SNSマーケティング

Twitterインスタントウィン費用相場5社紹介

マーケドリブン編集部

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数45万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

Twitterインスタントウィンを行うと、自社商品の認知度向上や購買促進などの効果を得られます。

しかし、かかる費用が不明瞭で困っているマーケティング・広報担当者の方は多いです。

そこで本記事では、『Twitterインスタントウィンにかかる費用相場と企業ごとの費用を5社分紹介』します。

記事前半では以来の流れを、記事後半では費用を抑えるコツを解説するので、あわせてご確認ください。

この記事を読めば、Twitterインスタントウィンにかかる費用が分かり、効果的なプロモーション戦略を打てるようになります。

 

Twitterインスタントウィンとは?

Twitterインスタントウィンとは、Twitterで行う抽選方式のキャンペーンです。

ユーザーは、キャンペーンアカウントのフォロー&リツイートやハッシュタグ付きの投稿を行うだけで簡単に抽選に参加できます。

抽選結果は参加直後に自動返信で送られてくるためすぐに分かります。

参加の簡易さや抽選結果の早さからユーザーを集めやすいだけでなく、リツイートやハッシュタグ投稿による拡散性が高いため、現在多くの企業から注目を集めているマーケティング手法となっています。

実際どのようにインスタントウィンを使って成功したのかは「こちらの記事」をご覧ください

Twitterインスタントウィン導入までの流れ

Twitterインスタントウィンを導入する流れを、「ツールを使用するケース」と「代行企業に依頼するケース」の2パターン紹介します。

 

インスタントウィンツールを導入する流れ

Twitterインスタントウィンを導入する流れはこのようになります。

Twitterインスタントウィンツール導入の流れ

  1. Twitterインスタントウィンの目的や目標を設定する
  2. Twitterインスタントウィンの詳細条件を決める
  3. Twitterインスタントウィンのツールを導入する

1ステップずつ詳しく解説します。

 

Twitterインスタントウィンの目的や目標を設定する

まずはTwitterインスタントウィンの目的や目標を設定しましょう。

目的は、認知度向上・ブランディング・購買促進などが挙げられます。

目標については、具体的なリツイート数やフォロワー獲得数などを決めてください。

 

Twitterインスタントウィンの詳細条件を決める

次に、Twitterインスタントウィンの詳細条件を決めます。

Twitterインスタントウィンの詳細条件

  • 実施期間
  • 参加方法
  • 当選人数
  • 当選賞品
  • 賞品の発送方法
  • 利用規約
  • キャンペーンツイートの広告予算・期間

条件はすべて具体的に決めてください。決められない場合は代行企業に相談すると良いでしょう。

 

Twitterインスタントウィンのツールを導入する

最後に、Twitterインスタントウィンのツールを導入します。

使用するツールによっては、ツイート用画像やキャンペーンページのデザインを自社で準備する必要があります。必要な場合はあわせて準備してください。

 

インスタントウィン代行企業の流れ

Twitterインスタントウィンを導入してもらう流れはこのようになります。

Twitterインスタントウィン代行企業の流れ

  1. Twitterインスタントウィン代行企業に問い合わせる
  2. 代行企業と契約を結ぶ
  3. Twitterインスタントウィンの詳細条件を相談する

1ステップずつ確認していきましょう。

 

Twitterインスタントウィン代行企業に問い合わせる

Twitterインスタントウィンの代行企業に問い合わせましょう。

目的や目標・実施期間などの詳細条件を提示したうえで見積もりを貰うことをおすすめします。

 

代行企業と契約を結ぶ

提案内容に満足できる代行企業を見つけたら、契約を結びます。

一貫して依頼するのか、賞品発送以外は依頼するのか、ツールだけを利用するのかなども決めておきましょう。

 

Twitterインスタントウィンの詳細条件を相談する

契約を結んだ後はTwitterインスタントウィンの詳細条件を決定します。

キャンペーンを行う目標・目的を代行企業のノウハウとすり合わせ、一項目ずつ納得のいく内容に決めていってください。

 

Twitterインスタントウィンにかかる費用相場

Twitterインスタントウィンにかかる費用相場は5~120万円になります。

内訳は以下の通りです。

Twitterインスタントウィンの費用内訳

  • ツールの初期費用:5万円~10万円
  • ツールの月額費用:20万~40万円
  • キャンペーンのデザイン費用:10万~30万円
  • 雑務費用(当選者への連絡・賞品の発送など):5万~10万円
  • オリジナルグッズの制作費用:10~30万円

Twitterインスタントウィンの全てを一任すると費用は高くつきます。

専用ツールを利用するだけであれば5~50万円以内に抑えられるでしょう。

 

Twitterインスタントウィン企業費用

Twitterインスタントウィンにかかる費用を企業ごとにチェックしていきます。

giftee

出展:giftee

gifteeの費用

要問合せ

gifteeではツールを用いて抽選を行うだけでなく、当選後のデジタルギフトの付与まで一気通貫で行うため自社負担ゼロでインスタントウィンを行えます。

専用の管理画面では応募者の情報を一括管理できるため、リストマーケティングにも活用できるかもしれません。

費用は明記されていませんが、業界最安値ということなので、詳細が気になる方はぜひ問い合わせてみてください。

 

 

きゃんつくの費用相場

きゃんつくの費用

  • 通常版:40万円~
  • ライト版:30万円~
  • デザイン:30万円~
  • 事務局業務:9万円~

きゃんつくのTwitterインスタントウィンは、コントロールパネルから直感的に操作できるため、誰でも簡単に運用できるのが特徴です。

また、ツイートに掲載する画像やキャンペーンページの制作も任せられるため初心者でも安心して依頼できます。

インスタントウィンを効果的に行いたい方はきゃんつくに依頼してみると良いかもしれません。

 

DIGITAL LINEの費用相場

出展:DIGIRAL LINE

DIGIRAL LINEの費用

  • 初期費用:30万円
  • 月額費用:10万円~

DIGITAL LINEはSNSのインスタントウィンを得意とする企業です。

Webキャンペーンに特化している企業なので、目的次第ではTwitter以外の有用な提案をしてもらえる可能性もあります。

月額費用の支払い期間内であれば何回でもキャンペーンを打てるため、継続的にインスタントウィンを行いたい方に向いていると言えるでしょう。

 

PARKLoTの費用相場

出展:PARKLoT

PARKLoTの費用

  • Freeプラン:無料
  • Proプラン:月額5万円~

PARKLoTはインスタントウィンを0円から運用できるサービスです。

通常200円前後かかるCPF(フォロワー獲得単価)を約2円まで抑えた事例もあり、コストパフォーマンスの良さは抜群です。

とにかく安くインスタントウィンを行いたい方はPARKLoTを選べば間違いありません。

 

TRANSの費用相場

出展:TRANS

TRANSの費用

要問合せ

TRANSではインスタントウィンの企画から運用、効果測定までを一貫して任せられます。

また、キャンペーン当選商品を低価格にてオリジナルで制作してもらうこともできます。

一風変わったインスタントウィンで話題性を集めたい方におすすめです。

 

Twitterインスタントウィンをできるだけ安く実施するには

Twitterインスタントウィンをできるだけ安く実施するためには、デザインを個人へ依頼したり、自社で行ったりすると良いでしょう。

デザインとは具体的に、キャンペーンツイートに用いる画像のデザインやキャンペーンサイトのデザインを指します。

「個人へ依頼する」ケースと「自社で行う」ケースの2パターンを確認していきましょう。

 

デザインを個人に依頼する

Twitterインスタントウィンのデザインを個人に依頼した場合、デザイン費はかなり抑えられます。

個人に依頼した場合のデザイン費相場

  • ツイート用画像のデザイン費:3千~2万円
  • キャンペーンサイトのデザイン費:1万~5万円

企業に依頼した場合のデザイン費相場は10万円~30万円なので、約1万~20万円程度の費用を削減できます。

しかし、個人へ依頼すると依頼者の選定や選定後の連絡、スケジュール管理などで工数がかさんでしまいます。

また、クオリティが担保されていないので納得のいくデザインを納品してもらえない可能性もあるでしょう。

これらの条件を考慮すると、個人に依頼するよりは企業に依頼することをおすすめします。費用は高くつきますが、工数やクオリティの面で安心できます。

 

デザインを自社で行う

Twitterインスタントウィンのデザインを自社で行うと、デザイン依頼相場の約10~30万円を丸ごと抑えられます。

社内にデザインの知見があり、リソースも確保できている場合は自社で行うのも一手です。

ただし、企業の方がノウハウが貯まっている点は留意しておくべきです。

Twitterインスタントウィンの効果を最大限高めたいのであれば、自社で行うよりも企業に依頼する方が良いでしょう。

 

インスタントウィン の費用相場まとめ

本記事の内容は以下のようにまとめられます。

  • TwitterインスタントウィンとはTwitterで行う抽選方式のキャンペーンのこと
  • 企業に依頼する際の費用相場は5~120万円程度
  • 費用を抑えるには、デザインを個人に依頼したり自社で行ったりすると良い

記事内で紹介した企業に問い合わせ、効果的なTwitterインスタントウィンを行ってみてください。

多少費用が高くても、施策が効果的であれば依頼費用以上の効果を得られるはずです。

この記事が、Twitterインスタントウィンの費用を知りたい方の参考になれば幸いです。

pamxy YouTube運用代行

また、株式会社pamxyではビジネスゴールに合わせたSNSマーケティングを実施しております。
自社YouTube登録者数45万人超、TikTok総フォロワー39万人で培ったノウハウと、テレビやYouTubeで活躍するクリエイター陣が企業YouTube運用のご支援をいたします。自社で企画やSEO対策をするには不安があるという場合もpamxyの運用代行であればしっかりとサポートすることができます。

まずは無料相談でビジネスゴール別のYouTubeやSNS活用事例や、同業界での成功事例についてお伝えします。是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

 

  • この記事を書いた人
マーケドリブン編集部

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数45万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

-SNSマーケティング

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5