YouTube

YouTube企業アカウントの開設から運用、成功事例まで完全まとめ

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

YouTube 企業アカウントまとめ

企業によるYouTubeの活用は、新規顧客獲得やブランディングに効果的です。

とはいえ、

「どうやってアカウントを開設したらいいの?」
「運用方法が全く分からない」

このようにお悩みの方は多いでしょう。

そこで本記事では、現役YouTuber・元TV局員も所属するマーケドリブン編集部が、YouTube企業アカウントの開設方法から運用方法・成功事例までを全てまとめてご紹介します。

この記事を読めば以下について知ることができ、YouTube企業アカウントを活用したブランディングや売上向上を図れるようになります。

この記事で学べること

(ピンポイントで知りたい方は、クリックすると各項目へ飛べます。)

それではさっそく見ていきましょう。

 

目次

企業がYouTubeアカウントを開設すべき理由

今、企業がYouTubeを始めるべき理由は3点にまとめられます。

今、企業がYouTubeを始めるべき理由3つ

  • YouTubeのユーザー数が増加している
  • 文字メディアよりも情報の伝達量が多い
  • コンテンツがストックされていく

1点ずつ解説します。

 

YouTubeのユーザー数が増加している

2020年現在、日本におけるYouTubeのユーザー数は飛躍的に増加しています。

Think with Googleの調査によると、2020年9月のYouTube月間利用者数は6,500万人を超えたとされているほどです。

これだけの利用者がいれば、自社のYouTube企業アカウントを見てもらえる確率もかなり高くなると考えられるでしょう。

編集部
YouTubeの勢いが衰える前に参入しておくのが吉です。

 

文字メディアよりも情報の伝達量が多い

動画は文字とは違い、音や動きを用いて視覚的・聴覚的に情報を伝達できます。

それゆえに動画に含まれる情報量は多く、動画の情報量は文字メディアの約5,000倍、または1分間の動画には約180万文字分の情報量があるとも言われています。

さまざまな情報がインターネット上に溢れかえっている今、ユーザーに短時間で的確な情報を届ける必要性は高まっています。

編集部
YouTubeのような動画メディアが発達している今、情報伝達量の多い動画を活用することはで必須であるとも言えるでしょう。

 

コンテンツがストックされていく

YouTubeはストック型のSNSです。

TwitterやFacebookなどのフロー型SNSとは違い、アップロードしたコンテンツが残りつづけます。アップロードした瞬間だけでなく、何年後かも検索して見てもらえる可能性があるということです。

一度質の高い動画をアップロードすれば、その動画が長きにわたってファンを集め続けてくれるでしょう。

編集部
長期的にストックされ続けていくものなので、早めにスタートして損はないです。

 

1.企業がYouTubeアカウントを開設する3つのメリット

企業がYouTubeアカウントを開設するメリットは以下3点です。

企業がYouTubeアカウントを開設するメリット

  • YouTube視聴者へのブランディング
  • YouTubeを活用した新規顧客教育
  • YouTube経由のお問い合わせ獲得

それぞれ確認していきます。

 

YouTube視聴者へのブランディング

企業がYouTubeアカウントを開設する最大のメリットは、「YouTubeがブランディングに最適なツールである」点です。

現在コンテンツマーケティング業界では、「ストーリー性のあるコンテンツ」がユーザーの共感や評価につながるといわれています。

動きや音がないテキストコンテンツに比べ、動画は動きや音を使って多くの情報を豊かな表現で伝えやすくなっています。

また、動画は視覚・聴覚ともに刺激するため、映像や音楽・トークなど様々な要素を取り入れた動画を制作することで、企業の想いやコンセプトがユーザーの心に残りやすくなります。

編集部
ビールを中心とした飲料メーカーであるアサヒグループは、一見関係なさそうに思える「おつまみ」のレシピを紹介することでビールとの自社商品と動画を一緒に楽しんでもらえる構造を作りブランディングを向上させてといます。

YouTubeを活用した新規顧客教育

企業のYouTubeアカウント運用は、新規顧客の教育にも活用できます。

動画コンテンツはユーザーが新しい発見や価値観に気付くきっかけになりやすいからです。

私たちは生活をするなかで、必要なものや便利なことすべてに気付けるわけではありません。どんなに優れた商品やサービスだと言われていても、自分にとって必要がなければ新しいものを手に取ることはないでしょう。

ユーザーは「ジブンゴト」として、商品・サービスの必要性(ニーズ)を感じることで初めて商品に対する興味・関心が湧いてきます。

つまり、YouTube企業アカウントではユーザーが今まで気付けなかった新しい価値観やニーズを発見できる情報発信を行うことで、潜在顧客を教育・獲得できる可能性が高くなるのです。

編集部
実際にLINEマンガは漫画をチラ見せして続きが気になるような編集をすることによって、新規顧客を獲得しています。

YouTube経由のお問い合わせ獲得

YouTube企業アカウントを運用することで、新規のお問い合わせ獲得にもつながります。

YouTube企業アカウント経由で新しい発見をした視聴者は、企業や商品・サービスのことをもっと知ろうとして調べ始めるからです。

いろいろと調べた結果、検索経由や広告経由で自社のWebサイトにたどり着いてお問い合わせにつながるケースは多いです。

その他にも、YouTube動画の内容に共感した視聴者がSNS上で動画を共有して認知拡大につながる可能性も大いに考えられます。

このように、YouTube企業アカウントを運用すると幅広くさまざまな導線から問い合わせにつながることが想定できます。

 

2.YouTube企業アカウント開設の流れ

ここからは具体的な企業YouTubeの運用までの道のりを解説していきたいと思います。まずはYouTube企業アカウントの開設方法についてです。

YouTube企業アカウントの開設はこのような流れで行います。

YouTube企業アカウント開設の流れ

  1. STEP1:Googleアカウントの開設
  2. STEP2:YouTubeアカウント権限の設定
  3. STEP3:YouTubeチャンネル名の設定
  4. STEP4:チャンネルの説明と装飾の追加

YouTubeアカウントは誰でも無料で5分ほどで開設することができます。また、開設した後もチャンネル名や画像の変更は可能です。

1ステップずつ画像付きで解説していきます。

STEP1:Googleアカウントの開設

YouTube企業アカウントを開設するためには、Googleアカウントが必要になります。

お持ちでない方は、Googleアカウント作成ページよりGoogleアカウントを作成してください。

作成方法がご不安な方は、こちらのページより詳細をご確認ください。

続けて、YouTube企業アカウントの開設方法を見ていきましょう。

 

STEP2:YouTubeアカウント権限の設定

先ほど作成したGoogleアカウントにログインしたまま、YouTubeページを開きます。

ログイン出来たら、画面右上にある自身のアイコンをクリックします。

アイコンをクリックしたら、「チャンネルを作成」を選択してください。

「始める」をクリックします。

2つ選択肢が出てきますが、「カスタム名を使う」の方を選択します。

編集部
「カスタム名を使う」を選べば、複数人のチームで共有しながらYouTube企業アカウントを運用できます。チャンネル名やアイコンを自由に設定できるなどのメリットもあります。

 

STEP3:YouTubeチャンネル名の設定

企業イメージ・コンセプトに沿ったチャンネル名を作成します。

コンセプトが一目で内容が分かるよう、できるだけシンプルなチャンネル名を付けましょう。

 

編集部
検索上位を狙いたいキーワードはチャンネル名の左側に入れるようにしましょう。クローラー(インターネットを巡回し情報を集めるロボット)がキーワードを読み取り、SEO評価が高まります。

 

STEP4:チャンネルの説明と装飾の追加

チャンネル名が設定出来たら、以下の画面になります。

「画像をアップロード」をクリックし、プロフィール画像を設定しましょう。

画像サイズは98×98px以上のものを使ってください。

次に、YouTube企業アカウントの説明と、サイト・SNSへのリンクを設定します。

「チャンネルの説明」には、YouTube企業アカウントで取り上げるテーマや特徴を簡潔に記入してください。この際、上位表示させたいキーワードを左側に寄せて書くとSEO対策になります。

編集部
サイトやSNSへのリンクは漏れなく記載しましょう。新規顧客の獲得にダイレクトで繋がります。

最後に、バナー画像を設定します。

画像サイズは2048×1152px以上のものを使ってください。

編集部
アイコンやバナー画像は、視聴者に対する信頼感につながります。忘れずに設定しましょう。

ここまで設定したものは、以下のように反映されます。

  1. プロフィール画像
  2. バナー画像
  3. サイト・SNSリンク
  4. チャンネル説明

以上にて、YouTube企業アカウントの開設は完了となります。

以下では、YouTube企業アカウント開設後の運用方法を解説します。

運用開始を予定している方は読んでおきましょう。

 

3.YouTube企業アカウント運用の流れ

YouTube企業アカウントを運用する際は、下記の流れに沿って進めましょう。

YouTube企業アカウント運用の流れ

・STEP1.ターゲットとユーザーニーズの明確化
・STEP2.YouTube企業アカウントの開設
・STEP3.動画を制作する
・STEP4.YouTubeに動画をアップロードする
・STEP5.効果的なサムネイルを付与する
・STEP6.データを元に改善していく

1ステップずつポイントを解説します。

 

STEP1.ターゲットとユーザーニーズの明確化

まずは、動画を届けたいターゲットとユーザーニーズを明確にしましょう。

 

1-1ターゲットの明確化

「こんな人に動画を届けたい!」というターゲットを決めましょう。

ターゲットを明確にしないと動画の方向性が定まらず、誰が見ても面白みのない動画になってしまいます。

ターゲットを決める際に考えるべきポイントは以下3つです。

ターゲットを決めるポイント

  • 属性(年齢や性別・職業など)
  • 価値観(仕事第一、お金第一、健康第一など)
  • 悩みや夢(出世したい、お金が溜まらない、筋力をつけたいなど)

上記を書き出して、ターゲット像を定めましょう。

 

1-2.ユーザーニーズの明確化

ターゲットを明確化したら、ユーザーニーズを明らかにしましょう。

ニーズに合わない動画は、たとえ見てもらえれたとしても再生後すぐに離脱されてしまいます。

ユーザーニーズを明確にするためには、同業他社の動画を人気順に並び替え、短期間での再生数の多い動画を洗い出しましょう。短期間で再生回数の多い動画はユーザーニーズが高いと言えます。

同業他社がYouTube市場にいない場合は、検索をかけて上位表示されるテキストコンテンツを参考にするのも一手です。

もしくは、ターゲットとなる層にアンケートを取ってニーズを測るのでも良いでしょう。

 

STEP2.YouTube企業アカウントの開設

次に、YouTube企業アカウントを解説します。

YouTube企業アカウントの開設方法については、先ほどで解説したので割愛させていただきます。

もう一度読みたい方は、「YouTube企業アカウントの開設の流れ」をクリックしてお読みください。

 

STEP3.動画を制作する

YouTube企業アカウントが開設できたら、ユーザーニーズに合った動画を制作します。

動画の作成手順は以下の通り。

YouTube動画制作の5手順

  • YouTube動画のテーマを決める
  • 台本・絵コンテを制作する
  • リハーサルを行う
  • 本番の撮影を行う
  • 撮影した動画を編集する

1手順ずつ簡単に解説します。

 

3-1.テーマを決める

STEP1で明確化したターゲットとユーザーニーズを基にして、動画ごとにテーマを決めましょう。

テーマを決めずに撮影すると、何を伝えたいのか分からない動画になってしまいます。

優先度としては、「同業他社の、短期間で再生数が多い動画企画」から取り組むべきです。

 

3-2.台本を制作する

テーマを決めたら、台本を制作しましょう。

台本があることで、動画のテーマとする内容を整理して視聴者に伝えやすくなります。

初めてYouTubeを撮る方は緊張して話の内容が飛んでしまうことも多いですが、台本があればそのような事態も起こりません。

編集部
台本を作っておくことで編集も楽になります。テロップや効果音の入れる箇所などを台本制作時にある程度決めておけるからです。

 

3-3.リハーサルを行う

本番撮影前に、何度かリハーサルを行いましょう。

台本ではうまく行っていても、いざ実演すると難しいなんてことは多いからです。

YouTube撮影になれている方は、通しで撮影してミスした部分は編集でカットする手法をとっている方も多いですが、初心者の方が同じ手法を取ると編集に時間を取られすぎてしまいます。

また、動画の容量が大きくなりすぎてしまったり、途中で充電が切れてしまったりなどの失敗も起こりやすいです。

編集部
リハーサルを行い、最終調整をした方がクオリティーの高い動画になりやすいです。

 

3-4.本番の撮影を行う

リハーサルが終わったら、いざ本番の撮影です。

撮影する際は、以下3ポイントを注意しましょう。

YouTube動画撮影時のポイント

  • アシンメトリーの構図で撮影する
  • 被写体の目線は、カメラと並行・もしくはカメラが少し上になるように
  • 動画ジャンルの雰囲気と部屋の明るさをそろえる
編集部
YouTube動画撮影のコツについてより詳しくは、弊社で制作したYouTube撮影完全ガイドE-bookで徹底解説しています。ぜひ合わせてお読みください。

YouTube撮影完全ガイドE-book

3-5.撮影した動画を編集する

撮影が終了したら、動画を編集します。

動画編集についてもいくつか注意点があるので、ご紹介します。

YouTube動画編集時のポイント

  • 台本作成時に、ある程度編集のイメージも定めておく
  • 「あー」「えー」など、話の間をカットすることで視聴者を飽きさせない
  • 冒頭にアバン(ハイライト動画)を用意し、本編への期待感を高める
編集部
動画を通して伝えたいメッセージを定めた上で編集しましょう。ただし、伝えたいメッセージを詰め込みすぎないように注意する必要があります。

STEP4.YouTubeに動画をアップロードする

動画が完成したら、制作した動画をYouTube上にアップロードします。

アップロードの際に気を付けるポイントは以下です。

YouTube動画アップロード時のポイント

  • アップロードの際はタグ設定を必ず行う
  • 理想的な動画投稿ペースは週2回以上
  • タイトルや説明文、動画内にもキーワードを入れる

1ずつ解説します。

 

4-1.アップロードの際はタグ設定を必ず行う

アップロード時のタグ設定は非常に重要です。

ハッシュタグやメタタグを設定することで、アップロードした動画が検索結果や関連動画に表示されるようになります。

編集部
弊社のYouTube企業アカウント「あるごめとりい」では、約8割がGoogleのオススメ(ブラウジング・関連動画等)から流入しています。

 

4-2.理想的な動画投稿ペースは週2回以上

YouTube動画の投稿ペースは、最低でも週2回以上が好ましいです。

YouTubeの検索結果画面は新着動画から優先的に上位に表示されるからです。

新しい動画を多く出すほど、見られる確率も上がるのです。

編集部
弊社のチャンネル「あるごめとりい」は、週3回のペースで動画をアップロードしています。

 

4-3.タイトルや説明文、動画内にもキーワードを入れる

動画のタイトルや説明文に、表示させたいキーワードを組み込みましょう。

クローラー(インターネットを巡回し情報を集めるロボット)がキーワードを読み取り、SEO評価が高まるからです。

効果的なキーワードの組み込み方はこのようになります。

SEOに効果的なキーワードの組み込み方

  • タイトルは短く、左側に狙うキーワードを含める
  • 動画の概要欄の1行目に狙うキーワードを含める
  • 動画中にもキーワードを積極的に仕込んでおく
  • 狙ったキーワードをコメントしてもらえるように工夫する

クローラーは、キーワードが早めに出てくるものを関連度が高いと認定します。キーワードは左寄せ・且つ一行目に持っていくようにしましょう。

また、クローラーは動画内の音声や自動生成される字幕も聞き取ったり読み取ったりしています。狙いたいキーワードを、台詞としてたくさん仕込んでおくとSEOに効果的です。

さらに、クローラーはコメント欄も巡回しており、狙ったキーワードがコメントされると表示順位が上がりやすくなります。狙ったキーワードをコメントとして残してもらえるよう工夫を凝らすと良いでしょう。

編集部
YouTube検索のSEO順位が高い動画は、Googleの検索結果にも表示されやすくなります。流入減を増やせるため、積極的に対策をしましょう。

 

STEP5.効果的なサムネイルを付与する

YouTube動画を公開する前に、動画へサムネイルを付与しましょう。

動画のサムネイルは、セレクトサムネイルではなくカスタムサムネイルの設定を推奨します。

カスタムサムネイル作成のコツは下記のとおり。

カスタムサムネイル作成のコツ

  • “少ない文字数”でわかりやすく内容を伝える
  • フォントは大きく!インパクトを与える
  • 右下のタイムインジケーターと文字が被らないように
  • 人の写真を入れる

それぞれ参考画像付きで解説します。

 

5-1 “少ない文字数”でわかりやすく内容を伝える

YouTubeサムネイルは少ない文字数で分かりやすく

YouTubeのサムネイルは、できるだけ少ない文字数で分かりやすく内容を伝えましょう。

多数ある動画の中からクリックされるためには、一瞬でインパクトを残し、且つ動画の内容をイメージさせる必要があるからです。

文字数が多すぎると、読むのが難しくスルーされがちな傾向があります。

サムネイル内の文字数は最大でも20文字に抑えましょう。

編集部
サムネイル内のテキストは、いわば「キャッチコピー」です。少ない文字数で、いかに視聴者の心をつかむかが勝負どころとなります。

 

5-2フォントは大きく!インパクトを与える

YouTubeサムネイルはフォントは大きく

サムネイルのフォントは大きく、インパクトを与えるものにしましょう。

ユーザーにインパクトを与えられなければ、スルーされてしまいます。

インパクトを残すためのコツは2点です。

サムネイルでインパクトを残すコツ

  • 画像の印象とフォントイメージを合わせる
  • 背景の色と、文字の配色を整える

動画の内容に合った画像とフォントを使用し、ユーザーに動画のイメージを湧かせましょう。

この際、文字の色やフォントが画像や背景とかけ離れ過ぎていると、ユーザーにちぐはぐな印象を与えてしまいます。

とはいえ、似たような配色に寄せすぎると文字が目立ちづらくなる可能性が高まります。

文字の配色・フォントは、目立ちつつ違和感がないものを慎重に選ぶべきです。

 

5-3右下のタイムインジケーターと文字が被らないように

YouTubeサムネイルは人の画像入れる

YouTubeの検索結果では、サムネイルの右下にタイムインジケーター(動画の長さ)が表示されます。

タイムインジケーターと文字が被ってしまうとせっかくの文字が読めなくなってしまいます。

文字がタイムインジケーターと被らないよう、配置には十分気を付けましょう。

 

5-4人の写真を入れる

サムネイルに人の顔が表示されていると、ユーザーの目に留まりやすくなります。表情が豊かだと動画の内容を想起しやすくなるため、なお良いです。

また、YouTube企業アカウントにおいては、情報発信者がサムネイルに度々現れることで、「信頼できる人物の動画」として認識されることも大切です。

動画の内容に合った表情の写真を、サムネイルに組み込んでみてください。

サムネイル制作についてより詳しく知りたい方は、思わずクリックしてしまう!YouTubeサムネイルの作り方と設定方法の記事をお読みください。

サムネイルのクリック率を上げるコツを分かりやすく解説しています。

【見本】クリックされるYouTubeサムネイルのデザインポイント、ルールを解説

 

STEP6.データを元に改善していく

最後に、YouTube動画を公開して得たデータを元にして動画の内容や質を改善していきましょう。

目指すべき地点はこちらです。

YouTube企業アカウントの目標値

  • サムネイルクリック率7%以上
  • 視聴維持率は40%

詳細を見ていきましょう。

 

6-1サムネイルクリック率を7%以上にする

現在のYouTubeは、サムネイルのクリック率が高い動画がホーム画面や関連動画へ優先的に掲載される仕組みになっています。

ホーム画面や関連動画に動画が掲載されるとより多数のユーザーに動画を見てもらうことができ、再生数を伸ばしやすくなります。

弊社の場合、様々なアカウントを運用する中でサムネイルのクリック率が7%を超えたあたりからこれらへの表示が格段に増えたという傾向があります。

ですので、まずはクリック率7%を目指しましょう。

 

6-2視聴維持率は40%を目指す

動画の視聴維持率は40%以上を目指しましょう。

Googleのアルゴリズムでは「視聴維持率が高い=ユーザー満足度の高い動画」と判断され、満足度の高い動画ほどホーム画面や関連動画に掲載されやすくなるからです。

編集部
アップロードした動画の中で、サムネイルのクリック率と視聴維持率の高かったものから中心に分析をしましょう。傾向を掴みながら動画制作をすることが大切です。

 

4.YouTube企業アカウントの成功事例

YouTube企業アカウントの成功事例を見て、自社のYouTube運用に活用しましょう。

本記事で紹介する企業YouTubeアカウントは以下3つになります。

企業YouTubeアカウントの成功事例3選

  • 不動産が身近に感じる高クオリティー動画が人気【不動産投資の楽待】
  • 動画でイヤホンを徹底解説 【e☆イヤホン】
  • プロの営業メソッドを毎日投稿 【即決営業チャンネル】

それぞれ見ていきましょう。

不動産が身近に感じる高クオリティー動画が人気【不動産投資の楽待】

楽待は、投資用不動産マッチングサイト「楽待」が運用するYouTube企業アカウントです。

不動産投資について、エンターテインメント性に富んだ形で紹介しています。

【不動産投資の楽待】人気の動画

  • 様々な不動産投資の収支公開動画
  • 不動産業界の実態を暴く動画
  • 不動産投資の考え方を芸能人と一緒に勉強する動画

コンテンツテーマとサムネイルのどちらもテレビ風である点が人気の理由と考えられます。

動画にはキャイ~ンの天野ひろゆきさんや総合格闘家の朝倉未来さんなど、豪華な面々が出演している点も注目ポイントの一つとなります。

編集部
エンタメ性を取り入れる事で、不動産に興味がない層に対しても認知度を高めることに成功しています。さらに、興味深いコンテンツ展開によって不動産投資を身近に感じさせる効果もあります。実際の問い合わせにも影響しているのではないでしょうか。

 

動画でイヤホンを徹底解説 【e☆イヤホン】

e☆イヤホンは、イヤホン専門店「e☆イヤホン」のYouTube企業アカウントです。

自店で販売しているイヤホンの特徴を、初心者でもわかりやすいように店員さんが紹介しています。

【e☆イヤホン】人気の動画

  • 新しいイヤホンのレビュー動画
  • イヤホンの音質・スペック比較レビュー動画
  • e☆イヤホンスタッフの愛機を紹介する動画

色々な店員さんのキャラを押し出した企画形式の動画や、ゲストを招いた生配信を行なっています。

編集部
商品ページだけでは伝わりにくいイヤホンの特徴や違いを、様々な店員さんがテンポよく紹介しているので、見ていて楽しい上にイヤホンが欲しくなる内容になっています。

また、動画の概要欄に記載されているe☆イヤホンの通販サイトから直接すぐに購入できるのも魅力的です。

 

プロの営業メソッドを毎日投稿 【即決営業チャンネル】

即決営業チャンネルは、株式会社即決営業が運用するYouTube企業アカウントです。

営業マンに向けて、「即決」にこだわった営業ノウハウを発信しています。

【即決営業チャンネル】人気の動画

  • 即使える営業トークやノウハウ・コツの解説動画
  • 営業で絶対に使ってはいけない禁止ワードの紹介動画
  • 営業マンの考え方やマインドの解説動画

ターゲットニーズを明確に捉えて動画をアップロードしており、制作コストもかなり安く抑えられているため非常に参考になります。

編集部
「動画よりも詳しい情報を知りたい!」という視聴者を、概要欄のリンクから自社サイト・公式LINEに誘いこみ、コンサルやセミナーの参加につなげています。

中小企業にとってYouTube活用とは、ブランディングの向上や新規顧客の獲得に繋がる大きなチャンスになります。是非既に成功している事例を参考にして運用をして行きましょう。

また、上記の3つのチャンネルには下の3点をしっかりと抑えてYouTube運用が行われています。

非常に大事なポイントですので、これらを忘れないように注意してください。

・チャンネルのコンセプトをしっかりと決めて企画をしている
・ターゲットのニーズに合わせた動画を作成している
・アップロード後にしっかりとSEO対策を行っている。

また、マーケドリブンでは、上記3つ以外にもさまざまなYouTube企業アカウントの成功事例を紹介しています。

ぜひ合わせてご確認ください。

YouTubeマーケティングで最低限知っておくべき成功事例8選

中小企業のYouTube成功事例まとめ8選|通販から八百屋まで

 

まとめ

本記事では、以下の5点をお伝えしてきました。

本記事で紹介した内容

  • 何故今企業がYouTubeを始めるべきなのか
  • 企業がYouTubeアカウントを開設する3つのメリット
  • YouTube企業アカウント開設の流れ
  • YouTube企業アカウント運用の流れ
  • YouTube企業アカウントの成功事例

YouTube企業アカウントを開設・運用し、自社のブランディングや売上向上に繋げましょう。

この記事が、YouTube企業アカウントについて知りたい方の参考になれば幸いです。

YouTube企業アカウントの開設・運用方法が分からなくなったら、ぜひ本記事を再度お読みください。ブックマークしておくと便利かもしれません。

pamxy YouTube運用代行

また、株式会社pamxyでは、YouTube活用のメリット・同業種の成功事例について無料相談でお伝えしています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

この記事を読んだあなたにおすすめの記事

 

企業YouTubeアカウントを開設する5つのメリット

YouTube動画の制作会社8社と選ぶ際の3つのポイント

YouTubeコンサル会社を6パターンに整理し10社一挙紹介

 

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5