TikTok

TikTokマーケティング戦略徹底解説‼︎他のSNSより優れている理由は?

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

TikTokは元々10代が動画投稿を楽しむツールでしたが、最近ではさまざまなビジネスシーンにおいてTikTokを活用した集客がおこなわれています。

TikTokを上手く運用することができれば、費用対効果の高い集客ツールとして活用することができます。その中で、どのような場合に成功し、失敗してしまうのでしょうか。
そこで本記事では、TikTokをマーケティングで活用するために効果的な戦略を解説します。

TikTokをビジネスに活用しているものの、なかなか結果に繋げられない企業の広報担当者さんは必読の内容です。

最新TikTokのトレンド把握

TikTokをビジネス運用するためには、TIkTokが従来のトレンドと変化していることを把握する必要があります。
トレンドに合わせたアカウント運用をすることで、多くのユーザーから注目を集める訴求力の高い動画の制作が可能になります。

TikTokがどのように変化をしているのか、「年齢層」「動画の投稿内容の変化」から解説します。

年齢層の変化

TikTokのユーザーは従来10代〜20代の若者がメインターゲットでした。
そのため企業は、10代〜20代の興味のあるサービスや商品をPRする場所としてアプローチしていました。

しかし、現在(2021年時点)のTikTokのユーザーの平均年齢は34歳です。また、ユーザーの平均年齢は年々上昇しています。
年齢層では、特に30代・40代の男性の増加が著しいです。

ユーザーの平均年齢が高くなり、幅広い層をターゲットに設定することができるプラットフォームになっています。

投稿内容の変化

TikTokはプラットフォームの誕生から現在まで、投稿される動画やバズる動画が多様化しています。
どのようにコンテンツが変化したのか、3つのポイントから解説をします。

黎明期

プラットフォームが登場した黎明期では、自撮り、ダンス、口パクなどの動画が流行しました。

TikTok認知度の向上

10代に反応の良い動画が普及していく中で、20代のユーザーもTikTokに参入するようになりました。
これまでのダンス動画だけでなく、お笑い芸人や学校の人気者などが投稿する「お笑い要素の高い動画」も評判が高くなりました。TikTokで投稿した動画がTwitterなどの他のSNSでも拡散されるようになります。

また、笑える面白い動画だけでなく、ゲーム実況者による「ゲームプレイ映像」、動物や赤ちゃんの「癒し映像」など、エンタメ動画にも幅が増えました。その結果、多くのユーザーが参入するようになりました。

現在

エンタメ動画がTikTok内で普及し、認知度が高まってきた2020年頃からは、20代以上の社会人をターゲットに、ハウツー動画や生活に有益な情報を発信する動画も登場します。

現在は、若者のダンスから生活に役立つお得な情報まで幅広いユーザーに響く動画が投稿されています。幅広い層に響く動画が生まれ続けることで、TikTokはより多くのユーザーから支持されるようになりました。

 

TikTokマーケティングのメリット

TikTokを活用したマーケティングは大きく分けて3つのメリットがあります。
どのようなメリットがあるのかについて解説します。

広告への嫌悪感が少ない

TikTokの広告は、強制視聴ではありません。
ユーザーが視聴したくない動画はスキップすることが可能です。

TikTokでは、ユーザーが興味のない動画から興味のある動画までさまざまな動画が掲載されます。
掲載されたおすすめ動画を最後まで視聴するユーザーが多く、「知らない動画への前向きな捉え方」が出来ています。

そのためTikTokのおすすめ欄に記載された広告動画でもユーザーがうっとうしいと感じることは少ないです。

消費金額が高い

TikTokユーザーは動画で紹介されたものへの消費に積極的です。
TikTokを経由した支出平均は約8万5862万円で、SNS全体平均の4万2538円と比較をしても2倍以上の支出を記録しています。

つまり、ユーザーが興味を持っている商品やサービスであれば、動画から商品・サービスの購入へとつなげやすいプラットフォームなのです。

情報拡散力が高い

TikTokはアカウントの評価よりも、動画を単体で評価するアルゴリズムが採用されています。
500人程度のユーザーにランダムに配信し、動画単体で、アルゴリズムによる評価が下されます。

フォロワーの少ないアカウントでも、ターゲットに響く質の高い動画を制作すれば、拡散される可能性は十分にあります。

TikTokマーケティングのデメリット

TikTokマーケティングのデメリットは大きく分けて2つあります。

TikTokマーケティングのデメリットと対処法を紹介します。

売り上げに直結しない可能性がある

TikTok広告は、他のSNSと比べて広告感が薄いため、ユーザーに広告であると気づかれづらいです。

そのため、広告感が薄く売上に直結しない可能性があります。

商品や割引クーポンで直接的に訴求をする広告では、ユーザーは広告であることを強く認識してしまい、動画が最後まで視聴されにくくなってしまいます。

「企業や商品を紹介する」「企業ブランドの認知度を上げる」など、間接的に商品やサービスを宣伝する訴求を求めましょう。

炎上リスクがある

TikTokは拡散されやすい動画のため、炎上するリスクもあります。
炎上した動画はTIkTokからTwitterやFacebookへ拡散し、多くのユーザーに対しネガティブな印象を与えてしまう恐れもあります。

動画を投稿する際には、ユーザーの心理を読み取りながら「不快」と感じさせる動画を発信しないように注意をしながら運用してください。

また、複数人での運用を行い、動画のチェックを行うことが重要です。 動画配信前にチェックを行う仕組みづくりをしましょう。

TikTokマーケティングの手段

TikTokマーケティングは、大きく分けて3つの方法があります。

・ビジネスアカウントの運用
・広告を出稿
・インフルエンサーにPRを依頼

1つビジネスアカウントを保有していることで、さまざまな動画の制作が可能になり、TikTokマーケティングを効果的におこなうことができます。

ビジネスアカウントを運用する

TIkTokで認知度を向上するためには、ビジネスアカウントの開設がおすすめです。
ビジネスアカウントを開設すると、以下のメリットがあります。

ブランディング向上のために必要不可欠な機能が充実するため、ビジネスアカウントの設定をおこないましょう。

ビジネスアカウントの設定

ビジネスアカウントは、開設したアカウントから簡単に設定が可能です。
「マイページの右上→アカウント管理→プロアカウントに切り替える」から設定をおこなえます。

アカウントの種類を選ぶ際に、「クリエイター」ではなく「ビジネス」を選びましょう。
より詳しい設定方法を知りたい方は別記事で紹介していますので、こちらも参考にしてください。

おすすめ表示されやすい動画制作

TikTokの「おすすめ」に表示されると、多くのユーザーに動画が視聴されやすくなります。
他のプラットフォームに比べておすすめへの信頼度も高く、多くの動画よりも積極的な姿勢で動画を閲覧してもらえます。
そのため、おすすめに表示されることは重要な要素です。
そこで、おすすめされやすい動画のポイントをまとめます。

視聴完了率を高くする

視聴完了率の高い動画はおすすめ欄に表示されやすくなります。
動画が最後まで見られるように、訴求力の高い動画制作が必要です。
視聴完了率が高くなると、合計視聴時間も伸びるためおすすめ動画に表示される可能性が高くなります。

共感を増やす

多くのユーザーに共感される動画は、おすすめに表示されやすいと言われています。
いいね!やコメントだけでなく、動画がシェアされるような動画を制作しましょう。

適切なハッシュタグを設定

共感するユーザーを増やすためには、動画に興味のあるユーザーに1人でも多く視聴してもらう必要があります。
適切なハッシュタグを設定し、ハッシュタグから興味を持ったユーザーが動画を最後まで視聴するように動画を制作しましょう。

プロモートで動画を拡散する

TikTokではプロモートと呼ばれる、投稿した動画を広告として拡散できるツールが活用出来ます。
実行すると、指定の数のユーザーに表示されるため、フォローやWebサイトへの誘導が可能になります。
プロモート機能を活用して、多くのユーザーを獲得しましょう。

動画を分析する

投稿した動画を1つずつ検証し、反応の良い動画は何かを探ることも大切です。
動画を分析する際には、以下の指標を1つずつ分析して、なぜ反応が良いのか仮説を立てましょう。

・合計視聴回数
・合計再生時間
・平均視聴時間
・トラフィックソースの種類

特に重要な指標は、平均視聴時間と合計再生時間です。この2つの指標はおすすめ表示に掲載されるかが重要になるため、数値が低い場合はすぐに動画構成の見直しをしてください。

広告を出稿する

ビジネスアカウント運用と並ぶマーケティング手法として、広告出稿があります。TikTok広告は、参入企業が少なく、広告への嫌悪感が圧倒的に少ないため、メリットが大きいです。

TikTokの広告には、大きくわけて3種類の広告があります。
集客につなげるために3種類の広告の特徴を理解し効果的な広告を活用しましょう。

起動広告

アプリを起動した際に表示される広告です。

1日1社と限定されており、とても多くのユーザーの目に止まります。また、外部サイトへの誘導もしやすい広告です。

インフィード広告

インフィード広告は、おすすめ欄に表示されます。
全画面に表示されることから、ユーザーは広告と感じにくく動画を視聴してもらうことが可能です。

他の集客チャンネルへ誘導も可能な仕様となってます。

ユーザー参加型広告

独自のハッシュタグを設定し、ユーザーがハッシュタグを活用した動画を制作することで認知度を高める広告です。
参加へのハードルが低いため、多くのユーザーへの認知度を高めることが出来ます。

インフルエンサーにPRを依頼する

TikTok上には、ユーザーに多くの影響を与えるインフルエンサーがいます。
インフルエンサーにPRの依頼をすることで、認知度を飛躍的に向上することも可能です。

ユーザー参加型広告を制作する際に、インフルエンサーにPRを依頼することでより多くのユーザーに動画を視聴してもらえる可能性が高くなります。

インフルエンサーに依頼をする際はフォロワーの属性を分析しておくことも大切です。
商品やサービスと相性の良いフォロワーが多くいるインフルエンサーに依頼をして企業アカウントの認知度を高めましょう。

各マーケティング手段の成功事例

ビジネスアカウントを開設した企業で、マーケティングが成功した事例を開設します。

ビジネスアカウントPR

ビジネスアカウントのPRで成功した事例は、東京カレンダーの「#東カレグルメ」です。
東京カレンダーは、若年層をメインターゲットにするのではなく、大学生から社会人に設定をして動画コンテンツを配信しました。

ターゲットに合わせたショートドラマを配信しました。
東京カレンダーの中でも個性の強い「筋肉男子」「オーガニック女子」などが実在する飲食店を舞台にしたオリジナルドラマが注目を集めています。

動画公開前には、動画で取り上げた人気店の予約権を獲得する「東カレチャレンジ」も実施して、ターゲットとうまくかけ合わせたSNSマーケティングをおこなっています。

広告出稿

TikTokでは、縦型全画面・音声付きの動画訴求をして強いブランドインパクトを残す運用型広告「Brand Auction」があります。
DIESELの使用した「Brand Auction」は、広告リーチを最大化・動画視聴を最適化する機能です。

DIESELでは、この機能を活用して若年層に認知度・広告・好意度・購買意向を向上させることを可能にしました。

「Brand Auction」を活用すれば、これまでターゲットにしていなかった層へブランドの認知度を高め将来的なユーザーになる可能性が期待出来るでしょう。

インフルエンサーPR

サントリー は、「サントリー南アルプスPEAKER ビターエナジー」とNMB48のグループ内ユニット「Queentet」とコラボをした「#ピーカーダンス」を制作しました。

動画を視聴するだけではなく、ユーザーが投稿した動画の中から5名の「推しTikToker」を選ぶ企画もおこないました。

選ばれたTikTokerは、Queentetが審査員になるだけでなく、公式サイトページに掲載されることから「#ピーカーダンス」でダンスを披露するユーザーが増え話題となりました。

まとめ

いかがだったでしょうか?記事をまとめると、

・TikTokはビジネスシーンでも活用が可能
・ユーザーが若年層から30代半ばに変化
・マーケティング活用する際はビジネスアカウントで運用
・事例を参考に最適な広告運用を検討する

TikTokは若者が楽しむプラットフォームから、さまざまなユーザーが動画を楽しむものへ変化しています。
TikTokを通して集客を検討している方は、本記事で紹介した運用ポイントを意識しながら動画を継続的に投稿していきましょう。

株式会社pamxyでは、TikTok運用代行サービスを行っています。

実際に弊社で運用しているアカウントは、累計フォロワー33万人、TikTok内コンテストで2度優勝、TikTok公式クリエイターに認定されています。
アカウント運用の中で培われたノウハウを生かして、SNS累計登録者100万人超のプロのSNSマーケターがTikTok運用を一からサポートします。

「認知度・ブランディングを高めたい」「TikTokを活用してターゲット層にリーチさせたい」「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお答えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5