YouTube

YouTubeに動画を公開する前にチェックすべき7つのこと

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

YouTube 検索対処法7選

YouTubeの検索結果で上位表示されると、再生回数やチャンネル登録数が増えやすくなるというメリットがあります。
しかし、上位表示を目指しながらYouTubeを運用している方の中には以下のような悩みをお持ちの方もいるでしょう。

「YouTubeに動画を公開しても、検索結果に表示されない...」

そこで本記事では以下の7点に注目し、検索結果に表示されない原因を一つずつ見ていきます。

  1. キーワードがしっかり統一して設定されているか
  2. タイトルの一番左側に狙うキーワードはあるか
  3. 説明文にキーワードは含まれているか
  4. メタタグにキーワードを含めているか
  5. サムネイルのクリック率
  6. 視聴者維持率
  7. いいね・コメントが多い動画になっているか

狙ったキーワードで動画を上位表示にできれば、再生数や登録者が増加するだけではなく、商品のターゲットになる層を自然流入させ獲得することができます。

この記事を読んで正しく対処を行い、動画をYouTubeの検索結果に表示させましょう!

 

シークレットモードで確認する

YouTubeに投稿した動画の表示位置などを確認する時は、必ず「シークレットモード」に切り替えましょう。

YouTubeには「パーソナライズド検索機能」という、検索履歴や閲覧履歴を分析してユーザーにマッチする検索結果を表示できる機能があります。
パーソナライズド検索機能がONのままだと履歴を反映した検索結果が表示され、リサーチや分析の結果にも偏りが出やすいです。

しかし、シークレットモードに切り替えれば閲覧履歴や検索履歴に影響を受けず、他のユーザーと同じような検索結果を表示できます。
公開済みの動画の表示位置などをより正確に把握するためにも、シークレットモードに切り替えましょう。

編集部
YouTube運用にあたって大事なのは分析・改善です。正確に分析できなければ、いくら改善策を実行しても成果にはつながりません。今から紹介する確認ポイントについても必ずシークレットモードで行ってください。

 

1.キーワードがしっかり統一して設定されているか

ahrefs引用:ahrefs

「YouTubeの上位表示どころか、検索結果に出ない……」という場合は、以下のポイントを確認してみてください。
キーワードにおける確認ポイント

  • 検索上位を狙いたいキーワードを明確化しているか
  • 選定した対策キーワードを動画内で積極的に使っているか
  • サジェストキーワードと組み合わせているか

YouTubeで検索結果の上位表示を狙うのであれば、SEO対策は欠かせません。
ahrefs」などのツールを使用し、検索ボリュームも考慮しながら対策キーワードを設定することが重要です。

また、動画中にキーワードをしっかり盛り込むとYouTubeが読み取ったり聞き取ったりすることもあり、上位表示にもつながります。

編集部
検索窓でサジェストキーワードもチェックし、対策キーワードと組み合わせて使用することもSEO対策では有効です。サジェストキーワードも一緒に盛り込むと、よりヒットしやすくなりますよ。

 

2.タイトルの一番左側に狙うキーワードはあるか

タイトルは、YouTubeが動画を評価する時の判断材料になります。
YouTubeで上位表示を狙うのであれば、以下のポイントを押さえているか確認しましょう。
タイトルにおける確認ポイント

  • 対策キーワードがタイトルの左側に設定されているか

YouTubeのAI(人工知能)はタイトルに含まれるキーワードから動画の内容を判断し、関連表示したり上位表示したりするコンテンツを決めています。

また、タイトルの冒頭に出てくる単語ほど動画と関連度が高いキーワードと判断する傾向があります。
上位表示を狙うのであれば、対策キーワードやサジェストキーワードは左寄せしましょう。

例えば腰痛改善の場合、「 1日5分で出来る腰痛改善になるストレッチを紹介」よりも「腰痛改善になる1日5分で出来るストレッチを紹介」の方が効果的だということです。

編集部
狙いたいキーワードを単に入れておけばいいというわけではなく、置く場所も重要です。ユーザーにどのような動画であるかが伝わりやすいというメリットもあります。

 

3.説明文にキーワードは含まれているか

YouTubeのSEO対策ではタイトルが重要といわれますが、説明文も動画の評価に影響を与えます。
YouTubeの検索エンジンは動画の内容を主にテキスト情報から判断しており、説明文もSEO対策の範囲です。

説明文を記載することは大前提ですが、以下のポイントも確認しましょう。
説明文における確認ポイント

  • 対策キーワードを盛り込んでいるか
  • 特に狙いたいキーワードを1行目の左側で使用しているか

YouTubeは説明文からもキーワードを抽出するので、タイトルに入らなかったキーワードも積極的に盛り込んでください。
説明文の内容でヒットして、検索結果の上位に表示される場合もあります。

編集部
競合動画ではどのようなキーワードを含んでいるかリサーチして説明文を作成するのもおすすめです。

 

4.メタタグにキーワードを含めているか

YouTubeの検索結果で上位表示されるためには、メタタグの設定が必要です。
ユーザーからは見えませんが、メタタグを設定することでYouTube側に動画の内容や属性を伝えられます。

また、設定する時は自分が狙うキーワードで上位表示されている動画のメタタグを参考にしましょう。

競合動画のメタタグは以下の手順で検索できます。
メタタグの検索方法

  1. メタタグを知りたい動画をChrome上で開く
  2. 「ページのソースを表示」をクリック
  3. Command+Fで検索窓を開き「Keywords」と入力する

メタタグを設定すると、同じカテゴリーの動画の関連動画にも表示されやすいというメリットもあります。

編集部
あまりにもたくさんのメタタグを設定すると、タグスパムとみなされるので要注意です。3〜5個を目安に設定しましょう。

 

5.サムネイルのクリック率

サムネイルクリック率を高める

「サムネイルのクリック率」とは、ユーザーのホーム画面や関連動画などに表示された際にサムネイルがクリックされた割合を表す数値です。
「サムネイルクリック率が高い」=「ユーザーが動画を見たくなるサムネイル」ということを示します。

サムネイルを制作する際は、以下の最適化ポイントを押さえましょう。
サムネイルの最適化ポイント

  • 文字は大きくてインパクトがあり、文字数は少ないか
  • 「誰が・何をするか」といった内容が分かりやすいか
  • 人の表情や体などで動きを表現する写真を使っているか

サムネイルクリック率が上がると優先的に表示されるようになりますが、下がった場合は表示位置がどんどん下がるので再生回数にも直結します。
サムネイルを制作する際は、ユーザーがクリックしたくなるデザインを意識することが大切です。

編集部
なかなか上位表示されない場合は、サムネイルのデザインに問題があるかもしれません。最適化ポイントを押さえているか振り返ってみてください。

また、狙いたいキーワードで上位表示されている競合のサムネイルを参考にしてみるのも良いでしょう。

サムネイルの制作方法についてもっと知りたい場合は、以下の記事がおすすめです。
サムネイルのクリック率を上げるコツを丁寧に解説しています。

思わずクリックしてしまう!YouTubeサムネイルの作り方と設定方法

 

 

6.視聴者維持率

YouTube視聴維持率を維持するポイント

「視聴者維持率」とは、ユーザーが動画をどこまで再生し続けたかを表す数値のことです。
例えば、10分尺の動画を5分再生すれば視聴者維持率は50%と計測されます。

視聴者維持率が高い動画はユーザーの満足度が高い良質な動画とYouTubeが評価してくれるため、関連動画などでも優先表示されやすくなります。
視聴者維持率が低い場合は、以下のポイントを押さえているか確認しましょう。

視聴者維持率を高めるポイント

  • 冒頭にアバン*を用意して、期待感を高める
  • 「あー」「えー」などの間をカットし、テンポを上げる
  • 配信済み動画で視聴維持率が下がった箇所の原因を調べて改善する

*アバン=番組のメインタイトルの前に番組内容をダイジェスト的に見せてひきつける手法。TVや映画で使用される。

動画内で視聴者維持率が急に下がった箇所があれば、それは視聴中に離脱したユーザーが多いということを示しています。
定期的に視聴者維持率が下がっている箇所がないか確認し、ある場合は原因究明・改善が必要です。

編集部
10分くらいの動画であれば、視聴維持率は40%前後が平均と言われています。最初は40%くらいを目指し、少しずつ60%前後まで上がるように意識しましょう。

以下の記事では、先ほど紹介したサムネイルのクリック率と視聴者維持率について徹底解説しています。
より深く知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

7.いいね・コメントが多い動画になっているか

YouTubeは、より多くのユーザーに動画を見てもらいたいと考えて上位表示する動画や関連動画などを決めています。
「アクションが多い動画」=「ユーザーから需要がある」と判断され、上位表示も狙いやすくなります。

「いいね・コメント・チャンネル登録」などの数はSEOの面からも重要なポイントなので、以下の2点ができているかチェックしてみましょう。
アクションに関する確認ポイント

  • 動画内で高評価・チャンネル登録するように訴求しているか
  • 動画の内容について世界観・コンセプトを伝えているか

コメント欄に質問を書いてもらうように、動画内で呼びかけるとより多くのコメントを獲得できます。

例えばダイエットの動画であれば「実際にやってみた感想や、皆さんのおすすめの方法も待ってます!」などといったように、動画内でユーザーにコメントを促しても良いでしょう。

ユーザーからのアクションを増やすためには、こちらから呼びかけることが効果的です。

編集部
実は、YouTubeはコメント欄のキーワードも抽出していることはご存じでしょうか?対策キーワードが含まれたコメントがされると、検索結果で表示される位置も上がります。コメント欄もSEO対策に生かしましょう。

 

まとめ

本記事では「検索結果に表示されない......」とお悩みのYouTube運用担当者の方に向けて、7つの対処法を紹介しました。

  • 必ずシークレットモードで分析
  • 対策キーワードを設定する
  • 対策キーワードはタイトルの左側に置く
  • 説明文にも対策キーワードを含む
  • メタタグにも対策キーワードを設定する
  • サムネイルのクリック率・視聴者維持率を確認する
  • いいね・コメント数を増やす

公開済みなのに検索結果に表示されない動画は、上記のようなSEO対策が十分に施されていない可能性が高いです。

狙ったキーワードで動画を上位表示にできれば、商品のターゲットになる層を自然流入させ獲得することができます。
7つの対処法を一つずつ確認しながら、改善していきましょう。

 

「マーケドリブンのことをもっと知りたい」「Youtubeだけでなく、SNSマーケのことをさらに詳しく勉強したい」という方は 下記ボタンから公式ラインを友達追加してみてください!

公式ラインでは、友達限定のお得な有料ノートやキャンペーン情報をお届けします!
友だち追加

株式会社pamxyのYouTube運用代行

pamxy YouTube運用代行
また、株式会社pamxyでは、YouTubeの企画から撮影、編集までを一気通貫で代行するYouTube運用代行サービスを行っています。

自社チャンネル70万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。
ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。
本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にお問い合わせフォーム よりご相談ください。
まずはウェブ会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

  • 記事を読んだが、YouTubeの撮影や機材について不明点が多い
  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない
  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5