Instagram

【2022】インスタキャンペーンの成功事例10社を紹介!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

若者のユーザーが多く、時代をリードするSNSといっても過言ではないインスタグラム。

求心力が強いインスタでキャンペーンを実施して、ブランドの認知拡大に成功している企業は多いです。

インスタのキャンペーンを検討するにあたって、「他社は、どのようなやり方でインスタのキャンペーンを行っているのだろうか?」そう思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、インスタキャンペーンの成功事例を10社ご紹介。また、インスタのキャンペーンを行うメリットや規約、禁止事項についても言及しています。

本記事を読めば、インスタキャンペーンを実施するための基本情報が把握できるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

インスタキャンペーンを行う3つのメリット

SNSを使ったマーケティングの需要が高まっていますが、インスタグラムでキャンペーンを実施すると、具体的にどんな変化があるのでしょうか?キャンペーンを行うメリットをイメージしたうえで、戦略を練りたいですよね。

ここでは、インスタキャンペーンを行うメリットを3つ解説します。

1. 認知度の向上

キャンペーンが話題になると、多くの人にブランドや商品、サービスについて知ってもらえます。

「こんなブランドがあったんだ!」
「どんな商品を販売してるのだろう?」

このように、直接売上に結びつかなくても、潜在顧客へのリーチにつながるのがメリットです。

インスタのキャンペーンを行うと、認知度が向上するので、今後の活動にプラスの影響を与えます。

2. フォロワーの増加

インスタキャンペーンの応募条件のほとんどは、公式アカウントをフォローしてもらうことが基本です。

そのため、投稿をするとフォロワーの増加に伴い、「いいね」の数も増えるなどよい影響が期待できます。

また、キャンペーンにより獲得したフォロワーが、ブランドや商品に対して深く興味を持つようになると、購買行動につながる可能性も高いです。

3. リピーターの集客

キャンペーンの開催は、これまでに商品やサービスを利用したことがあるユーザーや、しばらく足が遠のいていた顧客の心を再び掴めるチャンスにつながります。

「あの商品、また使ってみようかな」
「今回、機能性がアップしてるみたいで気になる」

など、インスタでキャンペーンを実施することで、リピーター客も獲得しやすいです。

インスタグラムの集客について詳しく知りたい方は、【完全保存版】インスタ集客を成功させるコツ10選!陥りがちな注意点も紹介も、ぜひご覧ください。

 

インスタキャンペーンの規約・注意すべき禁止事項

インスタグラムの規約を守らなかった場合は、アカウントが停止される可能性もあります。

そのため、インスタが定める「コミュニティガイドラインに沿ったキャンペーンを実施することが大切です。

インスタでは、誠実さと有意義なやり取りが重要であることに言及しています。

フォローや「いいね」、コメントといったアクションの見返りに、金券や金銭のプレゼントを提供することは禁止です。

現金をはじめ、商品券やギフトカード、金や投資商品といった現金同等物などを当選景品にすることはできません。

一般的な当選景品は、インスタの規約をクリアできる自社商品をはじめ、自社ブランドと関連性がある他社の商品がよいでしょう。

prohibited

編集部
割引クーポンを景品にしている企業もありますが、景品表示法をよく確認したうえで検討することが大切です。

 

インスタキャンペーンのやり方!3つの集客方法

インスタグラムの規約が把握できたら、次はキャンペーン方法を考えていきましょう。

インスタグラムアカウントのフォローと合わせて、次のようなアクションをユーザーに行ってもらうやり方があります。

  • 「いいね」
  • コメント
  • 写真&ハッシュタグ

早速、それぞれのキャンペーン内容を確認していきましょう。

1.「 いいね」キャンペーン

ワンタップでエントリーできるので、忙しい人でも気軽に参加しやすいのが、「いいね」キャンペーンです。

通勤中や育児中の人でも、時間がかからないので参加してみようかなという気持ちになります。

いいねの数を増やして注目度を高めたい時に、おすすめのキャンペーンです。

2. コメントキャンペーン

コメントを書くのは「いいね」をするよりはひと手間かかりますが、それだけ商品に興味があるユーザーの獲得につながります。

また、コメントをするうえで商品やブランドに対する知識が深まり、愛着もわきやすいこともポイントです。

さらに、企業側もコメントを通してユーザーの声が聞けるため、要望や改善点、感性も把握できるなど、メリットが多いキャンペーンと言えます。

attracting_customers

3. 写真&ハッシュタグキャンペーン

商品に関連する写真とハッシュタグを付けて投稿してもらうことで、ユーザーのフォロワーにもリーチでき、大きな宣伝効果が期待できます。例えば、

#商品名やサービス名
#キャッチコピー

といったハッシュタグを指定し、話題性が高まれば、投稿がバズる可能性もあります。

promotion

インスタ【いいねキャンペーン】成功事例4つ

中小企業から大企業まで活用しているインスタグラムのキャンペーン。

ここからは、成功事例を取り上げて、各企業が実際に行ったキャンペーンの応募方法や景品、応募期間や当選通知方法などをご紹介します。

最初に、「いいね」キャンペーンの成功事例を4つ確認していきましょう。

1. 資生堂

日本を代表する化粧品メーカーの『資生堂』は、いいね&インスタ公式アカウントフォローで、試供品のプレゼントキャンペーンを行いました。

応募方法インスタ公式アカウントのフォロー&投稿へのいいね
景品抽選で100名に資生堂の試供品をプレゼント
応募期間20日間
当選通知方法応募締め切り日の2日後までにDMで連絡
URLhttps://www.shiseido-professional.com/ja/news-and-events/201130-campaign-instagramfollow

商品に対して興味のあるユーザーに試供品をプレゼントし、購買行動への促進につなげています。

また、当選しなかったユーザーも、興味が高まり購入を検討する可能性があるので、大変効果的なキャンペーンと言えるでしょう。当選通知も締め切りの2日後までと、すぐに結果が分かるのもユーザーが参加したいと思える理由です。

2. パナソニック

高品質で信頼性の高い電気メーカーの『パナソニック』。

公式アカウントのフォロー&いいねで、自社製品をプレゼントするスプリングキャンペーンを実施しました。

応募方法インスタ公式アカウントのフォロー&投稿へのいいね
景品抽選で7名にパナソニックの電化製品をプレゼント
応募期間14日
当選通知方法DMで連絡
URLhttps://ec-plus.panasonic.jp/store/page/campaign/sns/21_7/

当選景品は、ロボット掃除機とヘアドライヤー、ワイヤレスステレオと、いずれも当たると嬉しい家電ばかりです。

高額商品もあるのでユーザーの関心が高まり、キャンペーンを通して自社ブランドのファンを増やせます。

3.点天

大阪発の人気餃子専門店の『点天』では、インスタ公式アカウントのフォロー&いいねで、おうち餃子キットが抽選で当たるプレゼントキャンペーンを行いました。

応募方法・インスタ公式アカウントのフォロー&投稿へのいいね

・既にフォローしている場合は、いいねのみでOK

景品抽選で20名におうち餃子キットをプレゼント
応募期間30日
当選通知方法応募締め切り日から約3週間頃にDMで連絡
URLhttps://www.hitokuchigyoza.jp/instagram_campaign/

景品は、有名店の餃子を自宅で作れるという商品で、料理を始めたばかりの人やお子さんのいる家庭などをターゲットにしています。

既存のフォロワーも、「いいね」のみで参加できるように配慮があり、リピーターの集客にもつながっています。

4.悠悠ホーム

福岡や熊本、佐賀エリアで、家族が健康、かつ快適に暮らせる理想のマイホームを提案する『悠悠ホーム』。

インスタ公式アカウントのフォロー&いいねで、他社商品のマルチ圧力クッカーをプレゼントするキャンペーンを実施しました。

応募方法・インスタ公式アカウントのフォロー&投稿へのいいね

・既にフォローしている場合は、いいねのみでOK

景品抽選で1名にBRUNOのマルチ圧力クッカーをプレゼント
応募期間20日間
当選通知方法応募締め切り日から約1週間頃にDMで連絡
URLhttps://www.instagram.com/p/CZqrt1fNRDM/?utm_source=ig_web_copy_link

マイホームの購入を考えるファミリー層にとって魅力的な当選商品となっており、多くの潜在顧客へリーチできます。

コメントを残している応募者も多く、このようなキャンペーンを定期的に開催すると、ユーザーの関心を引きやすいです。

 

インスタ【コメントキャンペーン】成功事例3つ

インスタの「いいね」キャンペーンに続いて、コメントキャンペーンの成功事例も確認していきましょう。

熱のこもったコメントが多く書き込まれることから、キャンペーンが盛り上がります。

1. NTTドコモ

携帯電話の無線通信サービスを通して、豊かなコミュニケーションライフを提供する『NTTドコモ』。

「ドコモダケが応援!コメントキャンペーン」を実施し、インスタフォローに加え、テーマに沿ったコメントを応募条件に掲げました。

応募方法・インスタ公式アカウントのフォロー&「今年中に挑戦したいこと」をコメントする
景品抽選で20名にdポイントを10,000ptプレゼント
応募期間14日間
当選通知方法DMで連絡
URLhttps://www.docomo.ne.jp/campaign_event/docomo_instagram_dpoint/

景品はドコモ独自が発行するDポイントで、約10,000円相当のプレゼントです。

これからスマホの購入予定の若い世代をはじめ、買い替えを検討する人など、ターゲット層に向けた集客の導線になります。

2. Bonaventura

ミラノを拠点に上質な素材の革製品を取り扱う『Bonaventura』。

新作のバッグを、インスタフォロー&コメントでプレゼントするキャンペーンを行いました。

応募方法公式アカウントのフォロー&一定期間の投稿のうち、1投稿に希望の商品番号をコメントする
景品・抽選で3名に新作バッグ

・10名にオリジナルストラップをプレゼント

応募期間14日間
当選通知方法応募締め切り日から約1ヶ月後にDMで連絡
URLhttps://jp.bonaventura.shop/blogs/news/cpn-fc2021ss

景品は自社の新商品であり、キャンペーンにより多くの人の目に留まるので、よい宣伝になります。

また、副賞も設けていて、ユーザーは当選チャンスが多い気がするため、参加したくなるのが特徴です。

3. アイリスフーズ

『アイリスフーズ』は、健康によい選りすぐりのお米や飲料水を販売している会社です。

インスタの公式アカウントのフォロー&飲用シーンのアイデアをコメントすると、自社商品の飲料水が当たるプレゼントキャンペーンを実施しました。

応募方法公式アカウントのフォロー&飲用シーンをコメントする
景品抽選で20名に500mlの強炭酸水24本セットをプレゼント
応募期間8日間
当選通知方法DMで連絡
URLhttps://www.instagram.com/p/Cb9BoSmvjFb/?utm_source=ig_embed&ig_rid=e7e21129-8f8c-412d-beb9-b4dd5b040b65

ユーザーはコメントをする際に、どんな時に飲みたいか想像することで、商品に対する関心が高まります。

当選しなくても、「飲んでみよう」と思う人が増え、獲得したフォロワーには、その後も投稿を通して情報を発信できるのもメリットです。

 

インスタ【写真&ハッシュタグキャンペーン】成功事例3つ

最後にご紹介する成功事例は、写真&ハッシュタグによるキャンペーンです。

写真を撮影する必要はありますが、後は決まったハッシュタグを付けるだけなので、参加者にとって比較的ハードルは低いと言えます。多くの応募が期待できるキャンペーンです。

1. JTB

旅の可能性を広げてくれる旅行会社『JTB』では、約5ヶ月間という長期間の写真&ハッシュタグキャンペーンを実施しました。

応募方法公式アカウントのフォロー&写真撮影してハッシュタグを付けて投稿する
景品抽選で100名に九州の特産品をプレゼント
応募期間約5ヶ月間
当選通知方法応募締め切り日から約2週間後までにDMで連絡
URLhttps://www.jtb.co.jp/nihonnoshun/kyushu/cpn/

応募条件は、インスタ公式アカウントのフォローと、九州の旅の写真に「#日本の旬九州」とハッシュタグを付けて投稿することです。

九州の旅への関心を集められ、行き先を迷っていた人は「それなら、九州に行ってみよう」というきっかけになったことでしょう。

景品は、キャンペーンに関連した九州の特産品です。景品の詳しい指定や説明はなく、届いてからのお楽しみというのも、ワクワク感があります。

2.朝日酒造株式会社

『朝日酒造株式会社』は、200年近い伝統を持つ老舗の酒造メーカーで、年末年始に自社商品のお酒が当たるキャンペーンを展開しました。

応募方法久保田のお酒が写った写真を撮影し、2つのハッシュタグを付け付けて投稿する
景品10名に久保田萬寿 自社 酵母仕込 720ml をプレゼント
応募期間10日間
当選通知方法DMで連絡
URLhttps://www.asahi-shuzo.co.jp/event/2021-12-24.html

久保田のお酒と一緒に過ごす楽しい時間を撮影し、「#久保田」と「#久保田で乾杯」の2つハッシュタグを付けることが応募条件でした。また、公式アカウントのフォローは必須ではないため、より気軽に参加できます。

需要が多い時期にキャンペーンを開催することで効率的に集客ができ、売上にも直結しやすいと言えるでしょう。

3. 東京スイーツパス

都内や東京周辺のスイーツクーポンに特化した本を発行している『東京スイーツパス』。

夏期に約4ヶ月間、写真&ハッシュタグのキャンペーンを行いました。

応募方法『東京スイーツパス 05』を利用したお店での写真や感想&ハッシュタグを付けて投稿する
景品抽選で100名に『東京スイーツパス06』をプレゼント
応募期間約4ヶ月間
当選通知方法DMで連絡
URLhttp://premium-pass.jp/sweets-pass/lp/hashtag05/

応募条件が自社のスイーツ本を利用したうえでの写真投稿なため、販売促進につながります。

また、景品についても次号のスイーツ本なので、リピートして商品を使うことで絶対的なファンの獲得が期待できるでしょう。

 

まとめ

インスタのキャンペーンの事例やメリット、禁止事項などを解説してきました。本記事をまとめると、以下の通りです。

  • インスタキャンペーンは、認知度の向上やフォロワーの増加につながる
  • 商品券やギフトカードなどは、インスタキャンペーンの景品にはできない
  • キャンペーンの景品は、自社商品か関連性がある他社商品がおすすめ
  • インスタキャンペーンのやり方は、フォロー+いいねやコメント、写真&ハッシュタグがある

インスタグラムのキャンペーンを定期的に行うと、フォロワーが増えて、集客がスムーズに行えるようになります。

本記事でご紹介した成功事例を参考に、自社のインスタキャンペーンを実施して成果につなげていきましょう。

pamxy

株式会社pamxyでは、Instagram運用代行サービスを行なっています。

SNSプラットフォームの最前線で活躍するクリエイター陣が、訴求したいポイントを的確に抑えつつ、ターゲットに適したコンテンツ制作を提供します。

「フォロワー数を増やしたい」「Instagramで集客したい」「新商品を PRしたい」といった多様なニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5