Instagram SNSマーケティング

【2021年度版】インスタインサイトで累計フォロワー100万人のプロが意識しているポイント徹底解説

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

今日、インスタはプライベートで発信するだけでなく、ビジネスとして活用している方も少なくありません、そんな中多くの方がフォロワーが増えない。CVに繋がらないという悩みをお持ちだと思います。

そのような悩みを解決してくれる分析ツールとして役立つツールが「インサイト」です。
Instagramのインサイトを活用すれば、各投稿のさまざまなデータから、多くのフォロワーにエンゲージの高い投稿は何かを分析することが可能です。

本記事では、Instagram分析ツール「インサイト」は何が出来るのか、インサイトの効果的な活用法を紹介します。

インスタインサイトとは?

Instagramのインサイトは、Instagramが公式に提供している分析ツールです。
インサイトの簡単な概要と、どのようなユーザーが利用出来るのか、
ユーザーは、インサイトを確認することで、さまざまなデータを分析しながら自分の投稿の傾向を分析することが可能になります。

インサイトを活用することで、以下の内容を確認出来ます。

・投稿のリーチ数
・プロフィールへのアクセス数
・フォロワーの性別
・フォロワーの年齢
・所在地

インサイトが利用出来るユーザー

インサイトが利用出来るユーザーは、プロアカウントのみです。プロアカウントに変更することで、誰でも簡単におこなうことが可能です。

インサイトへの登録方法は、以下の手順で登録が可能になります。


手順1 トップ画面右上「メニューボタン」をタップ
手順2 設定をタップ
手順3 アカウントをタップ


手順4 青文字「プロアカウントに切り替える」をタップ
手順5 「クリエイター」「ビジネス」のいずれかをタップして終了

「クリエイター」と「ビジネス」がどのように違うのか分からない方は、個人アカウントとして運用していくのであれば「クリエイター」、メーカー、お店、ブランドなどの組織として運用するのであれば「ビジネス」を選びましょう。

プロアカウントの切り替えは数分で作業が完了するので、インサイトが表示されるようプロアカウントへの表示変更をおこないましょう。

インスタインサイトの見方

プロアカウントに移行をすると、「インサイト」というボタンが右側に表示されます。
インサイトのボタンをタップすることで、各投稿のデータ分析することが可能になります。
インサイトをタップすると、「コンテンツインタラクション」「オーディエンス」が表示されます。それぞれはどのような役割があるのかについて、簡単に解説します。

コンテンツのインタラクション

コンテンツのインタラクションタブを選択すると、投稿したフィードとストーリーズの閲覧回数が確認出来ます。

その中のトップ投稿の中から詳しいパフォーマンスを確認することができます。
インサイトで表示されるものは、プロアカウントに以降した投稿に限定されます。
個人アカウント時に表示した投稿は、リーチ数が分からない仕様になっているため注意が必要です。

投稿のなから特定の投稿に限定してリーチをしたい時は、「すべて」をタップします。
写真、動画、カルーセル投稿、ショッピングなどの画像毎の検索が可能です。

右の「昨年」は、6ヶ月、3ヶ月、30ヶ月、7日間と表示期間の変更が可能です。
複数の画像を一度に閲覧したい方は、期間表示を変更して確認をしてください。

いいね!の数の部分をタップすると、さまざまな数値別での表示が可能になります。
特定の数値を知りたい場合は、リーチをタップして知りたい数値を選びましょう。

オーディエンス

オーディエンスでは、フォロワーがどのくらい増えたのかや、フォローをやめた方、男女比や年齢などの情報が詳しく表示されます。

こちらはしっかりとターゲッティングを行う際にとても参考にできる内容なので抑えておくようにしましょう。

詳しくは下記の合計フォロワーのところで説明してます。

インスタインサイトでわかる数値・データ

インサイトの各項目で確認出来る数値やデータが
分析をしやすくするために、どのような数値やデータを見ることができるのかをご紹介します。

アカウントについてのインサイト

アカウントに関する数値やデータを分析したい方は、「リーチしたアカウント数」「コンテンツでのインストラクション」「合計フォロワー」の3つがあります。

リーチしたアカウント数

リーチしたアカウント数とは、投稿を1回以上閲覧したユニークアカウントの数です。
リーチしたアカウント数は、通常のインプレッション数とは異なり同じアカウントが何度見てもインプレッション数は1で表示されるため、投稿に対して複数人が見ることで増えていきます。

リーチしたアカウント数をタップすると、「インプレッション」「アカウントアクティビティ」などが表示されます。

インプレッションはどれだけ投稿が閲覧されたかの総数が分かり、アカウントアクティビティは、投稿を見たユーザーの、プロフィールやURLのアクセスが分かるようになります。

コンテンツでのインタラクション

コンテンツのインタラクションをタップすると、投稿、ストーリーズ、IGTV動画のいいね!やコメントの数を人気順に表示することが可能です。前の期間とも比較が出来るため、投稿がどれだけ効果的なものかを判断することも出来ます。

合計フォロワー

フォロワーが100人以上のアカウントでは、「オーディエンス」を活用しフォロワーの属性を調べることも可能です。
オーディエンスのインサイトをタップすると、フォロワーの「性別」「年齢」「住んでいる地域」を確認出来ます。

さらに、フォロワーの増減数やフォロワーのインスタでの滞在時間もオーディエンスから知ることが可能になります。
フォロワーが増えた投稿を知りたい時に、オーディエンスを活用すると比較的簡単な分析が可能になるので、覚えておきましょう。

シェアした投稿に対するインサイト

各投稿の詳細なインサイトを調べたい時に、シェアした投稿に対するインサイトを確認してください。
コンテンツのインタラクションと同様に、通常投稿、ストーリーズ、IGTVの順に並び一覧で確認することが出来ます。
数値ごとにデータを並び変えて分析をすることも出来るため、気になる数値があれば、シェアした投稿に対するインサイトを確認しましょう。

 

インスタインサイトを使ったアカウント分析4つの手順

インサイトでさまざまな数値を分析することで、フォロワーの獲得はもちろんのこと、さまざまなメリットがあります。
インサイトを効果的に活用するために、正しい分析方法について正しく理解しておきましょう。

自身のアカウントの現状を知る

インサイト分析をおこなうために、アカウントの現状を把握しておくことが大切です。
いいね!やフォロワー数を獲得するために有効な数値を把握しましょう。
具体的な数値としては、プロフィールのアクセス数、インプレッション数や、フィードの投稿数、フォロワーの年齢層、男女比があります。

自身のアカウントが、Instagram内でどのような位置を構築しているのか、冷静に分析して何を改善すべきかを検討しましょう。

アカウント運用の目的を明確化しKPIを定める

SNSアカウントを運用する際には、アカウントの最終的なゴールは何かについて目標を定めておくことが大切です。
Instagramでの運用は何を目的としているのか、具体的なKPIを設定しましょう。

企業アカウントによってKPIの設定は異なりますが、「フォロワー数を半年で倍以上に増やす」「ホームページのアクセス数を増やし、売上を30%向上」など、アカウントに最適なものを設定するようにしてください。

インサイトを分析し、仮説を立てる

「いいね!」の数やフォロワー数を獲得するためには、インサイトの数値を分析し仮説を立てることが大切です。
インサイトの数値を確認しながら、原因を検討しましょう。

ケース1 いいね!が少ない
インプレッション数は高いがアクティブなユーザーが少ない場合は、フォロワーに需要が無い投稿をしている可能性があります。
いいね!が伸びない場合は、フォロワーが望む投稿をしていない可能性があります。投稿したもので、平均よりいいね!が高い投稿は何かを分析し、需要の高いジャンルで投稿してみましょう。
ケース2 フォロワーに投稿がリーチされない
投稿に対して「いいね!」や「リンクへのアクセス」が少ない場合は、フォロワーのアクティブな時間に閲覧していない可能性も考えられます。エンゲージメントを高めるために、フォロワーがアクティブな時間に投稿するよう時間帯や投稿曜日に意識をしながらの運用が必要です。

ケース3 インプレッション数は多いのに投稿を見るユーザーが少ない

写真や動画のインプレッション数は一定以上の数値を獲得しているものの、いいね!やフォロワー数が伸びない場合は、投稿のクオリティが低いことが考えられます。

写真のクオリティを高くするために、写真の構図や動画の制作方法を検討して、視聴者に対して訴求力の高いコンテンツを制作するようにしてください。

仮説に合わせて投稿を改善してみる

仮説を検討した後は、仮説に沿った投稿をして改善が出来ているのかどうかを検証します。
検証で大切なことは、改善点が複数ある場合でも反映する改善点は1つに絞るように徹底しましょう。

改善点をすべて反映すると、どの改善点が効果的であったのかインサイトから読み取れないことが考えられます。

複数の改善点を一度に反映するのではなく、1つずつ検証をしながらアカウントの抱える問題点について解消するように心がけましょう。

インスタインサイトをより深く活用するには

インサイトを効果的に活用することで、フォロワーやいいね数をあげるだけでなく、自社の商品の売上向上に繋げることも可能です。

売上向上につなげるためには、コアなファンを獲得することが大切です。コアなファンを獲得するために必要なことを3つご紹介します。

フォロワーが狙ってるターゲットになっているのか

運用するアカウントが理想とするフォロワーが、実際のフォロワーとマッチしているかを確認してください。

ターゲットの年代や性別が異なる場合は、投稿した内容がユーザーに響いていない可能性があります。
フォロワーの属性を確認し、理想とするフォロワーと相性の良い投稿を心がけましょう。

ターゲットに合わせた投稿時間になっているのか

フォロワーによってアクティブな時間が異なります。10代の学生であれば16時〜17時に投稿を確認出来る一方で、20代の女性は仕事をしているため、16時~17時に投稿をしても投稿を確認出来ません。

ターゲットの行動を予測しながら、Instagramをチェックする時間を意識しながら戦略的に投稿をおこないましょう。

エンゲージは高いのか

フォロワー数が多いアカウントにも関わらず、投稿へのいいね!などの反応が悪い場合は、投稿に対して興味がないか、アカウントに対しての期待を失っている可能性があります。
エンゲージメント率は以下の計算式で算出が可能です。

エンゲージメント率=(いいねの数+コメント数)/フォロワー数

エンゲージメント率が悪い場合は、投稿の質を上げ、フォロワーに興味・関心を持ってもらう必要があります。
フォロワーに親近感を持ってもらうため、フォロワーのコメントに対していいね!やコメントで反応をしてアピールをしてください。

 

より詳しくインスタについて知りたいという方には「こちら」の記事に陥りがちな注意点についても書かれています。

【完全保存版】インスタ集客を成功させるコツ10選!陥りがちな注意点も紹介

まとめ

・インサイトはプロアカウントのみ利用が出来る
・インサイトを活用することでInstagramの効果的な運用が可能
・インサイトで仮説を立てアカウントの改善点を探る

インサイトはInstagramの運用に役立つ分析ツールです。便利なツールである一方で、あくまで「指標」であることを忘れないことも大切です。

分析でエンゲージメントを確認することも大切ですが、あまり神経質にならないよう賢く利用するように心がけましょう。

この記事がインスタのインサイトでお困りの方の役に立てば幸いです。

また株式会社pamxyではTwittter上のキャンペーンによるフォロワーの獲得と共に自動化による運用負荷の削減を同時に実現するキャンペーン総合管理ツールであるgift letterを展開しております。

「店舗来店数を増やしたい」、「アプリDL数を増やしたい」、「サイト会員数を増やしたい」、「新商品をPRしたい」といった様々な場面におけるニーズにお応えします。

まずは無料相談でサービスの詳細、メリット、活用事例、成功事例、ご利用プランについてお伝えします。

ぜひお気軽にご相談ください。

下記フォームよりお申し込みください。

お問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人

マーケドリブン編集部

マーケティングの基礎から実践までを解説します。 得意領域はYouTubeマーケティング。 登録者数累計100万人超のチャンネル運用担当、 元民放キー局、TV制作会社などのメンバーが所属。

© 2021 マーケドリブン Powered by AFFINGER5