SNSマーケティング

SNS運用代行とは? 相場料金や選ぶ時の注意点を徹底解説

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

「SNSで自社の売上を伸ばしたい」「明確な成果が出るのなら、SNSの運用代行を頼みたい」と考えたことはありませんか?

SNSの運用はサービスごとに特徴が異なり、それぞれに適応した運用が必要ですが、そのようなノウハウを持っている運用代行企業に任せることは大きなメリットがあります。

しかしその一方で、「どのSNSが自社の集客に適しているのかわからない」「幅広くSNSを運用したいが、適切な代行会社がわからない」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、企業のSNS運用を担当している方に向けて、以下の内容を解説します。

  • SNS運用代行のメリット
  • SNS運用を外注すべき企業の特徴
  • 運用代行にかかる料金相場
  • SNSごとに異なる運用方法
  • 運用代行以外のSNSを伸ばす方法
  • おすすめのSNS運用代行企業

YouTubeやTikTokに代表される動画コンテンツや、TwitterやInstagramなどのテキスト・画像投稿サイトなど、SNSの種類によっても、自社に合うSNSは異なります。

運用代行によってSNSアカウントを伸ばし、自社の魅力を世間に伝えたい企業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

SNS運用代行とは?

そもそも、SNSの運用代行とは、どのようなサービスを指すのでしょうか?

SNS運用代行の詳しい定義やメリット、料金相場について解説します。

SNS運用代行の定義

SNS運用代行とは、TwitterやInstagramなどのSNSアカウントを、依頼を受けた代行会社がアカウント所有者に代わって運用するサービスのことです。

企業のサービスや商品を宣伝するうえで大きな役割を果たすSNSですが、効果的な宣伝を行うためには多くの労力や時間を要します。

また、手軽にさまざまな情報を発信できる一方で、ちょっとした言葉のニュアンスや表現方法の違いによって批判を浴びやすいなど、避けることが難しいデメリットも有しています。

SNS運用に関わる諸問題の解決につながるのが、アカウントの運用代行サービスです。

SNS運用を豊富なノウハウを有する専門の業者に任せることで、PR効果の向上や、アカウント運用にかかる手間の削減などの効果が見込めます。

SNS運用代行のメリット

SNS運用を代行会社へ委託するメリットには、社員の業務負担の軽減や、炎上リスクの低下などが挙げられます。

SNS運用を代行会社へ任せることにより、SNSアカウントで成果を上げやすくなるだけでなく、自社のメイン事業へ多くの資源を投入することも可能になります。

SNS運用代行を依頼する際の料金に大きく関与するのが、委託する業務の範囲です。

記事の後半でも解説しますが、安ければ月額10万円以下、充実したサービスを希望する場合は月額50万円以上の費用がかかるでしょう。

運用代行の料金についてより詳しく知りたい方は、【相場早見表あり】SNS運用代行の費用相場を目的別に解説!をお読みください。

SNS運用代行を外注すべき企業の特徴

さまざまなメリットがあるSNSアカウントの運用ですが、運用代行を外部へ依頼すべき企業にはどのような特徴があるのでしょうか?

SNS運用代行を外注すべき企業の特徴をご紹介します。

人員が不足している企業

SNSの運用代行を依頼することで大きなメリットを享受できる企業の特徴のひとつには、人員が不足していることが挙げられます。

自社の職員数が少ない場合、貴重な人員をSNSアカウントの運用に割くことにより、メイン事業の業績悪化や社員の負担増大など、さまざまなデメリットが生じてしまうかもしれません。

SNS運用代行の外部発注は主要な業務における人手不足の解消につながるため、社員にかかる負担の軽減や、企業利益の拡大を見込めます。

SNS運用のノウハウがない企業

SNS運用の経験が浅く、ノウハウを蓄積していない企業も、運用代行を依頼した方がよいと考えられます。

YouTubeやTwitterなどを用いたPRはすでに多くの企業が行なっているため、突出した成果を出すためには、豊富な経験によって培われた高度なノウハウが必要です。

SNS運用に時間と人手を割いたとしても、方法が不適切であれば、宣伝効果は見込めません。

そのため、SNSに関する知識やノウハウの不足を感じている企業が効果的なプロモーション活動を行うためには、SNSに精通した専門の会社に運用代行を依頼することが得策だといえるでしょう。

炎上リスクを回避したい企業

企業がSNSを運用するうえで、とくに注意すべき点のひとつが、不適切な文章や動画の投稿によるアカウントの炎上です。

万が一自社のSNSが炎上してしまった場合、アカウントの炎上に伴い、企業自体に対する信頼感の低下や既存顧客の離脱など、深刻な事態が発生するリスクがあります。

「どのような投稿が炎上するのか」「炎上を回避するためにどういった対策をとればよいか」は、ユーザーの入れ替わりやシステムの改変が激しいSNSにおいて、理解が非常に難しい事柄です。

炎上リスクを低下させたい企業の方は、SNSを通じたプロモーションや広報活動に長けた専門会社にSNSの運用代行を依頼することをおすすめします。

顧客との関係を構築したい企業

顧客と長期的な関係を構築する際にも、SNS運用代行は効果的な方法です。

SNSは、Web広告などを用いた瞬間的なプロモーション活動と異なり、フォローやチャンネル登録をしてもらうことでユーザーと長期的な関係を築けます。

時間をかけてアピールすることで、企業が提供するサービスや商品の魅力だけでなく、企業が抱くビジョンや社員の人となりなど、さまざまな要素を見込み客へ伝えられます。

宣伝活動において大切な役割を果たすSNSの運用は、企業にとって重視すべき事項です。時間や手間を無駄にしないためにも、運用代行サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

SNS運用代行の料金は?

SNS運用代行を依頼するうえで考慮する点として、継続的にかかる料金や、初期費用が挙げられます。

運用代行を受注する企業の多くは月額料金制を採用しています。

毎月かかる料金のパターンは、大きく分けて月額10万円以下・20万から30万円・50万円以上の3種類です。

コストを抑えてSNS運用代行を依頼したい場合は月額10万円以下のサービスを選択するとよいでしょう。

SNSによる宣伝効果や、そのほかの広告の運用なども総合的に依頼したい場合は月額50万円以上のサービスも考慮に入れることをおすすめします。

SNSごとの運用方法の違い

国内で人気のSNSには、YouTubeやTwitter、InstagramやTikTokなど、さまざまな種類のサービスが存在します。

SNS運用代行を依頼する場合に重要なのが、「自社の集客に適したSNSはどれで、どのような企業に依頼するのが良いか」ということです。

SNSの運用において意識したいポイントを簡単にご紹介します。

Instagram運用

Instagramは若者を中心に人気のSNSで、画像や動画を投稿するSNSです。また、Instagram内から買い物ができる機能があるため、顧客の購入に繋げやすいという特徴もあります。

そのため、若者向けの商品や、見栄えが良い商品を扱っている企業には欠かせないツールと言えます。

Instagramの運用においては、分析サービスを利用することが大切です。

Instagramの公式でも“インサイト”というサービスが提供されていますが、さらに詳しく成果や改善点を知りたい場合は、自社や代行会社が分析レポートを発行する必要があります。

Instagram運用代行の詳しいポイントは【2022年最新版】インスタ運用代行費用を徹底解説‼︎で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TikTok運用

TikTokは、非常に拡散性が強く、ユーザーのエンゲージメントも高いSNSです。

そのため、短期間で結果を出したいと考える企業にとって非常におすすめのSNSとなっています。

TikTokアカウントの運用代行を発注する際に意識したいポイントが、自社の目的に合った代行会社に業務を依頼することです。

自社の目的にそぐわない企業に代行を発注してしまった場合、費用面での負担が大きくなるだけでなく、時間や手間の増大にもつながりかねません。

TikTokで人気を獲得するためには、流行にあわせて動画を投稿することや、適切なハッシュタグをつけることも求められます。

適切な企業を選ぶための詳細な方法はTikTok広告の運用代行とは?【おすすめの代行会社5選紹介】で解説しているので、興味のある方はぜひ本記事とあわせてお読みください。

YouTube運用

SNSの中でも突出した数のユーザー数を誇るYouTubeは、動画で幅広い層に商品の魅力を訴求したい企業の広報活動において欠かせない存在です。

視聴数を獲得できれば高い宣伝効果を見込めるSNSですが、多くの大手企業も参入しており、ユーザーの興味関心を獲得するのは簡単なことではありません。

YouTube運用を行ううえでは、ユーザーの目を引く印象的なサムネイルの作成や、動画本編の分かりやすい構成など、多くの点に気を配る必要があります。

高い技術と豊富なノウハウを有する運用代行会社に依頼することで、自社が投稿したYouTube動画の視聴数や、動画からの商品サービスの成約率が増加すると考えられます。

YouTube運用代行会社を選ぶうえで重要なポイントを知りたい方は、【YouTube運用代行会社】オススメ10社を大公開!に目を通してみてはいかがでしょうか。

Twitter運用

Twitterアカウントを運用する際には、ツイートだけでなく、アカウントの分析や、コメント返しまで行う企業にサポートを依頼するとよいでしょう。

Twitterの大きな特徴が、幅広い年代のユーザーが利用していることです。

InstagramやTikTokではアプローチが難しい年齢層をターゲットとして狙っている商品やサービスを展開する企業にとって、高いPR効果を見込めるツールだと考えられます。

Twitterは、投稿頻度を増やすことや、丁寧にリプライ・コメントを返信することが成果につながりやすいSNSです。

企業の内部でTwitter運用に関するすべての業務を行えば、社員に大きな負担がかかることが予想されます。

専門の業者に運用代行を依頼し、手間や時間を削減することがおすすめです。

Twitter運用に関する詳細はTwitter運用代行の費用相場・おすすめ会社5選を紹介【早見表あり】に掲載されているため、Twitterで成果を出したい企業の方はぜひご覧ください。

株式会社pamxyについて

「SNSごとに依頼先を変えるのは手間がかかりそう」「まずは実績のある企業へ代行を頼みたい」という方は、株式会社pamxyに相談してみてはいかがでしょうか。

YouTubeやTwitter、TikTokなどのさまざまなSNSに精通しているpamxyに代行を依頼することで、自社のSNSアカウントで高い宣伝効果を見込めます。

pamxyを筆頭とするおすすめのSNS運用代行企業は、この記事の下部で詳しくご紹介します。

SNS運用代行以外の選択肢

SNSで成果を出すうえで非常に有効な方法であるアカウントの運用代行ですが、自社のSNSの人気拡大を狙う手法には、ほかにも種類が存在します。

今回の記事では、SNS運用に関する3つの手法を解説します。

自社で運用

「SNS運用にかかる費用を抑えたい」「まずは自分たちでいろいろな方法を試してみたい」という企業の方におすすめなのが、自社でSNSを運用することです。

SNS運用を外部の企業に依頼する場合、費用や手間が発生します。そのため、宣伝におけるスピード感やコストの抑制を重視する企業の方は、まずは自分たちでSNSを運用してみてはいかがでしょうか。

マーケドリブンにはSNS運用に関するノウハウ記事も多数掲載されているため、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事

YouTubeの企業アカウント運用方法:【1から解説】YouTube企業アカウント運用の流れ

SNS広告運用

「短期的に大きな成果を出したい」という企業の方は、SNSに広告を出稿するとよいでしょう。

しかし、広告は短期的に成果を出すことができる一方で、長期的な顧客獲得には向かないというデメリットもあります。

自社のSNSアカウントを適切に運用することで、顧客との長期的な関係を構築できます。そのために、運用代行を使うという選択肢も非常に有効と言えるでしょう。

SNSに広告を出稿することで、自社の魅力が直接ユーザーに伝わります。広告の出稿フローやかかる費用は、SNSの種類や広告の形態によって異なるため、詳しい内容を解説した記事を以下に掲載します。

インフルエンサーマーケティング

すでにSNS上で人気を獲得しているインフルエンサーに協力を依頼することも、宣伝効果を高めるために有効な手法のひとつです。

人気の高いインフルエンサーには、その人物のライフスタイルや趣味嗜好に関する固有のファンが多く存在しています。そのため、インフルエンサーに自社のサービスや商品をPRしてもらうことで、自社の魅力がより多くの人に伝わりやすくなります。

インフルエンサーは影響力が大きく、プロモーションに関係した投稿も閲覧される数は多いと考えられるため、自社のSNSで伸び悩んでいる企業の方にも適した方法です。

その一方で、インフルエンサーマーケティングにおいては、商品のファンではなく、インフルエンサーのファンに商品を売ることになり、長期的な購入や、商品自体への愛着には繋がりにくいという傾向があります。

自社商品のファンを獲得したい場合は、自社のSNSアカウントを運用することで、自らがインフルエンサーとなることが重要と言えるでしょう!

おすすめ記事

YouTubeインフルエンサーマーケティングにおける留意点:【企業向け】YouTubeインフルエンサーマーケティング活用の7つのポイント

おすすめSNS運用代行企業5選

さまざまなメリットがあるSNS運用代行ですが、成果を出すためには、どのような企業を選べばよいのでしょうか?

今回は、おすすめのSNS運用代行企業を5つに絞ってご紹介します。

pamxy

SNS運用代行で高い人気を誇る企業が、株式会社pamxyです。pamxyにSNS運用代行を依頼することで、多くの経験とノウハウに基づいた質の高いサービスを受けられます。

YouTubeでチャンネル登録者数100万人以上のアカウントを運用するなど、実績が豊富なこともpamxyの特徴です。

各種SNSで圧倒的な結果を出しているプロ達が多数在籍しているため、SNS運用の知識が浅い方でも、さまざまな疑問を気軽に相談できます。

YouTube、TwitterやInstagram、TikTokなど、幅広い範囲のSNS運用を総合的にサポートできるので、これから複数のSNSを展開したい企業のSNS担当者にもぴったりの運用代行会社です。

無料相談をはじめとした手厚いサポートを実施しているため、複数のSNSを運用することによって生じる疑問点などにも柔軟に対応できます。

「自社のSNSアカウントを伸ばしたい」「SNSについて外部からアドバイスを受けたい」といった企業の方は、SNSに関する多様なニーズに対応できるpamxyに相談してみてはいかがでしょうか。

GROVE

インフルエンサーを活用したプロモーションに興味がある企業の方におすすめの企業が、GROVE株式会社です。

GROVEにはフォロワーが100万人を超える有名インフルエンサーが多く所属しているため、GROVEにすることでインフルエンサーとスムーズに良好な関係を築けます。

10代~20代を狙ったマーケティングを行う企業の担当者の方は、GLOVEをチェックしてみてはいかがでしょうか。

Leading communication(リーディングコミュニケーション)

広報活動に関する企画段階から外部に業務を発注したい場合は、株式会社リーディングコミュニケーションへの依頼を検討してみるとよいかもしれません。

リーディングコミュニケーションは、マネタイズなども含めた個人クリエイターのプロデュースを得意とする企業です。

PR企画の提案やファン獲得のためのアドバイスなど、広告運用のさまざまなサポートを総合的に行っています。

テテマーチ株式会社

テテマーチ株式会社は、さまざまな料金形態から自社にあったプランを選択したい方に適したSNS運用代行会社です。

これまで700社以上の企業のSNSアカウント運用を支援してきた実績があるため、SNSの初心者が代行を依頼した場合にも、高い宣伝効果が見込めます。

若い年齢の社員が多く所属しており、最新のSNSトレンドに対する理解が深い点もメリットです。

アディッシュ株式会社

Twitter運用に力を入れている企業の方におすすめのSNS運用代行企業が、アディッシュ株式会社です。

Twitterの投稿を自動で分析することで炎上を未然に防ぐシステムや、SNSにおけるコミュニティ運用サービスなどを提供しています。

チャットボット機能なども手がけているため、SNS運用だけでなく、自社のさまざまな業務を効率化したい企業の方に適した代行会社だといえるでしょう。

まとめ

最後に、今回の記事の内容をまとめてご紹介します。

  • SNS運用代行には「PR効果の向上」「社員負担の軽減」などのメリットがある
  • SNS運用を外注すべき企業には「人手が足りない」「SNS運用の経験が浅い」などの特徴がある
  • 運用代行にかかる料金はサービスによって大きく異なる
  • SNSごとに効果的な運用方法は異なる
  • SNSで成果を出す方法は運用代行以外にも存在する

多くのメリットがあるSNS運用ですが、成果を出すことは難しく、「利益につながる運用方法がわからない」「努力しているつもりだが、フォロワーが増加しない」などの悩みを抱える企業も多いのが実情です。

自社の魅力を世間へ伝えたい広報担当者の方は、SNS運用を得意とする専門の代行会社に相談してみてはいかがでしょうか。

株式会社pamxyでは、無料の相談対応を実施しています。

SNSに関する知識が浅い方でも簡単に運用代行サービスの詳細やメリット、実際の利用フローなどを理解できるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

株式会社pamxyのYouTube運用代行

累計自社チャンネル100万人超のノウハウを惜しみなく活用したYouTube運用代行サービスです。

ナイツの塙様のチャンネルをはじめとして多くの企業YouTubeアカウントの運用をご支援して参りました。

本サービスでは、チャンネルの開設から企画・動画制作までYouTubeのプロに丸投げいただけます。

下記のようなお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

まずは無料WEB会議にて、YouTube活用のメリットや同業界の成功事例についてお伝えします。

  • YouTubeを始めたいが、自社内にノウハウやリソースがない
  • YouTubeやSNSへ投下する最適な予算が分からない
  • どうしたらYouTubeチャンネル登録者が伸びるのか分からない

ぜひお気軽に下記フォームよりお申し込みください。

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

SNSマーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2022 マーケドリブン Powered by AFFINGER5