YouTube

YouTubeアナリティクスで絶対見るべき2指標【初心者必見】

岩田竜一

岩田竜一

pamxy映像クリエイター・ディレクター。 登録者29万人チャンネル「あるごめとりい」映像編集・サムネイル制作・データ分析を手掛ける。 前職はTV業界で「世界ふしぎ発見」をはじめとしてテレビ局の垣根を超えた様々な番組の編集を担当してきた。

 

YouTubeを始めたが、どうしたら伸びるのだろうか?
このようなお悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、YouTube開設初期の方向けに絶対に見るべき2つの指標を紹介します。
今回は初心者の方向けにポイントを極限まで削ぎ落とし2つに絞りました。

これら2つの指標を抑える事で、企画・動画制作の際に何を意識すべきかも見えてきます。
本記事を読んでYouTubeアルゴリズムを理解すれば、継続的に伸びていくYouTubeチャンネルの実現に近づけます。

それでは1つ目のポイントから見ていきます。

 

YouTube上でのサムネイルのクリック率を高める

1つめの絶対に見るべき指標はサムネイルのクリック率です。
なぜサムネイルのクリック率を高めることがYouTubeから高い評価を受けるのかを説明していきます。

 

サムネイルとは

サムネイルとは、YouTube動画のタイトル画像です。
サムネイルはYouTube上で検索したり、動画横の関連動画の欄に表示されます。

YouTubeサムネイル説明

サムネイル単体だとこのような形です。
YouTubeサムネイルサンプル
引用:メンタリストDaiGo

 

サムネイルクリック率を高めるメリット

YouTube運用においてサムネイルがとても重要な理由を説明します。
サムネイルをクリックされる動画=視聴者が探している情報に近い動画とYouTubeのアルゴリズムが判断するからです。
YouTubeアルゴリズムに高い評価を受けることでブラウジング画面や関連動画などで優先的に表示されるようになり、視聴回数を増やすことができます。

 

YouTubeのブラウジング画面に表示される

YouTubeブラウジング画面説明

 

YouTubeの関連動画に表示される

YouTube関連動画

 

一般的なYouTubeサムネイルクリック率の目安

一般的にサムネイルのクリック率は3~8%と言われています。
10%を超えるクリック率であれば、素晴らしいクリック率です。
まずはサムネイルクリック率8%を目標にしましょう。

 

Youtubeでサムネイルクリック率を高める方法

それでは、どうすればサムネイルのクリック率は高められるのでしょうか?
先ほどののサムネイルを参考にサムネイルクリック率を高める3つのポイントを見ていきましょう。

YouTubeサムネイルサンプル

サムネイルのクリック率を高める3つのポイント

  • パッと見て0.5秒で内容が分かること
  • フォントや色使いをチャンネルのイメージに合わせること
  • 人の顔が写っていること

多くの情報が流れるYouTubeで手を止めてクリックしてもらうには、内容がすぐに
頭に入ってくることは欠かせません。
文字がくどくなっていないか、小さすぎないかなど作成後に一度見直してみるのが良いでしょう。

また、人は人間が写っている動画をクリックしやすい傾向があるため、登場人物の画像をサムネイルに入れる事も可能なら行うべきでしょう。
これらは多くのYouTubeチャンネルで実践されているため、皆様も見覚えがあるのではないでしょうか?

さらに詳しい内容は「思わずクリックしてしまう!YouTubeサムネイルの作り方と設定方法」の記事で解説しています。

 

サムネイルクリック率の確認方法

YouTubeアナリティクスの動画一覧>分析>インプレッションのクリック率で確認できます。
サムネイルクリック率を高める

 

2:Youtube動画の視聴維持率を高める

2つめの絶対に見るべき指標は動画の視聴維持率です。
それでは、なぜ視聴維持率が大事なのか基本から見ていきましょう。

視聴維持率とは

視聴維持率とは、視聴者が動画をどれくらい見続けたかを示す指標です。
視聴維持率が下がった箇所が、視聴者が動画から離脱している箇所となります。
視聴者がいつ離脱したのかを知る事で、その原因を考察することが可能になります。

 

視聴維持率を高めるメリット

YouTube運用において視聴維持率がとても重要な理由を説明します。
視聴維持率が高い動画=視聴者の満足度が高い動画とYouTubeのアルゴリズムが判断するからです。
先程同様に、YouTubeアルゴリズムに高い評価を受けることでブラウジング画面や関連動画などで優先的に表示されるようになり、視聴回数が増加します。

 

一般的なYouTube視聴維持率の目安

一般的な10分程度の尺の動画の視聴維持率は40%前後と言われています。
登録初期は視聴維持率40%を切らないように、可能ならば60%を目指しましょう。

 

Youtubeで視聴維持率を高める方法

それでは、どうすれば視聴維持率は高めることができるのでしょうか?
早速明日からできる3つのポイントについて紹介します。

視聴維持率を高める3つのポイント

  • 冒頭にアバン*を用意することで本編への期待感を高める
  • 「あー」「えー」などの間をカットすることでテンポを上げる
  • 配信済み動画で視聴維持率が下がった箇所の原因究明し改善する

*アバン=TVや映画でよく使われる手法。番組のメインタイトルの前に番組内容をダイジェスト的に見せて続きを見たいと思わせる手法。

 

視聴維持率の確認方法

YouTubeアナリティクスの動画一覧から分析>概要>視聴維持率を左右する重要なシーンで確認できます。
現状のYouTubeアナリティクスでは、視聴維持率が落ちている箇所を教えてくれます。
そのシーンがなぜ視聴維持率が下がったかを特定し、改善していきましょう。

YouTube視聴維持率を維持するポイント

よくある視聴維持率低下の原因

  • 本題に入るまでの説明が冗長になっている
  • 本編終了後の振り返りVTRやコメントが長い
  • サムネイルやアバンで想起する内容と実際の動画内容が違う

あなたは当てはまっていませんでしたか?1つでも当てはまる場合はすぐに改善をしましょう。
視聴維持率が下がるとYouTubeからの評価も下がってしまう可能性が高くなります。

 

まとめ

 

今回は、YouTube開設初期の方向けに絶対に見るべき2つの指標を紹介しました。
これら2つの指標が高いパフォーマンスの動画を制作する事が、YouTube成功への第一歩です。

絶対に見るべき2つの指標

  • サムネイルのクリック率
  • 視聴維持率

サムネイルのクリック率が高く(=視聴者の探している情報に近く)、視聴維持率が高い(=実際に動画の中身の満足度が高く見続けている)動画はYouTubeアルゴリズムに評価をされます。
その結果、視聴層ユーザへのブランジング画面・関連動画での優先的に表示をされる事で視聴回数を増やす事が可能になります。

継続的に伸びていくYouTubeチャンネルを作るためにも、これら2つの指標を見てYouTube運用をしましょう。

法人向けYouTube運用のポイントについて無料相談を受け付けております。
お問い合わせフォームより是非ご相談ください。

  • この記事を書いた人
岩田竜一

岩田竜一

pamxy映像クリエイター・ディレクター。 登録者29万人チャンネル「あるごめとりい」映像編集・サムネイル制作・データ分析を手掛ける。 前職はTV業界で「世界ふしぎ発見」をはじめとしてテレビ局の垣根を超えた様々な番組の編集を担当してきた。

-YouTube
-

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5