TikTok

TikTokキャンペーンについて1から解説!【活用事例も紹介】

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

SNSを活用して、自社の商品やサービスを広める施策を取る企業も少なくありません。

SNSの種類によって期待できる効果が異なるため、自社に適したSNSを見つけなければいけません。

中でも拡散力や若年層をターゲットとした施策を実施したい場合は、TikTokでのキャンペーンがおすすめです。

この記事ではTikTokキャンペーンの概要や特徴について紹介します。

TikTokキャンペーンをご検討中の企業さまはご検討ください。

TikTokキャンペーンとは?

TikTokキャンペーンは企業が商品やサービスを拡散するために、一定の条件(フォローやコメント、リツイート、ハッシュタグキャンペーンなど)を設けて、キャンペーン当選者に商品やサービスを提供する広告戦略です。

商品やサービスを提供するキャンペーンがあったり単にSNSを活用するだけのキャンペーンがあったりなど、目的はさまざまですが、企業が希望する目的に沿った施策が実行できます。

TikTokキャンペーンの特徴

TikTokキャンペーンの特徴としては、プラットフォームの特徴をおさえた広告が挙げられます。

TikTokは短い動画が連続で表示されるシステムです。動画が次から次へと流れるため、インパクトが弱い動画はあまり見られずに流れてしまいます。

動画を最後まで見てもらうためには最初の2秒でインパクトを残し、見ている人の興味を残すことが重要です。

また、TikTokはオーガニック投稿の間に広告動画が挟まるため、広告感の動画の場合、広告だとわかってしまいます。

あまりにも広告感が強い動画は見られなくなってしまうため、広告らしさをなくした動画作りも重要です。

TikTokにおける企業の広告事例についてはTikTok企業広告成功事例14選〜成功に導く4つのポイントも大公開〜をご覧下さい。

他SNSキャンペーンとの比較

TikTokは歴史が浅く、他のSNSよりもまだまだユーザー数が多くありません。

しかし、各種SNSにも負けない影響力をもっています。

各種SNSでキャンペーンを出稿できますが、自社商品がどのSNSにおいて効果的なプロモーションができるのかが重要です。

ここからは各種SNSとTikTokキャンペーンとの違いを紹介します。

twitter

Twitterにおけるキャンペーンはフォローやリツイートの機能を使ってキャンペーンの応募者を募ります。

リツイート機能による爆発的な拡散力が期待でき、企業がSNS戦略として利用することも多いです。

他にもインスタントウィンキャンペーンなど他のSNSでは難しいキャンペーンを実施できます。

インスタントウィンキャンペーンとは、Twitterキャンペーンとは、Twitterアカウントをリツイートやハッシュタグ投稿を実施することでその場で当選がわかるキャンペーンです。

ツールを活用すれば当選発表も自動化できるため、負担を増やさずにキャンペーンを実行できます。

Twitterで実施するキャンペーンについて詳しくはTwitterキャンペーンの基礎知識から成功事例までを徹底解説!をご覧ください。

Instagram

Instagramキャンペーンとして、オリジナルのハッシュタグを活用したキャンペーンを実施するのがおすすめです

Instagramはハッシュタグの影響力が高いSNSです。ハッシュタグをつけて投稿することで、自社の商品やサービスの拡散が期待できます。

オリジナルのハッシュタグをつけて投稿してくれた方に向けて、参加の特典プレゼントを用意することで、より多くの参加者が集まります。

キャンペーンの参加条件を自社が達成したい目標に調整可能です。例えば、フォロワーを増やしたい場合はフォローを条件にすることでフォロワーの増加につながります。

また、Instagramではフィード広告やストーリーズ広告を併用して、キャンペーンを実施することで、フォロワー獲得やいいね獲得でより高い効果が期待できます。

YouTube

YouTubeでも企業の商品やサービスを拡散するキャンペーンは多いです。

一方で、YouTubeでキャンペーンを実施する場合は影響力のあるクリエイターやインフルエンサーに依頼するケースが多いです。

企業が自社のチャンネルを持っていれば問題ありませんが、チャンネル登録者が多い企業はそこまで多くありません。

そのため、クリエイターやインフルエンサーの影響力を活用して、商品やサービスを広めるキャンペーンを実施します。

TikTokキャンペーンに向いている商品

TikTokキャンペーンを実施する上で、重要なのは商品やサービスです。商品やサービスの内容によって、キャンペーンへの食いつきも異なってきます。

ここからはTikTokキャンペーンに適している商品やサービスを紹介します。

店頭などで気軽に受け取れる商品をプレゼント対象にする

キャンペーンで配布する商品やサービスは気軽に受け取れる商品がおすすめです。

キャンペーンに当選したとしても商品を受け取る工程が煩わしい場合は、キャンペーンに対しての興味も薄れてしまいます。

より手軽に参加できるキャンペーンにするためにも、商品やサービスは手軽に受け取れるものにしましょう。

バズりたい世代に向けたコンテンツを提供する

TikTokにおける広告ではバズりたい世代に向けたコンテンツを提供することが重要です。

若年層のユーザーの中には自分自身が有名になる(バズる)ことを目的としてキャンペーンに参加している方も少なくありません。

例えば、江崎グリコ株式会社が実施したTikTokプロモーション「#ポッキー何本分体操」においては、選ばれたユーザーの動画が渋谷の街頭ビジョンにて放映されるキャンペーンを実施しました。

結果的に2万3,600本以上の動画がアップロードされ、累計再生数は2,730万回を超える結果に。

TikTokは他のSNSと比べても拡散力が高いため、特に「バズる」ことに敏感なユーザーが多いです。

そのため、キャンペーンの報酬としてバズりたい世代に向けたコンテンツを提供しておくことは重要です。

TikTokキャンペーンのメリット

TikTokキャンペーンは若年層のユーザーが多く、限定的な利用が多いTikTokですが、使い方次第で大きな効果を生み出す可能性があります。

では、TikTokキャンペーンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここからはTikTokキャンペーンのメリットを紹介します。

設定する目標に対して広告を自動で最適化してくれる

TikTokキャンペーンでは自社で定めた目標に応じて、最適化できます。

例えば、フォロワーの増加を目標としたキャンペーンを実施する場合、フォローしてくれたユーザーを対象とすることでフォロワー増加が期待できます。

広告を出稿した場合、ユーザーのアクションが必ず起こるわけではありませんが、TikTokキャンペーンの場合、参加条件の設定次第では必ずアクションを起こしてもらえます。

ユーザーにアクションをより促したい時期はTikTokキャンペーンはおすすめです。

若い世代への訴求がしやすい

TikTokのユーザーは主に10〜20代の若者が多いです。現にTikTokに出稿されている広告は若者をターゲットとしたものが多いです。

社会人よりも時間の確保がしやすい学生は1日の視聴回数や時間が多くなるため、それだけ企業がアピールできます。

逆に30〜40代向けのTikTokを活用した発信はまだまだ未開拓な部分が多いです。そのため、年齢層を上げた広告を検討するのも1つの手段です。

拡散力が高い

TikTokはそもそも拡散力が高いことで、有名です。

TikTokで投稿される動画はそもそも1本の長さが短いため、サクッと見ることができます。そのため、知り合いに動画を薦めやすいのが特徴の1つです。

気軽に学校や職場で動画を見せることができるため、リアルな口コミとして拡散できます。

また、TikTokは動画をそのままInstagramやTwitterに投稿できます。他のSNSに拡散されるため、TikTok自体にそこまでの拡散力がないとしても、他SNSの拡散力を活用してコンテンツが広まります。

TikTokキャンペーン 成功のポイント

TikTokキャンペーンにはさまざまなメリットがあり、ターゲットがTikTokユーザーとして適している場合は効果的な施策です。

では、TikTokキャンペーンを成功に導きたい場合はどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。

ここからはTikTokキャンペーン成功のポイントを紹介します。

話題性を集められるような参加条件にする

TikTokでキャンペーンを実施する場合、話題性を意識した参加条件にするのが効果的です。

TikTokの中にはトレンドがあります。例えば、オリジナルの振り付けのダンスを採用した動画やデュエット機能を使った動画などがトレンドになる傾向が高いです。

流行になるトレンドを盛り込んだキャンペーンにすることで、より多くのユーザーの参加や拡散が期待できます。

簡単に参加できる条件にする

TikTokキャンペーンの参加条件は出来るだけ簡単なものにしましょう。難易度が高い参加条件にしてしまうと、キャンペーン参加者の数が減ってしまいます。

上記でも紹介した通り、TikTokのユーザーは若年層が多いです。そのため、参加条件のハードルを挙げてしまうと、キャンペーンへの参加意欲を削いでしまいます。

また、TikTokキャンペーンは当選数が多いキャンペーンに適しています。拡散性が高いSNSであるため、自社が想定しているよりも多いユーザーにリーチする可能性が高いです。

そのため、キャンペーンの当選数が少ないとあっという間に満たしてしまいます。出来るだけ多くのキャンペーン当選者数を用意して、ユーザーの意欲が上がる施策にしましょう。

TikTokキャンペーンの成功例

TikTokキャンペーンの成功例としては、下記の3つが挙げられます。

・LAWSON「#チーズミルクティー」
・AI「#アルデバラン大切な人」
・Relux「#Relux思い出」

ここからはそれぞれのキャンペーンの概要を紹介します。

LAWSON「#チーズミルクティー」

LAWSON「#チーズミルクティー」では、LAWSONの公式アカウントをフォローし、対象となっている投稿にコメントすることで、応募が完了するキャンペーンを実施しました。

抽選で1名に10,000円分のQUOカードが当たる特典をつけたことや応募へのハードルが低いことから、多くのユーザーが参加しました。

AI「#アルデバラン大切な人」

アーティストのAIさんはアルバム「DREAM」の発売を記念して、TikTokキャンペーンを実施。

友人や恋人、家族などの大切な人との動画を撮影して、AIさんの楽曲「アルデバラン」の使用と「#アルデバラン大切な人」のハッシュタグをつけることで、ミュージックビデオに採用されました。

Relux「#Relux思い出」

Reluxは宿泊したホテルや旅館に関する投稿を促すキャンペーンを実施しました。投稿の位置情報を施設に設定することと「#Relux思い出」のハッシュタグをつけることで、応募の条件となります。

キャンペーンに参加したユーザー全員にReluxで利用できる5%offクーポンを、さらに抽選で5名に指定した施設の無料宿泊券が当たる特典もつけたことで、多くのユーザーが投稿しました。

リソースがない企業さまはキャンペーンTikTok広告の運用代行がおすすめ!

上記のようにユーザーが求める特典を提供することで、より効果的なキャンペーンになります。

TikTokキャンペーンを実施する場合、企画力やアカウントを運用に関するノウハウも必要です。

ノウハウや企画を実行する力がないと、キャンペーンが失敗になるケースも多いため、運用代行を使うのも1つの手段です。

TikTokの運用代行に関してはTikTok広告の運用代行とは?【おすすめの代行会社5選紹介】をご覧ください。

まとめ

・TikTokキャンペーンとは一定の条件を設けて、キャンペーン当選者に商品やサービスを提供する広告戦略
・他のSNSよりも拡散力が期待できる
・TikTokは若年層に対する影響力が高い
・話題性の高さやキャンペーンの参加へのハードルの低さが成功のポイント

今回はTikTokを活用したキャンペーンを紹介しました。TikTokのキャンペーンはプラットフォームの拡散性や目標に対する自動での最適化などのメリットがあります。

若年層に人気があるTikTokですが、利用年齢層が上がってきていることを受けて、今後TikTokでキャンペーンを出そうと考える企業が増えてくる可能性が高いです。

Tiktokキャンペーンを検討している企業さまはこの記事を参考にご検討ください。

 

株式会社pamxyでは、TikTok運用代行サービスを行っています。

実際に弊社で運用しているアカウントは、累計フォロワー33万人、TikTok内コンテストで2度優勝、TikTok公式クリエイターに認定されています。
アカウント運用の中で培われたノウハウを生かして、SNS累計登録者120万人超のプロのSNSマーケターがTikTok運用を一からサポートします。

 

「認知度・ブランディングを高めたい」「TikTokを活用してターゲット層にリーチさせたい」「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお答えします。

 

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

下記フォームよりお申し込みください。

 

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5