インスタントウィン

【見るだけで為になる】Twitterインスタントウィンキャンペーン8選

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンを活用すれば、フォロワー数の増加や自社商品・サービスの認知度向上などの効果を期待できます。

しかし、以下のようにお悩みのマーケティング・広報担当の方は多いと思います。

「Twitterインスタントウィンキャンペーンの具体的な事例を知りたい」
「Twitterインスタントウィンキャンペーンってどうすれば成功する?」

そこで本記事ではインスタントウィンキャンペーンの概要・メリット・活用事例を8個紹介。

本記事を最後まで読めば、Twitterインスタントウィンキャンペーンの具体的な活用方法を把握できます。
自社でインスタントウィンキャンペーンを開催するときのヒントが見つかるはずです。

 

そもそもTwitterインスタントウィンキャンペーンとは

 

「Twitterインスタントウィンキャンペーン」とは、その場ですぐに当せん結果を確認できるキャンペーンのことです。
主にTwitterのフォロワーを獲得するために導入される施策で、ユーザーは「フォロー&リツイート」や「フォロー&ハッシュタグ投稿」をすればキャンペーンに参加できます。

また、抽選結果は参加してすぐに自動で送信されるため、ユーザーが結果をすぐに確認できる点もインスタントウィンキャンペーンの特徴です。

参加が簡単な点・抽選結果が即時分かる点などからTwitterユーザーから人気があり、拡散性にも優れているので最近話題のマーケティング手法となっています。

より詳しく知りたいという方は「こちら」もご覧いただけるとより理解できるでしょう。

インスタントウィンの仕組みを解説!~フォロワー増加・商品宣伝に繋がる~

 

Twitterインスタントウィンキャンペーン参加方法

ユーザーは以下の手順で簡単にインスタントウィンキャンペーンに参加できます。

Twitterインスタントウィンキャンペーンの参加方法

  1. まず、企業の公式アカウントをフォローする
  2. 次に対象の投稿をリツイートもしくは指定のハッシュタグで投稿
  3. ユーザーに抽選結果のリプライもしくはDMが届く

ユーザーはインスタントウィンキャンペーンを行う企業の公式アカウントをフォローしたら、対象の投稿をリツイートするか、指定のハッシュタグを付けて投稿すればOKです。

誰でも簡単にいつでも参加できる仕組みになっています。

編集部
インスタントウィンキャンペーンは何度も挑戦できる点も特徴の1つです。
対象の投稿がタイムラインに流れてくる度にリツイートして参加したり、期間中に何度もハッシュタグ投稿したりできます。

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンのメリット

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンには3つのメリットがあります。

Twitterインスタントウィンキャンペーンのメリット

  • フォロワーの増加が見込まれる
  • 多くの人に認知される
  • 結果がすぐにわかるので参加しやすい

1つずつ解説します。

 

フォロワーの増加が見込まれる

 

ユーザーがTwitterインスタントウィンキャンペーンに参加するには、公式アカウントをフォローすることが条件です。
そのため、Twitterインスタントウィンキャンペーンを行うことでフォロワーの増加が見込まれる点は大きなメリットです。

短期間で効率よく、公式アカウントのフォロワーを増やせます。

 

多くの人に認知される

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンは多くの人に認知されやすいのが大きなメリットです。

Twitterインスタントウィンキャンペーンの参加条件として、リツイートもしくはハッシュタグ投稿が求められます。

対象の投稿がリツイートされたりハッシュタグ投稿が広まったりすることで、公式アカウントのフォロワー以外のユーザーにもキャンペーンを知らせることができます。

自社を知らなかったユーザーにもキャンペーンを通じて存在を知ってもらえるのは大きなメリットでしょう。

結果がすぐにわかるので参加しやすい

 

Twitterインスタントウィンキャンペーンは抽選結果がすぐに分かるので、通常の抽選イベントのように何週間も結果を待つ必要はありません。
抽選に落ちたのか当たったのかすぐに知ることができるため、ユーザーが参加するハードルも下がります。

ユーザーの参加モチベーションを上げやすいのはインスタントウィンキャンペーンならではの強みです。

 

Twitterインスタントウィン活用事例8選

 

Twitterインスタントウィンを活用してうまくいった事例を知りたいという方は多いと思います。
本記事では以下のインスタントウィン活用事例を紹介するのでぜひ参考にしてください。

  • ジョージア
  • カルピス水玉通信
  • 『太陽は動かない』公式
  • 「美食探偵 明智五郎【公式】」
  • 湖池屋
  • ピザーラ
  • みずほ銀行
  • KADOKAWA

では1つずつ見ていきましょう。

 

ジョージア

 

缶コーヒーが人気の「ジョージア」はフォロー&ツイートで参加できるインスタントウィンキャンペーンを開催しました。
キャンペーンツイートをのボタンをタップしてツイートすると、新しく登場した36種類のメッセージボトルを使ったスロット動画がリプライで自動返信される仕組みになっています。

対象ツイートを拡散してもらうだけでなく、ユーザーがゲーム感覚で楽しめるキャンペーンになっているのがポイントです。
結果として5.8万回リツイートされており、広く拡散されました。

 

カルピス水玉通信

 

カルピスの公式アカウントである「カルピス水玉通信」はカンバーセショナルカードを使ったインスタントウィンキャンペーンを開催しました。

カンバーセショナルカードとは、動画・画像とハッシュタグ入りのアクション誘導ボタンを搭載した広告カードを指します。
ユーザーがクイズの答えをボタンをクリックすると、結果がリプライで返信される仕組みです。
クイズに正解すると新しいCMで採用される新曲を先行して視聴でき、ユーザーの好奇心をくすぐるインスタントウィンキャンペーンとなっています。

 

『太陽は動かない』公式

 

映画「太陽は動かない」の公式アカウントでもインスタントウィンキャンペーンを開催しました。
本キャンペーンはフォロー&リツイートで簡単にキャンペーンに参加できるうえに、サイン入りのポスターやドローン、ムビチケなどの豪華な賞品が当たります。

また、映画内の「秘密組織のエージェント」を募集するという設定に合わせてインスタントウィンキャンペーンの応募を「面接」、当せんを「採用」としているのが特徴です。
インスタントウィンキャンペーンを映画と連動した文言に言い換えることで、ユーザーの興味関心を惹きつけた良い例でしょう。

 

「美食探偵 明智五郎【公式】」

 

ドラマ「美食探偵 明智五郎」の公式アカウントではインスタントウィンキャンペーンではなく、インスタントリプライを行いました。
インスタントリプライはインスタントウィンキャンペーンとは違い、リプライが返ってくるものです。
インスタントウィンキャンペーンのように抽選結果が出るわけではなく、複数用意されたリプライのパターンからランダムでユーザーに送信されます。

ドラマ「美食探偵 明智五郎」の公式アカウントはインスタントリプライ機能を導入し、主人公の「明智五郎」が晩ご飯のメニューを選んでくれるというキャンペーンを開催しました。

ユーザーの中には「毎日の献立を考えるのが大変だから便利!」と毎回参加している方もいました。
賞品を用意しなくても工夫次第で、拡散力のあるコンテンツを作れることが分かります。

 

湖池屋

ポテトチップスが有名な「湖池屋」の公式アカウントではインスタントウィンキャンペーンで新商品をプレゼントしていました。
新商品のポテトチップスをプレゼントにすることで、ユーザーの参加モチベーションもアップし、拡散性が高まったのがポイントです。

インスタントウィンキャンペーンを行ったことで、湖池屋の公式アカウントをフォローしていないユーザーにも効率よく新商品を認知してもらえたと考えられます。

 

ピザーラ

宅配ピザが人気の「ピザーラ」の公式アカウントでも2020年4月27日から5月10日までインスタントウィンキャンペーンを開催しました。
フォロー&リツイートを行い、対象ツイートに記載のURLへ遷移することで抽選結果が分かる仕組みになっています。
賞品はピザーラオンライン公式ショップで使える1,000円分のクーポンです。

キャンペーンを開催した時期は「おうち時間」を楽しむユーザーも増えていた時期なので、キャンペーンのタイミングとしてはベストだったと考えられます。

 

みずほ銀行

「みずほ銀行」のスマホ送金・決済アプリ「J-Coin Pay」の公式アカウントでは、サービス認知・ニーズユーザー層との接点拡大を目的としてインスタントウィンキャンペーンを開催しました。

「J-Coin Pay」公式アカウントで行ったインスタントウィンキャンペーンは簡単に参加できるだけでなく、Wチャンスがあるのが特徴です。
ユーザーは当落リプライに付与されたカンバーセショナルカードからツイートすることで、もう一度キャンペーンに参加できます。

ユーザーにチャンスを二度与えることで、公式アカウントのツイートがより拡散されやすくなった良い例です。

 

KADOKAWA

「株式会社KADOKAWA」の公式アカウントとして「KADOKAWAの電子書籍情報」を運営しています。
2018年に「ニコニコカドカワ祭」という電子書籍キャンペーンを行った際に同アカウントでインスタントウィンキャンペーンを導入しました。

同キャンペーンでは総リツイート数が120,738回という好成績を残し、過去キャンペーンの10倍以上のリツイート数を誇ります。
さらに、新規のフォロワーも約12,800人も増えました。
また、株式会社KADOKAWAでは年間を通してあらゆるキャンペーンを行っているため、連動させることでさまざまなインスタントウィンキャンペーンを実施できるのが強みです。

 

もっと成功事例が気になるという方は「こちら」もご覧ください。

Twitterインスタントウィンキャンペーン 秀逸な企業の成功事例を紹介

Twitterインスタントウィンキャンペーンに成功しているアカウントの共通点

先ほどはTwitterインスタントウィンキャンペーンに成功した企業の事例をご紹介しました。
ここではTwitterインスタントウィンキャンペーンに成功しているアカウントの共通点をご紹介します。

ハッシュタグを検知して自動でリプライするツールを導入している

インスタントウィンキャンペーンを実施する上で参加者の人数が多いことが想定されます。
そのため手動でリプライをすることは負担が大きく非現実的です。

そこで自動リプライを行えるツールが必要になります。

自動返信ツールを活用したりインスタントウィンキャンペーンのパッケージプランのある制作会社に依頼するのも手でしょう。
こちらの記事で自動返信ツールやインスタントウィン代行会社をご紹介していますのでもしよければご覧ください。
Twitterインスタントウィンツールのおすすめ8社比較 ~やり方・導入方法まとめ~

カンバセーショナルカードを活用している

カンバセーショナルカードを活用することでユーザーによるハッシュタグのツイートが可能になります。
それにより商品の認知が広まることはもちろんユーザーが主体となって発信するので一方的な宣伝にならず
信頼性のある「口コミ」が可能になります。

インスタントリプライを活用している

インスタントリプライにより複数のリプライパターンを用意することが可能になります。
ランダムにリプライをすることで参加者に「どんな返信がくるのだろう」とワクワク感を与えることができます。

賞品とインスタントウィンキャンペーンの応募と連動させる

上にご紹介した美食探偵 明智五郎の公式アカウントが行っていたように賞品とインスタントウィンキャンペーンの応募と連動させることでストーリー性、特別性をアピールすることが可能になります。

 

まとめ

 

本記事ではインスタントウィンキャンペーンの参加方法・メリット・導入事例を8個紹介しました。
最後にあらためて本記事のポイントを振り返ってみましょう。

本記事のポイント

  • インスタントウィンキャンペーンの参加方法はフォロー&リツイートもしくはフォロー&ハッシュタグ投稿
  • インスタントウィンキャンペーンはフォロワーの増加が見込まれる
  • インスタントウィンキャンペーンはフォロワーの増加が見込まれる
  • インスタントウィンキャンペーンを利用することで多くのユーザーに認知される
  • インスタントウィンキャンペーンは結果がすぐ分かるので参加しやすい

インスタントウィンキャンペーンを導入することで、商品・サービスを効率よく認知させたりフォロワーを増やしたりできます。
SNSマーケティングで行き詰まりを感じている方はぜひ一度インスタントウィンキャンペーンを導入してみてください。

 

また株式会社pamxyではTwittter上のキャンペーンによるフォロワーの獲得と共に自動化による運用負荷の削減を同時に実現するキャンペーン総合管理ツールであるgiff letterを展開しております。

「店舗来店数を増やしたい」、「アプリDL数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

giff letterの詳細はコチラ

 

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5