SNSマーケティング YouTube

YouTube集客で絶対に覚えておくべき5つのポイント

マーケドリブン編集部

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数45万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

企業チャンネルとして動画を開設した方の中には以上のような壁にぶつかり頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。

「動画再生数が伸びず、サービスや商品の誘導に繋がらない」

「ただYouTubeチャンネルの動画で商品動画を発信しているだけ」

YouTube動画の使い方に悩んでいる企業担当者の方におすすめが、「YouTube集客」です。

本記事では、YouTube集客とは一体どのようなものなのかを簡単に解説しながら、失敗しないYouTube集客を紹介します。

YouTubeチャンネルを開設しているものの、商品やサービスの購入に直結していない方におすすめです。

YouTube集客とは?

YouTube集客とは、サービスや商品を紹介動画チャンネル内で紹介しながら、魅力を伝えるというものです。

ここ最近、Web集客として話題になっている集客方法のアプローチの1つです。

サービスの詳細をInstagramやTwitterなどの写真・ショート動画で伝えられない方が、YouTube動画でサービス内容を説明することで、分かりやすくサービスや商品の内容を資格的に伝えることが可能になります。

YouTube集客の5つのポイント

YouTube集客を目指すのであれば、「5つのポイント」が重要です。

特に以下に紹介する5つのポイントに注目をしながら、動画の見直しをするように心がけてください。

YouTube集客はターゲットを選定する

YouTubeの集客動画において、重要になる1つ目のポイントは、「ターゲットの選定」です。

そもそも紹介しているサービスや商品は、誰をターゲットにしているのか、明確に設定しておく必要があります。

例えば、「車」を例にして考えてみると、「デートにおすすめのスポーツカーを紹介する動画」と、「家族で楽しく過ごせるキャンピングカー動画の紹介」では、ターゲット層が明らかに違うことが分かるのではないでしょうか。

ターゲットを「車」だけで選定するのではなく、「20代」「独身」「収入が高い」といった細かい属性まで設定をしておくことが大切です。

細かいターゲット層を絞ることで、特定のユーザーに刺さる動画を発信できるだけでなく、集客につなげることが可能です。

まずは動画のターゲットを選定するように心がけましょう。

タイトルに重要ワードを入れSEO対策

YouTubeでは、動画の内容だけではなくタイトルも重要な集客要素の1つになります。

YouTube動画では、Google検索も対象になるため、検索ワードに引っかかる「ワード選定」が大切です。

YouTube動画タイトルの選定として、大切な基準は以下の通りです。

  • 動画タイトルの情報だけで動画の中身の分別が可能
  • 他の動画とどのような差別化が行われているのかわかる
  • ユーザーが動画検索をするワードを反映している
  • 想定しているタイトルは、左側に寄せる

以上4つを意識しながら動画タイトルを検討してみましょう。

※記事を貼る

YouTube集客はサムネイルを工夫する

YouTube動画を1人でも多くの人に視聴してもらうためには、サムネイル画像の作成も大切なポイント の1つです。

サムネイルクリック率が高くなれば、必然的に動画への流入が増えるためサムネイルクリック率がどの程度なのかを確認しましょう。

サムネイルを作成する際は、以下の3つのポイントに注意をしながら作成を心がけましょう。

  • 文字数は極力少なく
  • 表情は動きなど視聴者が分かりやすいものを採用する
  • 視聴者のニーズに合わせた言葉をサムネイルに取り入れる

ポイントを押さえてサムネイル画像を改善すれば、既存の動画でも再生数が高くなり、結果的に集客が期待できます。

タイトルと合わせてサムネイルの設計も検討しましょう。

YouTube集客はコンスタントに動画を出す

YouTube動画では、コンスタントに動画を作成し、飽きさせないような設計を心がけることも大切です。

いくら良い動画を作成しても、定期的に情報を発信しないチャンネルでは、魅力的なサービスでも鮮度が落ちてしまいます。

YouTubeの動画再生数を増やし、視聴者が実際に商品を購入してもらうために、動画をコンスタントに作成しましょう。

動画を更新する際は、更新タイミングを決めて定期的に発信するように心がけましょう。

YouTube集客は内容を詰め込みすぎない

10分程度の動画の中には、さまざまな要素を取り込み「この動画では何を伝える動画なのかが判断できない」という動画があります。

YouTube動画を作るのであれば、内容を詰め込み過ぎるのではなく極力1つのテーマに絞り作るように心がけましょう。

1つのテーマに絞り10分の中に関連した情報が多ければ、「他の動画をチェックしてみよう」と気持ちになるため、1つのテーマに絞って動画作成しましょう。

YouTube集客のメリット

実際にYouTube集客を意識しながらおこなうと、企業チャンネルにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

具体的なメリットについて詳しく解説をしていきましょう。

YouTube集客はターゲットを絞れる

YouTube集客は通常のYouTube動画と比べターゲットを細かく絞ることが可能です。

ターゲットを細かく絞ることで、より専門的な動画を多数発信が可能になります。

特定のターゲット層向けの商品やサービスを提供している方であれば、特定のサービスに特化した動画を作成可能です。

結果的に視聴回数を意識しなくても良くなるメリットがあるでしょう。

YouTube集客は低コストで始められる

YouTube集客は、他の広告サービスに比べて最小限のコストで始めることが可能です。

動画が何十万回も再生されるような動画であれば、大企業のような広告費に比べてコストパフォーマンスの高い宣伝が期待できます。

資金の少ない企業や個人事業主・飲食店にとって、YouTube集客は魅力的なアプローチであると言えるでしょう。

YouTube集客は検索エンジンに強い

YouTube集客では、動画SEO対策ができるため、検索順位にとらわれることなく、動画内容の充実を図ることが可能になります。

検索上位に設計したタイトルに設定をすれば、他の類似動画よりも上位表示されるだけでなく、タイトルを調整しながら、SEO効果測定が可能です。

YouTube集客は売り上げが上がる

実際に商品やサービスを紹介する動画であれば、動画を視聴してサービスや商品購入を検討する見込み客に、直接プロモーションが可能になります。

更に、動画が1本完成すれば、営業先に「動画を見て検討をしてください」とアプローチをして、営業をかけることも可能です。

新しい商品であれば、紙資料で作成したプレゼン資料よりも分かりやすく紹介ができるため新たな営業方法であると言えるでしょう。

YouTube集客は信頼度が上がる

引用カズチャンネル

YouTube動画では、実際に担当者が顔を出して商品を紹介できます。

見えない相手に対しても「サービスや商品の雰囲気」を伝えられ、結果的に信頼度アップにつなげることが可能です。

ネットでサービスを紹介する際は、相手の顔が見えず商品がいくら魅力的でも、「本当に購入して問題ないのか」と心配になってしまうこともあります。

一方で、動画であれば人物の話し方や紹介内容を丁寧に説明でき、ユーザーは親近感を覚え購入につなげることが可能になります。

特に難しい商品やユーザーがイメージしにくいものを宣伝する際は、YouTube動画を効果的に活用しプレゼンをおこなうことをおすすめします。

YouTube集客のデメリット

一方で、YouTube動画の集客ではどのような「デメリット」があるのでしょうか。

YouTube集客に関するデメリットについて紹介していきましょう。

YouTube集客は効果が出るまでに時間がかかる

YouTube集客は、スタートさせて翌日に効果が出るというわけではありません。

動画を作成するために、どのような動画を作成するのか内容を選定し、その後実際に撮影をして編集をおこないはじめて動画が完成します。

さらに動画が完成しても、必ず1本目から拡散され多くの人に注目されるわけではありません。

動画をある程度発信しなければ効果が現れないこともあります。

即効性という面だけでYouTube集客を考えると、別のアプローチに比べて遅いということも理解しておく必要があります。

YouTube集客をおこなうのであれば、長期的な視野を持って動画設計を心がけるようにしましょう。

YouTube集客はスキルが必要

YouTube動画作成をしても、動画作成をしたことがない方にとってはスキルが必要になります。

最低でも必要なスキルは、「撮影・編集」「サムネイル作成」です。

撮影・編集

最も求められるスキルが撮影・編集スキルです。

撮影に慣れていない素人が撮影をすると、商品やサービスが魅力的なものでも最大限魅力を伝えられないこともあります。

特に「エフェクト」や「テロップ」などはもちろんのこと、視聴者が飽きないような、テンポのある動画作成が重要になります。

「自社のコンテンツの魅力をしっかりと伝えられる動画を作るためには」社内で取り組むのではなく、プロを雇うことも検討しましょう。

サムネイル

YouTubeブラウジング画面説明

引用

一方で、サムネイル作成も動画と同様にスキルが求められます。

サムネイルを作るうえでは、「フォトショップ」、「イラストレーター」といったソフトを用いる必要があります。

商品ポスターと同様に訴求力の高いスキルが求められます。

フォトショップやイラストレーターなどの専門的なソフトを使用したことがない方は、サムネイル画像の精通したイラストレーターなどを雇うように心がけましょう。

詳しく知りたい方はこちらの記事により詳細に書いてあります。

YouTube集客成功事例

YouTube集客の効果は分かったけれど、「本当にサービスに直結しているか分からない」という方のために、実際に成功をしている事例をご紹介しましょう。

株式会社タイムマシンさんのYouTube集客

株式会社タイムマシンは、ポータブルオーディオ事業を展開する企業です。

その中で、「e-イヤホン」というチャンネルを開設しています。

e-イヤホンでは、実際に現場で働いている店員さんが、さまざまなイヤホンの製品を紹介するレビュー動画を紹介しています。

イヤホンの専門家である店員さんが、イヤホンのレビューで魅力を紹介するため、他のYouTuberに比べて商品の詳細情報を伝え、自社商品の売り上げupにも貢献しています。

ブーブーオークションさんのYouTube集客

在庫車を持たない自動車注文販売を専門に展開するブーブークッションでは、動画チャンネルを効果的に活用しています。

「車の買取募集動画」や「販売車紹介」だけでなく、「賢い車の交渉術」などを紹介し、インターネットで車を安く買いたいけど不安があってどこで買っていいか分からない人たちに向けてサービスを展開しています。

有限会社佐藤葬祭さんのYouTube集客

葬儀という狭いジャンルでありながら、視聴者を徐々に増やしているチャンネルが、葬儀・葬式CH有限会社佐藤葬祭です。

葬儀に関するQ &Aをベースにさまざまな疑問を解決しています。

動画本数は1000本以上になり、独特の社員のキャラクターから競合他社を圧倒しています。

名物社員さんなどが発信すれば、YouTube集客にもつながり、結果的に商品の認知度を高めることが可能です。

美容室LIPPS(リップス)さんのYouTube集客

美容師さんならではな視点で「スタイリングの豆知識」「トレンドのヘアスタイル」などを紹介しているチャンネルが、美容室LIPSです。

各店舗のキャラが立っている店員さんを起用し、各店舗の雰囲気を伝えるだけでなく、美容師のスキルなども動画を活用してアピールが可能です。

サービスを紹介するだけでなく、テレビの人気企画なども取り入れることで、視聴者を飽きさせない工夫もおこなっています。

まとめ

 

  • YouTube集客は低コストでの集客が可能
  • 動画内容だけでなくサムネや動画タイトルにも工夫をする
  • 成果が出るまで時間を要するため長期的な視野が必要

YouTube集客は、今後注目される方法の1つのアプローチになります。

YouTube動画は「低コスト」で始められ、コツをつかめば「多くのユーザーを獲得できる」ツールの1つです。

これからYouTubeを活用した集客の検討をしているのであれば、YouTube集客を意識した動画作りを目指してみましょう。

YouTube集客の活用事例についてもっと知りたい方は、「中小企業のYouTube成功事例まとめ8選」の記事をご覧ください。

pamxy YouTube運用代行
また、株式会社pamxyではビジネスゴールに合わせたYouTube運用代行を実施しております。
自社チャンネル登録者数45万人超で培ったノウハウと、テレビやYouTubeで活躍するクリエイター陣が企業YouTube運用のご支援をいたします。自社で企画やSEO対策をするには不安があるという場合もpamxyの運用代行であればしっかりとサポートすることができます。

まずは無料相談でビジネスゴール別のYouTube活用事例や、同業界での成功事例についてお伝えします。是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人
マーケドリブン編集部

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数45万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

-SNSマーケティング, YouTube

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5