YouTube

YouTubeショートとは?メリットやコツ、投稿方法まで1から解説!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

YouTube-short

YouTubeが2021年からリリースした「YouTubeショート」をご存知でしょうか。
YouTubeで短い動画を投稿出来るショート動画サービスです

最近ではTikTokやインスタグラムのリールなどの短い動画の投稿が流行っています。

本記事では、「YouTubeショート動画の投稿方法について知りたい」「TikTokと何が違うのか」「YouTubeショートを投稿するメリットは何か?」そんな疑問をお持ちの方へ1から解説をいたします。

YouTubeショートとは?

YouTubeショートとは、最大60秒の縦型動画サービスの事です。
TikTokのように縦型の全画面で表示され、上下のスワイプで他の動画に切り替える事が出来ます。

最近はTikTokやインスタグラムのストーリーなど、短時間で見られるショート動画が流行しています。

そのためYouTubeもショート動画の需要の高まりからスタートしたサービスと考えられています。
2021年7月に「ショート」タブが追加されたため流入経路が増え、視聴数も増加しています。

ショート動画を見る方法

shorts-video

ショート動画を見る方法についてご説明します。
登録していないチャンネルの場合、YouTubeアプリの「ショート」タブや「ホーム画面」から見られます。
登録済みのチャンネルが投稿しているショート動画は、動画投稿の一覧からも見られます。

 

ホーム画面に表示される場合、おすすめ動画の中に「ショート」のブロックがあります。
一覧を左右にスワイプすると動画の確認ができ、クリックすると動画が流れます。

通常のYouTube同様、「高評価」「コメント機能」「チャンネル登録ボタン」があるのでユーザーの反応も見られます

ショート動画の投稿方法

YouTubeショートは、スマートフォンからでもパソコンからでも投稿が可能です。

スマートフォンからの投稿

まずはスマートフォンから投稿する方法です。

①YouTubeアプリの「ショート」タブをクリック
②動画の右上にあるカメラマークを押す
③動画撮影または既存の動画を選択
④「音楽」の追加・「テキスト」の追加
⑤タイトルを入力し「アップロード」をタップして投稿完了

①YouTubeアプリの「ショート」タブをクリック
YouTubeアプリから「ショート」タブを開くと、動画が再生されます。

②動画の右上にあるカメラマークを押す
動画の右上にあるカメラボタンを選択すると投稿画面に移ります

③動画撮影または既存の動画を選択
その場で撮った動画を使うことも、カメラロールにある動画を使う事も出来ます。
動画を撮る場合は、15秒と60秒のどちらかを選択して撮影します

④「音楽」の追加・「テキスト」の追加
YouTubeライブラリにある音楽や他の動画のオリジナル音声を選択する場合は15秒のみになるので注意です。
音楽と動画が決まるとテキストを入れる画面で編集をします。
文字のフォント・色・表示場所などを選択します。

字幕や動画の概要など、数10秒の動画が分かりやすくなるようなテキストを入れるようにしましょう。
また、テキスト表示のタイミングも変えられるので、BGMや動画内容に合わせてテキストが出るタイミングを調節してみてください。

⑤タイトルを入力し「アップロード」をタップして投稿完了
最後に、アップロード前にタイトルを入れます。
検索ワードで引っかかりやすいような単語を使ったタイトルにしましょう
ハッシュタグでタイトルに「#shorts」を入れるとショート動画としてアップロード出来ます。

タイトルの付け方は通常の投稿と同様にすればよいでしょう。タイトルの付け方は「YouTubeタイトルの付け方!累計登録者100万人が伝授!」をご参照ください。

パソコンからの投稿

次にパソコンから投稿する方法についてです。

  1. YouTubeにログインし、右上の「作成」ボタンを押します。
  2. 投稿したい動画の選択画面になるので、アップロードします。
  3. 動画のタイトル・詳細を入力し、サムネイルを選択して完了です。

YouTubeショートとTikTokの違いは?

YouTubeショートとTikTokの違いとは何でしょうか。
同じ縦型のショート動画を投稿しますが、役割が違います。それぞれ確認していきましょう

TikTokの場合

TikTokでは視聴者が動画に興味を持ったら投稿者プロフィールに飛び、SNS(Instagram、YouTube等)に遷移する事があります。
そのため、TikTokは各種SNSやホームページへの導線的役割も担っています。

YouTubeショートの場合

YouTubeショートでは、視聴者がショート動画に興味を持つとチャンネル内を回遊します。
そのため、自身のチャンネルのPRのような役割を持っています。

YouTubeショートは通常のYouTube動画と違い、チャンネル登録者数が少ない時でもおすすめ表示される可能性があるので、チャンネルを知ってもらうきっかけにもなります。

YouTubeショート動画の作り方

YouTubeショートとTikTokの果たす役割は違う一方で、同じ縦型動画なので動画の作り方自体は変わりません。
TikTokの動画も、動画をアップロード・または撮影した後、楽曲を選択した後にテキスト入れをし編集をします。

詳しい作り方は【1から解説】TikTok動画の作り方完全ガイドで説明しています。作り方から動画編集で意識すべき事まで1から解説していますのでチェックしてみてください。
また、YouTubeアプリ内でもショート動画を作成する事は出来るのですが、縦型動画の編集がしやすいTikTokの編集アプリの方が断然使いやすいです。

おすすめの編集アプリは【超最新版】TikTok編集アプリのおすすめアプリをご紹介!!でまとめています。
何の編集アプリが良いか迷われている方は参考になさってください。

YouTubeショートを始めるべきメリット3選

YouTubeショートは、現在β版ということで収益化する事が出来ません。

一方で、多くのYouTuberがショート動画を活用しているのには大きなメリットがあるからです。

そのメリットを3つご紹介します。

登録者を伸ばしやすい

1つ目は、登録者を伸ばしやすい事です。
YouTubeショートの特徴として、不特定多数へのリーチがあります。

チャンネル登録者が少なくても、ショート動画はおすすめ表示される可能性があります。
これまでのYouTubeは、初めたての段階では視聴者に認知されにくかったため、ショート動画をきっかけに登録者を伸ばしやすくなりました。

編集部
検索で上位表示されなければ通常の動画は表示されないため、不特定多数の人に見てもらえる事はショート動画において1番のメリットとも言えます。

その一方で、これまでと同様に登録者を更に伸ばすにはVSEO対策も欠かせません。
【2022年最新版】YouTubeVSEO対策完全5ステップ‼︎にて、YouTubeSEO対策で必要な事を網羅しています。
しっかりと対策をし動画作成に活かしていきましょう。

投稿までのハードルが低い

2つ目は、投稿までのハードルが低い事です。
長尺の動画を投稿する時は、字幕入れや効果音入れにもかなりの時間がかかるでしょう。

ショート動画の場合は最大でも60秒までなので編集の手間も少なく気軽に投稿出来る点がポイントです。

編集部
スマホだけで簡単に動画を撮影・投稿できるので、誰でも簡単にYouTubeデビューしやすいです。

これからYouTubeを始める方は、【完全攻略】YouTubeの始め方ガイドを見ていただければ、初めての方でも安心して登録を進める事が出来ます。

TikTokにも投稿できる

3つ目は、TikTokにも投稿出来る事です。
YouTubeショート動画は、TikTok同様の短尺縦型なのでTikTokにそのまま投稿できます。

編集部
ショート用の動画さえ作成してしまえば、TikTok・YouTubeの両方の利用者にアピール出来る点がメリットになります。

TikTok投稿にはYouTube投稿と全く違う攻略方法があります。
TikTokの投稿時間に最適なのは!?データをもとに徹底解説を参考にすれば、TikTokでいち早くバズるヒントを知ることができるでしょう。

ショート動画でチャンネル登録者を増やすコツ

最後に、YouTubeショート動画でチャンネル登録者を増やすコツをご説明します。
闇雲に短い動画を投稿すれば良い訳ではなく、押さえておきたいポイントがあります。

オープニングを工夫する

1つ目は、オープニングを工夫する事です。
視聴してもらうために必須となるのがオープニングの数秒です。

YouTubeショートと通常のYouTube投稿と最も異なる点が、ショート動画は上下にスクロールすることで次の動画に切り替わる点です。
通常のYouTubeは、サムネイルとタイトルを見て興味のある動画を再生しますよね。

ショートは見たい動画を選択する形ではなく、興味のない動画はスキップされるのです。
そのため最初の数秒で如何に視聴者に興味を持ってもらえるかが非常に重要です。

オープニングが引きがあるのかどうかは、アナリティクスから確認をします。
YouTubeアナリティクスの見るべき最重要な5つの指標徹底解説で、アナリティクスを確認する時に意識していただきたい事をまとめています。

YouTube企業アカウントを運営する上でも、分析や改善は欠かせないものですので、是非見方をマスターして下さい。

投稿に統一感を出す

2つ目は、投稿に統一感を出す事です。
YouTubeショートは、興味を持ったチャンネルのショート動画・動画を確認した後でチャンネル登録するケースが多いです。
そのため、投稿に統一感を出すことでチャンネル登録につながりやすくなります。

興味を持った動画と似たようなジャンルの投稿が並んでいるとチャンネル登録してもらえる確率も上がります。
過去の投稿と照らし合わせながら、動画作成を行ってみて下さい。

まとめ

YouTubeショート動画の特徴・他SNSとの違い・投稿のメリット・コツなどをご説明しました。

本記事の内容をまとめます。

・YouTubeショートとは、最大60秒の縦型動画サービス
・自身のチャンネルのPRのような役割を持っている
・YouTubeショートをきっかけに登録者の増加も見込める
・投稿のポイントは、オープニングの工夫と投稿の統一感

いかがだったでしょうか。
通常の動画投稿にプラスしてショート動画も作成する事で、動画露出の機会も増えていきます。
今回ご紹介したコツを踏まえて、是非YouTubeショートも活用してみて下さい。

株式会社pamxyのYouTube運用代行

pamxy

累計自社チャンネル100万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。

ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。

本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

まずは無料WEB会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない

ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5