Instagram

インスタの下書きはどこに消えた?削除・再編集のやり方も解説

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

ビジネスプロフィール数が全世界で約2,500万件と、企業にとっても大きな影響力を持つSNSのインスタグラム。

フォロワーの心をつかむ画像や動画を投稿することが集客の鍵となりますが、焦らずに下書きに時間をかけることが大切です。

しかしながら、インスタの利用に慣れていない場合は、
「下書きができない」
「下書きがどこにあるのか分からない」
「下書きが消えた」 といったトラブルが多いのも事実。

今回は、インスタの下書きをするメリットをはじめ、保存や削除のやり方などを詳しく解説しています。

本記事を最後まで読めば、インスタグラムの下書きを有効的に使えて、投稿内容の質も上がるので、ぜひ参考にしてみてください。

インスタの下書きを保存しておく3つのメリット

インスタの画像や動画はそのまますぐに投稿する人もいますが、多くのインスタグラマーは下書きを使用しています。

下書きとして一旦保存すると、どんな良い点があるのでしょうか?ここでは、インスタの下書きを保存するメリットについて確認していきましょう。

1. 投稿のストックが作れる

忙しいとついついインスタを投稿するのを忘れたり投稿数が減ったりしがちで、フォロワー離れにつながってしまいます。

そこで、下書き機能を活用すると、事前にいくつかストックを作っておけるため、定期的な投稿がスムーズに行えるのがよい点です。

2. 自分のペースで編集できる

下書き保存ができると、すぐに投稿しなくてもよいため、より時間をかけてクオリティにこだわれます。

焦って納得のいかない投稿をするのではなく、隙間時間を使って自分のペースで編集できるのがメリットです。

少しずつでも内容を吟味しながら編集と保存を繰り返せば、完成度の高い投稿を作れます。

3. 画像を比較しやすい

インスタを投稿する際に、エフェクトやフィルターを変えていくつかの編集パターンを比較したい時に、下書き機能を活用すると便利です。

具体的には、下書きを複数作って、どの画像がいいか比較したうえで最もよいものを投稿できます。

また、自分でインスタ運用する自信の無い方は、「インスタ運用代行の費用を徹底解説‼︎相場やサービス選びのポイントも‼︎もぜひチェックしてみてください。

インスタの下書きがない!消えた時の確認方法

インスタの投稿を下書きしたと思ったのに、保存されていない時や保存場所が分からなくなるケースも少なくありません。

「下書きが消えた…!どこにある?」と思った時の確認方法は、以下を参考にしてください。

  1. フィード画面より『+』ボタンをクリックし、『投稿』を選択する
  2. 『下書き』をクリックすると、保存した下書き一覧が表示される

この方法で確認しても、下書きが見つからない場合は、何らかの原因により保存ができなかったということです。

次章では、インスタの下書きが保存できない時の原因について見ていきましょう。

インスタの下書きが保存できない5つの原因

「絶対に下書きをしたはずなのにどこにもない…。消えた理由は?」このように、インスタの下書き保存が見つからずに、困っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、インスタの下書きが保存できていなかった時に、考えられる原因を5つご紹介します。

1. 画像の編集作業をしていない

インスタグラムの下書きを保存するためには、キャプションをはじめ、タグ付けや場所の設定など、何らかの編集作業を行う必要があります。

画像をアップロードしただけでは保存されないため、下書きを保存する場合はキャプションだけでも付けておきましょう。

edit

2. 下書き中にインスタからログアウトした

インスタからログアウトする際には、下書きが削除される旨を確認するポップアップが表示されます。

それに気づかずにログアウトしてしまった場合は、下書きがすべて消えてしまうので注意が必要です。

インスタからのログアウトが必要な場合は、保存した下書きを投稿することを忘れないようにしましょう。

logout

3. アプリのアップデート

知らないうちにインスタアプリのアップデートにより、アンインストールが行われて保存した下書きが消えるケースがあります。

事前にインスタグラムの公式ツイッターを確認して、更新日時を頭に入れておくのがおすすめです。

update

4. デバイスを変更した

インスタの下書きは、他のデバイスに自動的に記録されることはありません。

機種を変えたり新しいスマホに買い替えたりした場合は、インスタの下書き保存は消えてしまいます。

デバイスを変える場合は、事前に下書き投稿しておきましょう。

編集部
PCでインスタを利用する際には下書き機能がないため、作成途中で投稿しなかった場合は内容が消えるので気を付けましょう。

5. 通信やインスタ側の不具合

下書き処理が正常に行われないと、投稿内容がすべて消えることがあります。

もし投稿中に、何らかの原因によるインスタ側の不具合や通信エラーなどが発生した場合は、アプリの再起動で元に戻る可能性もあるので試してみましょう。

 

インスタの下書きの保存のやり方!3ステップ

ここまでに説明してきた「インスタの下書きが保存できない原因」を踏まえたうえで、正しい手順で下書きを保存することが大切です。

インスタの下書き保存は、以下の3ステップで行えます。

  1. フィード投稿画面の『+』を選び、画像を選択して『次へ』をクリックする
  2. キャプションやタグ付けなど、何かの編集作業を施す
  3. 戻る『<』を2回続けて選択し、『下書きを保存』をクリックする

一旦保存してしまえば、自分の好きな時に再編集や投稿が可能です。

インスタの下書きを削除する方法

インスタの下書きはしたものの、もう投稿する必要がない場合に関しては、下書きの削除ができます。

下書きを削除するやり方は、次の通りです。

  1. 『+』をクリック
  2. 『下書き』より『管理』を選択する
  3. 『編集』をクリックして、破棄したい投稿を選ぶ
  4. 『投稿を破棄する』をクリック

編集部
一旦削除すると復元できないので、複数編集中の場合は、削除する投稿を間違えないようにしましょう。

インスタの下書きを再編集して投稿する方法

事前に下書きしておいたインスタ投稿は、好きなタイミングで再編集や投稿ができます。

再編集や投稿の手順は以下を参考にしてください。

  1. 新規投稿画面より再編集が必要な『下書き』を選択し、『次へ』をクリック
  2. キャプションや位置情報、タグ付けなどを行う
  3. 編集作業が終わったら『シェア』を選択して投稿が完了

編集部
画像を1枚だけ下書き保存していた場合は、再編集により画像の追加も可能です。

また、インスタ集客のノウハウを解説した別記事の【完全保存版】インスタ集客を成功させるコツ10選!陥りがちな注意点も紹介も参考にしてください。

 

まとめ

本記事をまとめると、以下のようになります。

  • インスタの下書きをすると投稿のストックができるのがメリット
  • インスタの下書き機能を使うと、クオリティにこだわった投稿が可能
  • 画像の編集作業をしていないと、インスタの下書きはできない
  • PCではインスタの投稿はできても下書き機能はない

インスタグラムの下書きは、使い慣れれば簡単な操作ででき、大変役に立つ機能です。

時間がない時でも、画像だけ一旦下書き保存しておいて、後でゆっくり編集できます。投稿のクオリティを上げるためにも、ぜひインスタの下書きを活用していきましょう。

 

pamxy

 

株式会社pamxyでは、Instagram運用代行サービスを行なっています。

SNSプラットフォームの最前線で活躍するクリエイター陣が、訴求したいポイントを的確に抑えつつ、ターゲットに適したコンテンツ制作を提供します。

「フォロワー数を増やしたい」「Instagramで集客したい」「新商品を PRしたい」といった多様なニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5