Instagram

インスタいいね率とは?いいね率を高める方法を徹底解説!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

近年、企業マーケティングにおいて重要となっているSNS運用。
特に、インスタグラムでの投稿はトレンドと結びやすく、マーケティングと相性が良いと言われています。

しかし、インスタグラムのフォロワーが多いアカウントでも「フォロワー数が多い割には投稿のいいね数が少ない」といった悩みがあります。

今回は、インスタいいね率に焦点をあて「いいね率を高めるメリット」「いいね率を高める方法」を詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、フォロワー数といいね数の関係性を知ることができます。

実際にInstagramフォロワー数1.3万人のアカウント運用でも行っている方法ですので、今後の投稿作りの参考にしてください。

 

インスタいいね率とは?

インスタいいね率とは、一つの投稿に対して「いいねの数」をフォロワー(購読者)数で割ったものを表します

具体的には「1フィード投稿(通常投稿)のいいね数÷フォロワー数=インスタいいね率」となります。
インスタのいいね率はエンゲージメント率の一つの指標となる値です。

編集部
エンゲージメント率とは、「投稿に対して反応したユーザーの割合」を指します。ユーザーが投稿に対して「参考になった」「タメになった」といった反応を表すもの。したがって、「いいね率」だけではなく、「保存数」や「コメント」も関係しています。

いいね率を高めるメリット

一般的な個人ユーザーの場合、身内や知り合いに近況を伝える目的でインスタの投稿をしているため、「いいね率」はあまり気にする必要はないでしょう。しかし、ビジネス目的でアカウントを運用する場合は「いいね率」は重要な数値となります。

次は、いいね率を高めるメリットを見ていきましょう。

【メリット】1.コンテンツの質を把握できる

いいね率を高めるメリットとして、「コンテンツの質を把握できる」という点が挙げられます。

「いいね率が高い」状態というのは、「フィード投稿(通常投稿)の質が高い」と判断されます。フォロワー(購読者)に求められている高品質な情報を提供している状態と言えるのです。

反対に、「いいね率が低い」状態というのは、フォロワーに求められていない情報やフィード投稿の質が悪いと判断されてしまいます。

いいね率を高めるには、「フォロワーの求める良い投稿」を作成することです。いいね率の高いコンテンツを把握し、フォロワーがどんな投稿を求めているのかを分析しながら、今後の運用に活用することが重要です。

【メリット】2.ユーザーに投稿が表示されやすくなる

いいね率を高めるメリットとして、もう一つは「ユーザーに投稿が表示されやすくなる」点が挙げられます。

投稿の質ユーザー投稿表示フォロワー外の認知
いいね率が高い投稿の質が高い「人気投稿」「おすすめ」に表示されやすくなるフォロワー外にも認知され、流入が見込める=結果的にフォロワー数やいいね数が増える
いいね率が低い投稿の質が悪いおすすめ表示なしフォロワー外の流入は難しくなる

いいね率が高いと「コンテンツの質が高い」と判断されます。

投稿の質が高いと「人気投稿」や「おすすめ」に表示されやすくなるため、フォロワー外の人からも認知される確率が高くなるのです。

したがって、自社への流入が見込めるため、結果的にフォロワー数(購読者)やいいね数が増えていきます。

反対に、いいね数が低いとおすすめ表示はされないため、フォロワー外の流入は難しくなります。

フィード投稿(通常投稿)の質を高めることによって認知は拡大されるので、フォロワーが求めている投稿を調べて作成するのが重要といえるでしょう。

しかし、「いいね率の高さ」だけがコンテンツの表示のされやすさにつながるわけではありません。

投稿の「保存数」も「人気投稿」や「おすすめ」表示と関係しています。「保存数」の説明は、インスタでバズるための指標「保存数」とは?の記事で詳しくご紹介しています。

 

いいね率を高める方法

いいね率を高める方法として3つの方法があります。

【いいね率を高める3つの方法】

  • ハッシュタグや位置情報を活用する
  • 投稿テーマを統一させる
  • フォロワーとの距離を縮める

詳しく見ていきましょう。

【いいね率UP方法】1.ハッシュタグ・位置情報を活用

インスタいいね数の多いアカウントの共通点として、まずは「ハッシュタグや位置情報を上手く活用してる」という点が挙げられます。

ハッシュタグとは、「#」(シャープ)から始まる文字列を指します。

例えば、「#五目ラーメン」「#○○さんと繋がりたい」など投稿に挿入することで、興味のあるユーザーが検索するのです。

Meta社の情報によると、日本のインスタグラムユーザーは、「ハッシュタグを活用して検索する率が他の国と比べて高い」と公式発表しています。

どのくらい高いかというと、「グローバル平均の5倍」という数値です。したがって、ハッシュタグを上手に活用すれば、フォロワー外からの流入も見込まれる可能性が広がるのです。

ハッシュタグに関する情報は、インスタでの集客で役立つハッシュタグとはに詳しく記載されています。

また「位置情報の活用」では、コンテンツに位置情報を挿入することで、これから旅行を検討しているユーザーが検索します。

企業などの場合は、様々なキャンペーンとつなぎ合わせることによって多くのユーザーに投稿が拡散され、自然と宣伝にも活用されるのです。フォロワー外の「いいね」が多くなると、結果的に「いいね率」が高くなります。

【いいね率UP方法】2.コンテンツテーマの統一 

「いいね数」が多い投稿の共通点として、「コンテンツのテーマが統一されている」点も重要です。

1つのアカウントに対してバラバラの投稿をするより1つのコンセプトに絞って投稿する方が、ターゲットに刺さりやすいアカウントとなるのです。

例えば、購入品紹介の投稿をメインとする場合、家電製品やガーデニング用品など全ての購入品を紹介するよりも「100均グッズ」とジャンルを絞ることが重要です。投稿テーマを統一することにより、「このアカウントは○○専門のアカウント」とユーザーに認知させることができます。

また、コンテンツの内容だけではなく「色味」「デザイン」を統一させることも重要ポイントとなります。ターゲットユーザーが好む「色」「デザイン」を調べ、投稿に活かすことにより、コンテンツ自体に統一感が生まれ、ターゲットに刺さりやすい投稿となるのです。

インスタのアカウント設計については、「【4STEP】インスタのアカウント設計はこれだけでOK!」の記事で詳しく解説しています。

【いいね率UP方法】3.フォロワーとの距離を縮める

「いいね数」を多くする方法として、「フォロワーとの距離を縮める」ことを意識するのも有効です。

具体的には、「投稿に対してコメントやいいねをくれたユーザーに返事をすること」。積極的に交流することで、インスタグラムのアルゴリズムは「良質なアカウント」と認識してくれるのです。

「良質なアカウント」と認定されると、「投稿」「発見タブ」「人気投稿欄」に掲載されやすくなるので、結果的にいいねの数が増えていきます。

また、ストーリーズの活用も有効手段といえるでしょう。ユーザーに対して、「アンケート」や「クイズ」をストーリーに流すことによって交流が生まれます。アンケート機能を利用して、投稿テーマを質問することによって、ユーザーがどんなものを求めているのか実際の声を聞くことも可能となるのです。

インスタのストーリーズに関しては、「企業がインスタのストーリー機能を使う5つのメリット!」で詳しく紹介しています。

編集部
投稿やストーリーズを上手く活用して、フォロワーとの距離を縮めていきましょう。

まとめ

今回は、インスタグラムのいいね率を高める方法について徹底解説しました。

本記事のおさらいをしていきます。

  • 「いいね率」とは、「いいね数」÷「フォロワー数」の数値のこと
  • インスタでの「いいね率」はエンゲージメントの一つ
  • 「質の高い投稿」が「いいね率」を高める
  • 「いいね率」が高いと「人気投稿」「おすすめ表示」されやすくなる
  • 「人気投稿」「おすすめ表示」により、フォロワー外にも認知されやすくなり、結果的にいいね数が増えていく
  • ハッシュタグや位置情報、フォロワーとの交流を上手く利用すると「いいね率」も高まりやすくなる

インスタグラムの「いいね率」を高めるには、まずは「投稿の質を見直すこと」。ユーザーが求めている投稿を継続的に行うことで、結果的にいいね数が増えていきます。本記事でご紹介した方法を参考に、インスタ運用に活用していきましょう。

pamxyのInstagram運用代行

「ユーザーが求めている投稿がいまいちよくわからない」とお悩みではありませんか?

株式会社pamxyでは、Instagram運用代行サービスを行なっています。

SNSプラットフォームの最前線で活躍するクリエイター陣が、訴求したいポイントを的確に抑えつつ、ターゲットに適したコンテンツ制作を提供します。

フォロワー数を増やしたい」「Instagramで集客したい」「新商品を PRしたい」といった多様なニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5