YouTube

【2021年版】YouTube動画のSEO対策の最強5ステップを解説|効果的なタグ、ツールの使い方から

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

YouTubeSEO 最適化ガイド

YouTubeチャンネルを開設し、動画を投稿しているものの、再生数が全く伸びない…。

そのような場合は、YouTubeチャンネルを1から見直しましょう。

前半部では、YouTubeSEO対策で必要な「キーワード」に関する知っておくべき知識をご紹介します。

後半部では、動画、チャンネルページに関するSEO対策についてご紹介します

この記事を読んでYouTubeSEO対策の最適化を行い、再生数や登録者を伸ばしていきましょう。

編集部
SEO対策をして狙ったキーワードで上位表示できれば、商品のターゲットになる層を自然流入させ獲得することができます。

YouTubeチャンネルが伸び悩んでいる方必見の内容です。ぜひご一読ください。

STEP1.YouTubeで狙うキーワードを選定する

自社顧客の興味関心の中で、YouTube上に適切な検索ボリュームがあるキーワードを見つけていくことが重要です。

適切なキーワードを見つけると、動画が検索されやすくなります。

具体的な方法について順を追ってみていきましょう。

キーワードツールを使いキーワード分析をおこなう

Googleキーワードプランナーや、Ahers Keywords Explorでキーワードツールを検索する方法があります。

需要のあるキーワードを調べ、どちらも有料のサービスですが、一部の機能を無料で検索することも可能です。

最もおすすめの方法が、Ahers Keywords Explorを活用した検索方法です。

該当する検索ワードを入力し、検索のボリューム数を調べましょう。

編集部
検索ボリューム数が高いキーワードを設定すると、ユーザーに視聴される可能性があります。キーワードツールを活用して需要があるかを確認してください。

また、YouTube運用に便利な無料ツールについて詳しく知りたい方は、是非こちらの記事も読んでみてください。

YouTube無料ツール・素材サイト10選で運用を効率化しよう

YouTube検索でサジェストワードを探る

キーワードツールを使わない検索方法もあります。

YouTubeページ内の検索バーに、キーワードを入力すると、サジェストワードの候補が合わせて表示されます。

サジェストワードに表示されているワードは、視聴者が頻繁に検索するニーズが高いキーワードです。

ユーザーがどのようなで動画視聴するのかを事前に把握しておけば、チャンネルで投稿すべきテーマが明確になります。

キーワードを選定した後は、YouTube検索を活用してサジェストワードを確認してください。

STEP2.動画設定を最適化する

動画を投稿する際も、SEO対策を最適化しましょう。

魅力的な動画を作ることも大切ですが、再生数を増やすためにはYouTube内で検索されやすい動画を作ることも大切です。

以下のアプローチで動画を最適化させましょう。

タイトルの左側にキーワードを入れる

タイトルの左側に、設定したキーワードを入れましょう。

例えば卵の簡単レシピの場合、「3分で誰でも簡単に作れる卵料理のレシピ紹介」よりも「卵料理 3分で誰でも簡単に作れるレシピ紹介」の方が効果的だということです。

また、タイトルを設定する際は、必ず32文字以内で設定してください。

長文のキーワードタイトルを入れることも可能ですが、検索をする際に表示される文字は限られています。

選定したキーワードタイトルを反映し、動画内容が分かるように心がけましょう。

編集部
タイトルをつける際に気を付けることは、「クリックしたくなるようなタイトル」を意識してください。 競合チャンネルが使用しているタイトルをベースに、魅力的なタイトルを考えましょう

概要欄の先頭にキーワードを入れる

概要欄は日本語のYouTubeチャンネルではとても重要です。

YouTubeやGoogleのAIは英語圏で開発されたものであり、日本語を完全に理解しているとはいえません。

良質なコンテンツかどうかを判断するため、概要欄に依存をしています。

“もっと見る”という表示の前に、動画の全体部分を紹介し、”もっと見る“以降に詳細が記載されるような文章構成を心がけましょう。

どのような書き方をすれば良いかわからない方のために、以下の手順で文章を作成するようにしてください。

キーワードを入力する際は、冒頭の50文字以内に、キーワードが入るような文章構成しましょう。

例えば、「大掃除」というキーワードを入れて、大掃除に関連した動画の概要欄を考えるとしましょう。

「年末、仕事が忙しく中々時間が無い…。それでも部屋を綺麗にしたい…そんな方でも1時間で簡単にできる大掃除方法があるのかご存知でしょうか?」

確かに、この文章でも大掃除のことを紹介していますがSEO対策としてはイマイチです。

「大掃除はもうしましたか?年末、仕事が忙しく大掃除ができない…。そんな方でも、1時間で簡単にできる大掃除方法があります!」

このようにキーワードを先頭に持っていくように心がけましょう。

編集部
この時キーワードは、文章中のうち3〜5回程度入れるように心がけてください。 概要欄は文字を大量に入れることも可能ですが、全体が500文字以上になるよう、文章を作成しましょう。 更に、他の 自社で作成した動画のリンクを貼り付けるのも忘れないようにしましょう。

【2020最新版】YouTube企業アカウント開設の流れ【画像付き】

ハッシュタグを入れる

動画の概要欄には、ハッシュタグを入れられるようになりました。

冒頭部分には、3つのハッシュタグを反映させることが可能です。

ハッシュタグを反映させると、視聴者がクリックをした時に、同じ動画が関連動画として表示をされやすくなります。

ハッシュタグを有効活用して、検索上位に表示されるように心がけましょう。

ハッシュタグの分析は大きく分けて2つの方法があります。

1つ目が、競合チャンネルの概要欄を確認する方法です。

どのようなハッシュタグが使われているのかを分析し、反映しましょう。

競合チャンネルのハッシュタグに寄せることで、競合チャンネルの関連動画に掲載される可能性があります。

2つ目が、Ahrefsで調べる方法です。

Ahrefsで入力したキーワードの中で、ボリュームが多いものを掲載するようにしましょう。

STEP3.動画内部でSEO対策をする

動画の概要欄だけでなく、動画内部でもSEO対策を活用しましょう。

ユーザーから評価の高い動画はYouTube内でも優先的に表示される可能性があります。

編集部
上位表示を達成するため、以下の方法で動画内のSEO対策をおこないましょう。

動画内で話す内容にもキーワードを含める

動画内で話し手がキーワードに設定したワードを自然な形で話すようにしましょう。

タイトルと概要欄だけでなく、動画内容でも判断をします。

編集部
動画内ではキーワードを入れるようにしてください。

高評価をユーザーに自然に促す

高評価ボタンは、視聴者が動画を見てどのような反応かを示すものです。

高評価が多ければ、YouTubeでも良い動画と判定され、おすすめ動画に投稿した動画が表示される可能性があります。

高評価ボタンを得るためには、ユーザーへの呼びかけも大切です。

編集部
動画の中で視聴者に自然な形で促すように心がけましょう。

コメント数を増やす

良い動画は高評価ボタンだけではなく、コメント数も多い傾向があります。

コメントの多い動画は、動画を視聴している証拠にもなり、視聴されている動画として判断をされます。

整体の先生であれば「痛みの相談お悩みや、セルフ整体のリクエスト待ってます!」などといったように、動画内でユーザーにコメントを促しても良いでしょう。

編集部
ユーザーに高評価ボタンと合わせて、動画に対するコメントも入力するように自然な形で促しましょう。

共有数を増やす

投稿された動画の中には、投稿直後に共有数が多い動画はYouTubeのおすすめ動画にも掲載される可能性があります。

共有数を増やすために、Facebook、TikTok、Twitter等で動画を共有し、拡散を促しましょう。

STEP4.YouTubeアナリティクスを活用する

概要欄、説明文、キーワードタグなど、さまざまなSEO対策をおこなっても、必ずおすすめ動画に表示されるわけではありません。

投稿した動画が関連動画に表示されるかどうかわからない場合は、YouTubeアナリティクスを活用してみましょう。

特にYouTubeアナリティスクで重要な指標が、「視聴維持率」と「サムネクリック率」です。

視聴維持率とサムネクリック率の数値が良い動画は、おすすめ動画に表示される可能性があります。

編集部
視聴維持率とサムネクリック率のスコアを、以下のポイントに気をつけながら定期的に確認しましょう。

視聴者維持率

YouTube視聴維持率を維持するポイント投稿した動画の視聴維持率のスコアを確認しましょう。

視聴維持率とは、投稿された動画に対し、ユーザーがどれだけ視聴していたのか割合を表示するものです。

視聴維持率が高い動画は、ユーザーから視聴されている証拠にもなります。

目標となる視聴維持率の目安は40%以上です。

編集部
投稿した動画が40%以上維持できるように工夫をするようにしてください。

サムネイルクリック率

サムネイルクリック率を高める

維持率と合わせて大切な指標は、サムネクリック率です。

サムネクリック率とは、YouTube上に表示されたサムネが、どの程度の割合でクリックされたのかを知る数値です。

サムネクリック率の高い動画も、おすすめ動画、関連動画に表示される可能性があります。

クリック率が7.0%以上になるようにサムネ画面の工夫をしましょう。

一方で、サムネクリック率の高い動画が全て良いというわけではありません。

編集部
サムネクリック率が高く、視聴維持率の悪い動画は、再生回数を稼ぐための「釣り動画」と判定されます。 サムネクリック率と視聴維持率をセットで活用するように考えてください。

トラフィックソースの確認

投稿した動画に対し、どのような検索ワードでユーザーがページに訪れたのか、トラフィックソースレポートで確認が可能です。

トラフィックソースで表示されたキーワードの中から、特に最適化していないキーワードを探してみましょう。

最適化していないキーワードは何もしていなくても、上位に表示されているという証拠です。

メインキーワードの他にどのようなキーワードの需要があるのかトラフィックソースレポートも活用しましょう。

STEP5.チャンネルのSEOも最適化

各動画のYouTubeSEO対策をおこなうことも大切ですが、チャンネル自体のSEO最適化も必要です。

チャンネルを上位表示するために、SEO対策をおこなチャンネルの最適化をおこないましょう。

概要ページを最適化する

チャンネルの概要ページは、興味を持ったユーザーが詳細な情報をチェックします。

詳細情報が記載されていないチャンネルは、ユーザーがどのようなチャンネルかを判断できない可能性があります。

概要ページを必ず設定するようにしましょう。

チャンネル概要を設定する際は、

  • コンセプト
  • メインワードを含めたチャンネル概要
  • 自己紹介
  • チャンネル更新時間など登録に関する有益な情報
  • 関連リンク

以上を反映させて、概要欄を作成しましょう。

再生リストを作る

再生リストは、チャンネル概要を簡潔に説明でき、チャンネルへのアクセスアップにつながります。

更に再生リストのタイトルにメインキーワードを入力すれば、YouTube検索としても活用可能です。

編集部
10本以上作成した動画を保有しているのであれば、再生リストを作成しましょう。

ヘッダー画像を設定する

チャンネルのヘッダー画像を設定しましょう。

ヘッダー画像は、高画質のものを選び、2560×1440サイズで検討をするようにしてください。

ヘッダー画像に、どのようなチャンネルなのかコンセプトとなる文言を入れると良いでしょう。

可能であれば、ヘッダー画像のレイアウトにも工夫をするようにしてください。

YouTubeSEOの対策方法まとめ

今回の記事では、前半にYouTubeSEO対策で必要な「キーワード」に関する知っておくべき知識を紹介しました

後半では動画、チャンネルページに関するSEO対策について解説しました。

最後に改めて、ステップを振り返ってみましょう。

STEP1.YouTubeで狙うキーワードを選定する

STEP2.動画設定を最適化するSTEP3.動画内部でSEO対策をする

STEP3.動画内部でSEO対策をする

STEP4.YouTubeアナリティクスを活用する

STEP5.チャンネルのSEOも最適化

上記のステップを押さえてSEO対策を行い、自社の動画が上位表示されるようにコンスタントに運用していきましょう

 

株式会社pamxyのYouTube運用代行

また、株式会社pamxyでは、YouTubeの企画から撮影、編集までを一気通貫で代行するYouTube運用代行サービスを行っています。

自社チャンネル45万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。
ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。
本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にお問い合わせフォーム よりご相談ください。
まずはウェブ会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

  • 記事を読んだが、YouTubeの撮影や機材について不明点が多い
  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない
  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5