YouTube

【企業向け】YouTube運用を成功に導く7つのポイント

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

昨今、YouTubeを活用したマーケティングを検討している企業が増えています。
軌道に乗ればブランディングとお問い合わせ獲得の新たなチャネルになる上、収益化も期待できるYouTube。
企業YouTubeアカウンント運用の成功事例が少ない中で、どのように運用するか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

本記事では、マーケドリブン編集部が登録者数45万人超のチャンネル運営、企業様のチャンネル運用代行を行う中で見えてきた成功への7つのポイントをお伝えいたします。
明日から使えるポイントも後半に登場しますので、是非最後までご覧ください。

 

1.YouTube企業アカウントは法人感より手作り感

YouTube運用で大切なことは、ユーザが楽しんで・飽きずに視聴できる動画を制作することです。
そのためには、企業の伝えたいメッセージだけを詰め込んだ動画を作らないことが大切です。

視聴者は、動画を視聴した際にチャンネルの動画が「広告」と感じると動画から離脱してしまう可能性があります。
広告を全面的に押し出すのではなく、手作り感を意識したYouTube運用を心がけましょう。

手作り感が視聴者に伝われば、企業チャンネルでも好意的に視聴する可能性があります。
視聴者がファンになれば、企業が提供するサービスや商品を積極的に情報収集し、商品を利用する可能性が高くなります。

手作り感を出すポイントを、本日は3つに絞ってご紹介させていただきます。

  • 社員を出演させて、そのキャラクターに愛着を持ってもらう
  • バラエティやエンタメの要素を企画の中に取り入れる
  • よくお客様・視聴者から聞かれる内容のQ&Aコーナーを取り入れる

視聴者がまた見たいと思えるような、手作り感のあるYouTube運用を目指しましょう。

 

2.サムネイルクリック率は7%以上に

YouTube運用においてサムネイルのクリック率はとても大事です。
まずはサムネイルクリック率7%以上を目指しましょう

サムネイルクリック率がなぜ求められるのか、以下の理由があります。

  • ユーザがクリックするので視聴回数が増える
  • サムネイルのクリック率が高い=ユーザの探している内容と近い動画とGoogleのアルゴリズムが判断して下記のホーム画面や関連動画に表示されやすくなる。

現在のYouTubeは、サムネイルクリック率の高い動画が、「ブラウジング機能」や、「関連動画」へ優先的に表示される仕組みになっています。

ブランジング機能でホーム画面に表示される動画

関連動画

 

これらの場所で表示される事で不特定多数のユーザーが視聴する可能性が上がり、再生数を伸ばすことが可能です。

動画再生回数を増やすためには、魅力のあるサムネイル画面が必要不可欠です。

設定する際は、1枚で動画の内容が分かるような興味を引く画像を作成しましょう。

サムネイル画面の評判が良いものか確かめるためには、クリック率を確認する必要があります。クリック率は7%以上を目指すようにしましょう。

 

3.視聴維持率は40%以上を目指す

動画の重要な指標の1つとして、動画がどの程度見られていたのかを示す「視聴維持率」というものがあります。

なぜ視聴維持率が大事なのかというと、Googleのアルゴリズムでは「視聴維持率が高い=ユーザの満足度が高い動画」と判断します。

アルゴリズムにユーザーの満足度の高い動画と判断されると、上述したホーム画面や関連動画に表示されやすくなるためです。

一方で、サムネイルクリック率が高いと表示されている動画でも、視聴者がすぐに再生をやめてしまうような動画は「釣り動画」と判断されてしまう恐れがあります。

釣り動画を回避するためには、離脱率を下げるために動画の視聴維持率に注目をしましょう。
良い動画は視聴維持率も高く多くの視聴者が最後まで動画を視聴します。

動画を作成する際は、以下の2点を目標にして作成をしましょう。

  • サムネイルクリック率7%以上になるような魅力的な画像を作成する
  • 視聴維持率が40%以上になるような中身の濃いものを作る

 

4.概要欄に想定視聴者向けのキーワードを取り入れる


動画を魅力的に作成するだけでなく、動画を紹介文でもある「概要欄」にも細かな配慮が必要です。
概要文では、動画を説明するだけでなく、検索する可能性が高い「キーワード」を入れるようにして文章作成をしましょう。

効果的なキーワード検索方法

キーワード検索は、YouTube企業アカウントの運用方針によってさまざまです。
専用のツールソフトを使う方もいれば、無料でSEO対策をする方もいます。
低コストで検索をおこなうのであれば、視聴者が検索する可能性が高いキーワードは何かを調査しましょう。

具体的な検索方法は、検索バーにキーワードを入力して探す方法です。
投稿予定のキーワードを検索バーに入力し、サジェストとワードとしてどのようなキーワードか表示されるのかを調べましょう。

 

Google Trendを活用したキーワード検索

Google Trendを活用した検索方法があります。キーワードがどの程度検索されているのか1年単位で調査が可能です。
このツールを活用すれば、投稿しようとしている動画の需要が高い時期や、検索に引っ掛かりやすい時期を見極めることが可能になります。

SEO対策をこれまでにやったことがない担当者は、有料ツールを活用して分析するのではなく、無料で活用できる検索方法も実践するようにしましょう。

 

5.構成を作成してから撮影をする


撮影で最も大切なことは、構成作成です。
構成作成をすると、以下の2つメリットがあります。

 

視聴者に意図が伝わる動画を作りやすい

1つ目は、視聴者に意図が伝わりやすくなるメリットです。
事前に何を伝えたい動画なのかを整理しながら動画を作成すると、無駄なセリフが大幅に減ります。
一方で、事前準備のない状態で撮影をすると、撮影時間が長くなり、何を伝えたい動画なのかが分からなくなります。
視聴者に何を伝えるべきかを明確に示す意味でも、事前に構成を作るようにしましょう。

 

作業効率が上がる

構成がない状態で動画を作ると、伝えたいポイントをバラバラに撮影してしまう恐れがあります。
順序を編集時に変更することも可能ですが、何を話していたのかを確認する必要があり、作業に時間がかかります。
構成を事前に作成すると、話していた内容を事前に把握しながら編集でき、作業効率も上がります。
作業効率を高めるためにも、構成台本を作成するようにしましょう。

 

6.音声は映像と同じくらい大事

YouTube動画では、出演者の音声・動画を盛り上げるBGMや効果音が大切です。
良い動画を撮影しても、出演者の声が聞きづらい動画であれば視聴者が離脱してしまう恐れがあります。

出演者の声がしっかり録音され、最近では、動画内での効果音やBGMを効果的に活用することが主流となっています。
動画を華やかにするために、BGMや効果音を入れるように意識しましょう。
音声は映像の中でも特に重要なので映像と同じように注意して撮影をするようにしましょう。

 

外部音声のメリット

音声撮影をする際は、外部マイクで音声を収録しましょう。
外部マイクを使用するメリットは、クリアな音を収録するだけでなく、機材トラブルのバックアップデータとして活用が可能です。
ビデオカメラに万が一音声が録音されていなくても、外部マイクのデータが記録されていれば編集が可能です。

 

BGMや効果音を活用し魅力的な動画へ

編集時には、BGMや効果音を効果的に活用して編集しましょう。

BGMや効果音は著作権フリーの音楽ファイルを配布しているサイトからダウンロードがおすすめです。
おすすめのBGMフリーサイトは掲載されているBGMは全て著作権フリーの「DOVA-SYNDROM」です。
BGMオススメサイト「DOVA-SYNDROM」
毎日新曲がリリースされるので、動画の雰囲気とぴったり合う曲を見つけることが可能です。
効果音でおすすめのサイトが、「効果音ラボ」です。
こちらのサイトでも使える効果音が多数収録されています。
効果音オススメサイト「効果音ラボ

動画を編集する際は、ぜひ活用して理想の音楽を探すようにしましょう。

 

7.撮影機材を準備してミニマムにはじめる


企画や撮影準備も大切ですが、時間をかけずにミニマムで取り掛かるように小心がけましょう。
大切なことは、ミニマムで制作した動画の中で、サムネクリック率が高く視聴維持率の高い受けの良い動画を作ることが大切です。
ミニマムで撮影する際におすすめなのが、「Ulanziスマホビデオマイクキット」がおすすめです。

  • 撮影機材をコンパクトな状態にして、持ち運びが可能
  • マイク・ライトもオールインワンで可能
  • コストが安い

チャンネルがある程度軌道に乗るまでは最小限のチームで、負担のかからない撮影を意識して運用をするようにしましょう。

 

まとめ


本日紹介した企業YouTubeチャンネルが意識すべきことを振り返りましょう。

  • 1.YouTube企業アカウントは法人感よりパーソナル面が大切
  • 2.サムネイルクリック率は7%以上が理想
  • 3.視聴維持率は40%以上を目指す
  • 4.概要欄に想定視聴者向けのキーワードを取り入れる
  • 5.構成を作成してから撮影をする
  • 6.音声は映像と同じくらい大事
  • 7.撮影機材を準備してミニマムにはじめる

YouTube運用をこれから導入しようと検討している方は、今回紹介したポイントを意識して運用をしてください。
本記事を参考にして、YouTube企業アカウントとしての第一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。

株式会社pamxyではYouTube運用代行を実施しております。
自社チャンネル45万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行を実施します。
これまでナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援しています。

pamxy YouTube運用代行

チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。
下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

YouTube活用のメリットや、同業界での成功事例についてお伝えします。

 

  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5