさまざまな数値を確認できる一方で、アプリではデータを1つずつ手作業で書き起こす必要があります。
データを書き起こす作業が手間と感じている方は、ブラウザ版からインサイトデータをダウンロードすることをおすすめします。

ブラウザ版のTikTokでは、XLSX形式やCSVでデータをダウンロードでき、視聴者の年齢層や、投稿の最適な時期を正しく分析することが可能です。

データを営業資料用として活用もできるので、インサイトデータをビジネスシーンで利用する際はブラウザ版からデータをダウンロードしましょう。

まとめ

・インサイトはアルゴリズムの観点から必要不可欠な数値
・ビジネスアカウントだけでなく一般アカウントも表示可能
・スプレッドシートを活用して他の動画と比較しながら解析をする

TikTokの動画投稿をする中でアカウントが成長しないと感じている方は、動画のインサイト分析をおすすめします。

TikTokのアルゴリズムの観点からどのようなポイントが弱いのか分析し、一人でも多くの視聴者が満足できる動画を制作しましょう。

株式会社pamxyでは、TikTok運用代行サービスを行っています。

実際に弊社で運用しているアカウントは、累計フォロワー33万人、TikTok内コンテストで2度優勝、TikTok公式クリエイターに認定されています。
アカウント運用の中で培われたノウハウを生かして、SNS累計登録者100万人超のプロのSNSマーケターがTikTok運用を一からサポートします。

「認知度・ブランディングを高めたい」「TikTokを活用してターゲット層にリーチさせたい」「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお答えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5