YouTube

YouTube漫画広告出稿完全ガイド|メリット・デメリットを解説

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

広告業界でここ最近注目されているコンテンツが、「YouTube動画広告」です。

YouTube動画広告とは、漫画形式で商品の魅力を紹介するこれまでにない新たな動画広告コンテンツと言えるでしょう。

これからYouTubeで効果的な広告を打ちたいと検討している企業担当者の方には、「YouTube漫画広告」がおすすめです。

本記事では、YouTube漫画広告のメリット・デメリットを解説しながら、おすすめの制作会社までご紹介します。

YouTube漫画広告とは

YouTube漫画広告とは、一体どのような広告動画なのかをご紹介しましょう。

通常の動画広告とは異なり、漫画やアニメーションで商品やサービスを"ストーリー形式"で紹介するものです。

 

YouTube漫画広告のメリット

YouTube漫画広告のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

YouTube漫画広告のメリットについて紹介しましょう。

低予算でインパクトのある表現ができる。

実写の広告動画では、低予算ではインパクトのある撮影ができない制約があります。

しかし、漫画広告では、漫画上で自由な表現ができるため、予算によってできない表現というものはありません。

そのため、依頼する制作会社を慎重に検討すれば、低予算で高品質な動画広告を制作することも可能になります。

編集部
結果としてYouTube漫画広告は、低予算で効果的な作品を作りたいと考えている企業様におすすめのサービスです。

ストーリー形式で読み進められる

漫画の最大の魅力は、ストーリー形式で動画を展開できるところにあります。

実写の広告動画では、商品価値を視聴者に一方的に押し付ける内容のものは、視聴者の購入意欲を失くしてしまう恐れがあります。

しかし、漫画動画では、ストーリーでサービスや商品を訴求します。

ストーリー仕立てになっている動画は、視聴者に一方的な商品価値を押し付けられている印象を与えません。

ユーザーに親近感を与える

漫画は日本のサブカルチャー文化としても認知され、子どもから大人まで楽しめるコンテンツです。

漫画のキャラクターは視聴者と近い人物像を主人公として描くことが可能です。

編集部
視聴者に近いキャラクターで漫画広告を展開することで、届けたいと考えているユーザー層に対し訴求力と親近感を与えることが可能です。

 

YouTube漫画広告のデメリット

一方で、YouTube漫画広告にはデメリットも存在します。

得意にフリーランスのクリエイターを使い漫画動画を制作する場合は失敗してしまう恐れがあります。

失敗しないために、次のデメリットが存在していることも覚えておくと良いでしょう。

ユーザーに不快感を与える可能性がある

表現の制約がないことから、現実世界とかけ離れた設定やコンプレックスに触れる内容を作ってしまうとユーザに不快感を与える恐れがあります。

あくまで、現実的な設定、公序良俗に反さない、ユーザーに対して訴求効果がある漫画を制作する必要があります。

編集部
シナリオを制作する際は、現実離れをしていない設定・公序良俗に反していない内容で制作するように心がけましょう。

ディレクションが通常動画より大変

効果が高く低予算で表現制約がない漫画動画ですが、その分制作ディレクションは通常動画より大変です。

なぜなら、通常の動画に加えて漫画家・ナレーター・漫画動画編集ができる動画編集者という人材が必要になるからです。

自身で行う際は、通常動画よりも手間がかかる点は認識しておきましょう。

審査が通りにくい

漫画広告は、広告動画として審査が通りにくいというデメリットがあります。

YouTube漫画動画が流行したあたりから、YouTube漫画広告も同様に多登場しました。
広告の中には、知名度の低い商品やサービスが多く、視聴者から「本当に商品として効果があるのか?と疑問に感じるものが多くありました。
中には、詐欺まがいのような広告も登場してしまい、結果として、YouTube動画広告として審査が厳しくなってしまったという経緯があります。

YouTube動画広告のノウハウを持たない方が動画を作成しても、審査に通らず結果的に作業が無駄になってしまうこともあります。
そのため、審査が通らないことを認識しておく必要があると言えるでしょう。

しかし、必ずしもYouTube漫画広告が審査に落ちるわけではありません。
審査を通過する動画もあります。

確実に広告として審査を通過するために、制作会社へ依頼することを検討しましょう。

 

YouTube漫画広告の効果

漫画広告の動画はCPAが改善すると、多くの企業が注目しています。

その理由は、漫画は自由な表現ができるため、視聴ユーザの気を引くようなインパクトのある演出が可能であるためです。

これによって、低予算でも視聴者を動画視聴に引き込むことができるのです。

さらに、漫画は伝えることのできる情報量が多いため、短時間でユーザへ多くのメッセージ訴求ができる点も大きいです。
通常の文字コンテンツが400-500文字なのに対して、漫画動画は1分間に2000字相当の情報を伝えられると言われています。
これによってユーザの購買意欲を短時間でかき立てて、通常の動画よりも高い確率でコンバージョンできるのです。

編集部
CPAが改善するという観点から、実際にYouTube漫画広告を制作する企業も多くなっています

YouTube漫画広告の制作費用

制作する際には、実際どの程度の費用が必要なのでしょうか。

自社で制作をする場合と、制作会社に依頼する場合に分けて検討をしましょう。

自社制作をする場合

自社制作をする場合は、シナリオライター、イラストレーター、動画編集者、声優に依頼をする必要があります。

プロに依頼したことを想定すると、一般的な費用は下記の通りです。

職業ギャランティ
シナリオライター1万円〜2万円
イラストレーター5万円〜10万円
動画編集1万円
声優1万円〜3万円

以上の費用を参考にすると、最低でも8万円程度の費用が必要になります。

しかし、動画制作に特化した制作費用のため、マーケティング調査などの費用が含まれていません。

マーケティング調査をおこなうのであれば、さらに追加費用が必要になります。

制作しても必ず成功するという保証がないため、失敗に終わってしまう恐れがあります。

制作会社に依頼を検討する場合

制作会社に依頼をする場合は、会社によって費用が異なりますが20万円から30万円で依頼が可能です。

どの制作会社も、マーケティング調査をはじめとしたサポート制度込みで提供していることが多く、制作会社に依頼をした方が、自社で制作するよりも効果的ということが考えられます。

編集部
失敗するリスクを回避するのであれば、漫画動画制作をおこなっている会社に依頼をするようにしましょう。

YouTube漫画広告の制作会社5選

YouTube漫画広告依頼に最適な制作会社をご紹介しましょう。

 

株式会社pamxy

出展:株式会社pamxy

まずは株式会社pamxyです。
YouTube上の漫画動画の累計80万回超の実績を持ちます。
そのノウハウを漫画広告にも落とし込み、視聴者を引き込んで最後まで離さない動画を制作します。

株式会社pamxyの特徴

  • TV・YouTube・TikTokで活躍するクリエイター陣
  • YouTube漫画動画制作で培ったノウハウで広告制作
  • 短時間で興味喚起する動画制作に強み(Tiktok公式クリエーター・自社アカウント累計フォロワー30万人超)
編集部
YouTube視聴者に最適化された漫画広告を配信したい場合はご相談ください。

お問い合わせ

 

株式会社フーモア

 

出展:株式会社フーモア

フーモアは、電子書籍や出版社への漫画提供など「漫画制作」に特化した制作会社です。

株式会社フーモアの特徴

  • 3000名以上のクリエイターが所属。
  • 訴求力の高い漫画動画広告制作を得意。
  • 制作実績5000以上。

漫画動画制作に必要なクリエイターを3000名在籍しています。

希望に合ったキャラクタービジュアル、声優をキャスティングすることが可能です。

編集部
漫画動画広告制作も得意としているため、訴求力の高い動画広告を依頼できる可能性があります。 初めて漫画動画広告を依頼する方におすすめです。

お問い合わせ

 

株式会社サイドランチ

 

出展:株式会社サンドランチ

4コマ漫画からキャラクター制作まで、アニメ・漫画に関するあらゆるコンテンツを提供している漫画制作をしている会社です。

株式会社サイドランチの特徴

  • インバウンド向けの漫画動画広告。
  • デザイン性に富んだキャラクター。
  • 大手企業との取引も多数。

キャラクターデザインが豊富で、商品やサービスに合わせたキャラクターでの漫画動画制作が可能です。
更に、海外向けの動画広告作成サービスを提供しています。

編集部
キャラクターを活用した漫画動画広告を検討している方におすすめです。

お問い合わせ

 

株式会社Lavan7

 

出展:株式会社Lavan7

 

株式会社Lavan7が運営する漫画制作に特化したサービス「マンガ製作所」は、低コストで高品質の漫画動画制作が可能です。

株式会社Lavan7の特徴

    • 幅広いジャンルの制作を担当。
    • 漫画動画を1本8万円から依頼を受けることができる。
    • 好きな絵柄を自由に選べる。

1本あたりの予算が8万円と、10万円以内で制作依頼が可能です。

好きな絵柄を選ぶことができるため、企業イメージとぴったり合うキャラクターで訴求力の高い漫画動画制作が可能になります。

編集部
少しでも漫画動画広告を安く抑えたいという方におすすめの制作会社です。

お問い合わせ

 

MANGAnimation

 

出展:株式会社MANGAnimation

 

さまざまな企業や団体に漫画・アニメ作品を提供しているMANGanimationです。

MANGAnimationの特徴

  • マンガとアニメーションを組み合わせた映像制作が得意。
  • サイト事例が分かりやすく完成動画をイメージしやすい。
  • 料金を細かく設定しているため依頼時に検討しやすい。

漫画広告制作はもちろん、イベント誘致や営業資料の漫画のプランなど幅広いプランがあります。

編集部
イベント誘致や営業資料などを目的としたプランもあるため、顕在化顧客への漫画広告制作を依頼する際におすすめです。

お問い合わせ

 

まとめ

漫画動画広告は、今後もネットコンテンツに欠かせない動画の1つとなる可能性があります。

漫画動画広告を制作し、商品やサービスを提供しようと検討している方は、本記事で紹介した内容を参考にしてはいかがでしょうか。

また、株式会社pamxyではYouTube漫画広告の制作を実施しております。

YouTube上の漫画動画の累計80万回超の実績、Tiktok公式クリエーター・自社アカウント累計フォロワー30万人超で培ったノウハウを存分に活用。
短時間で視聴者を引き込んで最後まで離さない漫画動画を制作します。

  • YouTube漫画広告を始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTube漫画広告へ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたら効果的な広告を作れるのか分からない

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5