SNSマーケティング Twitter インスタントウィン

Twitter広告運用で知っておきたいことまとめ!

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

自社の商品やサービスを周知したいときに広告運用を考える企業さまは少なくありません。

特にTwitter広告は拡散力が高く、ターゲティングも細かく設定できるため、自社が求めているユーザーに広告が届きます。

しかし、SNS運用をなんの知識もなく始めてしまうと、思ったような効果は出にくいです。

そこで今回は、Twitte広告について詳しく解説します。

 

Twitter広告の費用対効果が高い理由とは?

Twitter広告は費用対効果が高く、商品やサービスを広めるにはおすすめの方法です。

Twitter広告はよりターゲットに刺さりやすく、多額の広告費用をかけずに情報を届けられます。

また、Twitterは国内月間アクティブユーザー数が4,500万人いることから、ニーズがある潜在ユーザーにまで広告を届けることが可能です。

ここからはTwitter広告の費用対効果が高い理由について、詳しく解説します。

ターゲットを細かく設定できる

Twitter広告はフィルタリング機能を用いて、ターゲットを細かく設定できます。

Twitter広告によるターゲット設定には具体的に以下のようなものがあります。

商品やサービスを届けたいターゲットを絞り込むことができるため、広告の精度が高いです。

2次拡散には広告費が発生しない

Twitter広告の強みとしては、2次拡散が発生する点が挙げられます。

2次拡散とは、広告として流しているツイートをユーザーがリツイートやいいねしてくれたツイートが、さらに拡散されることを指します。

広告自体がリツイートやいいねされる1次拡散に関しては広告費の課金対象ですが、2次拡散は広告費用の対象となりません。

また、リツイートや引用リツイートによる拡散力は強く、自社が把握できていない潜在ニーズにまで広告を届けることが可能です。

より低コストで効果的な広告運用を考えている企業さまにはTwitter広告がおすすめです。

 

Twitter広告の種類

Twitter広告には種類があり、自社が広告を打ち出す目的に応じて使い分ける必要があります。

広告のタイプによって、商品やサービスをアピールしたいのか、アカウントを大きくしたいのかなど、目的に応じた選択が必要です。

ここからは6つあるTwitter広告の種類について詳しく解説します。 

1.プロモツイート

「プロモツイート」とは、タイムラインや検索結果に表示される広告を指します。

Twitter上のメインコンテンツに広告が出るので、ユーザーの目に留まりやすいです。

通常のツイートの下部に「プロモーション」と表示されたツイートを流すことになりますが、リツイートやいいねなどは通常のツイートと変わりません。

そのため、2次拡散が行われやすいというメリットがあります。

2.プロモアカウント

「プロモアカウント」は、自社の商品やサービスに対して興味を持っていそうなアカウントにおすすめユーザーとして表示される広告です。

広告の表示内容は、ツイート内容だけでなく、アカウントのプロフィールも表示されます。

そのため、ユーザーにアピールできるようプロフィールを充実させる必要があります。

主にフォロワーの増加に効果を発揮するため、企業アカウントを大きくし、自社商品やサービスの認知度を向上したい企業におすすめです。

3.プロモトレンド

「プロモトレンド」は、トレンドトピックの一番上に広告を表示させる仕組みです。

ハッシュタグを活用した広告の表示方法で、トレンドに敏感なユーザーへの認知率をあげることができます。

プロモトレンドは他の配信方法よりもインプレッションの獲得が期待できます。

そのため、新商品やサービス販売の告知などで利用されることが多いです。

話題性の高いハッシュタグを活用することで、多くのユーザーに興味を持ってもらうことができます。

広告の目的がインプレッション数増加の企業におすすめです。

4.プロモトレンドスポットライト

「プロモトレンドスポットライト」とは、Twitterにおける「話題を検索」の最上部に画像や動画、GIFの広告を表示させる方法です。

Twitterユーザーの視認性が高い場所に広告を表示できるため、他の広告よりも認知率が高まります。

トレンドをよく確認するTwitterユーザーには認知されやすい広告であるため、昨今話題になっているテーマを広告として取り扱う企業におすすめです。

5.ファーストビュー

「ファーストビュー」は、ユーザーがその日の最初にTwitterにアクセスした際に、タイムラインの上から2番目にプロモツイートを表示させる1日1社24時間限定の広告です。

ユーザーにとって、Twitter上でその日初めて見る動画広告になるので、リーチとインパクトを獲得することができます。

大きなインパクトを与えて、商品やサービスを宣伝したい企業におすすめの方法です。

6.インスタントウィン

「インスタントウィン」とは、対象のTwitterアカウントをフォローして、リツイートやハッシュタグ投稿を行うことですぐにキャンペーンの当選・落選がわかるキャンペーンです。

https://twitter.com/yamiri_moon/status/1415252417625542665?s=20

Twitter上でキャンペーンの結果がわかるため、ユーザーのキャンペーン参加への障壁が低く、ユーザーのエンゲージメント率の増加が期待できます。

インスタントウィンキャンペーンに参加するために企業のアカウントをフォローするユーザーが多いです。

また、『インスタントウィンキャンペーン』はオートリプライツールなどを用いて実施します。

そのため、キャンペーンにおける抽選や当選発表連絡が自動化されるため、広告運用の負担を軽減できます。

Twitter内でのエンゲージメントを高めたい企業にはおすすめのキャンペーン方法です。

インスタントウィンについて、詳しく知りたい方は参考にしてください。

詳しくはコチラ

 

Twitter広告の料金形態

Twitter広告のタイプによっても、料金形態が異なるため、自社の予算状況と広告のタイプを見極めることも必要です。

ここからはTwitter広告の料金形態について詳しく解説します。

課金方式

この課金方式では、「プロモツイート」と「プロモアカウント」が該当します。

主な課金ポイントは以下の6つです。

設定した広告によって、課金ポイントは異なります。

 オークション方式

「プロモトレンド」「プロモトレンドスポットライト」「ファーストビュー」はオークション方式を採用しています。

例えば、キーワードを「サッカー」にした場合、同様にキーワードを設定した広告主と競争が行われます。

オークションに競り勝つことができれば、広告が掲載される仕組みです。

しかし、オークションは単純に入札額だけで決まるわけではなく、広告スコアというものが評価され、スコアが高い広告が優先的に掲載されます。

広告スコアは「入札額×想定エンゲージメント率」で算出されます。

想定エンゲージメント率は、今までのエンゲージメント率に応じて算出されます。
新しく配信する広告では、配信してすぐのエンゲージメント率がカウントされます

そのため、画像や動画を活用してエンゲージメント率を上昇させることが重要になってきます。

ツール料金方式

最後にツールを利用した料金形態です。

「インスタントウィン」などのプロモーションを実施する場合、即時抽選・即時自動返信などの機能が必要となるため、専用ツールの導入が必要です。

そのため、専用ツールを導入するための費用がかかります。

一方で、上記で紹介したようなTwitter社に支払う費用はないため、大きなコストがかかるわけではありません。

より効率的にプロモーションを実施したいのであれば、ツールを使える代理店に運用を依頼することをおすすめします。

インスタントウィンにかかる費用について、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

Twitterインスタントウィン費用相場5社紹介

 

SNS運用を代理店に依頼するメリット

ここまでTwitterの広告運用に関して解説しましたが、SNS運用に関して知識がない人はいきなり挑戦するのは難しいかもしれません。

マーケターとしての知識も必要となるため、広告運用が難しいと感じる場合は代理店に依頼するのも1つの手段です。

ここからはSNS運用を代理店に依頼するメリットについて解説します。

SNS運用の知識がなくても大丈夫

代理店に依頼することでTwitter広告のようなSNS運用の知識がなくても、効果が期待できます。

Twitter広告を打つ場合、過去データの分析や他企業との比較などの工程が必要です。闇雲に広告を打っても、効果は出にくいです。

SNS運用の代理店に依頼することで、代理店が持っている過去のデータや他企業の情報を活用して、運用を進めてもらえます。

より効果的な広告運用をしたい場合は、代理店の力を借りることも検討してみてください。

工数削減が可能

SNS運用の代理店に依頼することで、SNS運用の工数を削減できます。

工数が多すぎると、費用対効果が下がってしまい、時間や経費に見合わない結果になってしまいます。

出来るだけコストをかけずにSNS運用するためにも、代理店への依頼も検討しましょう。

フォロワー獲得と合わせて、もう一歩踏み込んだアプローチがしたい場合は、「インスタントウィン」の運用がもっとも効率的です。

プレゼントキャンペーンにより、フォロワーの商品やサービスに対する意識を高めると同時に、ツイートやリツイートでさらなるフォロワー獲得が見込めます。

「インスタントウィン」の運用を検討する場合は、即時抽選・即時自動返信の機能が必要なので、以下のような専用ツールの導入が必要です。

 

giff letter Twitterインスタントウィン

SNS運用を全面的に代理店に依頼したい企業には、『giff letter Twitterインスタントウィン』がおすすめです。

『giff letter Twitterインスタントウィン』は運用負荷の削減とファンコミュニティの創造を同時に実現する統合管理ツールです。

また、総フォロワー100万人超えのSNSマーケティングチームがフォローアップするため、より効果的にSNS運用を進めることが可能です。

ここからは『giff letter Twitterインスタントウィン』の詳しい特徴について解説します。

giff letterの詳細はコチラ

制作・事務局・広告まで一気通貫で支援

『giff letter Twitterインスタントウィン』では企画制作・事務局(問合せ窓口や配送代行)・広告配信まで幅広く対応いたします。

SNS運用の代理店などでは、一部の作業しかやってもらえないことも少なくありません。また、複数の企業に各工程を依頼した場合、コストがかさむことが多いです。

しかし、『giff letter Twitterインスタントウィン』では、ツールのみならず、企画からクリエイティブの制作まで一貫して提供してくれます。

各工程を複数の企業に依頼せずにまとめて担当するため、コニュニケーションコストや経費をかけずにSNS運用を任せることができます。

 

フィルタリングで本当に届けたい人へ届ける

『giff letter Twitterインスタントウィン』ではフィルタリング機能を使って、届けたい人に広告を届けます。

『giff letter Twitterインスタントウィン』で利用できるフィルタリング機能は下記の通りです。

・最低フォロワー数

・フォローとフォロワーの比率

・アカウント作成日時

・最低ツイート数

キャンペーン参加のために作ったアカウントやスパムアカウントなどを対象外にすることができます。

自社が広告を届けたいターゲットに正確にアプローチできるため、高い効果が得られます。

 

自社開発ツールのため安価にご提供

『giff letter Twitterインスタントウィン』は他社企業様のツールを使用せず、自社で開発をしているツールですので安価で提供することができます。

本来、制作や事務局、広告までを依頼した場合、多額のコストがかかってしまいますが、他社様のツールと比べても安価にご支援が可能です。

 

まとめ

今回はTwitterの広告運用について解説しました。

Twitter広告の強みとしては2次拡散が狙えることやターゲットを細かく設定できることが挙げられます。

また、Twitter広告にはさまざまな種類があり、企業さまの目的に合わせた方法を選ぶことが可能です。

より自社のターゲットに絞った広告を掲載したい場合はTwitter広告を検討しましょう。

一方で、0からSNS運用に取り組むのが不安に感じる企業さまはSNS運用の代理店に依頼するのも1つの手段です。

 

また株式会社pamxyではTwittter上のキャンペーンによるフォロワーの獲得と共に自動化による運用負荷の削減を同時に実現するキャンペーン総合管理ツールであるgift letterを展開しております。

「店舗来店数を増やしたい」、「アプリDL数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

giff letterの詳細はコチラ

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5