SNSマーケティング YouTube

YouTuberの企業案件の費用相場を徹底解説【図,事例あり】

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

YouTubeの企業案件が商品の売上アップに大きく貢献することは周知の事実です。

しかし、以下のように考えるマーケティング担当者の方も多いでしょう。

「YouTubeの企業案件ってどれくらいの費用がかかるの?」
「企業案件を進める流れを知りたい。」
「どんな事例があるのか教えて欲しい!」

そこで本記事では、YouTube企業案件の基礎知識を分かりやすくお伝えいたします。

記事前半ではYouTubeの企業案件の費用相場やメリット3点・企業案件の進め方について解説します。
記事後半では企業案件の注意点2つと実際の事例を3つ紹介し、企業案件のイメージを掴んでいただきます。

この記事を読めば、効果的な企業案件を行えるようになり、自社の売上を伸ばせるようになるでしょう。

 

YouTubeの企業案件とは?

YouTubeの企業案件とは、企業がYouTuberに依頼して自社商品を紹介・宣伝してもらうことです。

紹介・宣伝してもらうにあたり、企業はYouTuberに一定の広告宣伝費を支払います。

では、企業案件の費用相場はどれくらいになるのでしょうか。

以下でお伝えしていきます。

YouTubeの企業案件の費用相場

YouTubeの企業案件の費用相場はおよそ1万円~1,000万円ととても幅広くなっています。

YouTuberの影響力や宣伝力によって費用が大幅に上下するからです。

また、企業案件には大きく分けて次の3つの支払いパターンがあり、それによっても費用の決まり方は変化します。

YouTube企業案件の支払いパターン

  • YouTuberの登録者数に応じた支払いパターン
  • YouTubeチャンネルの再生数に応じた支払いパターン
  • YouTuberへの商品提供を報酬とするパターン

1パターンずつ詳細を解説します。

 

YouTuberの登録者数に応じた支払いパターン

YouTuberの登録者数に応じた費用相場

  • 1万~30万円:登録者数およそ5,000~15万人の場合
  • 31万~100万円:登録者数およそ15万~50万人の場合
  • 101万~300万円:登録者数およそ50万~150万人の場合

YouTubeの登録者数を基準とした場合、依頼費用は「登録者数×1.5~3円」が相場となります。

登録者数が100万人を超えるYouTuberは全YouTuberのうちわずか1%のみなので、費用が高騰することはほとんど考えられません。

編集部
テレビCMの費用が1回15秒で100万円程度かかると考えると、かなり安く感じられるでしょう。

 

YouTubeチャンネルの再生数に応じた支払いパターン

YouTubeチャンネル再生回数に応じた費用相場

  • 1万~10万円:平均再生回数およそ5千~5万回の場合
  • 11万~100万円:平均再生回数およそ5万~50万回の場合
  • 101万~1000万円:平均再生回数およそ50万~500万回の場合

YouTubeチャンネルの再生回数を基準とする場合、費用相場は「過去30日間の平均再生回数 × 2~10円」となることが多いです。

なぜ過去30日間の再生回数を参考にするかというと、再生回数のかさ増しを防ぐためです。

再生回数は購入できるので、中には企業案件の再生回数のみを不正に増やすケースもあるのです。

編集部
過去の再生回数を目安にすると、依頼時点で費用を確定できるといったメリットもあります。

 

YouTuberへの商品提供を報酬とするパターン

商品提供を報酬とするパターンでは、YouTuberに提供する商品の費用しかかかりません。

影響力の強いYouTuberには依頼を受けてもらいづらいですが、登録者数1,000~1万人程度のナノインフルエンサーには有効です。

編集部
ナノインフルエンサーにはコアなファンがついていることも多いため、少額の投資(商品提供)で大幅な売上アップにつながることも多いです。

 

YouTuberに企業案件を依頼するメリット

YouTuberに企業案件をするメリットは、次の4つが大きいです。

YouTuberに企業案件を依頼するメリット

  • YouTuberのファンへ訴求できる
  • YouTuberに頼むことによって話題性が増す
  • 企業側の工数を抑えられる
  • 動画が長い期間チャンネルに残る

1点ずつ説明します。

 

自社商品をYouTuberのファンへ直接訴求できる

YouTubeの企業案件を行う最大のメリットは、自社商品をYouTuberのファンへ訴求できる点です。

テレビCMやテレビ上での案件は、視聴者を選ばずに放映するためターゲットを絞ることなく商品をアピールすることになります。

しかし、YouTube企業案件の場合はYouTuberのチャンネルに登録しているファンに対してのみ商品を訴求できます。

YouTuberのファンは属性がハッキリしている傾向が高いため、ターゲットを絞ってアプローチできるのです。

例えば、20代の美容系女性YouTuberのチャンネルには20代で美容に興味のある女性のファンがつきやすいでしょう。

このようにしてYouTuberのファン属性を把握できれば、企業案件は効果的なマーケティング手法となるのです。

 

YouTuberに頼むことによって話題性が増す

商品の紹介・宣伝をYouTuberに任せると話題性が増します。

YouTuberにTwitterやInstagram・TikTokを活用してもらうことでより多くのユーザーに企業案件の動画を見てもらえるからです。

また、YouTuberのファンが上記SNSにて拡散する可能性も大いに考えられます。

拡散が拡散を呼び、注目を集められる点が企業案件のメリットです。

 

企業側の工数を抑えられる

YouTuberに企業案件を依頼すると、企業側の工数を抑えられます。

動画の撮影や編集・アップロードまでを全てYouTuberに一任できるからです。

サムネイル制作やBGMの選定・SEOを意識した説明文の作成等も行う必要がありません。

自社で行う作業が省けるのは企業にとって嬉しいポイントとなるでしょう。

 

動画が長い期間チャンネルに残る

YouTubeの企業案件は、案件動画が長期間にわたりYouTuberのチャンネルに残ります。

テレビでの案件やYouTube広告の場合は録画やキャプチャをしてない限り保存がききませんから、動画が残り続けるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、影響力のある案件動画が残り続ければ広告費の削減にもつながります。

仮に1回10万円で依頼したとして、その動画が1年間残り続ければひと月当たりの広告費は1万円を切ります。

テレビCMの費用相場は1回15秒で100万円程度ですので、費用対効果の差は歴然と言えます。

また、1年の間でYouTuberの人気が跳ね上がることもありますし、動画の再生回数がいきなり伸びることもありますから、企業案件に投資する価値は十分にあるでしょう。

 

YouTuberへ企業案件を依頼する流れ

YouTuberへ企業案件を依頼する流れは、以下のようになります。

YouTuberへ企業案件を依頼する流れ

  1. YouTuberとの企画を立案する
  2. YouTuberへ依頼する
  3. YouTuberと契約を結ぶ
  4. 継続・契約解除を決定する

1手順ずつ詳細を見ていきましょう。

 

1.YouTuberとの企画を立案する

まずは、YouTuberとの企画を立案します。

あらかじめ決めておくべき内容は主に以下の5点です。

企画立案時に決めておく内容

  • 企業案件の対象となる商品・サービス
  • 企業案件のゴール(認知度アップ/商品購入など)
  • 企業案件のターゲット層
  • 起用したいYouTuber像
  • 動画の内容は企業とYouTuberのどちらが決めるか

動画の内容を企業が決めるかYouTuberが決めるかによって、企画の範囲が変動します。

それぞれのパターンを説明します。

 

YouTuberに任せる場合

YouTuberに任せる場合も、商品の特徴やアピールポイントは最低限まとめておきましょう。

魅力がまったく伝わらない動画になってしまっては困るからです。

構成や台本等はYouTuberに一任して問題ありません。

 

2.YouTuberへ依頼する

企画内容が固まったら、YouTuberへの依頼活動を開始します。

企画時に挙がった「起用したいYouTuber像」にあてはまるYouTuberへ、メールやDMを送りましょう。

以下項目を記載すると返信を貰いやすくなります。

依頼時に記載する項目

  • 商品の概要
  • 報酬
  • スケジュール
  • 動画の方向性
  • 返信期日・返信方法

編集部
理想のYouTuberを起用するためにも、依頼活動は丁寧に行いましょう。

 

3.YouTuberと契約を結ぶ

YouTuberからレスポンスを貰えたら、条件交渉及び契約を行います。

契約を結ぶ際は、報酬や納期だけでなく、動画の公開保証やイメージ保持・秘密保持の条項を記載した契約書を取り交わしましょう。

公開保証とは「最低〇ヶ月は公開状態にしてください」という契約事項です。

編集部
企画の方向性についても改めて確認しておくと、契約後の流れががスムーズに進められて安心です。

 

4.継続・契約解除を決定する

企業案件がひと通り完了した後は、継続・契約解除を決定します。

再生回数や購入数などの目標達成度を測定して決めましょう。

契約時に一案件ずつの契約を結んだ場合は、継続というよりも再契約といった方が適切かもしれません。

再契約を希望する際は、あらためて条件交渉から行う必要があります。

 

YouTuberに企業案件をする際の注意点

YouTuberへ企業案件を依頼する際は、以下の2点にご注意ください。

YouTuberの企業案件の注意点

  • YouTuberのスキャンダルや炎上
  • YouTuberの動画のジャンルが変わってしまう
  • 依頼後の膨大な手間と工数

1点ずつ説明します。

 

YouTuberのスキャンダルや炎上

企業案件のデメリットとして最も考えられるのが、YouTuberのスキャンダルや炎上です。

人気YouTuberは芸能人と同程度の影響力を持つため、ちょっとした交友関係や失言が大きく取り沙汰されることがあります。

もし炎上やスキャンダルが起きてしまうと、YouTuber本人はもちろん、企業案件を依頼した企業のイメージも下がってしまいかねません。

編集部
企業案件を依頼する際は、炎上やスキャンダルのリスクにそなえた契約条項を設定すると良いでしょう。

 

YouTuberの動画のジャンルが変わってしまう

動画のジャンルが変わってしまえば、どんなに良い商品をレビューしていたとしてもチャンネルに合わない動画は削除されてしまいます。

そういった意味でも、契約時に公開保証を行うことが重要となります。

また、動画のジャンルが変わると視聴者属性が変化します。
すると、当初に想定していたターゲット層に商品やサービスをアピールできなくなります。
ですので、どんなYouTuberに依頼するかという最初の選定は、非常に重要となります。
「商品やサービスの認知度をとりあえず上げたい!」というのであれば、登録者と視聴回数の多いYouTuberに依頼しても特に問題はありません。

しかし、「特定のターゲット層に自社の商品やサービスを知ってもらいたい・購入してもらいたい!」というのであれば、YouTuberの専門性とジャンル、チャンネルの将来性を見極めることは重要です。

専門的なジャンルのYouTubeチャンネルの将来性を見極めるには、以下の3つのポイントを満たしているかどうかに着目してください。

  • これまで投稿されている動画に統一性がある
  • 一定数以上の再生回数とチャンネル登録者がいること
  • 3ヶ月以内に投稿された動画の視聴回数が、同じジャンルのYouTuberに比べて再生回数があること

過去の動画に統一性があり、一定数以上の再生回数とチャンネル登録者が存在していれば、動画のジャンルを変更する可能性は極めて低くなります。

YouTubeでは同じような動画を投稿し続けることで、ブラウジングに乗りやすくなり、おすすめや関連動画に掲載されやすくなります。

すると、さらに再生回数とユーザーの試聴時間が増えるため、ジャンルを統一することは運営側・Youtuberの両方にとってもプラスになります。

また3ヶ月以内に投稿された動画の視聴回数が、同じジャンルのYouTuberと比べて再生回数があることも重要な要素です。

同じジャンルのYouTubeチャンネルでは、おすすめや関連動画機能によって、視聴者属性が似てくる傾向にあります。
すると徐々に、より面白い動画やチャンネルの方に視聴者は流れていきます。

実は登録者がかなり多いチャンネルであっても、最近の動画の視聴回数はかなり低いというケースは多々あります。

つまり、3ヶ月以内に投稿された動画の視聴回数が、同じジャンルのYouTubeチャンネルと比較して再生回数が高いチャンネルで案件を行えば、よりリアルタイムのターゲット層に商品やサービスを訴求することが可能になるのです。

ここで説明されているYouTubeの分析は、こちらのnoteでさらに詳しく行っています。
元テレビ局員かつ自社YouTube登録者70万人超のプロSNSマーケターが作成しています。もし興味のある方はご覧ください。

依頼後の膨大な手間と工数

企業案件の依頼後は、手間と工数が膨大にかかります。

具体的には以下のとおりです。

依頼後にかかる手間と工数

  • 契約書の作成・締結
  • スケジュール調整
  • 商品イメージの書き出し・共有
  • 動画の方向性の書き出し・共有
  • YouTuberとの綿密なやり取り
  • YouTuberが作成した動画のチェック・修正依頼
  • 報酬の決定・支払い
  • 企業案件動画の効果測定 など…。

特に商品イメージや動画の方向性の共有は難しく、やり取りが増える傾向にあります。

編集部
企業案件における手間や工数の多さについては念頭に置いておいてください。

 

YouTuberタイアップ企業案件の事例

実際に企業案件の事例を見てみましょう。

今回ご紹介するYouTubeの企業案件は下記の3ジャンルになります。

YouTubeの企業案件の事例3つ

  • コスメ
  • プロテイン
  • おもちゃ

1つずつ紹介します。

 

コスメのYouTube企業案件の事例

パルファン・クリスチャン・ディオール(DIOR)の企業案件です。

元美容部員のYouTuber「和田さん。チャンネル」がDIORの『スパークリング マルチユース パレット』を紹介しています。

本企業案件の再生回数は約51万回、チャンネル登録者数は約93万人となっています。

本企業案件の特徴

  • 店舗で美容部員が商品を紹介しているかのような動画
  • 自身にメイクを施すことで、ユーザーが発色や映え方などをチェックできる
  • メイクのコツを伝えながら商品の魅力を伝えており、購買意欲を促進させている

「和田さん。チャンネル」は、コスメ紹介動画やメイク方法の解説動画を主としているYouTubeチャンネルです。

元美容部員ということもあり、上品さや美しさに強みを持っています。

編集部
ハイブランドであるDIORと「和田さん。チャンネル」の相性はばっちりだと言えるでしょう。

 

プロテインのYouTube企業案件の事例

『モリンガプロテイン』を「さくまみおの美ボディ研究部」が紹介する企業案件です。

再生回数は約9万回、チャンネル登録者数は約25万人となっています。

本企業案件の特徴

  • プロテインについて解説したのちに、『モリンガプロテイン』をオススメする流れ
  • 「さくまみおの美ボディ研究部」の動画は実体験に基づいた内容が多く、10~30代の女性から人気
  • 一緒におしゃべりしているような話し口で、親近感を覚えやすい点が特徴的

「さくまみおの美ボディ研究部」は、30代の女性YouTuber(さくまみおさん)が美ボディを目指す方法を紹介するYouTubeチャンネルです。

視聴者の疑問やお悩みを解決する形の動画が多く、視聴者との信頼関係が非常に強くなっています。

編集部
こちらの企業案件動画でも、「さっそく飲んでみようと思います!」「プロテインについて知れて良かったです!」といったコメントもあり、『モリンガプロテイン』に良いイメージをもたらしたことが分かります。

 

おもちゃのYouTube企業案件の事例

『かえちゃOh!! まほうのおすしやさん』を「20sarasa(にーさら)」が紹介する企業案件です。

再生回数は約10万5千回、チャンネル登録者数は約260万人となっています。

本企業案件の特徴

  • 「20sarasa(にーさら)」は、おもちゃ紹介YouTuberの中でもトップレベルの人気
  • 『かえちゃOh!! まほうのおすしやさん』の遊び方を丁寧に分かりやすく紹介している
  • 楽しく遊ぶ様子を見せることで、子どもの「欲しい!」という感情を掻き立てる

「20sarasa(にーさら)」は、お子さま向けのおもちゃを紹介するYouYubeチャンネルです。

遊び方や遊ぶ様子をわかりやすく見せる点に特徴があり、子供自身が遊ぶチャンネルとは差別化を図っています。

編集部
本案件においても、『かえちゃOh!! まほうのおすしやさん』の魅力が十分に伝わる動画になっているかと思います。

 

まとめ

本記事についてまとめると以下のようになります。

  • YouTubeの企業案件の費用相場はおよそ1万円~1,000万円ととても幅広く、報酬の決め方もさまざま
  • YouTubeの企業案件は、訴求性の強さや話題性の向上などメリットが多い
  • YouTubeの企業案件を成功させるには、企画内容(ターゲットや売上目標など)を細かく決めることが非常に重要
  • YouTuberのファン層の分析を行い、案件動画に影響力を持たせることが企業案件の成功につながる
  • 企業案件を行う際は、YouTuberの炎上やスキャンダルのリスクに備えた契約を結ぶよう注意する

YouTubeの企業案件で重要なのは、「分析力」と「企画力」です。
自社の企業案件を依頼するのに最適なYouTuberを分析し、企画で視聴者に見てもらえるような動画コンテンツを考えることが大切です。

また、自社でYouTubeを既に開始しており、伸び悩んでいる方は以下のノートをご覧ください。
YouTube登録者70万人超を誇る自社のSNSマーケターが作成しました。チャンネル設計・動画制作・分析に至るまで、YouTubeを伸ばすためのノウハウが凝縮されています。
note自体は有料ですが、無料で読めて参考になる部分もかなりあるので、YouTube運営でお困りの方は是非ご覧ください。


 

そして、YouTuberの分析やスケジューリング・動画内容の決定など自社で行う自信がない場合はYouTube運用の実績が高い企業に一任するのも一つの手です。

株式会社pamxyでは、YouTuber活用の事例・同業種の成功事例について無料相談でお伝えしています。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

pamxyのYouTubeインフルエンサーネットワークはこちら

今回の記事で紹介した基礎を参考にしながら、自社に合った企業案件を実施してみてください。

この記事が、YouTubeの企業案件について知りたいマーケティング担当者の方の参考になれば幸いです。

 

 

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5