YouTube

YouTubeコンサル会社を選ぶ際の気をつけるべき3つのポイント|失敗したくない方必見!

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

 

企業のYouTube活用が増える中で、自社でもYouTubeを始めたいと考える方は多いのではないでしょうか?
この記事では、そんな中でもYouTubeのコンサルや外注を検討している方向けにYouTubeコンサルの選定ポイントをご紹介。

現役YouTuber・元TV局員も所属する私たちマーケドリブン編集部が考える特に大事な3つのポイントに従って紹介します。

これら3つのポイントを抑えておけば、「自社の求めているサービスと違うコンサル形態の会社と契約してしまった...」というような問題は起きません。
気を付けるポイントを事前に抑えておくことで、失敗のないYouTube運用を始めましょう。

選定時の3つのポイントについて解説

  • サービス範囲
  • 費用
  • 実績

「選定ポイントより、すぐに会社を知りたい!」という向けの記事はこちら。

YouTubeコンサル会社を6パターンに整理し10社一挙紹介

 

YouTubeコンサル会社の選び方①:サービス範囲

YouTubeコンサル 会社 選び方

YouTubeコンサル会社を選ぶ際は、まずはサービス範囲を確認しましょう。
なぜなら依頼するコンサルのサービス範囲を間違えると下記のような問題が起きてしまうからです。

  • チャンネル運用を任せるつもりが、広告運用専門の会社だった。
  • 運用全体の相談をしたかったのに、サービス範囲が動画の制作だけ。

このような事態にならないためにも、まずはYouTubeコンサル会社の種類から抑えましょう。

企業がYouTube活用をする際の選択肢は2つです。
YouTubeチャンネルを立ち上げるか、広告を出稿するか。
従って、YouTubeコンサル会社の種類は以下2つに分けられます。

YouTubeコンサルの種類

  • YouTubeチャンネル運用コンサル
  • YouTube広告運用コンサル

 

YouTubeチャンネル運用コンサル

YouTubeチャンネル運用コンサルは、その名の通りYouTubeチャンネルの
「企画立案、動画制作、アップロードや改善」などの運用を実行もしくはアドバイスを行うコンサルです。

さらに細分化すると、以下3つの種類に分けられます。

YouTubeチャンネル運用コンサルの形態3つ

  • 一気通貫型コンサル
  • アドバイザー型コンサル
  • 動画制作型コンサル

上記のプロセスを一気通貫で実行するのか、アドバイスのみを行うのか、それとも動画を制作するのか
といった関わり方の違いで分けることができます。
サービス範囲のなかで、あなたの会社の求めているニーズと合う形式の会社を選びましょう。

 

YouTube広告運用コンサル

次に、YouTube広告運用コンサルです。
YouTube広告の「設定・出稿~広告用動画制作~広告運用」を依頼できます。

さらに細分化すると、以下3つの種類に分けられます。

YouTube広告運用コンサルの形態3つ

  • 一気通貫型コンサル
  • 運用型コンサル
  • 動画制作型コンサル

YouTubeコンサル会社のサービス範囲についてより詳細に知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

YouTubeコンサルとは?内容を企業担当者向けに基礎から解説

 

YouTubeコンサル会社の選び方②:費用

YouTubeコンサル 会社 選び方

サービス範囲の次にチェックすべきポイントは、コンサルにかかる費用です。

先ほどご紹介したYouTubeコンサルの種別毎の費用の目安をまとめましたのでご覧ください。

YouTubeチャンネル運用コンサルの費用相場

  • 一気通貫コンサル:40~60万円/月
  • アドバイザー型コンサル:10~30万円/月
  • 動画制作型コンサル:2万~8万円/本

YouTube広告運用コンサルの費用相場

  • 一気通貫コンサル:広告運用型コンサル+動画制作型コンサルの費用
  • 広告運用型コンサル:広告運用額の20%
  • 動画制作型コンサル:50~200万円/本

コンサル費用の詳細については、以下の記事をご確認ください。
それぞれ何にいくらかかるのか、詳しく解説しています。

YouTubeコンサルの費用相場を5分で解説【相場早見表あり】

 

YouTubeコンサル会社の選び方③:実績

YouTubeコンサル 会社 選び方

YouTubeコンサル会社を選ぶ際は必ず実績を確認しましょう。
なぜならコンサル会社の得意な領域とあなたの求めているコンサルティングにズレがないかを確認すべきです。

それぞれ、依頼するコンサル種別毎に見るべきポイントを紹介します。

YouTubeチャンネル運用コンサルの場合

  • どの業界でのチャンネル運営実績があるか
  • 実績の事例企業ではどれくらいチャンネル登録者数が伸びたのか
  • 動画はどのような仕上がりになるのか

YouTube広告運用コンサルの場合

  • 広告配信する動画はどの業界の実績があるのか
  • どの業界・商材でどの程度のCPAでの獲得実績があるか
  • これまでの制作実績にあなたが求めるパターンの動画があるか(漫画広告・ニュース風・女性がナレーション...など)

より良い成果を出すためには、しっかりと実績をチェックして自社に合ったコンサル会社を選びましょう

具体的なコンサル会社の紹介は以下の記事をご覧ください。
気になる会社がある場合は記事内リンクから各社の実績を見に行って見てください。

YouTubeコンサル会社を6パターンに整理し10社一挙紹介

 

 

YouTubeコンサル会社の選び方についてまとめ

YouTubeコンサル会社の選び方

  • サービス範囲
  • 費用
  • 実績

YouTubeコンサル会社の選び方についてまとめると、上記のようになりました。

適切なコンサル会社を選ぶためにも、“自社に必要コンサルは何なのか”を今一度社内で検討してみてください。

必要なサービス内容や予算感が明確になると、コンサル選びが簡単に進むはずです。

この記事が、YouTubeコンサル会社選定の際の参考になれば幸いです。

 

株式会社pamxyのYouTube運用代行

株式会社pamxyでは一気通貫型のYouTube運用代行を実施しております。
自社チャンネル45万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行を実施します。
これまでナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援しています。

pamxy YouTube運用代行

チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。
下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

YouTube活用のメリットや、同業界での成功事例についてお伝えします。

 

  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5